外国為替ニュース

一般信用取引に関する説明書

一般信用取引に関する説明書
投資信託・基準価額一覧

一般信用取引に関する説明書

「ひふみワールド+」は、国外の株式を組み入れるため、株価変動の影響を大きく受けます。
一般に株式の価格は、個々の企業の活動や業績、国内および国外の経済・政治情勢などの影響を受け変動するため、株式の価格が下落した場合には基準価額は下落し、投資元本を割り込むことがあります(株価変動リスク)。
外貨建資産を組み入れた場合、当該通貨と円との為替変動の影響を受け、 損失が生じることがあります。また、当該国・地域の政治・経済情勢や株式を発行している企業の業績、市場の需給等、さまざまな要因を反映して、「ひふみワールド+」の基準価額が大きく変動するリスクがあります(為替変動リスクとカントリーリスク)。
したがって、お客様(受益者)の投資元本は保証されているものではなく、 基準価額の下落により損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。 この他には、流動性リスクや信用リスク等があります。
詳しくは、投資信託説明書(交付目論見書)の「投資リスク」をご覧ください。

購入手数料 申込金額に対する手数料率は3.30%(税抜3.00%)を上限として、販売会社が定める料率とします。詳しくは販売会社にお問い合わせください。「自動けいぞく投資コース」において、収益分配金を再投資する場合は無手数料です。 信託財産留保額 ありません。

信託報酬 信託財産の純資産総額に対して下記に記載の率を乗じて得た額。信託報酬とは、投資信託の運用・管理にかかる費用のことです。日々計算されて、投資信託の基準価額に反映されます。
なお、毎計算期間の最初の6ヵ月終了日および毎計算期末または信託終了のとき「ひふみワールド+」の信託財産から支払われます。
また、ひふみワールド+は、純資産総額が一定金額に達すると、一定金額を超えた部分に対して信託報酬が逓減される仕組みとなっています。
信託財産の純資産総額5,000億円まで 年率1.628%(税抜年率1.480%)
信託財産の純資産総額5,000億円を超える部分 年率1.518%(税抜年率1.一般信用取引に関する説明書 380%)
信託財産の純資産総額1兆円を超える部分 年率1.353%(税抜年率1.230%) 監査費用 信託財産の純資産総額に対して年率0.0055%(税抜年率0.0050%)の率を乗じて得た額(なお、上限を年間99万円(税抜年間90万円)とします。当該上限金額は契約条件の見直しにより変更となる場合があります。)
日々計算されて、毎計算期末または信託終了のときに信託財産から支払われます。

投資信託・基準価額一覧

テーマで選ぶ

投資対象で選ぶ

決算回数で選ぶ

投資家のみなさまに
ご確認いただきたい事項

  • ・このページの情報はモーニングスター株式会社から提供されています。
  • ・この情報は投資判断の参考としての情報提供のみを目的としており、投資勧誘を目的としたものではありません。また、モーニングスター株式会社が信頼できると判断したデータにより作成しましたが、その正確性、安全性等について保証するものではありません。
  • ・著作権等の知的所有権その他一切の権利はモーニングスター株式会社並びにMorningstar,inc.に帰属し、許可なく複製、転載、引用することを禁じます。
  • ●ご検討にあたっては、「商品パンフレット」「投資信託説明書(交付目論見書)」等を必ずお読みください。「商品パンフレット」「投資信託説明書(交付目論見書)」等は福岡銀行本支店等にご用意しています。ただし、インターネットバンキング専用ファンドの投資信託説明書(交付目論見書)等は店頭窓口にはご用意しておりません。福岡銀行インターネットバンキングよりダウンロードいただくことでご確認いただけます。
  • ●投資信託は預金ではなく、預金保険の対象ではありません。また、福岡銀行で取扱う投資信託は、投資者保護基金の対象ではありません。
  • ●福岡銀行は販売会社であり、投資信託の設定・運用は運用会社が行います。
  • ●投資信託は、元本保証および利回り保証のいずれもありません。
  • ●投資信託は、国内外の株式や債券等に投資しているため、投資対象の価格が、金利の変動、為替の変動、発行者の信用状況の変化等で変動し、基準価額が下落することにより、投資元本を割り込むことがあります。
  • ●投資信託には手数料等がかかります。ご購入から解約・償還までの間に直接または間接にご負担いただく費用には以下のものがあります。
  • *申込手数料 *解約手数料 *信託財産留保額 *信託報酬
  • *監査費用・有価証券売買手数料等その他費用
  • 上記費用を足し合わせた金額をお客さまにご負担いただきます。
  • 申込・解約時の手数料および信託報酬等は、投資信託ごとに異なります。また、その他費用は運用状況により変動します。したがって、事前に料率および計算方法等を示すことができません。詳細は、「投資信託説明書(交付目論見書)」等をご覧ください。
  • ●インターネットバンキングでの投資信託取引は、原則18歳以上の方に限らせていただきます。

販売会社情報

一般信用取引に関する説明書

ページトップに戻る

株式会社福岡銀行
登録金融機関 福岡財務支局長(登金)第7号 加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会

Copyright © The Bank of Fukuoka, Ltd. All Rights Reserved.

定期預金金利の大幅な引き上げについて

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【パワーダイレクト円定期預金について】
●インターネット専用の円定期預金です。
●金利は当初お預入れいただいた期間のみの適用となり、満期日に元利金は円普通預金に入金され、満期日以降は円普通預金店頭表示金利が適用されます。
●利息は源泉分離課税(国税15.315%、地方税5%)となります。また、税引後金利は、表示位未満がある場合は表示位未満切り捨てとなります。
●中途解約された場合は、当行所定の中途解約利率が適用されます。
●円定期預金は元本保証・預金保険の対象です。
●店頭および新生銀行ウェブサイトに商品説明書をご用意しておりますので、必ずご確認ください。

【スタートアップ円定期預金について】
●スタートアップ円定期預金は、インターネットなら30万円から、店頭・お電話は300万円以上からお預入れいただけます。
●金利は当初3ヵ月間のみの適用となり、満期日に元利金は円普通預金に入金され、満期日以降は円普通預金店頭表示金利が適用されます。
●利息は源泉分離課税(国税15.315%、地方税5%)となります。また、税引後金利は、表示位未満がある場合は表示位未満切り捨てとなります。
●中途解約された場合は、当行所定の中途解約利率が適用されます。
●本商品は口座開設月を含む当初3ヵ月目の月末日23時までの個人のお客さまのお預け入れ(ただし、新生パワーダイレクト(インターネットバンキング)でのお申し込みについては、当行システムの日付変更処理のタイミングにより、23時を越えて、お預け入れいただける場合があります)が対象です。それ以外のお客さまはご利用いただけません。
●口座開設日は、店頭、新生パワーコール(お電話)でご確認いただけます。
●スタートアップ円定期預金の適用金利は市場動向等により変更する場合があります。適用金利が変更された場合、スタートアップ円定期預金へのお申込日の金利が適用されます(既にお預け入れいただいたスタートアップ円定期預金の適用金利に変更はありません)。
●最新の金利は新生銀行ウェブサイトの金利一覧でご確認いただくか、新生パワーコール(お電話)にてご確認ください。
●既に口座をお持ちのお客さまが口座解約のうえ、新規に口座開設をしてお申し込みいただくことはできません。
●本商品の内容・条件は、2022年6月1日現在。市場動向等により内容・条件を変更または本商品の取り扱いを中止する場合があります。
●店頭および新生銀行ウェブサイトに商品説明書をご用意しておりますので、必ずご確認ください。

【外貨預金一般について】
●外貨預金は為替変動により外貨から円への交換比率(為替レート)が変わるため、外貨を円に交換した場合に為替差損が生じ、当初預入時の円の元本を下回り、元本割れとなる可能性があります。
●外国為替市場の急激な変動があった場合やシステム障害等により、当行の提示する為替レートと実勢の為替レートが大きく異なる場合があります。お取り引きの際には、必ず適用される為替レートをご確認ください。
●円でのお預け入れ・お引き出しには為替手数料がかかります(外国為替市場の急激な変動があった場合や主要市場の休場日には、最大で1基本通貨単位あたり片道5.5円往復11円かかる場合があります)。また、円以外の通貨間での交換の場合、一方の通貨に最大片道0.02を乗じた金額が為替手数料としてかかります。
●そのため、為替相場の変動が無い場合でも、為替手数料・金利水準により、当初預入時の円の元本を下回り元本割れとなる場合があります。
●新生ステップアッププログラムによる外貨為替手数料の優遇は、円から外貨、外貨から円への交換が対象となります(ただし、パワーサポートプラスの通貨変更や利払い、パワービルダーの積立金の引き落とし等は対象となりません。また外貨間の交換、および口座解約の手続きに合わせて外貨預金残高を円に振り替える際も、対象となりません)。
●外貨預金は預金保険の対象ではありません。
●外貨定期預金は原則として中途解約できません。ただし、当行がやむを得ないものと認めて満期日前に解約する場合には、元本金額のみの払い戻しに応じます(利息はいっさい支払われません)。
●店頭での外貨現金・外貨送金のお取り扱いはしておりません。
●外貨送金する場合は事前にGoレミット新生海外送金サービスにお申し込みいただく必要があります。
●外貨送金には別途送金手数料がかかります。
●本預金のご利用にあたっては、店頭やインターネットにご用意している商品説明書(契約締結前交付書面)を必ずご確認いただき、商品特性について十分にご理解のうえ、お申し込みください。

【2022年最新版】自動車補助金の金額や種類について徹底解説(CEV補助金(EV、PHV、FCV)、自治体補助金、サポカー補助金)

2022年2月現在において申請可能なCEV補助金は、一般社団法人次世代自動車振興センターの「令和3年度 CEV補助金」です。この補助制度は、2022年2月18日までに新車登録した自動車が対象で、申請受付期間は2022年3月1日です。
それ以降にCEV補助金を申請したい場合は、「令和3年度補正予算 クリーンエネルギー自動車・インフラ導入促進補助金」を検討しましょう。この補助金はまだ実施団体が決定しておらず、申請受付はしていません。実施団体が決定後、詳細な申請方法や補助制度が公開される予定です。

現在申請可能なのは「令和3年度 CEV補助金」

    一般信用取引に関する説明書
  • 電気自動車:420,000円
  • プラグインハイブリッド自動車:220,000円
  • 燃料電池自動車:2,105,000円
  • 超小型モビリティ:220,000円 (対象車両はトヨタ C+podのみ)
  • クリーンディーゼル自動車:150,000円
  • 側車付二輪自動車・原動機付自転車:120,000円
  • ミニカー:200,000円 (対象車両はトヨタ コムスのみ)
  • ※ 補助金返納額=売却額×補助金比率(車両購入費に占める補助金の割合)

2022年3月以降は「令和3年度補正予算 クリーンエネルギー自動車・インフラ導入促進補助金」

  • 電気自動車(軽自動車を除く):600,000円 一般信用取引に関する説明書 ※下記条件を満たす車両は800,000円
  • 電気自動車(小型自動車・軽自動車):400,000円 ※下記条件を満たす車両は500,000円
  • プラグインハイブリッド自動車:400,000円 ※下記条件を満たす車両は500,000円
  • 燃料電池自動車:2,250,000円 ※下記条件を満たす車両は2,500,000円
  • 超小型モビリティ:定額200,000円(個人) ※下記条件を満たす場合は300,000円 (対象車両はトヨタ 一般信用取引に関する説明書 C+podのみ)
  • ※ 以下のAまたはBの条件を満たす車両の場合、補助上限額が異なります。

補助金の交付額はほとんどの車両で「令和3年度 CEV補助金」よりも「令和3年度補正予算 クリーンエネルギー自動車・インフラ導入促進補助金」の方が高く設定されています(車両ごとの交付額は必ず申請する前に公式サイトで確認してください)。自動車の購入をそこまで急いでいない場合は、「令和3年度補正予算 クリーンエネルギー自動車・インフラ導入促進補助金」の申請受付が開始させるまで待ってもよいかもしれません。

ヘッジファンドセミナー情報まとめ

ヘッジファンドセミナー情報まとめ

【金融商品仲介業者の商号】
株式会社幻冬舎アセットマネジメント
一般信用取引に関する説明書
登録番号:関東財務局長(金仲)第817号
当社は所属金融商品取引業者の代理権は有しておりません。金融商品仲介業に関して、お客様から直接、金銭や有価証券のお預かりをすることはありません。
所属金融商品取引業者が二者以上ある場合、どの金融商品取引業者がお客様の取引の相手方となるかお知らせします。
所属金融商品取引業者が二者以上ある場合で、お客様が行なおうとする取引について、所属金融商品取引業者間で支払う手数料が相違する場合は、その説明を行ないます。

【所属金融商品取引業者】
楽天証券株式会社

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第195号 加入する協会 : 日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、 日本商品先物取引協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会
株式会社SBI証券
金融商品取引業者 関東財務局長 (金商)第44号 加入する協会: 日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、 一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人日本STO協会
PWM日本証券株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第50号 加入する協会: 日本証券業協会、 一般社団法人 第二種金融商品取引業協会 一般信用取引に関する説明書
東海東京証券株式会社
金融商品取引業者 東海財務局長(金商)第140号 加入する協会: 日本証券業協会、 一般社団法人金融先物取引業協会、 一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、 一般社団法人日本STO協会
キャピタル・パートナーズ証券株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第62号 加入する協会: 一般信用取引に関する説明書 日本証券業協会、 一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
くにうみAI証券株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1627号 加入する協会: 日本証券業協会

【手数料等について】
商品等へのご投資には、各商品等に所定の手数料等(例えば、国内の金融商品取引所に上場する株式(売買単位未満株式を除く)の場合は約定代金に対して所属金融商品取引業者等ごとに異なる割合の 売買委託手数料、投資信託の場合は所属金融商品取引業者等および銘柄ごとに設定された販売手数料および信託報酬等の諸経費等)をご負担いただく場合があります(手数料等の具体的上限額および計算方 法の概要は所属金融商品取引業者等ごとに異なるため本書面では表示することができません。)。
債券を募集、売出し等又は相対取引により購入する場合は、購入対価のみお支払いいただきます(購入対価 に別途、経過利息をお支払いただく場合があります。)。
また、外貨建ての商品の場合、円貨と外貨を交換、または異なる外貨間での交換をする際には外国為替市場の動向に応じて所属金融商品取引業者等 ごとに決定した為替レートによるものとします。

【リスクについて】
各商品等には株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券 の発行者等の信用状況(財務・経営状況含む。)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)、または元本を超過する損失を生ずるおそれ(元本超過 損リスク)があります。
なお、信用取引またはデリバティブ取引等(以下「デリバティブ取引等」といいます。)を行う場合は、 デリバティブ取引等の額が当該デリバティブ取引等についてお客様の差入れた委託保証金または証拠金の額(以下「委託保証金等の額」といいます。)を上回る場合があると共に、対象となる有価証券の価格または指標等の変動により損失の額がお客様の差入れた委託保証金等の額を上回るおそれ(元本超過損 リスク)があります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる