株初心者向け

トレーディング手法

トレーディング手法

本報告では、電力自由化で先行する欧州において、ドイツやフランスの電気事業者へのヒアリング調査に基づき、事業者がトレーディング機能を強化する際の課題と対応を明らかにすべく、特に発電と小売の戦略の違いや、発電のトレーディング戦略を実行するための組織の役割分担、さらには、リスク管理体制について紹介した。
まず、事業者の基本的なトレーディング戦略は、自由化の進展状況により変わっていく可能性がある。フランスのように規制料金が残る小売市場を抱え、安価な電源を所有する場合は、発電部門と小売部門の内部取引を中心とすることも考えられるが、ドイツのように市場競争が進むと、発電と販売が独立して収益の最大化を目指すことも考えられる。その場合には、発電は保有する電源からの収益を最大化するため、電源特性の違いによる価値の源泉を見極めて、それぞれに適したトレーディング手法を用いる必要がある。一方で、販売は顧客需要に応じたリスクへの対応が重要となる。特に大口顧客を獲得する場合、契約と同時にほぼ全量をヘッジする必要もあるが、取引できる先物商品に流動性の制約があるため、顧客需要と先物取引の乖離によるリスクを把握し、顧客に求めるリスクプレミアムを適切に評価することが求められる。
また、特に発電のトレーディングで収益の最大化を図るには、電力や燃料の日々の価格変動に対して、適切なタイミングで取引を執行するとともに、取引に応じて電源やストレージ等のアセットを最適なかたちで運用する必要がある。しかし、こうした一連のプロセスの実行は複雑で、それぞれに専門の人材が必要となることから、欧州では、最適化部署とトレーディング部署の分業で対応することがある。その場合、最適化部署が電源ポートフォリオごとに、多様な先物商品に対してそれぞれ投入可能な価格と量の情報提供を行い、トレーディング部署が市場取引に専念するという役割分担がなされている。
さらに、トレーディングの強化にあたっては、金融機関と同様のリスク管理体制を整える必要がある。欧州の事例でも、トレーダーは無制限に取引を行えるわけではなく、取引を行うための資本であるリスク・キャピタルと、強制的に取引を終了させる年間損失限度額であるロス・リミットといった制約の中で取引を行っている。そのリスク・キャピタルは、経営層が自己資本を原資として全体の許容量を決め、各部署のリスクと収益を勘案して配賦する。また、トレーダーの日々の実現損益、および、保有ポジションの将来の損失可能性額は、部署ごとに合算されて経営層に報告されるが、電力や燃料など相関の高い商品の場合には、その相関を適切に評価することがリスク管理上重要である。

概要 (英文)

This report investigates electricity trading activities and risk management in practice, especially in reference to the cases of German and French power companies. We then discuss the issues in strengthening the function of electricity trading as the electricity market develops. The following results were obtained.
1. To stabilize sales profits and to earn additional profits, power generation companies need to take different trading strategies according to the sources of value of different power plant types. On the other hand, retail electricity companies need to manage the risk associated with demand fluctuations of their customers with a limited set of futures products.
2. In order to improve the performance of power トレーディング手法 generation, operation of the assets need to be optimized in response to the result トレーディング手法 トレーディング手法 of trading. However, as asset optimization and trading require diverse skills and expertise, coordination of these activities is a complicated task. In the case we studied, there are divisions of roles for optimization and trading; the optimization division provides information of the possible bidding quantity against the market price for each power portfolio, while the trading division decides the trading timing and quantity based on the market price and the trader's market view.
3. Traders take risks within a given risk capital and loss limit constraints. Risk トレーディング手法 capital is determined by the company as a whole, and is allocated to departments, divisions and individual traders according to their risk/return profiles. While daily profit/loss and VaR are sequentially reported to upper managers, it is important to take into account the liquidity constraint and correlation of different energy products.

マーケットのテクニカル分析 トレード手法と売買指標の完全総合ガイド トレーディング手法 トレーディング手法 トレーディング手法 みんなのレビュー

本書は、1980年代の後半に出された『Technical Analysis of the Future Markets』を現代の市場に合うように全面改訂した最新版です。実は、上記の書は出版されるとたちまち先物市場のテクニカル分析の書として大ヒットを飛ばし、今では古典的名著とされています。本書は、この古典的名著を現代市場の変化に合わせて改訂・追記していますので、これまで以上に役立つものとなっているはずです。この一冊があれば、先物市場のテクニカル分析の知識は十分と言えます。

投稿元:

出来高はメジャートレンドの方向に増加する。
ダウは終値に信頼を置いていた。
4週間ルール=常にポジションを持つ。

投稿元:

第1章 テクニカル分析の哲学
第2章 ダウ理論
第3章 トレーディング手法 チャートの仕組み
第4章 トレンドの基本概念
第5章 主要な反論パターン
第6章 継続パターン
第7章 トレーディング手法 出来高と取組高
第8章 長期チャート
第9章 移動平均
第10章 オシレーターとコントラリーオピニヨン
第11章 ポイント・アンド・フィギュア
第12章 ローソク足
第13章 エリオット波動理論
第14章 サイクル
第15章 コンピューターとトレードシステム
第16章 マネーマネジメントとトレーディング戦術
第17章 株式と先物の関連性―市場間分析
第18章 株式市場の指標
第19章 要点整理―チェックリスト
付録A 上級テクニカル指標 トーマス・E・アスプレイ
付録B マーケットプロファイル デニス・C・ハイネス
付録C トレードシステム構築の要点 フレッド・G・シュッツマン
付録D つなぎ足 グレッグ・モリス
用語集
参考文献
資料・ソース

投稿元:

基本的な内容なので知っている知識が多かったが
テクニカル理論について
ここまで体系立てて書かれている本は少ないと思う

■勘違いしていたことや、新しく知ったこと
・最高値より終値を重要視すること トレーディング手法
・ダウ理論において出来高は増加でなく上昇を伴うこと
・RSIのトップフェイラースイング
・パラボリックSARは次第に加速すること
など

投稿元:

以下、引用
==============
・トレンドラインのブレイクに有効な条件
・ブレイク に関する「3%ルール」というものがある。主に長期トレンドがブレイクされたときの判定に用いられる。それは終値ベースで見て、少なくとも3%のブレイクを必要とする(このルールは金利などの金融先物には適用されない)。例えば、金が400ドルのところにあるメジャーな上昇トレンドラインをブレイクされたとするには400ドルから3%よりも下で引けなければならない。短期トレードの場合は1%を基準にしたほうがより適切。
・一般的な時間フィルターは2日間ルール。終値が2日間連続してトレンドラインをブレイクするというもの。
・ギャップ(窓開け)
・「ギャップは埋められる」という神話は誤り。埋められるものもあれば埋められないものもある。
・ブレイクアウェーギャップは抵抗線をブレイクしたときのギャップのこと。多くの場合、ブレイクアウェーギャップは埋められることがない。一部は埋められるかもしれないがすべてが埋められることはあまりない。
・フラッグとペナントは継続パターンのうち、最も信頼の置けるものの1つであり、めったにトレンド転換をもたらすようなことはない。
・出来高と取組高の増加は、現在進行中のトレンドが継続する見込みが高いことを示している
・マネーマネジメントガイドライン
・株や先物の投資に向けられる資金の総額は全体の50%に制限すべきである。
・1つの銘柄のリスク総額は、投資資金の5%に制限すべきである。

投稿元:

投稿元:

RSI
ポイントアンドフィギュア
ボリンジャーバンド トレーディング手法
ダブルボトル、ダブルトップ
トライアングルパターン

取引手法別資本戦略の法務・会計・税務

第3章 新株予約権
第1節 新株予約権の概要
1 定 義
2 種 類 ……ほか
第2節 新株予約権の実務
1 法律上の手続
2 個別財務諸表上の処理 ……ほか
第3節 新株予約権付社債の実務
1 法律上の手続
2 個別財務諸表上の処理 ……ほか
第4節 ストック・オプションの実務
1 トレーディング手法 トレーディング手法 法律上の手続
2 個別財務諸表上の処理 ……ほか
第5節 有償ストック・オプションの実務
1 個別財務諸表上の処理
2 税務上の処理 ……ほか

第4章 負債による資金調達
第1節 負債による資金調達の概要
1 借入金の定義・種類
2 社債の定義・種類 ……ほか
第2節 借入金の実務
1 法律上の手続
2 個別財務諸表上の処理 ……ほか
第3節 社債の実務
1 法律上の手続
2 個別財務諸表上の処理 ……ほか
第4節 デット・エクイティ・スワップの実務
1 法律上の手続 トレーディング手法
2 個別財務諸表上の処理 ……ほか
第5節 デット・デット・スワップの実務
1 法律上の手続 トレーディング手法
2 個別財務諸表上の処理 ……ほか
第6節 その他の借入手法等
1 資金調達の条件に関する特約
2 シンジケートローンによる借入 ……ほか

第5章 剰余金の分配
第1節 剰余金の分配の概要
第2節 配当の実務
1 法律上の手続
2 個別財務諸表上の処理 ……ほか
第3節 現物配当の実務 トレーディング手法
1 法律上の手続
2 個別財務諸表上の処理 ……ほか

第6章 自己株式
第1節 自己株式の概要
1 定 義
2 財務的効果
第2節 自己株式の実務
1 法律上の手続
2 個別財務諸表上の処理 ……ほか
第3節 自社株式先渡取引の実務 トレーディング手法
1 財務諸表上の処理
2 財務諸表の注記
第4節 一括取得型による自社株式取得取引(ASR)
1 審議の経緯
2 取引の概要と論点 ……ほか

第7章 日本版ESOP
第1節 日本版ESOPの概要
1 トレーディング手法 定 義
2 種 類 ……ほか
第2節 日本版ESOPの実務
1 法律上の手続
2 個別財務諸表上の処理 ……ほか

第8章 資本の計数の変動
第1節 資本の計数の変動の概要
1 定 義
2 種 類 ……ほか
第2節 計数の変動時の実務
1 法律上の手続
2 個別財務諸表上の処理 ……ほか

第9章 組織再編時における資本戦略への影響
第1節 連結範囲の変更
1 他社を買収した場合の資本戦略への影響
2 連結の範囲に関する会計上の取扱い ……ほか
第2節 組織再編
1 合併の定義および財務的効果
2 吸収分割の定義および財務的効果 ……ほか

第10章 開示等に関するルール
第1節 資金調達に関する規制
1 募集と私募
2 トレーディング手法 売出し ……ほか
第2節 臨時報告書の提出
第3節 適時開示
1 トレーディング手法 適時開示に関するルールの概要
2 適時開示の内容 ……ほか

第11章 上場準備会社における資本戦略の活用
第1節 上場準備会社における資本戦略の活用
1 トレーディング手法 上場準備のための資本政策
2 資本政策における具体的な資金調達手法 ……ほか
第2節 株式出資に関する契約
1 トレーディング手法 株式出資に関する契約
2 VC条項(ベンチャーキャピタル条項)
第3節 株主対策
1 資本政策上の安定株主確保の重要性 トレーディング手法
2 安定株主 ……ほか
第4節 上場時における株価の決定方法
1 ブックビルディング方式
第5節 有価証券等の公募・売出しにおいて活用される主な制度
1 オーバーアロットメント
2 グリーンシューオプション ……ほか
第6節 上場以外の出口戦略
1 ベンチャーキャピタルにおける出口戦略
2 上場準備会社における出口戦略
第7節 株主側の税務戦略への関与
1 原則的な課税
2 低額譲渡・高額譲渡における課税

プロトレーダーに学ぶ 日経225オプションと先物(mini)取引を用いた実践的トレーディング手法 ~アドバンスト編~

<ボラティリティを重点的に説明します>
元プロトレーダーが実践的トレーディング手法を伝授します。
日経225オプションと先物を活用した投資戦略、 特にボラティリティの性質や、ブラックショールズ式が仮定する日経平均の動きと市場の動きの違いについて、丁寧に説明し、そこから生じるIVの動きの特性、アウトオブザマネー(OTM)のオプションの価格について説明します。
また、 ボラティリティのリスク管理において重要なVanna や Volga など高次のグリークスの影響を考慮したトレード手法をお話しします トレーディング手法

  • 講師は元プロトレーダーです。
  • 本セミナーは「アドバンスト編」なので、基本的な知識や理論の解説は一切行いません。
    (ただし、戦略を立てる上での理論的な背景、合理的な理由などは、丁寧にご説明します。)
  • 最初から最後まで徹底的に投資戦略とリスク管理手法について、エクセルを用いて講義をします。

こんな方におすすめ

  • オプションの基本的な知識&経験を持ち、先物のトレーディング経験のある方
  • ボラティリティ・サーフェスについて基本的なことから戦略的なトレーディング手法への応用のベースの考え方を知りたい方
  • プロのリスクヘッジ手法、相場の状況に応じたポジションの変更を学びたい方

セミナーの紹介

2016~17年の低ボラティリティ期間は過ぎ去り、市場のボラティリティは高くなっています。ある程度ボラティリティの事を知ることはトレーダーの必須条件にもなっていると思います。 今回の「アドバンスト編」では、ボラティリティをトレーディングに生かすことを重視して解説いたします。
オプションはボラティリティの商品ですが、市場のボラティリティの動き方は様々な要因に影響されます。 日経平均の値動き、時間の変化、限月間の関係、そしてもちろん行使価格や現物価格との関係、さらにはボラティリティ・リスクであるベガ、それとともにVolgaやVannaといった高次元のリスク指標とボラティリティ・リスク管理、さらにはIVを日々の値幅との比較、そして今回はオプション価格、基本的にはボラティリティのレベル感をμ(ミュー)というブラックショールズモデルのドリフト項の指数を使って比べる方法などを伝授します。
オプション取引実践戦略については、市場歩動きと、その影響を受けるIVの変化などについて、最近の様々な局面を振り返りながら実例を示して解説する予定ですので、実践的で現時点の市場についてのリスク管理上重要なポイントも把握できる内容になっています。
グリークスは知っていても有効に使えていない方、特にオプション取引においてもっとも重要なボラティリティのリスクについて、理解を深めたいと思っている方、オプション取引の基本は十分理解しているものの、今一つオプション取引を有効に利用できていないと感じている方などは、実践的な戦略を学ぶチャンスです。
講義では、まず導入として、デルタヘッジ、ガンマトレーディングといった基本的な取引手法を簡単に説明し、その後、ボラティリティについて、市場の動きとブラックショールズの仮定との違い、そこから生じるIVのカーブ特性をじっくりと説明し、そのうえで、そういった特性を踏まえた戦略やリスクヘッジをお話します。
(もちろん、戦略を立てる上での理論的な背景、合理的な理由などは、丁寧にご説明いたします)

参加者特典 エクセルシート「リスク管理シミュレーション」

本セミナーでは、 講師が実際のトレーディングで使用しているエクセルシートを受講生の皆様へプレゼントします 。 これを用いて、日経225オプションと先物(mini)を組み合わせた投資戦略、一部グローバルマクロ系のヘッジファンドでも使用されているトレード手法を伝授します。
エクセルシートの内容は、できるだけ新しい情報(ボラティリティや市場動向)を使うことで、実際市場に参加されている方にとって、より実践的な感覚が持てるようになっています。
もちろんトレード手法だけでなく、トレードで高パフォーマンスを得るために必要不可欠な管理手法もお伝えします。
今回はアドバンスト編ということで、 オプションの初歩的な知識や理論の説明は一切ありません 。 最初から最後まで、徹底的に投資戦略とリスク管理手法について講義をします。

懇親会のご案内(オプション)

セミナー終了後、有志による懇親会を行います(別途参加費を頂きます)。
毎回開催している懇親会は、マーケットの話やトレーディングをする上のお悩み相談、受講生の皆様同士の情報交換、トレーダーをしていた頃の講師の体験談やオフレコ話などで毎回大盛況です。
これを機会に講師や他のトレーダーの皆様と交流を深めて頂ければ幸いです。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

実施スケジュール

  • ・土日祝日は当ビル入館口が限定されます。
    開催日直前にお送りするメール「受講案内」にてお知らせいたします。

東京理科大学理学部応用数学科卒業。 同年、日本債券信用銀行入行。同行オプションチームにて、為替、株、金利等デリバティブのインターバンク取引に従事。 米国スタンフォード大学統計学科修士課程修了後、証券会社、スワップハウスなどでデリバティブのチーフトレーダーとして長年活躍。 2008年、シグマベイスキャピタル株式会社入社。同社研究開発部主任研究員、特別研究員を歴任。
現在、スイス系プライベートバンクなどでカバード債投資・分析アドバイザリー業務にも携わる。

カリキュラム

  • ベーシック
    デルタヘッジやガンマについて
  • ブラックショールズ式の中のボラティリティについて
  • ボラティリティを有効に活用するためのノウハウ
    ・実際の日経平均の動きをボラティリティ中心に分析
    ・実際の市場の動きとIVについて、スキューネスやカートシスとは
    ・市場の動きのシミュレーション、ファットテールとは
    ・ボラティリティ・スキュー:生じる理由やポイント
    ・スキューの度合いのチェック、把握の仕方
    ・インプライド・μ(ミュー)によるIVの相対的な高安
    ・ベガ、ボルガ、バンナとその戦略的な利用
  • 現状の相場、市場、ボラティティの分析
    ・多角的に見たオプション市場と日経平均の動き、ボラティリティと市場の動き
    ・現状の相場分析とオプション戦略、タイミング、リスクシナリオ

懇親会のご案内

  • ※カリキュラム内容は一部変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

FP資格をお持ちの方へ

トレーディング手法
種類 通学
課目 金融資産運用設計
認定単位数 AFP:4.トレーディング手法 0/CFP:4.0
修了条件 なし

お申し込み方法

WEB申込

下記申込みフォームに必要事項を入力し、送信してください。
(お申し込みボタンを押すと、新しいウィンドウまたはタブが開きます。)
お申し込みになる日程をご確認いただき、ボタンを押してください。
送信されますと、弊社より確認メールが届きます。

トレーディング手法


Notice: Undefined variable: Page in /home/superlosandes/public_html/wp-content/themes/Andes/index.php on line 10

PRUEBA NUESTRAS RECETAS

Crepas トレーディング手法 con yogurt y frutos rojos

Roscón de トレーディング手法 Reyes

Christmas Cookie Cocktail

Santa Clause-Mopolitan

Plumcake de frambuesas

Bizcocho de calabaza y chocolate

Agua de Valencia

LOMO DE CERDO RELLENO

Chardonnay Jello Shots

Tallarines al pesto rojo


Notice: トレーディング手法 Undefined variable: Page in /home/superlosandes/public_html/wp-content/themes/Andes/index.php on line 32

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる