オプション 取引ルール

最高の海外FX会社10 社

最高の海外FX会社10 社
金融庁が警告を発している最大の狙いは、海外に資金を流出させないことなので、管理人の考えでは、金融庁は205社全てに対し無差別的に警告を出しているのだと思います。

海外FX口座開設ボーナス・未入金ボーナスおすすめ比較!【2022年6月10日最新】

海外FXの口座開設ボーナス・未入金ボーナス特集【2022最新版】

AtlasForex(アトラスフォレックス)の口座開設ボーナス

https://www.atforex-markets.com/

GKFX Primeの口座開設ボーナス

GKFX Primeは現在日本でのサービス提供を中止 しています。そのため、日本からは口座開設を含めたすべての機能を利用することができません。

DealFXの口座開設ボーナス

Deal FXは現在サービスの提供を中止 しています。DealFXのホームページにもアクセスすることができない状態です。

8MAXの口座開設ボーナス

8MAXは、過去に口座開設ボーナスを提供していたことがあります。しかし、突如としてホームページが閉鎖されサービスも停止となりました。

Forex Princeの口座開設ボーナス

Forex Princeは現在、日本からホームページにアクセスすることができません。

海外仮想通貨FXの口座開設ボーナス・未入金ボーナス

海外仮想通貨FXの口座開設ボーナス・未入金ボーナス
海外仮想通貨取引所口座開設ボーナス
FXGT3,000分
Bitterzビットコイン10,000円分
Binanceなし
ByBitなし
(※入金ボーナスあり)
BitGet3ドル分
仮想通貨の口座開設ボーナス

一方で、Binance(バイナンス)やBybit(バイビット)といった仮想通貨取引所はボーナスキャンペーンをあまり開催せず、取引条件の改善に力を入れています。

海外FX業者20社の約定力比較。約定力・約定スピードで比較。約定力が高いおすすめ業者は?

約定力をアップさせる方法はこちら

海外FX業者のサーバーとインターバンク市場のサーバーの距離

海外FX約定力・約定スピード比較のポイント

その1.約定力・約定スピードの情報公開に積極的な海外FX業者を選ぶ

情報を公開できるのは、それだけ「 約定力・約定スピードに自信がある 」証でもあるのです。

その2.取引サーバーの数が多い海外FX業者を選ぶ

XMTrading

しかし、海外FX業者も、サーバーを増設するのには、大きなコストが発生するので「サーバー を増やさない 」選択をする海外FX業者も多いのです。

その3.複数のリクイディティプロバイダーと提携している海外FX業者を選ぶ

その4.東京サーバーを持っている海外FX業者を選ぶ

  • 投資家のサーバー(日本) ←→ 海外FX業者のサーバー(ロンドン、ニューヨーク)

  • 投資家のサーバー(日本) ←→ 海外FX業者のサーバー(日本)

東京にあるTY1データセンターに取引サーバーを設置している主な海外FX業者

AXIORY(アキシオリー)

口座の種類スタンダード口座/MT4/STPナノ口座/MT4/ECNスタンダード口座/cTrader/STPナノ口座/cTrader/ECNテラ口座/MT5/ECN
取引手数料
(片道)
無料3ドル無料3ドル3ドル
最小 スプレッド
米ドル/円
1.最高の海外FX会社10 社 100.101.100.100.10
平均 スプレッド
米ドル/円
1.600.601.600.60
最大レバレッジ400倍(~10万ドル)
300倍(~20万ドル)
200倍(20万ドル~)
400倍(~10万ドル)
300倍(~20万ドル)
200倍(20万ドル~)
400倍(~10万ドル)
300倍(~20万ドル)
200倍(20万ドル~)
400倍(~10万ドル)
300倍(~20万ドル)
200倍(20万ドル~)
400倍(~10万ドル)
300倍(~20万ドル)
200倍(20万ドル~)
最低取引通貨1,000通貨1,000通貨1,000通貨1,000通貨1,000通貨
最低入金額2万円相当2万円相当2万円相当2万円相当2万円相当
公式サイトはこちら

TitanFX(タイタンエフエックス)

最高の海外FX会社10 社
口座の種類Zeroスタンダード口座/STPZeroブレード口座/ECN
取引手数料
(片道)
無料3.5ドル
最小 スプレッド
米ドル/円
1.000.00
平均 スプレッド
米ドル/円
1.330.33
最大レバレッジ500倍500倍
最低取引通貨1,000通貨1,最高の海外FX会社10 社 000通貨
最低入金額2万円相当2万円相当
公式サイトはこちら

その5.無料でVPSサーバーを設置している海外FX業者を選ぶ

VPSサーバーとは

XMTrading

最低(有効証拠金 – クレジットにて)USD 5,000もしくはその他の通貨相当額が口座にあり、一か月に最低5往復ロットもしくは500往復マイクロロットのお取引があるお客様は、会員ページからいつでも無料のVPSをお申込みいただけます。

上記の要因を満たさないお客様も、会員ページからXMTrading VPSにお申込みいただければ、毎月1日に MT4/MT5口座から自動的に引き落とされる28ドルのご負担で同サービスをご利用いただけます。

海外FX口座比較まとめ | おすすめハイレバ海外FX口座で稼ぐ!

海外FX ハイレバレッジは資金効率が高い

ボーナスはトレード資金として活用できますが、ボーナス自体は出金できません、 ボーナスを活用して得た利益分は出金できます。
キャッシュバック型のボーナスを提供している業者ではボーナスを換金して出金できる業者もありますが、ある一定以上の取引を行ってからでないと出金ができない、といった条件を付けている海外FX業者もあります。このような出金ルールをよく理解しないまま、ボーナス分も含めて出金しようとして出金できないので出金拒否だと勘違いすることが多く、出金ルールを守っていれば出金拒否を受けることはないと思ってください。

ライセンスを取得しない海外FX業者が危険!

ライセンスの規制が厳しい国と緩い国が存在する

規制が厳しい国

「Mifid Ⅱ」は投資家に不利益をもたらす利益相反取引(Conflicts of Interest)を禁止しているので、EC加盟国のライセンス規制下の海外FX業者はNDD方式が義務付けられています。
具体的には、XMとLAND-FXはFCAライセンスを保有しており、XMとHotForexはCySecライセンスを保有しており信頼性が非常に高いと言えます。

MIFID2とは

  • FCAライセンスではFSCSによって最大5万ポンド(約700万円)までの資産が補償される
  • CySecライセンスではICFによって最大2万ユーロ(約250万円)の資産が補償される

海外FX業者のライセンス

国内FX業者への規制は緩く、不正操作も合法

規制が緩い国

これらのオフショアライセンスの取得は容易かつ規制が緩く、利益相反禁止や分別管理などが徹底されてないリスクが高いと言われており、 出金拒否、口座凍結、意図的なスリッページなどのトラブルを起こしている海外FX業者の80%以上が金融規制が緩い国の業者だと言われています。

TitanFXとAXIORYはニュージーランドとベリーズのライセンスですが、理不尽な出金拒否などの噂もなく、金融ライセンスを取得していない業者よりも断然信頼性は高いと言えるでしょう。また、オフショアライセンスの特徴として日本の金融庁の圧力がかかりにくく営業停止に追い込まれる危険性が低く、 利用上問題が生じる可能性は低いと言えますが、EU加盟国ライセンスを保有している海外FX業者の信頼性よりも低いと言えます。 その理由は以下で解説します。

複数のライセンスを取得している海外FX業者がある理由は?

海外FX業者のライセンス、意図的にマイナーライセンスを取得

XMがセーシェルライセンスを取得しているのはその最たるケースです。

日本の金融庁は日本国内の投資家の資金が海外fx業者に流出することを極力防ごうとしています。XMはもともとキプロス証券委員会(CySec)のライセンスを保有していますが、 XMが日本国内で最も利用者を抱えている海外FX業者なので、XMの日本向けの営業を停止させるためにCySecに対し圧力をかけた結果、 XMは2015年に日本の圧力がかかりにくいセーシェルライセンスを取得し、HotForexとLAND-FXも同様の理由からマイナーライセンスをしていると言われています。

日本で無登録の海外FX業者は危険ではない!

XMへの日本の金融庁の警告

その内、205社の海外FX業者に警告が出されていますが(2019年2月28日時点)、海外の規制機関から金融ライセンスを取得しているかを調べたところ、 110社は金融ライセンスを取得していますが、残りの95社は海外でも未登録業者 でした。

ライセンス無登録の海外業者が詐欺・出金拒否を行う

金融庁が警告を発している最大の狙いは、海外に資金を流出させないことなので、管理人の考えでは、金融庁は205社全てに対し無差別的に警告を出しているのだと思います。

  • 海外の規制機関からライセンスを取得しているが、日本の金融庁では無登録の海外FX業者
  • 海外と日本で無登録であり、どこからもライセンスを取得していない海外FX業者

ライセンス未登録の海外FX業者が出金拒否や詐欺を行う

海外FXトレーダーへのメッセージ

  • 入金ボーナスでトレードした利益を出金できない業者
  • 低スプレッドを宣伝しながら実はすごく広い業者
  • 指定した指値や逆指値で約定しない業者

このような経験を踏まえて、安心して利用できる海外FX業者だけをできるだけピックアップし 「トレード目的・タイプ別」にしておすすめしています。

海外FXでスキャルピングにおすすめの業者5選!ハイレバの活用・選定ポイントも解説

海外FXでスキャルピングにおすすめの業者5選!ハイレバの活用・選定ポイントも解説

海外FX

  • スキャルピングに最適な海外FX業者選定ポイント
  • 利益に直結!ハイレバスキャルのメリットデメリット
  • 海外FXのスキャルピングにおすすめの業者5選
  • スキャルピングに向かない業者
  • 海外FXのスキャルピングに関するQ&A

海外FXのスキャルピング手法とは?

海外FXのスキャルピング手法とは?

  • 1回のトレード利益が1~20pips程
  • ポジション保有時間が数秒~数分
  • 1日のトレード回数が数回~数十回

そのため、 業者の提供する取引環境が非常に重要 になってきます。

また、海外FXのハイレバレッジを利用したスキャルピングの場合は、 メリットとデメリットをしっかり理解したうえで取引することも重要 になってくるわけです。

スキャルピングに最適な海外FX業者選定ポイント

スキャルピングに最適な海外FX業者選定ポイント

  • 信頼できる海外FX業者なのか
  • スキャルピングを禁止している海外FX業者ではないのか
  • NDD方式を採用している海外FX業者なのか
  • スプレッドが狭い海外FX業者なのか
  • 約定力が高い海外FX業者なのか

信頼できる海外FX業者なのか?

信頼できる海外FX業者なのか?

スキャルピングに適した業者か選定する上で一番重要になってくるのが、 その業者の信頼性 です。

  • 出金拒否がない
  • 経営履歴が長い
  • ライセンスを取得している
  • 資金の管理方法を明確にしている

スキャルピングを禁止している海外FX業者ではないのか?

スキャルピングを禁止している海外FX業者ではないのか?

海外FX業者のほとんどはスキャルピングができますが、中には スキャルピングを規制している業者 や スキャルピングがやりにくい業者 が存在します。

  • 1日に10回から数百回の売買を禁止している
  • 短時間の大口の取引を禁止している
  • レイテンシートレーディングの禁止
  • 経済指標のみを狙った取引の禁止

NDD方式を採用している海外FX業者なのか?

NDD方式を採用している海外FX業者なのか?

なぜなら、 NDD方式の業者はスキャルピングで不利な部分が少ない からです。

名称 取引方法
NDD方式(ノーディーリングディスク方式) FX会社を介さずにトレーダーの注文は直接インターバンクで決済される仕組
DD方式(ディーリングディスク方式) 一般的に相対取引や店頭取引と呼ばており、トレーダーとFX会社、FX会社とインターバンク間で取引される仕組み

ですが、FX会社の収益源がスプレッドからの手数料のみのため、基本的に スプレッドが広くなってしまうデメリット があります。

そのため、 「呑み行為」が発生する可能性が高く不透明な部分がある取引方法 となります。

同時に、制限を無視して高速スキャルピングをしてしまうと、 ストップ狩りや故意的なレート操作が行われる可能性、最悪の場合口座凍結される危険性が考えられる わけです。

スプレッドが狭い海外FX業者なのか?

スプレッドが狭い海外FX業者なのか?

スキャルピングを行う場合、 スプレッドが狭いことが重要なポイント として挙げられます。

なぜなら、スキャルピングは1日に数回~数十回トレードを行うことが多いので、上図で解説しているように、取引毎に発生するスプレッドや取引手数料のような 取引コストは極力抑えた方が有利 だからです。

口座タイプ 取引コスト
STP口座 スプレッドは広い傾向にあるが、取引手数料がなく、取引コストはスプレッドのみとなる
ECN口座 スプレッドが非常に狭い代わりに、取引毎に取引手数料がかかる口座

基本的に ESN口座は取引手数料を加味してもSTP口座と比よりスプレッドが狭い ため、主にスキャルピングを行う口座として利用されることが多い口座です。

ですが、 ECN口座でも業者間で取引手数料に差があるので注意が必要 です。

例えば、XMのゼロ口座(ECN口座)では取引手数料が1LOTにつき片道5ドル、つまり1LOT(10万通貨)の注文を出して決済すると 10ドルの取引手数料が発生 します。

海外FXのおすすめ業者ランキング10選【2022年最新版】

悩んでいる人

最近はたくさんの海外FX業者が日本に参入しており、 どの口座を選んだらいいのかわからないというトレーダーも多い 最高の海外FX会社10 社 です。

実際に私も、専業トレーダーになって初めて海外FX業者を使ったときは「どの証券会社なら安心して取引できるんだろう…」とあまりの選択肢の多さに悩んだ経験があります。

リク

海外FXのおすすめ業者ランキングを選ぶ基準

今回は、海外FX口座で毎日トレードしている私が、実際に使ってみた上でおすすめできる業者のみをピックアップしました。

最高の海外FX会社10 社
海外FX業者ボーナススプレッドレバレッジ信頼性
Exness なし せまい 無制限 高い
ThreeTrader なし せまい 500倍 高い
AXIORY 期間限定 せまい 400倍 高い
Titan FX なし せまい 500倍 高い
Gemforex 5つのボーナス 普通 1,000倍 高い
FXGT 3つのボーナス 普通 1,000倍 高い
XM Trading 3つのボーナス 普通 888倍 高い
Big Boss 取引ボーナス 普通 999倍 高い
iFOREX 入金ボーナス 普通 400倍 高い
IS6FX 2つのボーナス 普通 1,000倍 低い
海外FXのおすすめ業者ランキング

(※各口座のくわしい情報を知りたい方は、「海外FXのおすすめ業者ランキング10選」をクリックするとジャンプすることができますよ!

海外FX業者は、 日本のFX口座にはない3つのボーナス を用意しています。

海外FX業者の3つのボーナス

  • 「口座開設ボーナス」:口座を開設するだけでもらえる、取引に使えるボーナスクレジット。
  • 「入金ボーナス」:FX口座への入金額に応じてもらえる、証拠金が30~100%増えるボーナスクレジット。
  • 「キャッシュバックボーナス」:取引するごとにトレーダーに還元されるボーナスクレジット。

「あんまり自分のお金を使いたくないな…」「なるべく損はしたくないな…」 と思っている方は、ボーナスを重視して海外FX業者を選ぶようにしましょう!

スプレッド

スプレッドとは簡単に言うと、 取引するごとに払わないといけない手数料 のことです。

FXの利益の仕組み

「スキャルピングメインでトレードしている」「とにかく手数料を払いたくない!」 という方は、スプレッドを重視して海外FX業者を選ぶようにしましょう!

レバレッジ

レバレッジとはてこの原理のことで、 レバレッジが高ければ高いほど、少ない資金で大きな金額のトレード をすることができるようになります。

レバレッジと元手の関係

  • レバレッジが低い➔元手となる資金がたくさん必要で、取引ごとの利益・損失ともに小さい。
  • レバレッジが高い➔元手となる資金は少なくて済み、取引ごとの利益・損失は大きくなる。

「ハイレバでガンガン資金を増やしていきたい!」「短期的に資金を大きく増やしたい」 という方は、レバレッジの高さを重視して海外FX業者を選びましょう!

安全性・信頼性

安全性・信頼性の基準

  • 金融ライセンスを保有しているかどうか。
  • 出金拒否や口座凍結の噂がないかどうか。
  • 日本人スタッフが常駐しているか/日本語で問い合わせできるかどうか。

初めて海外FX業者を使うのですこし不安だな… 最高の海外FX会社10 社 」という方や「わからないことがあったら日本語で問い合わせたいな」という方は、安全性や信頼性にも注目しながら海外FX業者を選んでみてください!

海外FXのおすすめ業者ランキング10選

それぞれの特徴からメリット・デメリットまで、順番に紹介していきますね!

海外FX業者ボーナススプレッドレバレッジ信頼性
Exness なし せまい 無制限 高い
ThreeTrader なし せまい 500倍 高い
AXIORY 期間限定 せまい 400倍 高い
Titan FX なし せまい 500倍 高い
Gemforex 5つのボーナス 普通 1,000倍 高い
最高の海外FX会社10 社 FXGT 3つのボーナス 普通 1,000倍 高い
XM Trading 3つのボーナス 普通 888倍 高い
Big Boss 取引ボーナス 普通 999倍 高い
iFOREX 最高の海外FX会社10 社 入金ボーナス 普通 400倍 高い
IS6FX 2つのボーナス 普通 1,000倍 低い
海外FXのおすすめ業者ランキング

おすすめ業者ランキング 第1位:Exness

EXNESSの公式ホームページ

Exnessは どの海外FX業者よりもバランスに優れていて、初心者からプロトレーダーまで愛用する人の多い海外FX業者 です。

Exnessの特徴

  • キプロスやセーシェルなど、グループ全体で合計7つの金融ライセンスを保有している。
  • スプレッドが狭く、取引コストの安さは業界トップレベル。
  • ロスカット水準が0%で、レバレッジも無制限でトレードできる唯一の海外FX業者。

Exnessで特に注目なのは、 海外FX業者のなかで唯一最大レバレッジが「無制限」であること です。

EXNESSのホームページ

なお、レバレッジが非常に高く小額からトレードできる分、口座開設ボーナスや入金ボーナスは用意されていません。

トレーダー

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる