FX初心者が稼ぐために

ストキャスティクスについてです

ストキャスティクスについてです
同様に、下辺(20〜0%)ゾーンに入っても「売られすぎ」を示しているわけではなく、価格のモメンタム(スピードや勢い)の圧力=強度が弱いことを示しているだけなのです。

ストキャスティクスについてです

先生の相場日記、大変参考になります。週末に先生の『日経225先物ディトレ勝利の方程式』を購入した者です。その中でストキャスのパラメータは%Kは12,%Dは5,%SDは4となっていました。私のぱパソコンも同様に『12,5,4』と設定したにも拘わらず、10月15日の日経での値が先生の値と違っているのです。
先生の表示では『43.8 41.8 53.8』となっていますが、同様にパラメータを設定しても『43.8 34.9 28.6』と%Kは同じですが%D,%SDの値が何故、違っているのかが分かりません。『12,5,4』の設定でよろしかったでしょうか?教えていただくと嬉しいです。よろしくお願いいたします。

  • | 2010 - 10/17 [ Sun ] - 11:16 | #-
  • URL
  • [ 編集 ] ストキャスティクスについてです |

私の使っている%DとSDの計算方法がちょっと違うのかもしれませんね。
私は簡単に計算できるようjに%Dは%Kの5本平均を使っています。
SDも同様に%Dの4本平均を使っています。

  • | 2010 - 10/18 [ Mon ] - 09:46 |
  • ついてる仙人 #6fct2X2U
  • URL
  • [ 編集 ] |

ストキャの設定

ストキャの設定確認ですが
%K12 %D5 S%D4 設定で宜しいでしょうか?

  • | 2013 ストキャスティクスについてです - 12/23 [ Mon ] - 13:59 | #E3ba0R8k
  • URL
  • [ ストキャスティクスについてです 編集 ] |

Re: ストキャの設定

ストキャの設定ですがマネックストレーダーでは 13.5.4 にしています。

> こんにちは
>
> ストキャの設定確認ですが
> %K12 %D5 S%D4 設定で宜しいでしょうか?
>
> 宜しくお願い致します。

  • | 2013 - 12/23 [ Mon ] - 21:55 |
  • ついてる仙人 #-
  • URL
  • ストキャスティクスについてです
  • [ 編集 ] |

もうちょっと詳しく教えてください

12.5.4というのはスローストキャスですか?ファーストの方でしょうか?マネックスのツールを元に説明しているならもっと丁寧にお答えしてほしいです。書籍を買ってブログを見て不安しか感じないです。%K12 %D5 S%D4を今のマネックスのツールで表示するにはどうすればいいのですか?ツイテル仙人様の脳内だけで完結する手法なら何の価値もないと思います。

  • | 2015 - 08/08 [ Sat ] - 16:42 |
  • こう #-
  • URL
  • [ 編集 ] |

Re: もうちょっと詳しく教えてください

マネックストレーダーが終了し、ストキャの%K %D SDの表示が出来なくなりました。

> 12.5.4というのはスローストキャスですか?ファーストの方でしょうか?マネックスのツールを元に説明しているならもっと丁寧にお答えしてほしいです。書籍を買ってブログを見て不安しか感じないです。%K12 %D5 S%D4を今のマネックスのツールで表示するにはどうすればいいのですか?ツイテル仙人様の脳内だけで完結する手法なら何の価値もないと思います。

【エクセル初心者でもできる‼】エクセルでストキャスティクスを作成し、分析する方法を解説‼スローストキャスティクスとファストストキャスティクスの両方紹介します! コピペも可‼‼(エクセル分析 第10弾)

為替分析

為替分析 第9弾ということで、今回は、 エクセルでストキャスティクスを作成し、 分析 する方法 について解説していきたいと思います。

言い忘れていましたが、これは、 MT4からエクスポートしてきたcsvファイルを使用する ので、 MT4からエクスポートをしていないという方は、下の記事を読んでエクスポートしてください。

ストキャスティクスとは

ストキャスティクスとは、RSIのように、 相場の過熱感 (買われすぎ、売られすぎなど)を分析する上で、 非常に人気が高いオシレーター系のテクニカル指標 で、 日本や海外でもとても人気が高い テクニカル指標です。

今回の記事では、そんな ストキャスティクスをエクセルで実装する方法 ストキャスティクスについてです ストキャスティクスについてです について解説していきたいと思います!

ストキャスティクスの計算式

ストキャスティクスには、2種類あり、 「ファストストキャスティクス」 と、 「ストキャスティクス」 の2つがあります。

しかし、基本的に使われるのは、 「ファストストキャスティクス」 ではなく、 「ストキャスティクス」 のほうです。

なぜなら、このページの下のほうで解説する 「ストキャスティクスの分析方法」 の先取りになりますが、ストキャスティクスは 「20を割ると売られすぎ」 ストキャスティクスについてです 、 「80を超えると買われすぎ」 という分析をします。

しかし、ファストストキャスティクスだと、 あまりにも短期的な動きに引っ張られやすい ため、 下のように、ダマシに会いやすいです。

ファストストキャスティクスの計算式

H:(当日終値 – 直近N日間の安値)のX日間単純平均
L:(直近N日間の高値 – 直近N日間の安値)のX日間単純平均

下の図でいうと、 黄色が%Kで、緑が%D となります。

本来なら 赤い丸 で囲ったところからは、 下に落ちないといけない はずなのに、 どちらも上に上がってしまっています。

スローストキャスティクスの計算式

Slow%K=%D = (H ÷ L) ×100
H:(当日終値 – 直近N日間の安値)のX日間単純平均
L:(ストキャスティクスについてです 直近N日間の高値 – 直近N日間の安値)のX日間単純平均
Xには3が使われることが多いです。

スローストキャスティクスでは、この内、 Slow %Kと、Slow%Dを使って分析していきます。

ストキャスティクスの作成

※今からエクセルでストキャスティクスを作成するうえで登場する「C行」は始値を、「D行」は高値を、「E行」は安値を、「F行」は終値を表しています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる