FX取引の魅力とは

サポートラインを意識する

サポートラインを意識する
ラインの切り替わり

サポートライン・レジスタンスラインとは

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

掲載情報について 当サイトに掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。また、掲載されている評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。 口コミの内容はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 最新情報は各FX会社の公式サイトにてご確認ください。 『みんかぶ(FX/為替)』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。 キャンペーン・特典は各広告主において実施されるものであり、広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。 ランキング根拠について 各ランキングページに評価項目を掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。

サポートラインとレジスタンスラインをプロトレーダーから学ぶ

サポートラインとレジスタンスラインをプロトレーダーから学ぶ

間異なる時間足を分析し、それぞれのサポートライン、レジスタンスラインを見つけるとトレードに役立ちます。 1つの時間足だけを分析すると、重要な情報を見落としている可能性があります。
時間足が長くなるほど、より多くのトレーダーが長時間(期間)足を見ているので、そのサポートラインとレジスタンスラインはより重要になります。日足チャートのレジスタンスラインは、時間足チャートのレジスタンスラインよりも重要ということです。

サポートラインブレイクとレジスタンスラインブレイク戦略

間異なる時間足を分析し、それぞれのサポートライン、レジスタンスラインを見つけるとトレードに役立ちます。 1つの時間足だけを分析すると、重要な情報を見落としている可能性があります。
時間足が長くなるほど、より多くのトレーダーが長時間(期間)足を見ているので、そのサポートラインとレジスタンスラインはより重要になります。日足チャートのレジスタンスラインは、時間足チャートのレジスタンスラインよりも重要ということです。

サポートレジスタンストレードを改善するためのヒント

マーケットの状態を判断する

リスク管理に焦点を当てる

サポートレジスタンス丁度のトレードを避ける

トレード前に準備をする

自分を信頼する

活発な時間にトレードをする

アドバイス

4 コメント

とてもためになりました。
サポレジにも色々な種類があるのですね。
意識しながらチャートを見たいと思います。

移動平均線での分析に
サポート・レジスタンスの根拠もプラスして
エントリータイミングを図り
トレードしていこうと思いました。
ありがとうございます。

コメントを送信 コメントをキャンセル

    なぜ5分足スキャルピングなのか? 2022-04-06 に投稿された FXトレーダーは1日何Pipsを目標に設定すべきか? 2022-02-25 に投稿された 1分足スキャルピングには要注意 2022-04-06 に投稿された リスクリワードと自動計算 2022-02-25 に投稿された プロップトレーダーとは 2022-04-18 に投稿された

私のトレードスタイル

メンタルまとめ

資金管理ヒント

戦略の立て方

最強メンタルコントロール術(189ページ)のPDFコピーを送ります

ご登録ありがとうございます!

最近の投稿

Contact Us

〒156-0052 東京都世田谷区
経堂5-33-13 105室

Social Media

FXブログ

最強メンタルコントロール術(189ページ)のPDFコピーを送ります.

ご登録ありがとうございます!

【免責事項】 Turn Trading株式会社の提供するコンテンツに含まれる投資手法は、元本および利益を保証するものではありません。投資のリスクについてご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願いいたします。コンテンツの内容には細心の注意を払っておりますが、 その内容の正確性を保証するものではなく、その内容に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いません。また、当社の許可なく、当コンテンツを転載・掲載することを禁じます。

(テクニカルを極める)チャートの見方をマスターする!サポートラインとレジスタンスラインを引いてみる編


①の地点は直近の最安値である付近に引ける サポートライン です。
ここが壁となって、チャートは2回底値を試したあとに反発していきました。
一度跳ね返したという実績があるので、2度目は世界中の人々も注目します。
結果的に底が割れなかったため、サポートラインとして機能することになりました。
今後仮にまたこの最安値付近まで落ちてきても、
このサポートラインによって支えられることになります。
②の地点は3つのロウソクの接点から成り立っています。
①の底から上がってくるときは、レジスタンスラインとして機能していましたが、
次の2回目の接点で支持されたときにはサポートラインとして
意識されるようになりました。
後述しますが、このように水平線はレジスタンスとサポートの効果が
逆転する性質を兼ね備えているのです。
③の地点は、同様に直近高値の3つのロウソクの接点になる位置に引きました。
これがレジスタンスラインになります。
水平に引けるラインは往々にして、キリのいい値段付近に集まります。
例えばドル円が100 円近辺などでは高確率でレジスタンスやサポートラインが発生します。
これを ラウンドナンバー とも呼びますが、
③のラインも同様にラウンドナンバー付近で、
長い間レジスタンスラインとして機能しています。
このように、直近のチャートを使って、支持の強い水平線を3本引くことができました。
引くときは2本以上のロウソクの接点となっているところを選びます。
なるべくヒゲから引きますが、場所によってはロウソクの胴体が接点となっているところもあります。
ロウソク足の胴体を使ってラインを引くか、
ヒゲを使って専門書や人によって諸説色々ありますが、バランスの良いところを目分量で引くようにすればOKです。
なぜならば、水平線というものは、人の心理的な働きによって作られるラインなので
「どのあたりに大勢が利益確定をしたり、損切をしたりするラインがありそうか?」
というのを見つけることさえできれば、それで十分なのです。
あまり神経質にならずに引いてみてください。

水平線はチャートが通過すると効力が逆転する

また、水平線には重要な特徴があります。
水平線はチャートが通過すると効力が逆転するのです。
抵抗線(レジスタンスライン)をチャートが上に抜けたあと、
その抵抗線 に支えられて上がっていった場合は、
その線はすでに支持線(サポー トライン)に変化しています。
また、支持線を下に抜けたあと、その支持線(サポートライン)サポートラインを意識する に頭を抑えられて
下がっていった場合は、その線はすでに抵抗線(レジスタンス ライン)に
変化しているということです。
上のチャートで見ると②の地点がまさにそうです。
②の地点は①の底から上がってくるときは、
レジスタンスライン として機能していましたが、
次の2回目の接点で支持されたときには、
サポートライン として意識されるようになりました。
このように水平線はチャートが反対側に抜けると、
性質が逆転することを覚えておいてください。
ただし、抵抗線と支持線いずれも、ガラスのように割れたらおしまいというものではなく、
ゴムのように弾力があるものです。 例えばドル円の100円に抵抗線があり、
そこを少し飛び出してまだ抵抗線として機能している場合がほとんどです。
ゴムのように弾力性があって、多少押し込まれても受け止めて弾き返すことができる。
そんなイメージです。
このように支持線や抵抗線をやや押し込んで進むケースを オーバーシュート といいます。
オーバーシュートは急に相場が上がり下がりしたので、
駆け込み乗車のように急いで売り買いしようとした人が殺到するために起こる現象です。
オーバーシュートはカウンタートレードの餌食になるので、
急激な上昇や下落のときには安易に乗らないようにしてください。
オーバーシュート部分は、ロウソクで見ると後々ヒゲになっ ていることがほとんどです。
上のチャートで見ると③のラインの右側の山がオーバーシュートに該当します。
一時的にレジスタンスを突破し、急騰しましたが、これはオーバー シュートとなって、
すぐにチャートはまたレジスタンス付近に下がっていきました。

ブレイクを見逃さず、利益を得る

ただし、水平線を確実に破っていったときは、 ブレイク といいます。
先ほどの例では、レジスタンスを抜けて例えば、50銭くらい突き抜けたあと、
またレジスタンスラインが支持線となりチャートがどんどん上に進んでいった場合は、
オーバーシュートではなく、ブレイクとなります。
上のチャートで見ると②のラインを最初に下抜いたときと、
次に上抜いたときがブレイクに当たります。
ブレイクをすると短時間に相場はつき抜けた方向に急進することになるので、
これを狙っている投資家がたくさんいます。
チャートがブレイクしたら逆方向にトレードをしていたら
すぐに損切をしないとどんどん損が膨らみます。
反対にブレイク方向にトレードをしていたのであれば、
長い間ポジションを所持することができるので、
じっくりと利益を伸ばしていけるチャンスです。
このように、チャートに水平の線を引くだけで、
トレーダーの心理状況や、利益確定・ 損切のポイントなどが割り出せます。
日頃から水平線を引いてみて、実際にそこに来たときに相場がどのように動くか
という観察を積み重ねていってください。
【前回の記事はこちら】
(テクニカルを極める)チャートの見方をマスターする!
デイトレードをしなくても、FXで月5万円の利益を生む方法を知りたい人はこちら

サポートラインとレジスタンスラインの引き方と使い方を知れば相場のシナリオが描ける

サポートライン(水平)

サポートライン(水平)

サポートライン(斜め)

サポートライン(斜め)

レジスタンスラインとは上値抵抗線のことです。

レジスタンスライン(水平)

レジスタンスライン(水平)

レジスタンスライン(斜め)

レジスタンスライン(斜め)

その大きな理由は人間の心理によるものです。

サポートライン(水平)

サポートライン(水平)

  • 直近の高値や安値を無意識の中で判断材料にする
  • きりのいい数字を無意識の中で判断材料にする
  • トレンドを無意識の中で判断材料にする

直近の目立つ高値や安値から水平線を引いてみる

高値同士、安値同士を結んでみる

大きく過去にさかのぼって最安値、最高値など特徴的な部分にラインを引いてみる

ヒゲに対する考え方

ラインの「美しさ」を意識する

やや強引なラインの引き方

やや強引なラインの引き方(美しくない)

綺麗なラインの引き方(美しい)

綺麗なラインの引き方(美しい)

練習を繰り返して精度を上げていこう

  1. ラインを繰り返し引いていく
  2. ラインが機能したかチェックする

1.反発するポイントとなる

サポートライン(水平)

サポートライン(水平)

2.トレンドが始まるポイントとなる

三角保ち合いを上にブレイクアウト

三角保ち合いを上にブレイクアウト

相場のシナリオを描くために使う

逆張りの売買シグナルとして使う

反発するポイントを狙う

反発するポイントを狙う

ブレイクアウトを売買シグナルとして使う

三角保ち合いを上にブレイクアウト

三角保ち合いを上にブレイクアウト

上昇トレンドのサポートラインを下にブレイク

上昇トレンドのサポートラインを下にブレイク

ブレイクアウト後はサポートラインとレジスタンスラインの役割が変わる

ラインの切り替わり

ラインの切り替わり

サポートライン・レジスタンスラインとは

サポートライン3


↑ ↑ ↑
また、特にローソク足が何度も同じような価格に近づいては離れる事を
繰り返しているところは、大きなサポートライン、レジスタンスライン
があると把握しましょう。

空白 bar

FX攻略コンテンツ


FXブログ・コンテンツ

グランビルの法則
サポートラインを意識する ダウ理論
エリオット波動
フィボナッチ係数
マルチタイムフレーム分析
移動平均線分析
ボリンジャーバンド分析
MACD分析
サポートライン
レジスタンスライン
ネックライン
切り上げ・切り下げライン
移動平均線とMTFの時間軸 サポートラインを意識する
FX相場の用語集 サポートラインを意識する
FX注文形式と使い方
FXブログ・カテゴリーリスト

FX攻略ブログチャート

上昇起点チャート(4H)
上昇押し目チャート(4H)
下降起点チャート(4H)
サポートラインを意識する 下降戻り売りチャート(4H)

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる