国内バイナリーオプション

取引時確認等に関するお願い

取引時確認等に関するお願い
図2:ドアノブなど非生物への触りたくなさの変化

【公募型簡易プロポーザル】六浦住宅建替事業に伴う設計業務委託

4 その他
(1)令和元年度から令和3年度にかけて本市が実施した市営住宅建替事業に伴う設計業務委託プロポーザルにて選定され、業務を受託した者でないこと
(2)参加意向申出書の提出期限から受託候補者等の特定の日までの期間中に、「横浜市指名停止等措置要綱」の規定による停止措置を受けていないこと。
(3)地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4の規定に該当していないこと
(4)成年被後見人、被補佐人、被補助人及び未成年でないこと。
(5)破産法(平成16年法律第75号)に基づき、破産手続開始の申立てがなされていない、及びその開始決定がされていないこと。
(6)銀行取引停止処分を受けていないこと。
(7)会社更生法(昭和27年法律第172号)に基づく再生手続き開始の申立、又は民事再生法(平成11年法律第225号)に基づく再生手続きの申立がなされていないこと(更正又は再生の手続開始の決定がなされている者で、履行不能に陥るおそれがないと横浜市が認めた者を除く)。

ヒアリング実施日

ヒアリング実施日詳細(時間等)

申込について

プロポーザルへの参加を希望する場合は、関連資料の六浦住宅建替事業に伴う設計業務委託公募型簡易プロポーザル実施要項(PDF:515KB)【Ⅱ プロポーザルの手続きについて】「2 取引時確認等に関するお願い 提案資格」を確認の上、以下の書類を提出してください。

    …1部 …1部
  • 設計業務実績が確認できる書類…1部(確認申請書あるいは計画通知書の二面、三面、四面および、検査済証 等)

事務局 横浜市建築局公共建築部営繕企画課
〒231-0005 横浜市中区本町6丁目50番地の10 24階
電子メール:[email protected]取引時確認等に関するお願い yokohama.jp
電話:045-671-2916

  • 原則、PDF形式にしたファイルを電子メールで提出してください。。
  • 管理技術者の資格等については、スキャンデータを送付してください。。
  • 発送後に必ず提出先まで電話にて連絡してください。
  • 連絡時間は、祝日・休日を除く、月曜日から金曜日の午前8時45分~午前12時00分、午後1時00分~午後5時15分でお願いします。

※書類に不備がある場合、受付が出来ないことがありますので、時間に余裕をもって資料提出をお願いいたします。

新型コロナウイルス感染拡大時に、何かに触りたいという欲求に変化が生じたことを発見
~ソーシャルメディア上のテキストデータの解析により見えてきた触りたさの変化~

日本電信電話株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:澤田 純、以下「NTT」)は、ソーシャルメディア上のテキストデータを解析することで、新型コロナウイルス感染拡大時に、他者、動物、物など、何かに触りたいという日本人の欲求(触りたさ)に変化が生じたことを発見しました。本成果は東京大学との共同研究において得られたものです。
本研究では、ソーシャルメディアに投稿された「○○を触りたい」「〇〇を触りたくない」というフレーズを含むテキストデータに着目しました。これらのテキストデータを解析することで、新型コロナウイルス感染拡大時に、触りたい欲求の程度がどのように変化したかを調べました。その結果、人や動物など生物の肌のぬくもりを求めるスキンハンガー(※1)の慢性化が起きていることや、ドアノブなどの物への接触を避けたいという欲求が強くなっていることを発見しました。これらの触りたさの変化は、新型コロナウイルス感染拡大時のいわゆるソーシャルディスタンス(※2)の確保や外出制限が影響したと考えられます。
本研究で得られた、人のもつ触りたさに関する発見は、幅広い実世界の問題に応用できる見込みがあります。日常生活において人が何かに触りたいと思う時に働く心理メカニズムの解明、消費者が自然と触りたくなる製品設計、感染拡大などの実問題が人々の意識に与える影響の予測などに貢献することが期待されます。

本研究ではTwitterに投稿された「〇〇に触りたい」「〇〇に触りたくない」というフレーズを含むテキストデータを解析しました。これらのテキストデータは、人が日常生活で何かに触りたいと感じたときに投稿されたものと考えられます。新型コロナウイルス感染拡大前からのデータも含めて解析することで、新型コロナウイルス感染拡大時の、人が感じる触りたさの変化を定量的に調べることができます。
解析の流れとして、まずテキストデータに対してノイズ除去などの前処理を施し、次に機械学習を用いてテキストデータの構文を解析することにより、そのテキストにおいて人が触りたい対象を抽出しました。最後に後述する差分の差法により、新型コロナウイルス出現後に、人や動物など生物への触りたさがどのように変化したかを解析しました。「〇〇(人や動物など)を触りたい」というフレーズを含むテキストデータの量の増減を図1に示します。生物への触りたさに関しては、新型コロナウイルス出現直後は平常通りですが、第1回の緊急事態宣言頃から強くなり、その後も続いていることがわかります。これは身体コミュニケーションへの強い欲求(いわゆるスキンハンガーと呼ばれる現象)が慢性化している可能性を示しています。感染拡大時の、ソーシャルディスタンスの確保や外出制限が影響して、このような触りたさの変化が起きたと考えられます。
一方、ドアノブなど非生物に対して、人が他者、動物、物などの何かに触りたくないと思う欲求(触りたくなさ)についても同様に解析しました。「〇〇(ドアノブなど)を触りたくない」というフレーズを含むテキストデータの量の増減を図2に示します。ドアノブなどの非生物を触りたくないという欲求は、新型コロナウイルス出現とともに敏感に強くなっていることがわかります。
さらに図1と図2のグラフを見比べると「生物への触りたさ」と「非生物への触りたくなさ」の時間変化の性質が違うのがわかります。生物への触りたいという欲求は感染拡大直後には変化せず、第一回の緊急事態宣言の頃から変化し始めました。一方、非生物への接触を避けたいという欲求は感染拡大直後から変化し、第一回の緊急事態宣言の頃に一時的に更に高まりました。この時間変化の性質の違いは、リスクを回避することを優先するという人間の性質と関係があるかもしれません。

3.解析のポイント

ソーシャルメディア上のデータの解析

解析と無関係の要因の排除

解析にあたって、ソーシャルメディアにおけるユーザ数の増減やユーザごとの投稿数の変化が問題となります。例えば、ソーシャルメディアにおける投稿数が全体的に新型コロナウイルス出現後に増えた場合、それが今回着目した「〇〇に触りたい」「〇〇に触りたくない」というフレーズを含むテキストデータの量に影響してしまいます。本研究では、ユーザ数やユーザごとの投稿数の変化の影響を排除するため、ソーシャルメディアに投稿された全テキストデータの概数を推定し、その推定量で正規化することで得られた指標を評価対象としました(図1、図2の縦軸)。
また、季節などの周期性や長期的なトレンドも問題となります。例えば、2010年代に人や動物への触りたさが強まり続ける長期的なトレンドがあった場合、新型コロナウイルス感染拡大による影響と分離できないため、長期的なトレンドを排除する必要があります。本研究では、差分の差法を活用することで周期性や長期的なトレンドの影響を排除しています。図3に差分の差法の概略を示します。今回の解析では、各年度8月からスタートし次年度の12月までの1年半の期間から構成されるグループを2013年から2019年まで7グループ用意しました(図3 (A))。7グループの中で、新型コロナウイルス感染拡大期間を含む2019年のグループを「新型コロナウイルス出現群」、新型コロナウイルス感染拡大期間を含まない2013年~2018年の6つのグループを「対照群」と呼びます。各グループは初年度8月から次年度1月までの新型コロナウイルス出現前の期間と、次年度2月から12月までの新型コロナウイルス出現後の期間から構成されます。差分の差法では、新型コロナウイルス出現前後の期間の差分と、対照群と新型コロナウイルス出現群の差分を比較・分析します(図3 (B))。新型コロナウイルス出現前後の期間の差分を比較することで、長期的なトレンドを排除できます。また、同じ季節に対して新型コロナウイルス出現群と対照群を比較するので、周期性を排除できます。

4.今後の展開

図1:人や動物など生物への触りたさの変化

図1:人や動物など生物への触りたさの変化

図2:ドアノブなど非生物への触りたくなさの変化

図2:ドアノブなど非生物への触りたくなさの変化

図3:差分の差法の概略

図3:差分の差法の概略

【E7】日本海東北自動車道 鶴岡西IC~庄内空港IC間(上下線)
【E48】山形自動車道 鶴岡IC~鶴岡JCT間(上下線)
夜間通行止めの実施

NEXCO東日本鶴岡管理事務所(山形県鶴岡市)は、暫定2車線区間(片側1車線)の E7 日本海東北自動車道 鶴岡西(つるおかにし)インターチェンジ(IC)~庄内空港(しょうないくうこう)IC間(上下線)、 E48 山形自動車道 鶴岡(つるおか)ICから鶴岡ジャンクション(JCT)間(上下線)において、舗装補修工事等のため、下記のとおり夜間通行止めを実施します。
そのため、お出かけの際には、時間にゆとりをもって出発いただくとともに、走行の際には国道7号等への迂回をお願いします。
高速道路をご利用されるお客さまには大変ご迷惑をおかけすることとなり申し訳ございませんが、高速道路を安全・快適にご利用いただくために必要な工事に、ご理解とご協力をお願いします。

1.通行止め区間

日本海東北自動車道 鶴岡西IC~庄内空港IC間(上下線)
山形自動車道 取引時確認等に関するお願い 鶴岡IC~鶴岡JCT間(上下線)
取引時確認等に関するお願い 別添資料【PDF:237KB】

位置図のイメージ画像

2.通行止め日時

令和4年6月20日(月)~7月1日(金)
毎夜20時~翌6時【10夜間】
【予備日:7月4日(月)~15日(金)】

4.工事内容

補修前の写真

補修前

補修後(イメージ)の写真

補修後(イメージ)

5.交通情報の入手方法について

  • 全国の高速道路の便利な情報が満載のサイト『ドラぷら』
    【アドレス】
    PC版( https://www.driveplaza.取引時確認等に関するお願い com/ )
    モバイル版(http://m.driveplaza.com/)
    スマートフォン版(http://www.driveplaza.com/smp/)
  • 高速道路の交通情報提供サービス『ドライブトラフィック(ドラとら)』
    ( https://www.drivetraffic.jp/construction-regulation )
    リアルタイムな道路交通情報や渋滞予測を提供しています。
    【アドレス】
    PC版( https://www.drivetraffic.jp/ )
    モバイル版(http://m.drivetraffic.jp/)
    スマートフォン版(http://www.drivetraffic.jp/smp/)
  • NEXCO東日本お客さまセンター
    24時間365日オペレーターが応対いたします。
    【電話番号】
    0570-024-024 または 03-5308-2424
  • 日本道路交通情報センター(JARTIC)
    【電話番号】
    全国共通ダイヤル 050-3369-6666(携帯短縮ダイヤル #8011)
    ※全国どこからでも最寄りの情報センターに接続します。
    山形情報 050-3369-6606
    東北地方高速情報 050-3369-6761
  • ハイウェイラジオ
    ハイウェイラジオ(AM1620kHz)
    放送している区間は高速道路上の標識によりご案内しております。
  • ツイッターの公式アカウント「NEXCO東日本(東北)」( @e_nexco_tohoku )でも情報を配信しています。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへの画像リンク(外部リンク)

PDFファイルをご覧いただくには、AdobeSystems社のプラグインソフト「Acrobat Reader(日本語版)」が必要です。お持ちでない方は、 こちらからダウンロード(無料) してご利用ください。

2022夏!投信つみたてキャンペーン

■ 株式売買および株式売買手数料(国内株)についてのご注意 注文期限は、その他の理由で注文が失効とならない限り、年に関係なく引き継がれます。
NISA口座およびジュニアNISA口座における国内株式(単元未満株除く)の株式売買手数料(NISA・ジュニアNISA)は、2016年受渡分以降、無料です(インターネット売買手数料。単元未満株については有料となりますので上記ページにてご確認ください)。課税未成年者口座における国内株式の株式売買手数料は、証券総合取引口座における手数料コース選択に関係なく、「インターネット株式売買手数料」の「取引毎手数料コース」となります。また、「ウェブサイト」売買手数料が適用されます。

■ 配当金・分配金に関するご注意 NISA口座およびジュニアNISA口座の上場株式の配当金等が非課税扱いとなるのは、証券会社で配当金等を受取る「株式数比例配分方式」を選択されている場合のみです。なお、他の証券会社における配当金受取方式のご選択状況によって、マネックス証券において「株式数比例配分方式」を選択できない場合や、「株式数比例配分方式」以外の方式に変更となる場合があります。この場合、非課税扱いとなりませんので、ご注意ください。

■ 投資信託の分配金が再投資できず分配金受取になる場合があります 分配金の再投資買付は非課税投資枠を使用するため、非課税投資枠非課税投資枠の残りが少ない場合、再投資買付によって非課税投資枠を超過する場合があります。
この場合、当社では分配金再投資コースであっても再投資買付はできず、その勘定年は分配金受取となります(この分配金は非課税扱いです)。課税口座(特定口座・一般口座)で再投資買付されることもありません。勘定年が翌年扱いとなった時点で再投資買付を再開します。
また、投資信託の分配金は、当年に設定されている勘定(NISA/つみたてNISA)と同じ勘定で保有する投資信託の分配金のみ再投資買付が行われます。このため、つみたてNISAを選択した年にはNISA勘定の投資信託の分配金は受取となり、NISAを選択した年には、つみたてNISA勘定の投資信託の分配金は受取となります(この分配金は非課税扱いです)。

  • 外国株の非課税取引は、外国株取引口座画面(および米国株取引口座画面)にてお取引いただけます。
  • 外国株の非課税取引の際は、残り非課税投資枠を充分にご確認の上、ご注文ください。外国株取引にかかる非課税投資枠の更新は国内営業日1日1回のため、所定の優先順位により他商品の非課税取引が発注・約定され、外国株の非課税取引が課税扱いに変更されたり、注文中の注文が失効したりする場合があります。

■ 非課税投資枠の利用についてのご注意 年間の非課税投資枠は、NISAは120万円、つみたてNISAは40万円、ジュニアNISAは80万円までとなります。NISA口座またはジュニアNISA口座にて新規にお買付いただく分が対象となります。他口座や他金融機関から移管することはできません。また、売却しても非課税投資枠は再利用できません。非課税投資枠の残額(未使用分)は翌年以降に繰り越せません。

■ NISA口座およびジュニアNISA口座の損失は損益通算不可・繰越控除不可 NISA口座およびジュニアNISA口座で発生した損失は、特定口座・一般口座で保有する商品の譲渡益や配当金等と損益通算できず、また繰越控除もできません。ただし、ジュニアNISAにおける課税未成年者口座で発生した損失については、損益通算が可能です。

  • 非課税口座(未成年者口座)内上場株式等払出通知書
  • つみたてNISA信託報酬等実額通知書
  • <ロールオーバー(翌年の非課税投資枠に移すこと)を行う場合のご注意>
    ・当社が定める日(ウェブサイト等で告知)までに所定の手続書類を提出する必要があります。当該書類の提出がない場合は、課税口座(特定口座。特定口座の開設がない場合は一般口座)へ払い出されます。
    ・翌年の非課税管理勘定に移管される際の時価で非課税投資枠を使用します。移管時の時価がNISAの非課税投資枠(120万円)を超える場合でも、ロールオーバーは可能です。
  • <課税口座へ払出しを行う場合(ロールオーバーしない場合)のご注意>
    ・原則、特定口座(特定口座を開設していない場合は一般口座)へ払い出されます。特定口座を開設しているお客様が一般口座への移管を希望される場合は、所定の手続きが必要です。
  • ロールオーバー不可
    つみたてNISAは、NISAと異なり非課税期間終了後に次の非課税期間の非課税投資枠を使用すること(ロールオーバー)はできません。つみたてNISAの非課税期間である20年を経過した後はNISA口座から特定口座もしくは一般口座に払い出され、以降は課税扱いとなります。
  • 信託報酬等の概算値の通知について
    つみたてNISAに係る積立契約(累積投資契約)により買付けた投資信託については、原則として年1回、信託報酬等の概算値が通知されます。
  • 基準経過日における氏名・住所の確認について
    基準経過日(つみたてNISAにかかる積立契約(累積投資契約)により初めて投資信託を買付けた日から10年を経過した日および同日の翌日以後5年を経過した日ごとの日をいいます)において、つみたてNISA利用者の氏名・住所を確認いたします。なお、基準経過日から1年を経過する日までに当該確認ができない場合には、つみたてNISAにかかる新たな買付(再投資含む)はできません。
  • 18歳までの払出し制限
    その年の3月31日において18歳である年の前年12月31日までは原則としてジュニアNISA口座および課税未成年者口座からの払出しはできません。契約不履行等事由による払出しがあった場合は、ジュニアNISA口座および課税未成年者口座が廃止され、また過去分についても非課税の取扱いがなかったものとみなされ、さかのぼって課税されます。なお、2024年1 月1 日以降は、口座開設者が18歳に達していない年であっても、課税なしで払出すことができます。ただしその場合は、ジュニアNISA口座、課税未成年者口座で保有する商品すべてを払出す必要があり、払出し後、これらの口座は廃止されます。
  • 払出しの権限を有する者、成人になるまでの払出しの手続き
    ジュニアNISA口座および課税未成年者口座内の資産は口座開設者本人に帰属します。そのため、払出しは口座開設者本人またはその法定代理人に限り行うことができます。
    また、口座開設者本人が成人になるまでの払出しは、原則として口座開設者本人の同意が必要となります。そのため、口座開設者本人の同意、または口座開設者本人のために使われることを確認いたします。なお、払出しを行った資金を口座開設者本人以外の者が費消等した場合は、贈与税等の課税上の問題が生じる可能性があります。
  • ご資金の帰属について
    ジュニアNISA口座および課税未成年者口座にてお預りする資金は、他の口座同様、口座開設者本人に帰属する資金に限ります。口座開設者本人以外が資金を拠出する場合、当該資金は口座開設者本人に贈与済みの資金であり、口座開設者本人に帰属します。資金の帰属が異なる場合、所得税・贈与税等の課税上の問題が生じる可能性があります。
  • 課税未成年者口座における特定口座の取扱いについて
    課税未成年者口座は、「特定口座」または「一般口座」のお取引となります。ただし、ジュニアNISA基準年(3月31日時点で18歳となる年)以降は、当社では、「一般口座」のお取引に限らせていただきます。証券総合取引口座では、「特定口座」でお取引いただけます。

本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。
マネックス証券株式会社および説明者は、セミナーおよび関連資料等の内容につき、その正確性や完全性について意見を表明し、保証するものではございません。情報、予想および判断は有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
提供する情報等は作成時または提供時現在のものであり、今後予告なしに変更・削除されることがございます。当社および説明者はセミナーおよび関連資料等の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。
銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようにお願いいたします。なお、セミナーおよび関連資料等は当社および情報提供元の事前の書面による了解なしに複製・配布することはできません。記載内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。

マネックス証券株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第165号 加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 日本暗号資産取引業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会

当サイトは、株式会社新生銀行が同行の金融商品仲介をご利用のお客様へ勧誘する際に使用されることがあります。
株式会社新生銀行 取引時確認等に関するお願い 登録金融機関:関東財務局長(登金)第10号 加入協会:日本証券業協会・一般社団法人 金融先物取引業協会

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる