フォレックス

FX フィボナッチ の 使い方 と 手法

FX フィボナッチ の 使い方 と 手法
フィボナッチ・リトレースメント

フィボナッチ・アークの使い方、伸びる相場でゾーンの意識を持って使うこと!

あとフィボナッチ・アークはフィボナッチツールの中でも応用編のツールです。もしアークに興味があるなら、最初の段階でフィボナッチ・リトレースメントの基本的な部分は知るべきです。基礎がしっかりしていないと応用は利きません。フィボナッチ・リトレースメントの基本的な部分を学ぶなら、手前味噌ながら管理人のフィボナッチのnoteをご参考ください。 FX フィボナッチ の 使い方 と 手法

関連記事:
・FXでフィボナッチを使いこなすコツ、色々と基点を試してみる

フィボナッチ・アークはゾーンの視点も持つこと

フィボナッチ・アーク利用の具体例

・MT4ではスケールの部分を変えないと単なる横線なので使えません。 FX フィボナッチ の 使い方 と 手法
・MT4のスケール部分はお好みの数字に変えられますが、管理人は31.8%、50%、61.8%のフィボナッチ級数で当たりの良い数字を入れています。
・フィボナッチ・ツール全体にいえますが長い足でより効果を発揮します。日足での利用から始めることをオススメします。


・フィボナッチ・アークのスケール

①EUR/USD日足

②AUD/JPY日足

・フィボナッチ・リトレースメントとアークを併用。
・実際のアークの活用は緑の四角の範囲に限られるが2度のエントリーチャンスが利用可能(黒い○の部分)。
・サポレジとフィボナッチ・リトレースメントに加えてフィボナッチ・アークも活用することで、エントリー根拠を増やすことができる事例。

③GBP/JPY日足

・フィボナッチ・アークとリトレースメントにMonthly Sweet Band(MSB)を表示
・若干ゴチャゴチャになりかけていますが、管理人が一番利用しているチャート設定
・アークとリトレースメントでは幅が広すぎる部分をMSBがカバーできる、動画の解説で利用しているチャートセットでもあります

関連記事:Monthly Sweet Bandの販売開始しました

フィボナッチ・リトレースメントとの併用が便利

あとはMonthly Sweet Band(MSB)との併用もオススメです。日足ベースだとリトレースメントとアークの間の幅が広くなりますが、その間の反転ポイントをMSBで見つけることができます。Youtubeでチャート分析する際は、フィボナッチ・リトレースメント、フィボナッチ・アーク、MSBの③種類を表示させたチャートで分析しています。

フィボナッチ・アーク最大の問題点は縮尺を変えると線の場所が変わる場合があること

実はTrading Viewのアークがコレに該当します、残念。アーク自体の縮尺を固定する方法があれば別ですが、探してもどうやら見つからない・・・。そんな訳でフィボナッチ・アークはTrading Viewは使い勝手悪しです。

フィボナッチ・リトレースメントの使い方と黄金比を使ったFXのトレード戦略とは

フィボナッチ・リトレースメントの使い方と黄金比を使ったFXのトレード戦略とは

フィボナッチ・リトレースメント

フィボナッチ・リトレースメントとは、フィボナッチ比率を相場に応用したテクニカル分析法で、 相場のサポート/レジスタンスの価格水準を推測する ためのインジケーターです。

代表的なフィボナッチ比率

  • 127.2%(√黄金比)
  • 138.2%(フィボナッチ比率)

フィボナッチ比率とは

フィボナッチ数列とフィボナッチ比率

フィボナッチ数列とは13世紀の数学者「レオナルド・フィボナッチ」が公表したことに由来する 「隣り合った2つの数字の和をつなげて作られる数列」 のことを言います。

0, 1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34, FX フィボナッチ の 使い方 と 手法 55, 89, 144, 233, 377, 610, 987, 1597,…

  • 数列上のある数字を1つ後の数字で割ると、0.618に収束する
  • 数列上のある数字を2つ後の数字で割ると、0.382に収束する
  • 数列上のある数字を3つ後の数字で割ると、0.236に収束する

このような法則から導き出される数値をフィボナッチ比率と呼び、なかでも 「 0.618(1:1.618)」という比率のことを黄金比 と言います。

黄金比とは

黄金比とは、 古来より人が 最も美しいと感じる比率 として用いられてきた比率です 。

エリオット波動理論とフィボナッチ

自然界の中にはフィボナッチの法則が数多く存在します。

これは相場の値動きを示すチャートにも当てはめることができ、 フィボナッチ比率が示す価格水準では自然と集団心理が働きやすい という側面があります。

相場の値動きとフィボナッチとの関係を統計的に研究し理論としたのが 「エリオット波動理論」 とされています。

エリオット波動理論に示される各波動の長さは、フィボナッチの法則で推測することができます。

フィボナッチ比率を応用したその他のインジケーター

フィボナッチ・エクスパンション

フィボナッチ・エクスパンション

フィボナッチ・エクスパンションは、フィボナッチ・リトレースメントと共に 最も良く使われているインジケーター です。

エクスパンションには「拡張」という意味があり、推進した値幅のフィボナッチ比率を 直近のリトレース(戻り)から表し、今後の推進値幅を推測する ために使われます。

フィボナッチ・タイムゾーン

フィボナッチ・タイムゾーン

フィボナッチ・タイムゾーンは、時間軸を基準にフィボナッチ比率を割り出し、 ト レンドの転換点がいつになるのかを予測する ために使います。

フィボナッチ・ファン

フィボナッチ・ファン

フィボナッチ・ファンは、 トレンドラインに対してフィボナッチ比率を割り出し、サポート/レジスタンスを推測 します。

フィボナッチの使い方

フィボナッチ・リトレースメントの使い方

これにより、 その後の押し目の価格水準Cを判断していく ことがフィボナッチ・リトレースメントの使い方です。

ハーモニックパターンとフィボナッチ比率

フィボナッチ・リトレースメントを使ったトレード戦略とは

フィボナッチ・リトレースメントを使ったトレード例

とある通貨ペア①週足チャート

とある通貨ペア①12時間足チャート

【知って得する】フィボナッチの使い方

トレンドとはどんな状態か、即答できますか? できる方、できない方、回答も何通りもあると思います。 しかし、覚えてほしいトレンドの定義は一つです。 トレンドをチャートの中で見つけられるようになれば、相場 .

上のチャートでは、 赤色のトレンドライン と 青色のトレンドライン で示した安値~高値にフィボナッチ・リトレースメントを引いています。

フィボナッチ・リトレースメントが有効な場面

赤色のフィボナッチ・リトレースメント では、23.6%がレジスタンスライン( 緑色の○部 )、50.0%がサポートライン( 水色の○部 )となって、レンジを形成した後、上昇トレンド回帰しています。

青色のフィボナッチ・リトレースメント でも、50.0%が押し目( ピンク色の○部 )となって、上昇トレンド回帰しています。

深い押し目、戻り目に注意しよう

フィボナッチ・リトレースメントでは、「0%, 23.6%, 38.2%, 50.0%, 61.8%, 76.4%, 100%」を表示しています。

知って得するトレンドの種類

先日、トレンドの終焉について書きました。 「トレンドの終焉」記事で利用したUSD/JPYチャートが、面白い動きになっていました。 そのため、今回はトレンドの種類について解説したいと思いま .

comment コメントをキャンセル

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。

上昇トレンド中の意識ラインを利用した逆張りトレード

Twitterでアップした金曜日のUSD/JPY(ドル円)トレンド逆張りトレードについて解説します。 あ、面白いしか言ってなかったけれど、トレードしましたよd(´∀`*) トレンドの種類について、ブロ .

相場の基本 ~ローソク足って、何?~

株でも、FXでも、BO(バイナリーオプション)でも、価格の動きを見るのに、チャートを見ていると思います。 チャートの代表例として、ローソク足チャートが挙げられます。 今回は、ローソク足の見方など、基本 .

米中貿易摩擦問題から見える各国の経済関係

2019年5月5日にアメリカのトランプ大統領が、中国からの輸入品2000憶ドル分に対し、追加関税を10%から25%に引き上げると表明。 その影響により、5月6日の為替相場は軒並み窓開けしました。 先週 .

相場の基本 ~トレンド転換のチャートパターン~
テクニカル、ファンダメンタルズ、相場を支配しているのは、どっち?

私はテクニカル重視のトレードを行います。 先日の雇用統計(2018年6月1日)で、私は「ファンダメンタルズ勢力が相場を支配している」と考え、トレードを控えました。 理由は、「事前のトレードプランが雇用 .

フィボナッチで環境認識する方法を学習する

フィボナッチ・リトレースメントの裏当て手法 値幅

あきチャン動画学習ノート

親波を使って環境認識をする

親波を探す

以下のチャートで、ピンク囲みを現在のレートと仮定すると、

黄色の水平ラインで示した高値と安値の間で現在のレートは収まっているので、矢印で示したダウントレンドが親波となります。

親波を探す時の留意点

フィボナッチ・リトレースメントの引き方

フィボナッチ・リトレースメントは 左から右に引きます。 ダウントレンドの場合は高値から安値へ、アップトレンドの場合は安値から高値へ引くのが基本となります。

フィボナッチ・リトレースメントを引く

MT4でフィボナッチ・リトレースメントを引くと斜めの線が表示されますが、これを基準線とします。

ヒゲ先が複数あったりする場合には、念の為に基準線がローソク足によく当たるところを選んで引きます。

フィボナッチを引くタイミング

フィボナッチ・リトレースメントを引くタイミング

フィボナッチ・リトレースメントを引くタイミングは、ダウントレンドが切り替えして行って、

①の最後の戻り高値(ラス戻り)を上抜けしたあたりとなります。

フィボナッチ50%の環境認識

フィボナッチ・リトレースメント50%に水平ラインを引く

フィボナッチ50%に水平ラインを引いてみます。

そうするとこのチャート(ユーロドル日足)ではフィボナッチ50%を境にして2つの違う種類の波があることが分かります。

第1トレンドと第2トレンド

フィボナッチ50% 第1トレンド ゼロ波 第2トレンド

あきチャン先生の波動の考え方によると、第1トレンドと第2トレンドが ゼロ波 を挟んで発生しているとしています。

①が第1トレンドの波動で、これがフィボナッチ50%のところで完成し、黄色で囲んだ戻り波動がゼロ波、そのゼロ波から底まで達する波動が第2トレンドです。

この環境認識が大切だとあきチャン先生は解説しています。 ダウントレンドでは2種類の波が完成したら切り替えして行く(反転する)傾向が見られる としています。

※管理人 個人的にフィボナッチ50%のいわゆる 半値 は大いに悩まされるポイントで、左からの上昇トレンドが強ければ、以下の画像に矢印で示したように 半値押し となって上昇して行くこともあります。フィボナッチ50%地帯は、ロング(買い)派とショート(売り)派の攻防が繰り広げられる紛争地帯になることも多いでしょう。

フィボナッチ50%は半値押しのポイントでもある

フィボナッチ50%を境にした第1トレンドとゼロ波と第2トレンドを合成すると、大きく1つのダウントレンドが完成していることが判ります。 FX フィボナッチ の 使い方 と 手法

第1波よりも第3波の方が下落が強く(角度)大きく(値幅)なっているのが判ります。

第3波が大きく動くのがエリオット波動の考え方となります。これをもって下降波動は完成し、切り替えして行くと次は、そのアップトレンドを獲っていくことになります。

一般的にエリオット波動の下降波はA⇒B⇒Cとされますが、あきチャン先生は「上げも下げも5波」としています。

「下げも5波」とする理由については「切り返しの意識付けのため」としています。

オレンジの矢印は安値の幅を示していますが、第5波の安値の更新幅は、第3波の安値更新幅の半分程度であることが判ります。

基準線と波動の関係を見る

フィボナッチ・リトレースメントの基準線の内側で波が動く

フィボナッチ・リトレースメントの基準線とレートの動きを見ると、黄色で囲んだ波動が基準線の右側(上側)で推移しています。 FX フィボナッチ の 使い方 と 手法

このように 波動が基準線を割らずに上側に収まって動いた場合、切り返しがきれいに強く入る傾向がある としています。

フィボナッチ・リトレースメントの基準線を割り込む動きのケース

そうではなく以下の赤矢印で示したような、基準線を一旦大きく割り込むような動きを見せた場合には、

きれいに反発していかない傾向がある としています。

トレードゾーンは23.6から76.4の間

フィボナッチでみるトレードゾーン

フィボナッチ・リトレースメントの23.6%から76.4%の間がトレードゾーンとなります。

0から23.6%、76.4から100%の間は、いわゆる『頭と尻尾はくれてやれ』の部分となります。食べるところは23.6%から76.4%の間が対象となります。

基準線のセンターをラス戻りに合わせる手法

日足チャートの100期間移動平均線(下のチャートの青緑の移動平均線)の下にレートがある場合は、まだショート勢が強く上方向のトレードがしずらいのですが、そんな時に使う手法が、フィボナッチ・リトレースメントの基準線のセンターをラス戻りに当てるやり方です。

フィボナッチ・リトレースメントを①から②へ引きながら、基準線のセンターを赤丸のラス戻りに合わせて基準線をトレンドラインのように使います。

そうして基準線を上抜けした時がまず最初のロングエントリーのポイントとなります。

フィボナッチ・リトレースメントの基準線のセンターをラス戻りに合わせる手法

フィボナッチ23.6%へ大きく押しが入った場合は次のロングエントリーポイントとなります。その場合の到達目標はTの黄色の水平ラインまで。このラインは元々のフィボナッチ・リトレースメント50%ですが、下降第1トレンドの到達点でもありました。

チャートに黄色矢印で示したように切り返しの上昇のトレンドは、下降の第1トレンドに対応しているとしています。

フィボナッチ・リトレースメントの基準線のセンターをラス戻りに合わせる手法

もし下降の第1トレンドの完成(安値)がフィボナッチ50%のところではなく、もう少し下まで下落していた場合には、上昇の第1トレンドの到達目標のTは下降の第1トレンドの安値までとなります。

下降と上昇の第1トレンドが対応しているように、第2トレンドも同様に対応しているとあきチャン先生は解説しています(黄色矢印が第1トレンド、緑矢印が第2トレンド)。

フィボナッチ裏当て手法

フィボナッチ・リトレースメントの裏当て手法

フィボナッチ裏当て手法はそうではなく、トレンドがつくとしたらどこまで伸びるかを見るものです。

上のチャートなら、②⇒①を第1波とした場合に、第3波がどのあたりまで行くのか、その到達点を予測するのがフィボナッチ裏当て手法です。

フィボナッチ・リトレースメントの裏当て手法 値幅

通常とは逆にフィボナッチ・リトレースメントを①から②へ、右から左に引きます。 ダウントレンドでは安値から高値へ、アップトレンドでは高値から安値へ引きます。

エントリーはフィボナッチ61.8%あたりから、決済目標は161.8%あたりまで、最大で200%までの値幅を考えることになります。

長期足にフィボナッチを当てて隙間を狙う手法

月足チャートの親波にフィボナッチ・リトレースメントを当てる

まずは月足チャートの親波にフィボナッチ・リトレースメントを当てます。

現在のレートのピンク○は、黄色○の高値と安値を親波として動いていますので、左から右にフィボナッチ・リトレースメントをひきます。

週足チャートの親波にフィボナッチ・リトレースメントを当てる

次に、同様に週足チャートの親波にもフィボナッチ・リトレースメントを引きます。

週足のフィボナッチは緑破線、月足は赤破線です。

日足チャートの親波にフィボナッチ・リトレースメントを当てる

そして月足、週足と同様に日足の親波にフィボナッチ・リトレースメントを引きます。

日足のフィボナッチはピンク、週足のフィボナッチは緑破線、月足は赤破線です。

長期足チャートにフィボナッチを引いて4時間足チャートを見る

4時間足では、このように見えます。

長期足チャートにフィボナッチを引いて4時間足チャートを見る

4時間足チャートを1段ズームアウトしたのが下の画像ですが、 FX フィボナッチ の 使い方 と 手法

①が月足38.2%、週足61.8%、日足27.2%のフィボナッチが集まったゾーンで、ここにレートが至れば反発があるだろうとすることになります。

長期足チャートにフィボナッチを引いて4時間足チャートを見る

4時間足チャートのもう少し左を見てみると、

①はやはり強力な抵抗帯であることが判ります。

長期足チャートにフィボナッチを引いた4時間足チャート 移動平均線との共同作業

4時間足チャートの目立つ高値と安値について、フィボナッチが効いていると思われるもの、そして移動平均線が効いていると思われるものについてマークしてみたのが以下の画像です。

見た目で何が直接的な影響を与えたのだろうかと判断したのですが、ピンク○がフィボナッチ、黄色○が移動平均線、緑○がフィボナッチ&移動平均線、青○が影響なしです。

フィボナッチ・リトレースメントの設定数値

MT4の場合、フィボナッチ・リトレースメントの数値はデフォルトで「0 23.6 FX フィボナッチ の 使い方 と 手法 38.2 50 61.8 76.4 100%」が入っていますが、このままの利用でOKとなります。

あきチャン先生の設定はデフォルトに「11.4 27.2 72.8 88.6」を加えています。これはハーモニック・パターンを見るために加えたものです。11.4と88.6 27.2と72.8は足して100になる組み合わせとなります。

FX初心者の迷いを解消、投資心理とチャート読解力を鍛えるサイト。

フィボナッチの核心、トレンドフォローで絶対に覚えておきたい2つの数字。

フィボナッチは未来を予測するツール。

フィボナッチは他のインジケーター類と違い未来を予測するツールです。フィボナッチを使えば、トレンドフォローの際、波がどこまで戻ってくるのかを予測できます。フィボナッチ・リトレースメントのメタトレーダー5(4)での使用法も合わせて解説しました。詳しくは動画をご覧ください。

フィボナッチは押し目候補を計る定規。

新しいSkitchファイル_080514_105741_AM

使い方は簡単で、上昇トレンドなら下から上に、下降トレンドなら上から下に、波の始点から終点までフィボナッチ・リトレースメントを当てます。デフォルトで色々なフィボナッチ数が入っていますが、押し目候補を探す場合、特に重要な数字はふたつだけです。

マジックナンバ-50.0%と61.8%

新しいSkitchファイル_080514_105103_AM

押し目候補のフィボナッチ数は50%と61.8%のふたつです。きれいなトレンドが出ると大体この数字で反応して反転していくことが多いです。もちろんトレンドにもいろいろあって、ほとんど全戻しから押し目が入る場合などもありますが、基本として、このふたつの数字を覚えておくといいです。61.8%を越えてしまったときは、もうひとつ大きいサイズの波が意識されている可能性や波が継続しない可能性などを疑い始める基準としても使えます。使い方に決まったルールはないので、いろいろ検証してみることをオススメします。

フィボナッチは水平線と併用して使う。

medium_8009377832

フィボナッチはラインではありません。必ずレジスタンスやサポートなどの水平線と併用してください。フィボナッチは水平線の意味を強めるものではありますが、単独でエントリーの条件とするには弱いです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる