海外FXお役立ちガイド

取引ルール変更について

取引ルール変更について
引用:https://news.coincu.com/76934-closer-look-at-stepn-sneaker-dynamic/

ユーザーと Google の関係

Google ではサービスの向上を目的として、新しい技術や機能の開発に常に取り組んでいます。たとえば、人工知能や機械学習を利用して同時通訳を可能にしたり、スパムやマルウェアの検出機能およびブロック機能を向上させたりしています。Google ではさらなる改善を目指して、さまざまな機能の追加や削除、サービスの制約の増減、新しいサービスの提供や古いサービスの終了などを適宜行っております。サービスがダウンロード可能なソフトウェアを必要とする、または含んでいる場合、新バージョンまたは新機能が入手可能になると、そのソフトウェアはユーザーのデバイス上で自動的に更新されることがあります。一部のサービスでは、ユーザーが自動更新の設定を調整できます。

ユーザーの Google サービスの利用に悪影響を及ぼす重大な変更を行う場合、またはサービスの提供を終了する場合、Google はユーザーに対して合理的な事前の通知を行います。ただし、不正行為の防止、法的要件に対応する必要がある、またはセキュリティや運営上の問題に対処する必要があるなどの緊急時は除きます。また、こうした場合、適用される法律およびポリシーを条件として、Google データ エクスポートを使用して Google アカウントからユーザーのコンテンツをエクスポートする機会を提供します。

Google がユーザーに期待すること

本規約、およびサービス固有の追加規約の遵守

  • 本規約
  • サービス固有の追加規約(追加の年齢要件など)

また Google 取引ルール変更について は、各種ポリシー、ヘルプセンター、およびその他のリソースを公開し、一般的な質問に答えるとともに、サービスの利用に関して Google とユーザーが相互に期待すべきことを規定しています。これらのリソースには、プライバシー ポリシー、著作権ヘルプセンター、セーフティ センター、および Google のポリシーサイトからアクセスできるその他のページが含まれます。

Google は、Google サービスの利用をユーザーに許可しますが、サービス内で Google が所有するすべての知的所有権は Google が保持します。

他者の尊重

  • 適用される法律(輸出管理、制裁措置、人身売買に関する法律を含む)を遵守する
  • プライバシーに関する権利や知的所有権などの、他者の権利を尊重する
  • 他者または自分自身に被害をもたらす行為(虚偽情報の提供、詐欺、違法ななりすまし、名誉毀損、いじめ、嫌がらせ、ストーキングなど)や、こうした行為をほのめかす脅迫、またはこうした行為の助長を行わない
  • サービスを不正利用または妨害したり、中断させたりしない(不正なまたは虚偽の方法でのアクセスもしくは使用、マルウェアの投入、Google のシステムや保護対策に対するスパム行為、ハッキング、または回避など)。Google が検索結果を提供するためにウェブサイトをインデックス登録する際には、ウェブサイトの所有者がウェブサイトのコードで指定している標準の使用制限を尊重しています。このため、ユーザーが Google サービスを利用する際も同様にこうした制限を尊重する必要があります。

Google のサービス固有の追加規約およびポリシーは、そのサービスを利用するすべてのユーザーが遵守しなければならない適切な行動に関する追加情報を提供します。Google のサービスの多くでは、他のユーザーがこれらのルールに違反していることに気付いた場合に、不正行為を報告できるようになっています。Google が不正行為の報告に対処する場合は、問題が発生した場合の措置のセクションに沿って手続きします。

ユーザーのコンテンツに対する使用許可

Google の一部のサービスは、ユーザーのコンテンツをユーザー自身がアップロード、保存、送信、受信、共有できるように設計されています。ユーザーは、Google サービスにコンテンツを提供する義務を負うものではなく、提供したいコンテンツを自由に選ぶことができます。コンテンツをアップロードまたは共有する場合は、そのために必要な権利を自分が有していること、およびそのコンテンツが合法であることをご確認ください。

ライセンス

ユーザーの知的所有権により Google によるユーザーのコンテンツの使用が制限される場合、Google はユーザーから使用許可を得る必要があります。ユーザーは、このライセンスを通じて Google に使用許可を与えるものとします。

適用対象外

  • このライセンスは、ユーザーの知的所有権のみを対象としており、ユーザーのプライバシーの権利には影響しません。
  • このライセンスは、以下の種類のコンテンツには適用されません。
    • ユーザーが提供する、一般に公開されている事実情報(ローカル ビジネスの住所の訂正など)。こうした情報は、誰でも無料で利用できる一般的な情報と見なされるため、ライセンスは必要ありません。
    • ユーザーが提供するフィードバック(Google のサービスを改善するための提案など)。フィードバックについては、下記のサービスに関連するコミュニケーションのセクションで説明します。
    • 全世界的であり、世界のあらゆる場所において有効である
    • 非独占的であり、ユーザーは自分のコンテンツのライセンスを他者に供与できる
    • 無償であり、このライセンスの金銭的な使用料は発生しない
    • ユーザーのコンテンツをホスト、複製、配布、伝達、使用すること(たとえば、コンテンツを Google のシステムに保存してユーザーがどこからでもアクセスできるようにするため)
    • ユーザーのコンテンツが他の人に公開するように設定されている場合は、それを出版、公演、上映、(公開)表示すること
    • ユーザーのコンテンツに修正(形式の変更、翻訳など)を加えて二次的著作物を作成すること
    • これらの権利を以下に再許諾すること
      • 他のユーザー(ユーザーが選択した人々と写真を共有できるようにするなど、サービスを設計どおりに機能させられるようにするため)
      • Google との間で本規約と矛盾しない契約を締結した請負業者(以下の目的のセクションに記載されている限定的な目的のみが対象)
        取引ルール変更について
      • サービスを運営し改善するため。つまり、サービスを設計どおりに機能させ、新しい機能や機能性を作成することを可能にするために適用されます。これには、自動化されたシステムやアルゴリズムを使用してユーザーのコンテンツを分析することも含まれます。
        • スパム、不正なソフトウェア、および違法なコンテンツを検出するため
        • データのパターンを認識するため(たとえば、関連する写真をまとめることを目的に、Google フォトで新しいアルバムを提案するタイミングを判断するため)
        • おすすめ情報を表示する、カスタマイズした検索結果やコンテンツ、広告などを表示するといった目的で、Google のサービスを個々のユーザーに合わせてカスタマイズするため(広告のカスタマイズについては、広告設定で変更またはオフにできます)

        このライセンスが適用されるコンテンツをユーザーが Google のサービスから削除した場合、Google のシステムは合理的な期間内にそのコンテンツの公開を停止することとします。ただし、次の 2 つの例外があります。

        • ユーザーのコンテンツが削除される前に、ユーザーがそのコンテンツをすでに共有していた場合。たとえば、ユーザーが写真を共有した友人がそのコピーを作成して再度共有した場合、その写真は、ユーザーが自分の Google アカウントから削除した後も、友人の Google アカウントに引き続き表示される可能性があります。
        • ユーザーのコンテンツが他の企業のサービスを通じて公開されている場合、Google 検索などの検索エンジンによって、引き続きユーザーのコンテンツが検索結果の一部として検出および表示される可能性があります。

        Google サービスの使用

        ユーザーの Google アカウント

        これらの年齢要件を満たしている場合は、Google アカウントを作成して利便性を高めることができます。一部のサービスを機能させるためには、Google アカウントが必要になります。たとえば Gmail を使用するには、メールを送受信する場所を確保するために Google アカウントが必要となります。

        ユーザーは、Google アカウントで行うことに責任を負います。これには、Google アカウントを安全に維持するために合理的な措置を講じることも含まれるため、定期的にセキュリティ診断を使用することをおすすめします。

        組織またはビジネスの代理として Google サービスを使用する

        • 当該組織の正式に権限を有する代表者が本規約に同意する必要があります。
        • 組織の管理者が、組織内のユーザーに Google アカウントを割り当てることがあります。管理者はユーザーに対し、追加のルールに従うよう求める場合があります。また、管理者がユーザーの Google アカウントにアクセスしたり、そのアカウントを無効にしたりすることもあります。

        サービスに関連するコミュニケーション

        Google はサービスを提供する目的で、サービスに関するお知らせやその他の情報をユーザーに送信することがあります。Google からユーザーへの連絡の方法について詳しくは、Google のプライバシー ポリシーをご覧ください。

        ユーザーから Google にフィードバック(Google サービスを向上させるための提案など)が提供された場合、Google は、ユーザーに対する義務を負うことなく、そのフィードバックを利用することができます。

        Google サービス内のコンテンツ

        ユーザーのコンテンツ

          におけるユーザーの権利について、また Google サービス内でユーザーのコンテンツがどのように使用されるかについて詳しくは、ユーザーのコンテンツに対する使用許可をご覧ください。
        • Google が Google のサービスからユーザー作成コンテンツを削除する場合の理由およびその方法については、コンテンツの削除のセクションをご覧ください

        ご自身の知的所有権が侵害されていると考える場合は、侵害に関する通知を Google に送信できます。Google では、通知に対し適切な対応をとります。たとえば、著作権ヘルプセンターで説明されているように、何度も著作権侵害をしているユーザーについては、その Google アカウントを停止または閉鎖します。

        Google のコンテンツ

        Google のサービスの一部には、Google に帰属するコンテンツが含まれています。たとえば、Google マップに表示される多くのイラストは Google に帰属します。ユーザーは Google のコンテンツを本規約およびサービス固有の追加規約で許可される範囲内で使用できますが、コンテンツに対して Google が所有するすべての知的所有権は Google が保持します。いかなるブランド表示、ロゴ、法的通知も、削除したり、隠したり、改ざんしたりしてはなりません。Google のブランド表示やロゴを使用したい場合は、Google 取引ルール変更について Brand Permissions(Google ブランドの使用許諾について)のページをご覧ください。

        その他のコンテンツ

        最後に、Google サービスの中には、他の個人または組織に帰属するコンテンツ(店舗オーナーによるその事業の説明、Google ニュースに表示される新聞記事など)にアクセスできるものがあります。ユーザーは、法律により許可されている場合を除き、当該個人または組織の許可なくこのコンテンツを使用することはできません。他の個人または組織のコンテンツで表明されている見解はその個人または組織のものであり、必ずしも Google の見解を反映するものではありません。

        Google サービス内のソフトウェア

        Google のサービスによっては、ダウンロード可能なソフトウェアが含まれている場合があります。Google は、そのサービスの一部として当該ソフトウェアを使用することをユーザーに許可します。

        • 全世界的であり、世界のあらゆる場所において有効である
        • 非独占的であり、自分のコンテンツのライセンスを他者に供与できる
        • 無償であり、このライセンスの金銭的な使用料は発生しない
        • 個人的であり、他者に影響が及ぶことはない
        • 譲渡不可であり、他者にライセンスを譲渡することはできない

        Google の一部のサービスには、オープンソース ライセンス規定に基づいてユーザーに提供しているソフトウェアが含まれています。オープンソース ライセンスには、本規約の一部を明示的に上書きする条件が規定されている場合があるため、必ずそれらのライセンスを確認してください。

        問題または意見の相違がある場合

        Google は、相応の技術と注意をもってサービスを提供します。この保証に記載された品質レベルが満たされていない場合、ユーザーはそれについて Google に伝え、Google はユーザーと協力して問題の解決を試みるものとします。

        Google が、Google のサービス(サービス内のコンテンツ、サービスの特定の機能、その信頼性、利用可能性、またはユーザーのニーズに応える能力を含む)について約束するのは、(1)保証のセクションに記載されている内容、(2)サービス固有の追加規約に規定されている内容、および(3)本規約に優先して適用される法律が規定する内容のみです。

        対象者: すべてのユーザー

        問題が生じた際にユーザーまたは Google が主張できる内容は、適用される法律と規約の両面から判断されます。一部の法的責任に限り、規約によって制限することが法律で許可されているのはそのためです。

        本規約は、適用される法律によって許可されている限りにおいて Google の責任を制限します。 本規約が、不正行為、詐害的な不実表示、過失または意図的な違法行為に起因する死亡または人身傷害について、法的責任を制限することはありません。

        上記の法的責任以外では、Google は適用される法律を条件として、本規約または適用されるサービス固有の追加規約に対する Google の違反についてのみ法的責任を負います。

        対象者: ビジネス ユーザーおよび組織のみ

        • 適用される法律によって許可される範囲で、ユーザー自身によるサービスの不正利用、または本規約もしくはサービス固有の追加規約への違反に起因または関連する第三者によるあらゆる法的手続き(政府機関による法的措置を含む)について、Google、およびその取締役、役員、従業員、請負業者を補償するものとします。この補償は、請求申し立て、損失、損害、裁判、罰金、告訴から生じる費用、弁護士費用を含め、あらゆる法的責任または費用が対象となります。
        • ユーザーが特定の責任(補償を含む)を法的に免除される場合、本規約に基づくそれらの責任は適用されません。たとえば、国連は一定範囲で法的義務が免除されており、本規約がそれらの免除に優先することはありません。
        • Google が以下の法的責任を負うことはないものとします。
          • 利益、収益、事業機会、業務上の信用、または期待された節約の損失
          • 間接的または結果的損害
          • 懲罰的損害

          問題が発生した場合の措置

          Google は、下記の措置を講じる前に、ユーザーに対して合理的に可能な限り事前の通知を行い、措置を講じる理由を説明し、問題を修正する機会をユーザーに提供するものとします。ただし、そうすることが以下の事態につながると Google が合理的に判断した場合を除きます。

          • ユーザー、第三者、または Google に損害または法的責任が及ぶ
          • 法律または法執行機関の命令に違反する
          • 調査に支障をきたす
          • 取引ルール変更について
          • Google のサービスの運用、完全性、セキュリティに支障をきたす

          ユーザーコンテンツの削除

          Google は、ユーザーのコンテンツが(1)本規約、サービス固有の追加規約またはポリシーに違反している、(2)適用される法律に違反している、または(3)Google のユーザー、第三者、または Google に損害を与える可能性があると合理的に確信できる場合、適用される法律に従って、当該コンテンツの一部または全部を削除する権限を有します。 例としては、児童ポルノ、人身売買または嫌がらせを助長するコンテンツ、テロに関するコンテンツ、および他者の知的所有権を侵害するコンテンツなどが挙げられます。

          ユーザーによる Google サービスへのアクセスの一時停止または停止

          Google は、次のいずれかに該当する場合、ユーザーによるサービスへのアクセスを一時停止もしくは停止する権利、またはユーザーの 取引ルール変更について Google アカウントを削除する権限を有します。

          • ユーザーが本規約、サービス固有の追加規約またはポリシーに著しくまたは繰り返し違反した場合
          • 法的要件または裁判所命令に従ってGoogleがそうした対応をとる必要がある場合
          • ユーザーの行動(ハッキング、フィッシング、嫌がらせ、スパム行為、虚偽情報の提供、他のユーザーに帰属するコンテンツの無断複製など)が、特定のユーザー、第三者、もしくは Google に損害を与えた、または法的責任を発生させたと Google が合理的に確信できる場合

          Google がアカウントを無効にする理由、およびその結果について詳しくは、このヘルプセンターのページをご覧ください。ユーザーは自身の 取引ルール変更について Google アカウントが誤って停止または終了されたと考える場合に異議を申し立てることができます。

          もちろん、ユーザーはいつでも自由に Google サービスの使用を停止できます。サービスの利用を停止する場合は、ぜひその理由をお聞かせください。今後のサービス向上に役立てさせていただきます。

          紛争の解決、準拠法、および管轄裁判所

          本規約、サービス固有の追加規約、または関連するすべてのサービスに起因または関連して生じた紛争には、抵触法の規定に関係なく、カリフォルニア州法が適用されるものとします。これらの紛争は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンタクララ郡内に所在する裁判所においてのみ解決できるものとし、ユーザーと Google はその裁判所の対人管轄権に同意するものとします。

          本規約について

          本規約は、ユーザーと Google との関係を規定するものです。本規約に基づく両者の関係から利益を受ける第三者が存在する場合でも、本規約によりかかる第三者の個人または組織に対する法的権利が生じることはありません。

          ユーザーが本規約またはサービス固有の追加規約を遵守しない場合に、Google が直ちに法的措置を講じないことがあったとしても、そのことによって、Google が有している権利(たとえば、将来において、法的措置を講じる権利)を放棄しようとしていることを意味するものではありません。

          Google は、次の場合に本規約およびサービス固有の追加規約を更新することがあります。(1)Google サービスの変更、または Google の業務上の変更(たとえば Google がサービス、機能、技術、価格、特典などを新しく追加、もしくは従来のものを削除した場合)を反映するため。(2)法律、規制、またはセキュリティ上の理由のため。(3)不正または危険な行為を防ぐため。

          本規約またはサービス固有の追加規約に重大な変更を加える場合は、合理的な事前の通知を行い、ユーザーが大幅な変更について確認する機会を提供するものとします。ただし、(1)新サービスまたは新機能をリリースする場合、および(2)緊急時(進行中の不正行為を止める必要がある場合、法的要件に対応する必要がある場合など)は除きます。ユーザーは新しい規約に同意しない場合、自身のコンテンツを削除してサービスの利用を停止するものとします。また、ユーザーはGoogle アカウントを閉鎖することにより、いつでも Google との関係を終了させることもできます。

          本規約の対象となる Google 取引ルール変更について 取引ルール変更について サービスとは、こちらの https://policies.google.com/terms/service-specific に記載されている、以下を含むプロダクトおよびサービスを指します。

          • アプリおよびサイト(Google 検索、Google マップなど)
          • プラットフォーム(Google ショッピングなど)
          • 取引ルール変更について
          • 統合サービス(他の企業のアプリやサイトに埋め込まれた Google マップなど)
          • デバイスおよびその他の商品(Google Nest など)

          ビジネス ユーザー

          ユーザーのコンテンツ

          ユーザーが次のような Google のサービスを使用して作成、アップロード、保存、送信、受信、または共有したもの。

          • ユーザーが作成するドキュメント、スプレッドシート、スライド
          • ユーザーが Blogger からアップロードするブログ投稿
          • ユーザーが Google マップで投稿するクチコミ
          • ユーザーが Google ドライブに保存する動画
          • ユーザーが Gmail を通じて送受信したメール
          • ユーザーが Google フォトで友人と共有する写真
          • ユーザーがGoogle で共有する旅行プラン

          Google の企業グループに所属する法人。つまり、Google LLC とその子会社を意味し、EU 内でカスタマー サービスを提供する Google Ireland Limited、Google Commerce Limited、および Google Dialer Inc. も含まれます。

          契約書雛形の変更が必須!民法改正による連帯保証人制度の変更を解説

          民法改正による連帯保証人制度について

          ●そもそも「連帯保証人」とは?
          ●企業がおさえておくべき民法改正による連帯保証人制度の変更点
          ●契約書雛形の変更が必要!個人根保証契約の極度額ルールについて
          ●契約時に注意が必要!主債務者から連帯保証人への情報提供義務について
          ●契約後に注意が必要!債権者から連帯保証人への情報提供義務について
          ●咲くやこの花法律事務所では「民法改正による対応について、こんなサポートができます」
          ●「咲くやこの花法律事務所」へのお問い合わせについて
          ●民法改正に関するお役立ち情報配信中!無料メルマガ登録について
          ●民法改正に関連する他のお役立ち記事一覧

          2,そもそも「連帯保証人」とは?

          民法改正で予定されている連帯保証人制度の変更内容をご説明する前に、まずは、 「連帯保証人とは何か」 について、基本的なところを確認しておきましょう。

          ▶「連帯保証人」とは?

          「連帯保証人」とは、本来の債務者(主債務者)と同等の責任を負うことを契約により約束した人のことをいいます。

          企業が締結する契約書のうち、取引基本契約書や売買契約書、リース契約書、賃貸借契約書などについては、このような連帯保証人についての契約条項が入っているケースが多くなっています。

          3,企業がおさえておくべき民法改正による連帯保証人制度の変更点

          民法改正の連帯保証人について

          今回の民法改正による連帯保証人制度について、 企業としておさえておくべき重要な変更点は以下の通り です。

          民法改正による連帯保証人制度の重要な変更点

          改正のポイント1:
          個人根保証契約の極度額ルールについて

          改正のポイント2:
          主債務者から連帯保証人への情報提供義務について

          改正のポイント3:
          債権者から連帯保証人への情報提供義務について

          4,契約書雛形の変更が必要!個人根保証契約の極度額ルールについて

          まず、最初の重要なポイントが 「個人根保証契約の極度額ルール」についての変更 です。

          結論から言えば、継続的な売買や賃貸借の契約、フランチャイズ契約などについて、契約相手企業の社長などの個人を連帯保証人にする場合は、契約書で極度額(連帯保証人の責任限度額)を定めることが義務付けられました。(改正民法465条の2)

          (1)個人根保証契約の極度額ルールについての変更の内容について

          現行民法のもとでの連帯保証条項の例

          「丙(連帯保証人)は、甲(売主)に対し、乙(買主)が本契約上負担する一切の債務を連帯して保証する。」

          このように継続的な取引から将来発生する不特定の債務をまとめて連帯保証するケースを「根保証契約」といい、根保証契約で連帯保証人が個人であるケースを「個人根保証契約」といいます。

          今回の民法改正により、個人根保証契約のケースについては、必ず、契約締結時に極度額(連帯保証人の責任限度額)を定めなければならず、極度額を定めていない連帯保証条項は無効とされることになりました。

          (2)個人根保証契約の極度額ルールの変更について必要な企業の対応

          そのため、 これらの契約書や身元保証書について、自社でひな形を用意して対応している場合は、民法改正により連帯保証条項の条文を変更し、連帯保証に極度額を設定する対応が必要となります。

          5,契約時に注意が必要!主債務者から連帯保証人への情報提供義務について

          次に、重要なポイントが 「主債務者から連帯保証人への情報提供義務のルール」の新設 です。

          具体的には、連帯保証人をつける契約の際には、主債務者から連帯保証人に主債務者の財産状況等を情報提供することが義務付けられました。(改正民法465条の10)

          (1)主債務者から連帯保証人への情報提供義務の内容について

          そして、 主債務者(買主)がこの情報提供義務を怠り、連帯保証人に情報提供をしなかったことにより、連帯保証人が主債務者の財産状況等を誤解して連帯保証人になることを承諾した場合で、かつ売主が主債務者が情報提供義務を果たしていないことについて知っていたりあるいは知らないことに過失があった場合は、連帯保証人は後日、連帯保証契約を取り消すことができるとされています。

          (2)主債務者から連帯保証人への情報提供義務の新設について必要な企業の対応

          主債務者から連帯保証人に情報提供が義務付けられた情報の項目

          1,主債務者の財産及び収支の状況
          2,主債務者が主債務以外に負担している債務の有無並びにその額及び履行状況
          3,主債務者が主債務について債権者に担保を提供するときはその事実および担保提供の内容

          ▶参考:民法改正に対応した契約書の連帯保証条項の例

          1 丙(連帯保証人)は、甲(売主)に対し、乙(買主)が本契約上負担する一切の債務を極度額●●●万円の範囲内で連帯して保証する。
          2 乙は、丙に対して、本契約に先立ち、下記の項目について別紙のとおり、情報の提供を行い、丙は情報の提供を受けたことを確認する。
          (1)乙の財産及び収支の状況
          (2)乙が主債務以外に負担している債務の有無並びにその額及び履行状況
          (3)乙が主債務について甲に担保を提供していない事実

          6,契約後に注意が必要!債権者から連帯保証人への情報提供義務について

          次に、重要なポイントが 「債権者から連帯保証人への情報提供義務のルール」の新設 です。

          (1)連帯保証人からの債権者への問い合わせがあった場合の回答の義務
          (2)主債務者が期限の利益を喪失したときの、債権者から連帯保証人への通知の義務

          自社が取引相手との契約書で連帯保証条項をいれたにもかかわらず、上記の2つの義務を怠ったときは、いざ連帯保証人に請求をしようとするときに、連帯保証人に対する請求が制限される結果となることがありますので注意が必要です。

          (1)連帯保証人からの債権者への問い合わせがあった場合の回答の義務

          債権者は主債務者の履行状況について保証人から問い合わせを受けたときは、回答することが義務付けられました。(改正民法458 条の2)

          (2)主債務者が期限の利益を喪失したときの、債権者から連帯保証人への通知の義務

          次に、債権者は主債務者が期限の利益の喪失を知ったときは2か月以内に連帯保証人に通知することが義務付けられました。(改正民法458条の3)

          本来は、3月末あるいは4月末に支払えばよかったものについてもすぐに支払わなければならなくなるという意味で「期限の利益喪失」と呼ばれます。

          今回の民法改正では、このように主債務者が期限の利益を喪失したときは2か月以内に連帯保証人に通知することが義務付けられました。

          取引先による支払遅れ等があった場合に必要な対応

          1,まず、支払遅れがあった取引先との契約書を確認し、連帯保証人の有無、期限の利益喪失条項の有無を確認することが必要です。

          2,次に、支払遅れが期限の利益喪失条項に該当する場合は、取引先が期限の利益を喪失した事実を連帯保証人に対して2か月以内に通知することが必要です。

          7,咲くやこの花法律事務所では「民法改正による対応について、こんなサポートができます」

          咲くやこの花法律事務の弁護士によるサポート内容

          (1)企業の個別の事業内容を踏まえた民法改正対応に関するご相談
          (2)民法改正を踏まえた契約書の作成

          (1)企業の個別の事業内容を踏まえた民法改正対応に関するご相談

          今回の民法改正は、「製造業、流通業、不動産賃貸業、不動産売買」など多様な分野で、契約書の修正や企業実務の変更が必要になる重要な改正です。

          取引ルール変更について

          当社のホームページは原則として24時間アクセス可能です。
          但し、メンテナンス時間については、お取引画面へのログイン不可、又は取引注文不可の場合があります。
          定期メンテナンス時間は毎日午前0:00~午前1:00(営業日、非営業日問いません)
          定期メンテナンスの時間は当日の作業状況によって前後する場合があります。また、定期メンテナンス以外にも、必要に応じて臨時メンテナンスを実施させていたただく場合があります。
          なお、お電話での注文受付は行っておりません。

          7. 注文の有効期限

          8. 取引単位

          10. 注文に係る制限

          注文数量上限: 1注文につき250,000ワラント
          なお、通常の指値・逆指値注文に限り250,000ワラント以上の注文を一括で発注することができます。250,000ワラントを上回る注文は、250,000ワラント単位に分割され、それぞれ別の注文として取り扱われます(例えば、520,000ワラント分の一括注文を行った場合、250,000ワラント+250,000ワラント+20,取引ルール変更について 000ワラントの3つの注文として取り扱われます)。

          11. 約定条件

          12. 決済方法

          1. 売却による決済
            最終売買日までに行われる決済方法で、売却によって取引代金を授受することで清算を行います。
          2. 権利行使と権利放棄
            最終売買日までに売却されなかった保有ワラントは、満期日において自動的に権利行使あるいは権利放棄されます。保有ワラントの権利行使もしくは権利放棄は、各銘柄によって次の取扱いとなります。

          【コールスプレッドの場合】
          満期日において満期参照原資産価格が権利行使価格を上回っている場合、自動的に権利行使が行われ最大満期決済金額(1ワラントあたり10円)が発生します。また、満期参照原資産価格が権利行使価格を下回っている場合、権利行使価格と満期参照原資産価格の乖離額に1 ワラント当たり原資産数を乗じたものを、最大満期決済金額から減じた決済金額が発生します。この金額が0円以下の場合は自動的に権利放棄され決済金額は発生しません。

          【プットスプレッドの場合】
          満期日において満期参照原資産価格が権利行使価格を下回っている場合、自動的に権利行使が行われ最大満期決済金額(1ワラントあたり10円)が発生します。また、満期参照原資産価格が権利行使価格を上回っている場合、権利行使価格と満期参照原資産価格の乖離額に1 ワラント当たり原資産数を乗じたものを、最大満期決済金額から減じた決済金額が発生します。この金額が0円以下の場合は自動的に権利放棄され決済金額は発生しません。

          You must read the following information before proceeding. When you have 取引ルール変更について read the information set out below, please click on the "I confirm that I have read and understand the above information" link at the bottom of the page to acknowledge that you have read the information and to continue.

          This 取引ルール変更について 取引ルール変更について website is directed only at residents of Japan and the information provided is not for distribution outside Japan. Shares of the 取引ルール変更について NEXT FUNDS are not offered for sale or distribution outside of Japan.

          Not all securities, products or services described in the website are available everywhere. The information contained in this website is for information purposes only and does not constitute a distribution, an offer to sell or the solicitation of an offer to buy any securities or provide any services in 取引ルール変更について any jurisdiction in which such distribution or offer is not authorized. Although the information provided on this site is obtained or compiled from sources that Nomura Asset Management Co., Ltd. believes to be reliable, Nomura Asset Management Co., Ltd. cannot and does not guarantee the accuracy, certainty or completeness of the 取引ルール変更について information and materials contained in this website.

          The information on this website is for reference purposes only and does not constitute an offer to sell or the solicitation of an offer to buy securities by Nomura Asset Management Co., Ltd. to 取引ルール変更について any person in Japan.

          Furthermore, the information on this website is not made or directed to any person in the 取引ルール変更について United Kingdom and under no circumstance shall the provision of the information on this website be deemed to constitute an offer of securities or an offer to provide any services to any person in the United Kingdom.

          Furthermore, the information on this website is not made or directed to any person in the United States or to any U.S. Person. Under no circumstances shall the provision of the information on this website be deemed to constitute an offer of securities 取引ルール変更について or an offer to provide any services to any person in the United States or to any U.S. Person as defined under the Securities Act of 1933, as amended. Residents of the United States are specifically prohibited from investing in the NEXT FUNDS and no person may offer investment in these funds to residents of the United States.

          STEPN(ステップン/ステプン)の仕組みや始め方・将来性を徹底解説|稼ぎ方/やり方やレベル上げの費用は?

          STEPN

          NFT STEPNとは?

          STEPN公式サイト

          STEPNは、Solana(ソラナ)ブロックチェーン上に作成されたNFTゲームです。

          SolanaブロックチェーンのトークンSOLで、スニーカーであるNFTを入手します。

          つまり、移動することで稼ぐ 「Move to Earn」 という新たな概念が誕生します。

          NFTスニーカーを入手し、「Move to Earn」を行いたい方は、ビットコインなどを入手するためにまずbitFlyerをチェックしてみてください。

          \ビットコイン取引量No.1/

          ※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

          NFT STEPNの特徴

          移動することで稼ぐ「Move to Earn」という新たな概念に興味を持たれた方は多いと思います。

          SolanaブロックチェーンのNFTである

          STEPNは、Solana(ソラナ)ブロックチェーンに構築されているNFTゲームです。

          Solana(ソラナ)ブロックチェーンの特徴は、高速性と低コストです。

          Move to Earnという新しい概念を生み出した

          Move-to-Earnとは

          「Axie Infinity」は、「Play to Earn」という概念を生み出しました。

          取引ルール変更について 「NFT STEPN」は、「Move to Earn」という新たな概念 を生み出しました。

          NFTスニーカーをレンタルできる予定

          STEPNにもレンタル制度が計画されています。

          NFT STEPNでのお金の流れの全体像

          NFT STEPNでは、なぜ「Move to Earn」が可能なのでしょうか。

          NFTスニーカーを入手するには、約4万円かかります。(2022年5月30現在)取引ルール変更について

          この費用は、「Move to Earn」で支払われる費用の源となります。

          これらの費用が、「Move to Earn」で支払われる費用の源となります。

          NFT STEPNにはRoadmapがある

          NFT STEPNにはRoadmapがあります。

          NFT STEPNにはRoadmapがある

          STEPN公式サイト

          NFT STEPNの実行計画が月ごとに可視化されているのは大きな魅力です。

          NFTスニーカーのレンタル制度は、2022年9月に実装される予定です。

          NFT STEPNに興味を持たれた方やRoadmapに期待を持たれている方は、一度bitFlyer公式サイト確認してみてください。

          \ビットコイン取引量No.1/

          ※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

          STEPNのアップデート

          ここで、STEPNの最新のアップデートを確認していきましょう。

          • BSC(バイナンススマートチェーン)への対応
          • アシックスとのコラボレーションNFTスニーカーの販売
          • レベルアップとスニーカーMintの条件にGMTが追加
          • 取引ルール変更について
          • バイナンスでのGMTローンチによる、新規ユーザーの継続流入の可能性

          BSC(バイナンススマートチェーン)への対応

          当初Solana(ソラナ)チェーンのみでローンチされたSTEPNですが、 2022年4月より、BSC(バイナンススマートチェーン)にも新たに対応 しました。

          BSC(バイナンススマートチェーン)とは、PoSA(Proof of Staked Authority)を採用し、イーサリアムと互換性のあるスマートコントラクトプラットフォームで、Solana(ソラナ)と同様、 取引の高速さと低コストが売り です。

          Solana(ソラナ)BSC(バイナンススマートチェーン)と同じようにNFTゲームDeFiを実装できる、Ethereum(イーサリアム)との比較をすると、Solana(ソラナ)とBSC(バイナンススマートチェーン)は、Node(ブロックチェーンの取引を承認する主体のこと)の数を減らして中央集権的にする代わりに、 取引ルール変更について Ethereumよりも速い取引速度と安価な手数料を実現 していることがわかります。

          SolanaBSCEthereum
          取引速度(理論値)50,000件/秒160件/秒30件/秒
          取引手数料(平均)0.00025USD/件0.15USD/件15USD/件
          コンセンサスアルゴリズムPoH(取引ルール変更について Proof of History)PoSA(Proof of Staked Authority)PoW(Proof of Work)
          Node(ノード)の数1469 (2022年2月)2170,000

          また、ご覧の通りBSC(バイナンススマートチェーン)は、Solana(ソラナ)と比較すると、速度、手数料ともに見劣りしているように見えます

          しかし、 現在約3000のdApps(分散型アプリ)が開発 されていると言われており、Solana(ソラナ)の約1000と比較すると、 開発のプラットフォームとして、より多くのプロジェクトに選ばれている 状況です。

          よって、STEPNはSolana(ソラナ)とBSC(バイナンススマートチェーン)のマルチチェーン対応をしたことで、 今までより多くのユーザーを集められる下地が整った 、と言えるでしょう。

          アシックスとのコラボレーションNFTスニーカーの販売

          2022年4月13日、Binance(バイナンス)の公式ツイッターは、 STEPNとアシックスのコラボレーションNFTスニーカーのミステリーボックス・コレクションを公開したと発表 しました。

          STEPN

          引用:バイナンス公式ツイッター

          これが、STEPNにとって、初のブランドとのコラボレーションとなりました。

          バイナンス経由の販売はすでに終了していますが、もし入手されたい場合は、NFTマーケットプレイスにて取引することになります。

          STEPNアプリ内のNFTスニーカーマーケットによると、5月半ばでの 最低価格は1足15.8BNB(約81万8千円)最高価格はなんと200BNB(約1030万円) と、かなりの高額で取引されていました。

          STEPN STEPN

          しかし、2022年5月30日現在の価格は大きく下落しており、記事執筆時点での最低価格は2.02BNB(約8万円)ほどです。

          BNBスニーカー現在の価格

          尚、通常のNFTスニーカーはSolana(ソラナ)ネットワークを利用していますが、 アシックスのNFTスニーカーはBCS(バイナンススマートチェーン)上のみでの利用 となります。

          残念ながら、BSC(バイナンススマートチェーン)からSolana(ソラナ)にスニーカーを転送するなど、2つのネットワークのブリッジは非対応で、今後も対応させる予定はないと運営が明言しています。

          よって、 これからSTEPNをプレイされたい方は、どちらのネットワークで稼ぎたいかを決めてからスニーカーを選ぶ 、もしくは 初期投資が比較的抑えられるSolana(ソラナ)ネットワークのNFTスニーカーを選ぶと良いでしょう。

          レベルアップとスニーカーMintの条件にGMTが追加

          2022年4月のアップデートにより、以下の2つのイベント時に、GMTの支払いが条件として加えられました。

          ・NFTスニーカーのレベルアップの一部
          ・NFTスニーカーのMint

          レベルアップとは、NFTスニーカーのステータスを上げるための仕組みです。

          最大30までアップさせることができ、今まではレベル1から28までは、GSTの支払いと一定時間の待機のみが条件でした。

          一方、アップデート後は、 レベル5、10、20、28、30に上げる際に、GSTと待機時間に加えて、GMTが求められるよう変更 されています。

          具体的な枚数は公式サイトには記載がないものの、非公式情報として、STEPN 取引ルール変更について Europeが以下の表と共にツイートしています。

          STEPN

          引用:STEPN Europeツイッター

          尚、レベル10までに必要なGSTと待機時間は、後述する表をご覧ください。

          次に、NFTスニーカーのMintについて解説します。

          NFTスニーカーのMintとは、保有する2つのスニーカーを組み合せて、新たな1つのスニーカーを作り出すことです。

          当初Mintも、レベルアップと同様、GSTのみで可能でしたが、 アップデート後はGSTとGMT両方が必ず求められるようになりました。

          こちらも非公式情報ながら、STEPNのユーザーがMintをする2つのスニーカー毎に求められるGSTとGMTの枚数の一覧表をツイートしています。

          STEPN

          引用:STEPN公式Reddit

          これらのアップデートにより、公式発表はされていないものの、 GSTの需要を抑えることで、近日高騰している価格の高騰を和らげられる こと、また、 GMTの需要が上がる ことなどが考えられています。

          バイナンスでのGMTローンチによる、新規ユーザーの継続流入の可能性

          2022年4月2日に行われたAMA(Ask Me Anything, 運営側が、ライブでユーザーからの質問に答えるオンラインイベント)で、STEPNのCo-FounderであるYawn Rong氏が、バイナンスでのトークンローンチによる効果について、以下のように述べています。

          ここでは、仮想通貨に特化した情報をまとめた国内サイトMatometaXの日本語訳を引用します。

          Binanceでのトークンローンチのおかげで、新しい層の人達が参加しているのが判りました。

          そこから多くの人がバーンドッグのジョギングに参加して、 トークンは買ったけどゲームは知らないと言っています。

          これは絶対に 製品への需要を作っていますSolanaの価格が上昇して、NFTスニーカーの価格は下がりません。

          引用:MatometaX 取引ルール変更について

          Binance(バイナンス)にてローンチされたトークンは、GMTです。

          上記のコメントより、価格の上昇からトークンに興味を保有している一方、 まだSTEPN自体をプレイしていない人が多くいる ということが分かります。

          このような人がSTEPNを始める余地があると考えると、 今後のSTEPNのユーザー数が伸びる可能性は高く 、また、言及されている通り、 NFTスニーカーの価格は当面下がらない可能性も高い 、と考えられていました。

          ただし、2022年5月末までの動きを見ると、Sol版・BNB版のどちらでもスニーカーの価格は大きく変動しているので、注意しなくてはいけません。

          Dynamic Shoe 取引ルール変更について Minting Costs(動的なスニーカーのミント費用)の導入

          引用:ホワイトペーパー

          2022年5月上旬より、スニーカーのミント(2足のスニーカーを組み合わせて、新たな1足のスニーカーを生み出すこと)にかかる費用が、固定から 「GSTの価格に連動した変動制」に変更 されました。

          1. もしGSTの価格が「 2USD以下 」なら、ミント費用は200枚( 200GST )
          2. GSTの価格が「 2USD以上、3USD未満 」なら、ミント費用は200枚( 160GSTと40GMT )
          3. GSTの価格が「 3USD以上、4USD未満 取引ルール変更について 」なら、ミント費用は200枚( 120GSTと80GMT )
          4. GSTの価格が「 4USD以上、8USD未満 」なら、ミント費用は200枚( 100GSTと100GMT )
          5. GSTの価格が「 8USD以上、10USD未満 」なら、ミント費用は200枚( 80GSTと120GMT )
          6. GSTの価格が「 10USD以上 」なら、ミント費用は200枚( 40GSTと160GMT )

          また、変更は1日1回、UTC 午後2時(日本時間午後11時)に更新されます。

          直近の、変動が激しいGST価格に対応し、またGMTの重要性も維持された形となりました。

          スニーカーのミントに、スクロールを導入予定

          引用: https://www.ipaddressguide.org/how-to-mint-a-sneaker-in-stepn-how-much-time-does-it-take-how-much-does-it-cost/

          2022年5月14日のAMA(Ask Me Anything)にて、新たな制度として スニーカーのミントにスクロールの導入を予定している と発表されました。

          スクロールとは日本語で「巻物」を意味し、これまではGST, GMTのみで可能だった靴のミントに付加される、新たなアイテムになります。

          エナジーに応じて獲得可能で、スニーカーのレア度に応じて必要なスクロールも異なる仕組みになるようです。

          明確な時期は未定ですが、運営によると 5月中には実装 するとのことです。

          スニーカーのミントと売却のみで稼ぐプレイヤーを抑え、STEPN本来の楽しみ方であるMove-to-earnを促進したい狙い だと考えられています。

          スニーカーのBurn(焼却)による、保有スニーカー能力初期値の強化

          引用:https://news.coincu.com/76934-closer-look-at-stepn-sneaker-dynamic/

          取引ルール変更について 手持ちのスニーカーをBurn(焼却)することで、保有している別なスニーカーの初期値を強化する機能も実装予定 です。

          これまで、スニーカーの能力値は、レベルアップの際に付与されるポイントによって強化可能な一方、初期値は変更できない仕様でした。

          この初期値は、既存のスニーカーの能力値を%で強化するジェムを使う際、どれだけ能力値をアップさせられるかに影響します。

          また、靴のレア度が高いほど初期値も高いので、概して高額な、レア度の高いスニーカー(Uncommon、Rareなど)を手に入れられるプレイヤーが有利でした。

          よって、 初期値が変更できるようになることは、レア度の高いスニーカーを保有していないプレイヤーにも有利になる仕様 となります。

          ステータスの振り分け方法は、Burn(焼却)するスニーカーの最大能力値と、対象のスニーカーの最低能力値の間で、ランダムに決定されるとのことです。

          尚、実装時期はこちらも5月中に予定されており、 狙いは市場へのスニーカー供給量が増え、価値が下落することを防ぐ こととのことです。

          NFT STEPNで稼ぐ方法

          NFT STEPNでは、歩いたり走ったりする以外にも稼ぐ方法があります。

          このパートでは、「Move to Earn」以外の方法も含めて解説します。

          歩いたり、走ったりする

          まさに 「Move to 取引ルール変更について Earn」 です。

          GPSがうまく捕捉されない高層ビルの間や建物の中などでは注意が必要です。

          スニーカーのレベルアップ

          スニーカーにはレベルアップという機能があります。

          レベルアップ必要なGST待機時間(分)上限GST
          116010
          2212015
          3318020
          4424025
          51030030
          6636035
          7742040
          8848045
          9954050
          103060060

          つまり、「レベル5」に上げるためには、10GSTを消費し、300分の待機時間が必要となります。

          NFTスニーカーを売却する

          入手したスニーカーはNFTですので、もちろん売却も可能です。

          NFT STEPNで稼いでみたいと思われた方は、ビットコインなどの仮想通貨をまず入手する必要があるので、まずは国内取引所のbitFlyerの公式サイトをチェックしてみてください。

          \ビットコイン取引量No.1/

          ※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

          NFT STEPNのスニーカーの種類

          NFT STEPNのスニーカーの種類

          STEPN公式サイト

          関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる