ポイント投資

バイナリー オプション テクニカル

バイナリー オプション テクニカル

ていうか、全然ダメーーー!! 完敗~~~~!!

日足のテクニカルツールはバイナリーオプションの場合は目安

20160530a


イエレン議長の発言、「数か月以内に利上げをするのは妥当」的なやつね。

20160530b


でも、急上昇したもんで全然テクニカルいない~~

20160530c

バイナリー オプション テクニカル
ラインの手前で抵抗があった感もあるけど、まあいっか!

20160530d


ほい~ やっぱ、ジェットオプションってぐおー!って上がった時は余韻が残る印象。

20160530e


ていうか、全然ダメーーー!! 完敗~~~~!!

20160530f


行っちゃいました~

20160530g


その後、流石にそのまま雲を突き破って簡単に上昇って何か違和感あると思ったけど案の定雲の中に戻ってきた。 ちっくしょ~╮(๑•́ ₃•̀๑)╭

バイナリーオプションにおけるテクニカル分析とは?取り入れて取引の幅を広げよう

トレンド系のインジケーターとは文字通りトレンドの方向性・強さを視覚化したインジケーターです。「ボリンジャーバンド」と「移動平均線」あたりが有名です。
それに対してオシレーター系インジケーターとは、相場の「買われすぎ」「売られすぎ」を視覚化したインジケーターです。「RSI」や「ストキャスティクス」、「MACD」、「CCI」あたりが有名です。
「どのインジケーターを使えば良いか全くわからない・・・」
という方は、まず「RSI」、「ボリンジャーバンド」、このあたりから使ってみることをオススメします。
なぜなら、使い方もシンプルですし、勝率もある程度高いからです。
まずは、ネットに書いてある手法でも良いので、実際に使ってみて、そこから自分オリジナルの手法を見つけてテクニカル分析をしていきましょう。

テクニカル分析その3:ライン

最後にラインについて解説していきます。
ラインを使ったトレードをする人を「ライントレーダー」とも言われます。
現状、ライントレーダーは非常に多いです。

テクニカル分析でさらに勝率を上げる方法とは

テクニカル分析でさらに勝率を上げるには

結論から言うと、 「まず1つの分析方法を極める」 ことです。
多くのことを学ぼうとする姿勢は非常に大切ですが、一気に学ぼうとすると、中途半端になってしまう傾向にあります。

バイナリーオプションでテクニカル分析をする際の注意点

バイナリーオプションでテクニカル分析をする際の注意点

インジケーターを使い過ぎない

1つ目は インジケーターを使い過ぎないこと です。

多くの人が、
「インジケーターを多く使う → 根拠が強くなる → 勝率が上がる」
と思っていますが、これは大きな間違いです。
インジケーターを多く使うことで、条件が厳しくなり、エントリーチャンスが厳選されることは間違いないですが、それと勝率が上がるのとイコールではありません。
逆に、インジケーターを使い過ぎることで、エントリー回数も少なくなり、勝率も下がるなんてこともあり得るのです。
まずは、1つのインジケーターを極めることをオススメします。1つのインジケーターだけでも、しっかり分析すると十分高い勝率を出すことができるようになります。

自分の勝率を理解する

2つ目は、 自分の勝率を理解すること です。
テクニカル分析をしてトレードしていくのであれば、自分の手法を理解してからトレードすることが大切です。

ネットで検索するとバイナリーオプションのテクニカル分析を使った手法がたくさん落ちています。
記事によっては、勝率90%!!と書いていることがあります。
バイナリーオプションで勝率80%、90%の手法なんてないので絶対に信用してはいけません。
ちなみに、バイナリーオプションで有名な手法であるRSI(14)の30/70での逆張りは過去の相場で勝率56%程度です。
これを知らずにトレードしていると、痛い目に遭います。しっかりテクニカル分析を行ってトレードしていればお金が稼げるようになるのに、自分の勝率を理解せずに勝率80%、90%という高い勝率を出そうとすると、テクニカル分析を無視してトレードしてしまい、お金を失ってしまうので非常に危険です。
これはテクニカル分析する以前に非常に大切なことですので、必ず自分の勝率を理解しておくことが大切です。

・テクニカル分析とは、チャートを見て、インジケーターやラインなどを使って今後の相場を予想する分析方法である。
・バイナリーオプションでは、テクニカル分析だけで十分稼げる。ただ、基本的なファンダメンタルズの知識を頭に入れておくと良い。
・テクニカル分析の方法は、基本的に「ローソク足」、「インジケーター」、「ライン」の3種類である。まずは1つずつ極めよう。
・テクニカル分析をする際の注意点は、「インジケーターの使いすぎないこと」と「自分の勝率を理解すること」である。

バイナリー オプション テクニカル

「ぱっと見テクニカル」は高度なテクニカル分析が一目でわかる、新感覚のFXチャート分析ツール。下のチャートは「ぱっと見テクニカル」の「形状比較分析」のチャートだ。
使い方はカンタン。通貨ペアと足の種類を選び、「クリックして値動きを予測する!」という赤い吹き出しをクリックするだけ。すると、最大過去3000本分のローソク足から、もっとも形が似ているところを探し出し、それに基づいて、今後予想される値動きを表示する。(コンテンツ提供: FXプライムbyGMO

■過去の似たチャートを探し出す「形状比較分析」とは?

現在のチャートと似た過去のチャートを探し出す「ぱっと見テクニカル」の「形状比較分析」。

「形状比較分析」では、探し出された「過去のチャート」を参考に「将来の値動き」を予測する。そして、それがチャート上に表示されるようになっている。

■フル機能版の「形状比較分析」はFXプライムbyGMOで見られる

上の「形状比較分析」は「お試し版」。そのため、対象となる通貨ペアは英ポンド/円、NZドル/円、加ドル/円、スイスフラン/円、南アフリカランド/円の5通貨ペアに限定されており、ローソク足の種類は1時間足、週足の2つに限定されている(2013年3月28日現在)。

「お試し版」にはその他、いくつかの機能制限があるが、フル機能版の「形状比較分析」は FXプライムbyGMO に口座開設すれば、同社取引画面にログインして見ることができる。

フル機能版を見たい方は、 FXプライムbyGMO への口座開設を検討してみてはどうだろうか。

>>> FXプライムbyGMO[選べる外貨]のスペック詳細 はザイFX!の比較コンテンツでご覧ください

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる