外為トレードバトル

バイナリー オプション 短期 取引 攻略

バイナリー オプション 短期 取引 攻略
しかしこれはあくまで “勝てれば” の話。

バイナリーオプションの短期取引で勝率を上げる方法を徹底解説!

必勝法

    バイナリー オプション 短期 取引 攻略
  • 短期取引の特徴がわかる
  • 短期取引のメリットとデメリットがわかる
  • 短期取引の攻略法がわかる

バイナリーオプションでは、エントリーの時点で判定までの時間を自分で選択できるのですが、 最短30秒から長いものだと1日 という幅広い取引時間を選択することができます。

その中でも、特に人気なのが「 短期取引 」と呼ばれる15分以下の取引時間です。

短期取引とは

バイナリーオプションの短期取引とは、判定時間までの期間が短いものを言います。

  • 短期取引とは、30秒以上15分以下の取引のこと

短期取引のルール

短期取引では、30秒や1分という短い時間で「ハイ」か「ロー」を予測することになります。 バイナリー オプション 短期 取引 攻略

短期取引の特徴

短期取引の最大の特徴は、「 好きな時間にスタートできる 」ことです。

一方、短期取引では、自分が好きな時間=勝てると判断したときにエントリーをすることができるんです。

短期取引のメリット・デメリット

短期取引のメリット

  • 短時間で取引が完結する
  • エントリーチャンスが多い
  • 長期間の取引より予測が当てやすい

短期間で取引が完結する

ちなみに僕のおすすめ業者は ハイローオーストラリア です。

エントリーチャンスが多い

また、先ほどお話ししたように自分で好きな時間にエントリーできるため、エントリーのチャンスを逃すこともありません。

長期間の取引より予測が当てやすい

短期取引には、 経済指標や要人発言などのレートを大きく動かすような出来事の影響を受けにくい というメリットがあります。

短期取引のデメリット

  • 突発的な値動きに弱い
  • 転売ができないことがある

突発的な値動きに弱い

このように、 短期取引ではどうしても突発的な値動きに影響を受けやすく、予測をするのが困難になってしまいます。

そこで僕の個人的な見解では 「5分以上の取引」 を推奨しています。

転売ができないことがある

そして、この 便利な転売機能は30秒や1分取引では、取引時間が短すぎるので利用することができません。

短期取引の攻略法

  • 短期取引ができる業者を利用する
  • ルールを決める
  • 余計な取引をしない
  • サインツールを利用する

短期取引ができる業者を利用する

まず短期取引をやるのであれば、短期取引ができるバイナリーオプション業者で口座を開設する必要があるのですが、 現在国内バイナリーオプション業者では短期取引をすることはできません。

なぜなら先ほどもお話しした通り、現在国内のバイナリーオプション業者には「 取引時間は最短で2時間 」という制限が設けられているからです。

つまり、 短期取引をするためには、海外バイナリーオプション業者を利用する必要があります。

僕がおすすめしている「ハイローオーストラリア」は、最も多くのトレーダーに利用されている海外業者です。

ルールを決める

このような事態を防ぐために、「 自分が勝てると思ったポイントでのみエントリーをする 」ことはもちろん「 トレードは1日○回まで 」「 ○円まで損失が膨らんだらやめる 」などの自分なりの取引ルール作りをしていくことが重要なのです。

勝てるロジックを身につける

短期取引だけに限った話ではありませんが、バイナリーオプションでは「 ハイかローを当てる 」という仕組みの簡単さから、ギャンブルのように取引をしてしまう人が後を絶ちません。

バイナリーオプションは、ギャンブルではなく「 投資 」です。

トレンドフォローの順張りロジック

トレンドフォローでもっとも重要なのは「 トレンドの方向性を見極めること 」です。

そして、トレンドの方向性を見極めるのに役に立つのが「 移動平均線 」というテクニカル指標になります。

移動平均線とは、一定期間の値動きの平均を線で繋ぐことで、値動きの方向性を示したテクニカル指標で、 移動平均線を見れば、相場の方向性が分かってしまうんです。

  • ローソク足が移動平均線より上にあり、移動平均線が右肩上がりになっていれば上昇トレンド
  • ローソク足が移動平均線より下にあり、移動平均線が右肩下がりになっていれば下降トレンド

  • 上昇トレンドの時、移動平均線が右肩上がりであればあるほどトレンドの勢いが強い
  • 下降トレンドの時、移動平均線が右肩下がりであればあるほどトレンドの勢いが強い

上昇トレンドであれば「High」下降トレンドであれば「Low」です。

RSIを利用した逆張りロジック

逆張りロジックで利用するのは、今の相場が「買われすぎているのか」「売られすぎているのか」を判断するテクニカル指標である「 RSI 」です。

そして、売られすぎ、買われすぎということは、レートが反発する可能性が高いということです。

サインツールを利用する

バイナリーオプションには、チャート上に表示されるサイン(矢印など)に従って取引を行う「 サインツール 」が存在します。

サインツールは、勝てるロジックを元にチャート上にサインを出しているので、サインツールを利用するだけで先ほど紹介したようなロジックを利用しているのと同じような状態で取引をすることができるんです。

実際に僕が開発したサインツールであるシンギュラリティも 勝率が安定する5分以上(特に5分と1時間取引を推奨)の取引を推奨 してます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる