ビットコイン攻略法

FX初心者が陥りがちな失敗と注意点とは

FX初心者が陥りがちな失敗と注意点とは

遠藤 洋
投資家
投資コミュニティixi主宰

図解 知識ゼロからはじめるFXの入門書

・チャートの見方、トレンドの読み方をやさしく解説
ローソク足、トレンドライン、ファンダメンタル分析など、FXには日常生活では出会わないような用語がたくさん登場します。でも安心してください! 本書ではむずかしい専門用語もやさしく噛み砕いて解説!!

・成功する人、失敗する人の思考パターンを把握できる
FXでは大金を掴み取る人もいれば、せっかく投資したお金を減らしてしまう人もいます。両者にはどんな違いがあるのでしょうか? 本書では失敗者が陥りがちなポイントと成功者が心がけるポイントを、具体的事例を用いて紹介しています。

第1章 これだけ知ればOK! FXの基本

FXのしくみを知ろう!
儲けるための必須知識―外国為替
円高・円安を知れば、FXにも有利!
円高でも円安でも儲けられる
短期間でも利益を上げられる FX初心者が陥りがちな失敗と注意点とは
投資対象が少なく、的を絞りやすい
いつでも公平・安心な取引ができる
平日24時間いつでも取引できる
軍資金は10万円もあれば十分!
FXで儲ける2つの方法―①為替差益
FXで儲ける2つの方法―②スワップポイント
相場格言1 「行きすぎもまた相場」

第2章 まずは準備から! 取引のはじめ方

FXをはじめてみよう!
自分に合った投資スタイルを決めよう
まずは取引業者を決める
取引業者はいろいろ試して絞り込もう
インターネットで口座開設する
ホームページで口座開設を申込む
取引をはじめる前の注意点 FX初心者が陥りがちな失敗と注意点とは
損失が拡大した場合の注意点
初心者の心強い味方・デモ取引
約20種類の通貨から選べる
儲かる通貨ペアの選び方
世界のメジャー通貨
世界のマイナー通貨
市場への影響力も大きい! 資源国通貨
売値と買値の違いを知ろう
基本は「指値注文」と「成行注文」
「指値注文」と「成行注文」の方法
「逆指値注文」も知っておこう
取引成立と同時に次の注文を出す「IFD」
「IFD注文」の方法
2つの注文のどちらかが成立する「OCO」
「OCO注文」の方法
一度に3つの注文ができる「IFO」
「IFO注文」の方法
相場格言2 「知っているものだけ買え」

第3章 為替の動きを読む

為替が動く要因を探ろう! FX初心者が陥りがちな失敗と注意点とは
為替の動きが読めれば儲けられる
貿易収支が為替を動かす
金利が上がれば通貨が高くなる
経済指標で今後の為替を予測する
外国為替に影響を与える日本の経済指標とその読み方①
外国為替に影響を与える日本の経済指標とその読み方②
相場格言3 「しまったはしまえ」

第4章 チャートを読んで投資しよう

チャートを知れば勝率が高まる
短期取引に有利なテクニカル分析
ローソク足を極めて相場を読もう
大陽線のシグナルを知ろう
大陰線のシグナルを知ろう
小陽線の見方
小陰線の見方
十字線のシグナルを知ろう
ローソク足の組み合わせで予測する
トレンドラインで為替の流れをつかむ
トレンドが変わる転換点はどこ?
移動平均線を使ってトレンドを知る
移動平均線でトレンド転換を読む
過熱感から相場の転換点を探る
MACDでトレンド転換を読む
RSIで取引のタイミングを見定める
相場格言4 「保ち合い放れにつけ」

第5章 負けないFXの投資法

成功・失敗パターンを学ぶ
失敗から学ぶ① FX初心者が陥りがちな失敗と注意点とは 急激な変化に対応できなかった
失敗から学ぶ② 為替差損がスワップポイントを上回る
失敗から学ぶ③ 市場をチェックしていない間に大損失
失敗から学ぶ④ チャートを過信しすぎた
失敗から学ぶ⑤ 意地になってホールドしたら強制決済
成功から学ぶ① 「ここぞ!」というときだけ参戦する
成功から学ぶ② スワップポイントで地道に稼ぐ

遠藤洋の「小型株集中投資で資産づくり!」第13回 小型株投資で陥りがちな失敗、どうやって避ける?

遠藤洋


遠藤 洋
投資家
投資コミュニティixi主宰

2021年後半、激しい値動きを繰り返したグローバルウェイ(3936)の株価

【図表】2021年後半、激しい値動きを繰り返したグローバルウェイ(3936)の株価

グローバルウェイが今後どうなるかはともかく、一般論として、事業の中身が乏しい会社の株価は、最終的には大きく下がる可能性が高くなります。
逆に、中身がしっかりしている会社は、たとえ急に株価が下がることがあっても下げ幅は限定的です。

株式投資のいちばんいいところは、自分が働かなくても、投資した会社の経営陣が経営戦略を考えてくれて、それを社員が実行して利益を上げてくれることです。自分の時間を犠牲にしながらチャートに張り付いているトレーダーもいますが、僕に言わせると、せっかくの株式投資のメリットを生かしきれず、もったいないと感じます。

企業経営


自分が働いたり時間を費やしたりすることなく、投資先の企業が上げてくれた利益を受け取れることが株式投資の最大のメリット

チャートばかりを見すぎず、会社の中身をしっかり確認して納得したうえで投資をすれば、日々の株価をそこまで気にしなくてすむので本業に集中できますし、その方が長い目で見れば投資の成績がプラスになりやすいと思います。

投資商品を分析!初心者こそ「不動産投資」がオススメな理由とは?

投資商品を分析!初心者こそ「不動産投資」がオススメな理由とは?

■ ほったらかし

■ プロが運用

■ 自分で運用

リスクと運用方法から探る、自分に合った投資法

【1】低リスク×ほったらかし
【2】中~高リスク×自分でアクティブに運用
【3】中~高リスク×プロが運用

【1】低リスク×ほったらかし:貯蓄型保険、預金、債券、不動産投資

リターンはそれほど高くないため、資産を「増やす」のはなく「守る」ことを目的とした投資法です。以下のような方に向いています。

・投資はしたいが元本割れは避けたい
・運用資金が少なく、大きな運用ができない
・今ある資金を増やすのではなく、将来に向けて確実に残したい
・投資にあまり時間を費やせない

【2】中~高リスク×自分でアクティブに運用:外貨貯金、株式、FX、暗号資産(仮想通貨)

上記の投資方法を行うのであれば、対象商品の値動きだけではなく、為替相場や国内外の経済情勢など多方面に渡る情報収集が必要です。
大きなリターンを得られる反面リスクも大きく、また運用に手間や時間がかかるため、以下のような方に向いています。

・自分が主体になって資産を運用し、大きなリターンを得たい
・リスクを許容できる余剰資金と精神的なタフさをもっている
・投資に必要な情報を得るための時間的余裕がある

【3】中~高リスク×プロが運用:投資信託

手間や時間はかけずに、ある程度まとまったリターンを得られる投資法です。
以下のような方に向いています。

・ある程度リスクを許容し、安定したリターンを得たい
・余剰資金はあるが投資にかける時間がない
・プロフェッショナルに運用を任せたい。手数料は必要資金として許容できる。

投資初心者のサラリーマンには「不動産投資」がオススメ!その理由とは

運用の手間がかからない

しかし、実際のところ多くの不動産オーナーは管理会社に不動産管理を一任しています。もちろん手数料はかかりますが、特にフルタイムで働くサラリーマンにとっては、時間や手間をかけずに投資ができるというのは大きなメリットになります。

少額でスタートできる

しかし、実は不動産投資は少額でスタートできる投資法なのです。それは銀行などの金融機関から融資を受けられるからです。
融資を受けることで5万~数百万円程度の初期費用で始めることができます。株式や投資信託といった金融投資はそれを理由に融資を受けることはできません。少額の初期投資で大きな利益を得られるという点が不動産投資ならではの魅力です。

リスクコントロールができる

株式やFXといった金融商品は、社会情勢や経済状況、また他の投資家の行動といったさまざまな外的要因が複雑に絡み合って価格が上下するため、先が読みにくい投資法です。さらに変動が大きく、激しく暴落した場合はリスクを受け止めきれず破綻してしまう恐れがあります。

不動産投資にも空室や自然災害といった不動産独自のリスクはありますが、ある程度自身の努力や保険などで対応することが可能です。特に豊富な実績と経験がある不動産会社をパートナーに選べば、その蓄積されたノウハウから、リスク予測とその対策を立ててもらうことができます。

不動産投資の初心者が気をつけるべきポイント

不動産会社の言葉をうのみにしない

先ほどご紹介した通り、不動産投資はプロの不動産会社や管理会社に一任できるため、知識や手間はそれほど必要ないというメリットがあります。
とはいえ、不動産会社の言葉を鵜呑みにして物件を購入したり、管理運営を任せきりにしたりていると、大きな損失やトラブルにつながりかねません。
投資を行うのは他ならない自分自身であり、投資用不動産は自分の大切な財産です。疑問点や不明点はそのままにしておかず、納得がいくまで問い合わせるようにしましょう。

また不誠実な不動産会社は、物件を売るために本来伝えるべきリスクを隠したセールスを行うこともあります。オーナーの立場に立ち、オーナーに合った不動産を提案してくれるような、誠実な不動産会社を選びましょう。

投資目的を明確にする

長期的計画とリスクヘッジを考えておく

不動産投資のご相談・お問い合わせで 「不動産投資の基本がわかる書籍」等 プレゼント!

不動産投資の成否を握る!パートナーに選ぶべき不動産会社の特徴とは

前項でご紹介した通り、不動産会社の選定が不動産投資の成否を分けるといっても過言ではありません。
プロパティエージェントは不動産管理のプロフェッショナルとして、不動産の販売から運用・管理・売却までを一気通貫で請け負い、お客様の大切な資産である不動産の価値を守ります。
最後に、 不動産投資初心者の方にも安心していただける、プロパティエージェントならではの強みをご紹介 します。

1オーナー1担当制による手厚いアフターフォロー

プロパティエージェントでは、1オーナー1担当制を採用、打ち合わせから契約、契約後から売却するまでのサポートを一気通貫で行っています。
お客様のライフプランをしっかりヒアリングしたうえで、その投資目的に合った不動産をご提案し、購入後も定期的な持ち方やプランニングの見直し・ローン返済プランの変更に関するご提案・確定申告のサポートなど、徹底的なフォローを行います。

丁寧なリスクの説明とリスクヘッジの提案

プロパティエージェントでは、そうしたリスクについても初期段階で隠すことなく説明し、併せてリスクヘッジのご提案もいたします。 リスクの存在を把握し、その対応策を知ることで、納得・安心して不動産投資を行っていただけます。

徹底した建物・賃貸管理

プロパティエージェントでは建物管理部門を設けており、 年間の平均入居率が99.5%以上という業界トップクラスの水準を維持しています。また、 空室リスク対策として次の入居者と「先行契約制度」を設け、家賃滞納リスク対策として保証会社による入居者の審査を行うなど、賃貸管理も徹底 しています。

無料セミナーの開催

不動産投資を始めるに当たり、「どのように戦略を練れば良いのか」「不動産投資ならではのリスクにどう対応すれば良いのか」など、疑問や不安を抱かれる方もいらっしゃいます。
しかしいざ不動産会社の担当者と向かい合うと、特に初心者の方は気後れして質問ができず、納得できないまま不動産を購入してしまうケースも少なくありません。
そうした不安や疑問を払拭すべく、不動産投資について基礎から学び、気軽に質問ができる場として無料セミナーを開催しているというのも良い不動産会社の特徴です。

プロパティエージェントでは定期的に無料セミナーを開催し、不動産投資の基礎から仕組み、戦略までを丁寧に解説いたします。 来場型はもちろん、WEBや電話での受講も可能です。また、個別相談も承っておりますので、どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。

その中で特におすすめしたいのが不動産投資です。
不動産投資は時間や手間がかからないこと・融資を受けることで初期費用が抑えられること・リスク対策が比較的しやすいことから初心者向きの資産運用 といえます。
しかし、不動産会社や不動産を深い考えもなく安易に選んでしまうと、大きな損失を被る恐れもあります。
大切なのは自分の資産は自分で守るという心構えを持ち、信頼できる不動産会社を選ぶことです。

株初心者が陥りやすい“6つの失敗パターン”と、その対処法とは?

当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではな く、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任におい てお取引いただきますようお願い申し上げます。信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証 拠金設定のある投資対象については、お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がご ざいます。また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作 成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、株式投資等の知識向上、学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象や、特定の投資行動、運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(オープンエデュケーション株 式会社)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承下さい。また、当サイトのコンテンツのすべての情報について当社(オープンエデュケーション株式会社)の許可なく転載・ FX初心者が陥りがちな失敗と注意点とは 掲載することを禁じます。

ご注意ください

当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではな く、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任におい てお取引いただきますようお願い申し上げます。信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証 拠金設定のある投資対象については、お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がご ざいます。また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作 成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、株式投資等の知識向上、学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 FX初心者が陥りがちな失敗と注意点とは 特定の銘柄や投資対象や、特定の投資行動、運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(オープンエデュケーション株 式会社)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承下さい。また、当サイトのコンテンツのすべての情報について当社(オープンエデュケーション株式会社)の許可なく転載・ 掲載することを禁じます。

ご注意ください

当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではな く、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任におい てお取引いただきますようお願い申し上げます。信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証 拠金設定のある投資対象については、お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がご ざいます。また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作 成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、株式投資等の知識向上、学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象や、特定の投資行動、運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(オープンエデュケーション株 式会社)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承下さい。また、当サイトのコンテンツのすべての情報について当社(オープンエデュケーション株式会社)の許可なく転載・ 掲載することを禁じます。

資産運用によくある失敗例や失敗談!借金など失敗しないためのポイント紹介!

資産運用によくある失敗例や失敗談!借金など失敗しないためのポイント紹介!

コラム

資産運用に失敗するとどうなる?

・資産が減る
・借金をすることになる
・精神的苦痛やストレスを抱える
・損失資産を補おうと仕事で無理をして健康を損なう

資産が減る

資産運用に失敗すると、資産が減少するリスクがあります。資産運用の方法はさまざまありますが、そのほとんどは元本保証がなく、運用に失敗すると元本割れを起こします。元本割れを起こすと、当然ながら資産は減少してしまいます。

また、リスクとリターンは相関関係にあり、利回りが高い金融商品は元本割れを起こすリスクが高いです。つまり、高利回りの金融商品は短期間で大きな利益が得られる可能性がある反面、運用に失敗すると資産が大きく減少するリスクがあることを知っておきましょう。

投資金額以上の損をしてしまう場合がある

資産運用に失敗すると、投資金額以上の損をしてしまう場合があります。運用に失敗すると元本が返ってこないだけでなく、最悪のケースでは借金を抱えてしまうこともあります。

資産運用に失敗して借金を抱えるケースで多いのは、レバレッジ取引で追証が発生するケースです。FXや株の信用取引などがレバレッジ取引に該当し、レバレッジを効かせることで投入した証拠金の最大25倍の金額で取引ができます。

精神的苦痛やストレスを抱える

資産運用に失敗すると、精神的苦痛やストレスを抱えてしまいます。資産が減少すると誰でもショックを受けると思いますが、ストレス耐性が低い人はうつ病などの精神疾患を発症することがあります。

また、短期的な値動きに一喜一憂すると精神的に不安定になり、その状態が長く続くとストレスが常態化します。さらに相場が予想に反した値動きをすると、予想を外してしまったことで自責の念に駆られてしまい、それが原因で精神疾患を発症する方もいます。

損失資産を補おうと仕事で無理をして健康を損なう

資産運用に失敗すると、減らしてしまった資産を補おうとして仕事量を増やそうと考える方がいます。しかし無理をして労働時間を増やしても、結果として健康を損なってしまうことがあります。

また、海外金融商品に投資をして失敗すると、夜も相場の値動きが気になってしまい睡眠不足が続いてしまうことがあります。このような状態で仕事をするとミスや事故の原因になり、仕事にも悪影響が及びます。

資産運用のよくある失敗例や失敗談

資産運用のよくある失敗例や失敗談

運用の目的や目標金額を決めない

資産運用で最もよくある失敗が、運用目的や目標金額を決めず始めてしまうケースです。目的や目標を決めずにビジネスが成功することはほとんどありませんよね。

売買タイミングなどのルールを決めない

資産運用でよくやりがちな失敗が、売買タイミングなどのルールを決めないことです。先ほど紹介した目的や目標と同様、運用ルールを決めずにうまくいくケースは非常にまれであり、なんとなく資産運用を始めたほとんどの方が損をしてしまっています。

例えば株式では「この株式は必ず半年後に売却しよう」「5%でも株価が値上がりしたら売ろう」などと具体的な数値目標を決めておくことで、着実にコツコツと利益を増やしていくことが可能です。

そして特に注意すべきなのは、株価が値上がりをしているケースより、値下がりしているケースです。「いずれ戻るだろう」と放置して取り返しのつかないことになるケースもあるため、「元本が20%減ったら損切りしよう」など、自分で資産運用ルールを決めておくことが大切です。

分散投資ができていない

投資において重要なことは、「もしAが下がってもBが上がる」という状態になるように、金融商品や投資銘柄などの種類を分散して投資することです。分散投資は、リスクを分散しながら資産運用したい方は必ず実践すべき手法です。

運用を専門家に任せてしまう

資産運用初心者の方によくあるのが、運用の専門家に完全に任せっきりになり失敗してしまうというパターンです。もちろん運用の専門家は知識が豊富であり、金融商品の最新情報のキャッチアップも早いため、安心して任せられるかもしれません。

つまり専門家に運用を任せたとしても、それによって決してあなたの資金が保証されるわけではありません。資産運用にはすべて「自己責任」が伴うのです。

余剰資金を超えた金額で運用する

投資を始める上では、投資金額を見誤らずに「余剰資金」の範囲内で行うことが大切になります。それでは余剰資金を超えた金額で運用した場合、どのようなリスクが考えられるでしょうか。

なんとなく仮想通貨やFXに手を出す

仮想通貨やFXは手数料が株式取引よりも安く、24時間好きな時に売買でき、手軽な金融商品としてなんとなく始められます。しかしこれらは、短期間で大きく値上がりや値下がりをする「ボラティリティの変動が大きい」というハイリスクな特性を持つ金融商品です。

またFXに関しては、投資元本以上の金額でレバレッジをかけて運用することができるので、仮に失敗したときには損失額を補填するための資金が足りず、金融機関で借金せざるを得なくなります。

資産運用で借金など失敗しないためのポイント

資産運用で借金など失敗しないためのポイント

資産運用の目標をあらかじめ決めておく

資産運用で失敗しないためには、資産運用の目標をあらかじめ決めておくことが大切です。資産運用の目的や目標金額が明確だと、どのような金融商品で資産運用をすれば良いのかが自ずとわかります。

分散投資をしてリスクを減らす

資産運用での失敗を防ぐには、分散投資をしてリスクを減らすことが大切です。金融商品や投資銘柄などの種類を分散して投資すると「もし金融商品Aが下がっても金融商品Bが上がる」という状態になり、投資のリスクを分散できます。

なお、分散投資をする際は「資産(銘柄)の分散」だけでなく、「地域の分散」と「時間の分散」も考えましょう。地域の分散として複数の地域や通貨を組み合わせたり、時間の分散としてドルコスト平均法などで複数回に分けて投資をすることも、リスクの分散につながります。

「群衆の心理」に巻き込まれず感情に流されずに運用する

資産運用に必要なのは金融知識だけではありません。感情に流されず、常に市場と向き合い冷静に判断できるマインドが必要です。

2000年1月-2020年12月

これは、話題に上ることから投資家の資金が集まり価格が吊り上がってしまい、悲観論が拡がると一斉に資金の引き揚げが起こることから、暴落に繋がってしまうためです。

長期目線での運用を心がけ過度な売買を行わない

資産運用では、長期目線での運用を心がけることが大切です。「時間を味方につける」ことを忘れずに、ゆったりと構えて投資判断するようにしましょう。

個人投資家も例外ではなく、自分の運用能力や将来予測を過信してしまうことから必要以上に売買を行ってしまう傾向があります。

売却の判断は冷静に

個人投資家がよく陥りがちな失敗が、利益の出ている銘柄から売却することでポートフォリオが値下がりしている銘柄ばかりになってしまうことです。

損失回避性とは

勝った時いくら貰えたらやるか質問したところ、平均は250万円という結果でした。この結果から、人は損失に対し利益の2.5倍の痛みを感じるという結論が明らかになっています。

余剰資金の範囲内で運用する

「余剰資金=総資産額ー月収(手取り)×6か月分」

また余剰資金は「最悪の場合失っても生きていける」金額を表しているので、その資金が0円になっても生活できなくならないか、よく考えるようにしましょう。

自分でもお金の勉強を続ける

この姿勢はとても重要であり、自分で適切な投資判断するためには、きちんと金融知識を習得し、日々学び続けることが必要です。たとえ運用の専門家に任せたとしても、「自己責任」のマインドで自分でも学び続けることを怠らないようにしましょう。

資産運用で失敗したくない方はプロに運用を任せよう

ここまで見てきた通り、資産運用に失敗してしまうのは、知識不足はもちろん投資家としてのマインドや考え方にも原因があるケースが多いです。経験がないと結局何を買えば良いのかがわからず、なんとなく仮想通貨やFXを始めるなど、典型的な失敗例に陥ります。

安定的ヘッジファンド

まずは気軽にヘッジファンドダイレクトにご相談ください。ヘッジファンドダイレクトでは、投資のプロとしてなるべく失敗しないような運用方法を提案しているので、あなたが納得できる資産運用をサポートします。

ターゲットイヤーファンドとは?メリット・デメリットを徹底解説

ヘッジファンドダイレクト株式会社 コラム編集部

【投資信託とは何か】仕組みやメリット・デメリットをわかりやすく簡単に説明!

ヘッジファンドダイレクト株式会社 コラム編集部

【セミリタイアの失敗例】失敗しないための3つのポイント!

ヘッジファンドダイレクト株式会社 コラム編集部

東証市場再編でTOPIXや日経平均はどうなる?株価指数に与える影響や今後のスケジュールついて解説

2022年4月に東証の市場再編がスタートしました。この記事では東証市場再編がTOPIX(東証株価指数)や日経平均株価などの株価指数に与える影響と、今後のスケジュールについて解説します。 東証再編はいつから? 東京証券取引所は、.

ヘッジファンドダイレクト株式会社 コラム編集部

【年収1,000万円で資産運用】投資先候補の4つの金融商品を紹介!

ヘッジファンドダイレクト株式会社 コラム編集部

【ローリスク・低リスクで資産運用】リスクの少ない投資をする上で必要な心構え

ヘッジファンドダイレクト株式会社 コラム編集部

ヘッジファンドダイレクト

本サイトは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたのもので、金融商品の取得勧誘・販売等を目的としたものではありません。本資料作成においては万全の注意を払っておりますが、本資料に含まれる情報の正確性、更新性に関しては弊社は一切保証していません。また、当該評価は過去の一定期間の実績を分析したものであり、将来の運用成果等を保証したものではございません。銘柄の選択、投資の最終決定は、ご自身の判断でなさるようにお願い致します。【著作権に関するお願い】当社およびその関係会社が当社Webサイトで提供する文書・映像・音声・その他の著作物および当DVDは、著作権法、およびその他の法律により保護されています。当社の文書での許諾なく、これらの一部又は全部をそのまま又は改変して転載・転用・送信・上映等により利用することは、その目的が営利か非営利か、その手段が電子的か否か、またメディアの如何を問わず禁止します。「引用」を行う場合には、必ず出典ページへのリンクを併用してください。当サイトへのリンクは自由です。著作権に関する詳しい情報は、公益社団法人 著作権情報センター著作権相談室までご確認ください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる