FXのご案内

少額減価償却資産との違いを解説

少額減価償却資産との違いを解説

画像出典:photo AC

固定資産と一括償却資産の違い

恵子「先輩、黒田さん、こんにちは。確定申告の手引きを見ているのですが、固定資産と一括償却資産の違いがよく分からなくて。教えてください。」黒田「もちろんですよ。まずは、固定資産について説明しますね。固定資産とは、会計上、貸借対照表の資産の部に計上されるもので、具体的には、建物やコピー機、パソコンなど多様多種なものがあります。固定資産のうち、減価償却資産※1は、耐用年数に応じて減価償却費を行っていきます。」リエ「耐用年数は、使用可能期間のことよ。法律で、資産の種類ごとに耐用年数が決められているから、実務上はその期間で減価償却していくの。ほら、これを見て。」リエちゃんは、恵子ちゃんに法定耐用年数表を見せて説明をします。恵子「パソコンは4年で減価償却をしていくのですね。」リエ「次は、一括償却資産ね。所得税法上、”一括償却資産の必要経費算入の特例”少額減価償却資産との違いを解説 という制度があるのだけれど、その対象となる資産を一括償却資産というのよ。この特例を選択すると、耐用年数に関係なく、事業に使用した年を含めた3年間で均等償却をすることになるの。」恵子「均等償却ですか?」リエ「毎年、同じ金額を償却するということよ。要するに取得価額の3分の1ずつ損金算入するってことね。ただ法人税法上の取扱いは若干異なるから注意してね※2」恵子「どのような資産でも、この特例を適用できるのでしょうか?他にも注意点があれば教えてください。」黒田「一括償却資産となるのは、減価償却資産のうち、取得額が20万未満※3のものだけで、適用を受けるためには一定の書類を確定申告書に添付等しなければなりません。また、期の途中で使用を開始しても、月数按分をしない点に注意して下さいね。また途中で売却や廃棄したとしても除却損を認識はしません。」恵子「パソコンは、耐用年数が4年ですから、一括償却資産として償却したほうが1年はやく償却し終わるということですか?」黒田「はい、パソコンであれば、一括償却資産の方が償却期間は短くなります。ただ、減価償却には、初年度に多額の償却を行う定率法という方法もありますので、どちらか有利かは、一概に言えず、計算しなければ分かりません。また一定の要件のもと30万未満の減価償却資産を一度に全額損金に算入できる特例もありますので、会社の状況を見ながら、一番有利な方法を判断することになります。」恵子「先輩、黒田さん、ありがとうございました。」※1 減価償却資産とは、時の経過により価値が減少していく資産で、建物や車両が該当します。一方で、土地のように時の経過により価値が減少しない資産は、減価償却資産にはなりません。※2 法人税法上は、必ずしも3年間の均等償却が要求されておらず、初年度に償却をせず、2年目以降から償却をすることも可能です。※3 20万未満の判定は、事業者が、税込経理であれば消費税を含んだ金額で、税抜経理であれば消費税を含まない金額で判定します。

飲食店の減価償却をわかりやすく解説!

飲食店の厨房設備(業務用冷蔵庫、ガスレンジ等)

計算式風に分かり易く表現しますと、対象期間中の儲けや損失を、
売上(a) - 仕入や人件費、経費など(b)= 利益または損失(c)
で算出し、儲けが出ている場合に、
利益(c)× 少額減価償却資産との違いを解説 税率(d) = 納税額(e)
として納税額を確定させます。ここで重要となるのは「営業していた1年間」が対象になるという点です。(以下、このコラムでは特に断りがない限り「営業していた1年間」のことを「対象期間」といいます)

業務用冷蔵庫の減価償却計算例

主な厨房機器の法定耐用年数とガスレンジの減価償却計算例

少額減価償却資産との違いを解説 少額減価償却資産との違いを解説
機器名 法定耐用年数
ガスレンジ 8年
フライヤー 8年
冷蔵庫・冷凍庫(電気式) 6年
パソコン 4年
テレビ 5年
テーブルセット 5年

中古の場合はどう計算すればよいの?

簡便な計算法の例】

例:新品だと120万円する、2年使われた冷蔵庫を40万円で購入した場合
→ 法定耐用年数の一部を経過した資産 に該当します。

(ア) 冷蔵庫の法定耐用年数は6年
(イ) 2年使用済みなので残り4年
(ウ) 4年の20%を計算すると0.8年
(エ) (イ)と(ウ)を合計すると4.8年
(オ) 少額減価償却資産との違いを解説 1年未満の端数があるときは切り捨てる → 4年
(カ) 1年あたりの減価償却費は40÷4で10万円

※(ウ)(エ)の補足説明・・・ 国税庁により、法定耐用年数の一部を経過した資産では、 その法定耐用年数から経過した年数を差し引いた年数(今回の例では4年)に、 経過年数の20%に相当する年数を加えた年数を用いて算出するよう規定されています。

内装工事の減価償却

少額減価償却資産との違いを解説 少額減価償却資産との違いを解説
構造 法定耐用年数
木造・合成樹脂造のもの(飲食店) 20年
木骨モルタル造のもの(飲食店) 19年
鉄骨鉄筋コンクリート造・鉄筋コンクリート造のもの(飲食店) 延べ面積のうちに占める木造内装部分の
面積が30%を超える場合は34年
それ以外は41年
れんが造・石造・ブロック造のもの(飲食店) 4㎜を超えるもの・・・31年
3㎜を超え、4㎜以下のもの・・・25年
3㎜以下のもの・・・19年
アーケード・日よけ設備 主として金属製のもの・・・15年
その他のもの・・・8年
給排水・衛生設備、ガス設備 15年

少額減価償却資産の取得価額の損金算入の特例

2019年10月現在、青色申告をする個人事業主であれば、少額減価償却資産の特例として30万円未満の少額減価償却資産については、購入・使用開始した年度に一括して経費計上することができます。
前述の120万円の冷蔵庫が、仮に12万円であった場合には、1年毎に2万円の減価償却を6年間行うのではなく、購入し使用を開始した対象期間中に12万円の費用がかかったというように計算することができます。
特例を利用するかしないかは、申告者の判断に委ねられておりますので、例えば今年の利益(c)が想像以上に大きくそのままでは納税負担が大きすぎると判断した場合は特例を使い、逆に今年の利益(c)が少なくてぎりぎり黒字という場合には、通常通りの減価償却処理を選択するということも可能です。なお、一度通常の減価償却を開始した備品を、2年目に一括償却することはできません。

HANJO会計のご紹介

コラムをご覧のお客様に人気です

経営シミュレーション
業態別、地域別の他店平均から、自店の可能性を無料診断できます お役立ち資料
飲食店経営のポイントを分かりやすくお読みいただけます 飲食店HANJO塾
飲食店繁盛ノウハウを連続してメールでお届けします(無料) おすすめコラム一覧へ
あなたのお店の業態や課題にあったコラムをお読みいただけます

車を購入すると減価償却はどうなる?法人と個人事業主それぞれ解説

画像出典:photo AC


画像出典:photo AC

  • ・ 減価償却とは
  • ・ 車を経費にするための要件
  • ・ 車を購入した場合の減価償却
  • ・ 中古車の減価償却
  • ・ ローンで購入した車の減価償却はどうなる?
  • ・ 車で節税対策は可能?
  • ・ 車を売りたいなら「楽天Carオークション」がおすすめ!
  • ・ 参考サイト

減価償却とは

画像出典:photo AC

減価償却とは、車などの購入費用を必要経費として計上するための方法のことです。

車を経費にするための要件

画像出典:photo AC

経費として計上できるのは、事業で使用する場合のみです。

もし、1台の車をプライベートと事業の両方で利用している場合は、車の費用を全て経費にすることは認められません。実際に仕事で使っている割合のみを経費として計上する必要があり、この考え方を「家事按分(かじあんぶん)」と言います。

車を購入した場合の減価償却

画像出典:photo AC

耐用年数と言うと実際に車が使うことができなくなるまでの年数とイメージする人も多いかもしれませんが、使うことができた年数ではなく、国税庁により明確に定められています。

定額法と定率法

税務署に何も申請していない場合は、個人には定額法、法人には定率法が適用されますが、届出を行えば任意で選択することができます。

定額法における減価償却費の計算方法は「取得価額×定額法の償却率」です。

  1. 利用目的が移動で一般車を購入した場合、耐用年数は6年
  2. 耐用年数6年の償却率は0.167
  3. 購入費用250万円×償却率0.167=41.75万円

定率法における減価償却費の計算方法は「未償却残高×定率法の償却率」です。

  1. 利用目的が移動で一般車を購入した場合、耐用年数は6年
  2. 耐用年数の償却率は0.417
  3. 購入費用250万円×償却率0.417=104.25万円
  1. 購入費用250万−104.25万円=未償却残高145.75万円
  2. 未償却残高145.75万円×0.417=60.882万円

中古車の減価償却

画像出典:photo AC

中古車に関しては、新車の場合の耐用年数は適用されず、利用できるであろう残りの期間を想定して計算します。

  1. 6年(法定耐用年数)-2年(経過耐用年数)=4年
  2. 2年(経過耐用年数)×20%=0.4年
  3. 4年+0.4年=4.4年

ローンで購入した車の減価償却はどうなる?

画像出典:Adobe Stock

現金で車を購入した時と同じように、元金を減価償却して計上します。ローンの利息分については支払利息として別途、経費として計上することができます。

車で節税対策は可能?

画像出典:photo AC

  • 車検料金
  • 自動車税、自動車重量税
  • 保険料(自賠責保険料、任意保険料)
  • ガソリン代
  • 駐車場代
  • 消耗品費
  • 修繕費
  • 旅費交通費(高速道路料金、時間貸駐車場代金)

個人事業主の場合、車を完全に事業用としてのみ利用していると証明できない場合、車の購入費用と同じように基本的に家事按分が適用されることがほとんどです。

コピー機(複合機)の法定耐用年数は何年?減価償却の計算方法も徹底解説!【お役立ち情報】 | OFFICE110

メールはこちらから

10分スピード見積り 全国通話無料 営業時間: 月-金 9:少額減価償却資産との違いを解説 00-21:00
土 9:00-18:00 簡単入力30秒で完了 メール24時間受付中

OFFICE110動画を再生

採用情報

よくある質問

コピー機(複合機)の法定耐用年数は何年?減価償却の計算方法も徹底解説!

コピー機(複合機)の法定耐用年数は何年?減価償却の計算方法も徹底解説!

  • コピー機(複合機)の耐用年数
  • 減価償却の計算方法とその種類
  • 中古コピー機(複合機)の耐用年数
  1. コピー機(複合機)の耐用年数は何年?
  2. コピー機(複合機)の減価償却 計算方法と種類
  3. 中古コピー機(複合機)の耐用年数は?
  4. コピー機(複合機)を長く使いたいならサポート充実の「OFFICE110」へ!
  5. まとめ

コピー機(複合機)の耐用年数は何年?

まず、耐用年数からご案内いたしますと、コピー機(少額減価償却資産との違いを解説 複合機)の耐用年数は5年です。 なるほど。5年間は問題なく使えるということですね。 誤解がないようにお伝えしますと、耐用年数と寿命は別物です。なので、耐用年数の5年を経過したからといって使えないわけではありません。

1-1.耐用年数=コピー機(少額減価償却資産との違いを解説 複合機)の寿命ではない

法定耐用年数(耐用年数)は、その資産を実際に使用する期間ではなく、 資産ごとに法律で定められた償却期間のこと です。

耐用年数を過ぎたからといっても、必ずしも買い替えを行なう必要はないということですね。ちなみにコピー機(複合機)の平均寿命ってどのくらいなんですか? コピー機(複合機)の平均的な寿命は、印刷枚数を目安にされることが多く300万枚が寿命の目安となっています。 少額減価償却資産との違いを解説 ありがとうございます。話を戻しますが、減価償却の計算方法って複雑ですよね…。定率法償却率など難しくて…。 お任せください!私が詳しく解説させていただきます!

コピー機(複合機)の減価償却 計算方法と種類

定額法 毎年、同じ金額で計上を行なう簡単な方法。
定率法 毎年、一定の割合で計上していく方法。購入した初年度が最も償却金額が高く、年々償却金額が少なくなる。

「定額法」も「定率法」も帳簿上に、その資産を残す必要があるため、 最後に1円だけを残すようにする必要があります。「帳簿価額」と呼ばれるもの です。

基本的なルールとして、 法人会社なら建物や建物附属設備・構築物は「定額法」で計算 します。
それ以外は 「定率法」で計算する と定められています。

2-1.定額法での計算方法

取得金額というのは 「資産の購入金額」「購入するために必要な運賃」「購入手数料」 なども含まれます。

少額減価償却資産との違いを解説
法定耐用年数 定額法の償却率
2年 0.500
3年 0.334
4年 0.250
5年※コピー機(複合機)の耐用年数 0.200
6年0.167
7年※ビジネスフォンの対応年数 0.143
8年 0.125
9年 0.112
10年 0.110

2-2.定率法での計算方法

  • 減価償却金額…「未償却残高(取得額)×定率法償却率」
  • 償却保証額…「取得金額×保証率」

定率法では 「償却保障額」という金額が決められていて、この償却金額を下回らないように償却するよう になっています。

少額減価償却資産との違いを解説 少額減価償却資産との違いを解説
耐用年数 定率法の償却法 改定償却率 償却保証率
2年 1.000
3年 0.667 1.000 0.11089
4年 0.500 1.000 0.12499
5年 0.400 0.500 0.10800
6年 0.333 0.334 0.09911
7年0.286 0.334 0.08680
8年 0.250 0.334 0.07909
9年 0.222 0.250 0.07126
10年 0.200 0.250 0.06552

数字だけをみてもイメージが湧かないと思いますので、100万円のコピー機(複合機)を購入したと仮定して、減価償却の計算をおこなってみましょう! わかりました! 減価償却の計算を行なう前に、手順のおさらいです。

  1. 償却率・改定償却率・償却保証額の確認
  2. 償却保証額を求める「取得金額×保証率」
  3. 償却金額を求める「未償却残高(取得額)×定率法償却率」
  • 定率法の償却率…0.400
  • 改定償却率…0.500
  • 償却保証率…0.10800

今回の例では、100万円を5年間で償却を行なっていくことになるので、減価償却の計算は次の通りです。
1年目…100万円×0.400 = 40万円(未償却残高:60万円)br2年目…60万円×0.400 = 24万円(未償却残高:60万-24万 = 36万円)br3年目…36万円×0.400 = 14.4万円(未償却残高:36万-14.少額減価償却資産との違いを解説 4万 = 21.6万円)br4年目…21.6万円×0.500 = 10.8万円(未償却残高:21.6万-10.8万 = 10.8万円)少額減価償却資産との違いを解説 br5年目…10.8万円×0.500-1円 = 10万7,999円(未償却残高1円)

慣れるまでちょっと複雑に感じるかもしれませんが、耐用年数ごとの償却率・改定償却率・償却保証率を間違えなければ、計算できるかと思います。 確かに複雑そうに見えましたが、実際に計算してみると意外と1人でも計算できそうでした! 1つ注意点があり、減価償却には「少額減価償却資産の特例」という制度があります。

2-3.減価償却には特例がある

少額減価償却制度とは、 一定の条件を満たす法人・個人事業主が「取得金額30万円未満の資産を一括で償却してもよい」 という制度です。

  • 従業員数1,000人未満で青色申告をおこなっている個人事業主
  • 資本金1億円以下の法人

中古コピー機(複合機)の耐用年数は?

中古品の耐用年数は、 新品価格の50%を超える金額なら、法定耐用年数が適用 されます。

耐用年数を全て経過している場合 耐用年数×20%=耐用年数(使用可能年数)
耐用年数の一部を経過している場合 耐用年数–経過した年数+経過年数×20%=耐用年数(使用可能年数)

どんなに古い中古品でも、最低でも2年間の耐用年数を見てもらえるのですね! はい。また、コピー機(複合機)の金額が30万円未満であれば、少額減価償却制度を利用できるので一括で償却できます。 これで、中古コピー機(複合機)を導入する時も迷わずに済みそうです!ありがとうございます。 もし、コピー機(複合機)の耐用年数を経過して、買い替えなどを検討している場合、当社で買い替えを行なうと0円または格安で買い替えが可能です! 無料ですか?詳しく教えてください!

コピー機(複合機)を長く使いたいならサポート充実の「OFFICE110」へ!

少額減価償却資産との違いを解説 少額減価償却資産との違いを解説
キャンペーン名 キャンペーン内容
中古コピー機・複合機超特価キャンペーン
詳しくはこちら
毎月、台数限定で小型コピー機の超特価セールを行なう
中古コピー機SUPER 0円
詳しくはこちら
OFFICE110が提供するサポートに加入することで、中古コピー機の本体代金が無料になる
開業支援キャンペーン
詳しくはこちら
「法人携帯」「無線LANルーター」「ビジネスフォン」「コピー機(複合機)」のいずれかにお申し込み頂くと、オフィス機器や家具などをプレゼント
W超得ゼロ円キャンペーン
詳しくはこちら
「電話回線」「インターネット」「省エネ電気」のいずれかにお申し込み頂くことで、ビジネスフォンとコピー機をセットでプレゼント。

中古コピー機(複合機)のキャンペーンは、買い替えを検討されている方に非常に人気です。 故障した時や、リース契約満了後の買い替えも、お得にコピー機(少額減価償却資産との違いを解説 複合機)を導入できますね!でも失礼ですが、0円とか格安機種って…。 ご安心ください!当社の専任スタッフが動作チェックから、コピー機(複合機)の外部・内部クリーニングまで徹底して行なっています!また、メンテナンスは専門のメーカースタッフを派遣するので、安心して利用できます。

コピー機(複合機)の外部・内部クリーニング

「自動割り」とは、 印刷枚数が多いほどカウンター料金が安くなる割引サービス です。

月間印刷枚数 割引率(モノクロ・カラー)
1,000~2,000枚 5%割引
2,001枚~ 10%割引

office110お問い合わせ

  • コピー機(複合機)の耐用年数は5年
  • 耐用年数=寿命ではない
  • 減価償却の計算は「定額法」と「定率法」の2種類
  • 中古コピー機(複合機)は耐用年数(使用可能年数)を計算する必要がある

計算方法も、分かりやすく解説していただきありがとうございました! こちらこそありがとうございます!また、お困りの際はお気軽にお問い合わせください!お客様の疑問や不安を解決できるよう、精一杯お手伝いさせていただきます。 心強いです。買い替えの時もお得に導入できるOFFICE110さんへお願いしようと思います!今回はありがとうございました!

固定資産は耐用年数、取得価額の金額により実務では税法に合わせて減価償却などを行います

固定資産で減価償却資産は、税法上は少額減価償却資産に該当すれば経理上損金経理(費用計上)していれば事業年度に全額損金経理(費用計上)できるため、通常は少額減価償却資産の規定に合わせて会計処理します。
なお、 「損金経理」 が条件のため、決算書で費用計上を行わずに資産計上した場合は、税法上損金経理できなくなります。
会計処理は,もし現金購入で税抜50,000円税込54,000円の固定資産なら
消費税の税込経理の場合
(消耗品費) 54,000円 (現金)54,000円
消費税の税抜き経理の場合
(消耗品費) 50,000円 (現金)54,000円
(仮払消費税)4,000円
になります。

少額減価償却資産の会計処理と判断基準

固定資産取得価額10万円以上20万円未満なら3年間で税務上損金計上(一括償却資産)

消費税の税込経理の場合
(少額減価償却資産との違いを解説 少額減価償却資産との違いを解説 現金) 10,800円 (雑収入) 10,少額減価償却資産との違いを解説 800円
消費税の税抜き経理の場合
(現金) 10,800円 (雑収入) 10,000円
(仮受消費税) 800円
になり、固定資産の売却にはしません。
また、期の途中で除却しても除却の会計処理を行う必要はありません。

中小企業者等の合計300万円までの少額減価償却資産の特例

固定資産の取得価額10万円20万円30万円は消費税込と消費税抜きのどちら?

購入した有形固定資産で取得原価に含めなくてもよい付随費用もあります

会社は税法上減価償却を行うかは任意で自営業者は強制と税法上は異なります

有形固定資産などの購入で消費税の税込処理と税抜処理では会社利益に差が生じる場合があります

消費税の会計処理によって会社の利益に差が生じることはあってはなりませんが、有形固定資産を購入した場合などでは減価償却費の金額に差が生じることから消費税の会計処理によって利益に差が生じる場合もあります。
簡単な例として
本体価格100万円 消費税8万円 合計108万円 耐用年数5年

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる