初心者向けFX会社も

取り扱い通貨が多い仮想通貨取引所

取り扱い通貨が多い仮想通貨取引所
Stand with the people of Ukraine. Now accepting cryptocurrency donations. Bitcoin, Ethereum and USDT. BTC – 357a3So9CbsNfBBgFYACGvxxS6tMaDoa1P ETH and USDT (取り扱い通貨が多い仮想通貨取引所 ERC-20) – 0x165CD37b4C644C2921454429E7F9358d18A45e14 — Ukraine / Україна (@Ukraine) February 26, 2022

国内の仮想通貨/ビットコイン取引所を
取扱通貨の豊富さの観点から比較

Coincheckを運営するコインチェック株式会社は2012年の創業。2018年1月に大規模なハッキング事件(参考:コインチェック事件)に見舞われたが、東証一部上場のマネックスグループの傘下で、経営再建を図り、平成31年1月11日に仮想通貨交換業登録を完了した。 サービスの使いやすさに定評があり、スマホアプリの累計ダウンロード数は2021年11月18日時点で440万を突破。取引手数料は無料。国内では最多となる17通貨に対応しており、国内ではCoincheckでしか取り扱っていないアルトコインも多い。代表取締役を務める蓮尾 聡氏は、日本暗号資産ビジネス協会(JCBA)の理事(非常勤)を務めている。

取扱仮想通貨 17種類
手数料 取引所:0%
最低取引数量 円建てで500円相当額
スマホ対応 投資初心者でも見やすく分かりやすい優れたUI/UX
セキュリティ 国内外複数の情報セキュリティ企業等を通じ、情報システムの信頼性、安全性、効率性のモニタリングを実施

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • ETC(イーサリアムクラシック)
  • LSK(リスク)
  • FCT(ファクトム)
  • XRP(リップル)
  • XEM(ネム)
  • LTC(ライトコイン)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • MONA(モナコイン)
  • XLM(ステラルーメン)
  • QTUM(クアンタム)
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)
  • IOST(アイオーエスティー)
  • ENJ(エンジンコイン)
  • OMG(オーエムジー)
  • PLT(パレットトークン)

2位:bitFlyer(ビットフライヤー)

取り扱い通貨が多い仮想通貨取引所
取扱仮想通貨 14種類
手数料 取引所:0.01〜0.15%/販売所:無料
最低取引数量 取引所:0.001BTC/販売所:0.00000001BTC
スマホ対応 スマホアプリでビットコインFXも取引可能
セキュリティ マルチシグを他社に先駆けて導入

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • ETC(イーサリアムクラシック)
  • LTC(ライトコイン)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • 取り扱い通貨が多い仮想通貨取引所
  • MONA(モナコイン)
  • LISK(リスク)
  • XRP(リップル)
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)
  • XLM(ステラルーメン)
  • NEM(ネム)
  • XTZ(テゾス)
  • DOT(ポルカドット)
  • LINK(チェーンリンク)

2位:GMOコイン

GMOコインを運営するGMOコイン株式会社は、GMOクリック証券を傘下に抱える東証一部上場企業であるGMOインターネットのグループ会社。 GMOコインでは、取引手数料のみならず、入出金手数料もすべて無料となっており、売買コストの低さには定評がある、また、「GMOコイン 暗号資産ウォレット」の使いやすさで初心者にも人気がある。6年連続でFX取引高世界ナンバーワンを記録しているGMOクリック証券を通じて培った金融サービス運営のノウハウを有していることを強みの一つとしている。

取り扱い通貨が多い仮想通貨取引所
取扱仮想通貨 16種類
手数料 取引所:-0.01%〜0.05%/販売所:スプレッド
最低取引数量0.00005 BTC / 回(販売所)、0.0001 BTC / 回(取引所・現物取引)
スマホ対応 複雑な注文機能を備えた高機能なアプリ
セキュリティ 24時間の監視体制と顧客預り資産と仮想通貨の分別管理

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • LTC(ライトコイン)
  • XRP(リップル)
  • ネム(NEM)
  • XLM(ステラルーメン)
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)
  • OMG(オーエムジー)
  • XTZ(テゾス)
  • QTUM(クアンタム)
  • ENJ(エンジンコイン)
  • DOT(ポルカドット)

3位:DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)

DMM Bitcoinを運営する株式会社DMM Bitcoinは、DMM.com証券を傘下に抱える合同会社DMM.comのグループ会社。 売買コストの低さとレバレッジ取引の種類の豊富さに定評がある。 スマホアプリでは様々な注文方法に対応していることで知られている。DMM.com証券を通じて培った金融サービス運営のノウハウを有していることを強みの一つとしており、サーバーの強度に関しては、国内屈指の水準を誇る。現物取引が可能なのは、ビットコイン、イーサリアム、リップルのみであり、他のアルトコインはレバレッジ取引での売買となる点には注意されたい。

仮想通貨取り扱い銘柄数ランキング!取引所の取り扱い通貨をまとめて比較

仮想通貨取り扱い銘柄数ランキング!取引所の取り扱い通貨をまとめて比較

DMM Bitcoinはレバレッジ取引ができるアルトコインの数が国内No1なので、他の取引所を既に持っていたとしても作っておきたい取引所と言えます。
また、DMM Bitcoinでは2021年12月1日(水)7時00分~2022年4月1日(金)6時59分まで新規口座開設で全員に2,000円がもらえるキャンペーンを開催していますので、まだ口座を持っていない人はお得なキャンペーン開催中に口座を解説してみてはいかがでしょうか。

bitFlyer

bitFlyer(ビットフライヤー)のトップイメージ

bitFlyer(ビットフライヤー)は取り扱い通貨数やサービス面など全体的にバランスの取れた取引所と言えます。
取り扱い通貨数も比較的多く、LSKやDOTなど、他の取引所での取り扱いが少ない通貨も取り扱っておりますので、万人にオススメできる取引所です。

bitbank

bitbank(ビットバンク)のトップイメージ

BITPOINT

BITPONT(ビットポイント)はADAやJASMYなど、国内での取り扱いがBITPOINTにしかない通貨の取り扱いもあり、アルトコインに強い取引所になっています。2021年は新規のアルトコインの取扱数が最多となりました。
また、現物取引にかかる手数料が全て無料なため、こちらもアルトコインへの投資を積極的に行いたいと考えている人にはとてもオススメできる取引所です。

Liquid by FTX

Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)のトップイメージ

Liquid by FTXは取引所の中では取扱通貨の銘柄数は10社種類とやや少ないですが、 国内で唯一QASH,SOL,FTTと3つの取引所トークンの取り扱いがある取引所 取り扱い通貨が多い仮想通貨取引所 取り扱い通貨が多い仮想通貨取引所 です。
また、Liquid by FTXといえばセキュリティーが高い事で有名な取引所です。ビットコイン、リップル、イーサリアムなど主要通貨はありますので、セキュリティー重視で主要通貨への投資を考えている人にはおすすめできる取引所です。

仮想通貨の取扱銘柄数が多い取引所を使うメリット

  • チャンスを逃さない
  • リスクの分散ができる
  • スプレッドを比較して購入できる

1 チャンスを逃さない

取り扱い銘柄の多い取引所を持っていおくことで、いざ注目銘柄が出てきた時に流れに乗り遅れることなく投資できます。
また、取り扱い銘柄数の多い取引所は新規銘柄の取り扱いの機会も多いため、国内初の取り扱い銘柄が出た際もいち早く投資することが出来ます。

もちろんいち早く投資したからと言って必ず儲かるわけではありませんが、 そもそも口座を持っていないと投資することができないため、予め口座を作っておいて損はない でしょう。

2 リスクの分散ができる

投資の基本として「分散投資」というのがあります。一つの取引所の一つの銘柄に投資するよりも、複数の取引所を使って複数の銘柄に投資をすることで、特定の銘柄の急な価格変動時のリスクを抑えることが出来ます。

3 スプレッドを比較して購入できる

仮想通貨にはスプレッドというものがあります。スプレッドとは、 簡単に言うと仮想通貨を買うときと売るときの価格差 の事を言います。

仮想通貨は同じ通貨でも取引所ごと、時間ごとでスプレッドが違います。複数の取引所の口座を持っていることで、よりスプレッドの低い口座で売買することがきでます。

仮想通貨取引所おすすめランキング!初心者に人気の8社を評判・口コミで徹底比較!

仮想通貨取引所おすすめランキング!初心者に人気の8社を評判・口コミで徹底比較!

ビットコイン(BTC), イーサリアム(ETH), イーサリアムクラシック(ETC), ビットコインキャッシュ(BCH), ライトコイン(LTC), リップル(XRP), ネム(XEM), ステラルーメン(XLM), ベーシックアテンショントークン(BAT), オーエムジー(OMG), テゾス(取り扱い通貨が多い仮想通貨取引所 XTZ), クアンタム(QTUM), エンジンコイン(ENJ), ポルカドット(DOT), コスモス(ATOM), シンボル(XYM), モナコイン(MONA), カルダノ(ADA), メイカー(MKR), ダイ(DAI), チェーンリンク(LINK) FCRコイン

DMM 取り扱い通貨が多い仮想通貨取引所 Bitcoin

DMM BitcoinのLP画面

  • 取引手数料、送金手数料が無料!(BitMatch取引手数料を除く)
  • 徹底されたセキュリティー運用体制
  • 初心者でも電話&LINEで解決。安心のカスタマーサポート

DMM Bitcoinの強みはレバレッジ取引ができるアルトコイン数が国内No.1という所でしょう。
現物取引よりもレバレッジ取引を中心に行いたいと考えている人には最適 な取引所と言えるでしょう。

また、新規口座開設で2000円が貰えるキャンペーンも実施しているので、初心者の方はまずはココから初めてみるのありでしょう!

大手という安心感、完璧なサポート、手数料が無料。国内海外含め10個の取引所を使っていますがDMMさんはオススメです。特に初心者経験者問わず業者に対しての疑問などあると思いますがLINEで手軽に質問できます。以前質問した際は、物腰も低く丁寧に解答をくださりました。
また、色々な手数料が無料で未だ表立ったトラブルなども聞かないので資金の置き場所にもうってつけかと思います。(30代男性のクチコミ)

スプレッドキャンペーンで手数料の評価は上がった。 (その前は3点くらいでしたが) アプリは使い込むほど良さが出てきた。横向き対応やチャートなど。
セキュリティは他社と違い金融庁からの改善命令はでてないし、 FXでのノウハウもあるため安心 して使ってます。(30代男性のクチコミ)

ビットコイン(BTC) イーサリアム(ETH) イーサリアムクラシック(ETC) リップル(XRP) ネム(XEM) ライトコイン(LTC) ビットコインキャッシュ(BCH) モナコイン(MONA) ステラルーメン(XLM) クアンタム(QTUM) ベーシックアテンショントークン(BAT) オーエムジー(OMG) テゾス(XTZ) エンジンコイン(ENJ) シンボル(XYM)

Coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)のトップイメージ

  • 国内最大級のアルトコインの取り扱い
  • 初心者にも使いやすいスマホアプリ
  • 取引サービスも豊富

Coincheck(コインチェック)は仮想通貨の取扱数が国内トップレベルとなっています。 ビットコイン以外のマイナーな通貨にも積極的に投資をしたい人にオススメ できます。

また、スマホアプリの使いやすさにおいても国内トップレベルの評判で、誰でも簡単に仮想通貨を買うことができます。

さらに、コインチェックは、話題のNFTアートを簡単に売買できるマーケットプレイス「Coincheck NFT(β版)」を提供しています。
仮想通貨だけでなく、NFT取引でも利益を狙いたい、最新技術の流行を追っておきたいという方にもコインチェックはおすすめです!

スプレッドが高すぎる点がマイナス。売買時に大口で出来るのはプラス。ビットフライヤーと違い現物売買で制限がかかりにくいのは評価が高い 。後いうならば乖離がしやすいのが難点であり利点(30代男性のクチコミ)

アプリの使い方は非常に使い勝手が良いのではないかなと感じでいます。ただ、手数料をもう少し安くして欲しいと思います。そうするとより使う頻度は増えるのかなと感じています。今後も改善していただければと思います。(20代男性のクチコミ)

ビットコイン(BTC) イーサリアム(ETH) イーサリアムクラシック(ETC) リスク(LSK) リップル(XRP) ネム(XEM) ライトコイン(LTC) ビットコインキャッシュ(BCH) モナコイン(MONA) ステラルーメン(XLM) クアンタム(QTUM) ベーシックアテンショントークン(BAT) アイオーエスティー(IOST) エンジンコイン(ENJ) オーエムジー(OMG) パレットトークン(PLT) サンド(SAND)

BITPOINT(ビットポイント)

bitpoint(ビットポイント)のトップイメージ

  • 500円と小額から仮想通貨へ投資が可能
  • 現物取引にかかる手数料が全て無料
  • アルトコインに強い

BITPOINTの強みは何と言っても手数料にあると思います。
現物取引にかかる手数料がすべて無料で、即時入金手数料、暗号資産(仮想通貨)の出金手数料、口座管理料なども無料です。

さらに 新規口座開設で3,000円相当の暗号資産が貰えるキャンペーンもやっているため、メイン口座を別に持っていたとしても作っておいて損のない取引所 と言えるでしょう。

まだ登録したてですが、取引手数料、入出金手数料等全て無料なのは、他ではありえないくらいありがたいです。もっと早く知っていれば良かったです。ほかの取引所は物凄く手数料が高く、困っていました。 また、チャートの日足、時間足の切り替えがしやすく使いやすそうです。(40代男性のクチコミ)

ハッキングが以前にあったりと評判を落としたが、最近は取り扱い通貨も増え、 何と言っても手数料が無料で24時間の出金対応という他の取引所にはない強さを持っている 。以前よりも格段に使いやすくなった印象。レバは出来ないので、現物でのトレードなら優秀。(40代男性のクチコミ)

2021年に国内のホワイトリスト充実に貢献した業者。新規取り扱いのほぼすべてが国内初であったため、周回遅れの国内業界に新しい風を吹かせてくれました。販売所からの扱いも多いですが、キャンペーンが充実している点は良いと思います。全ての仮想通貨を板取引にしてほしいですね。(30代男性のクチコミ)

ビットコイン(BTC) イーサリアム(ETH) リップル(XRP) ネム(XEM) ライトコイン(LTC) ビットコインキャッシュ(BCH) ベーシックアテンショントークン(BAT) トロン(TRX) エイダ(ADA) ジャスミー(JMY) ポルカドット(DOT) チェーンリンク(LNK) ディープコイン(DEP)

ビットコインはどこで買うべき?おすすめ取引所10社厳選!手数料から取扱通貨数まで

BTC.jpeg

・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・イーサリアムクラシック(ETC)
・リスク(LSK)
・ファクトム(FCT)
・リップル(XRP)
・ネム(XEM)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・モナコイン(MONA)
・ステラルーメン(XLM)
・クアンタム(QTUM)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・アイオーエスティー(IOST)
・エンジンコイン(ENJ)
・オーエムジー(OMG)
・パレットトークン(PLT)

コインチェックの安全性、セキュリティ

コインチェックでは安全性を高めるため、以下のような対策を行っています。
・利用者の資産分別管理
・財務情報の開示
・コンプライアンス体制の見直し

また、セキュリティ面においても、以下のような取り組みを行っています。 取り扱い通貨が多い仮想通貨取引所 取り扱い通貨が多い仮想通貨取引所
・マルチシグの実施
・コールドウォレットの導入
・SSLの利用
・ログイン時の二段階認証実施

2位:取り扱う暗号資産の種類がビットコインを含めて15種類「DMM Bitcoin」

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinの概要
取引通貨数 15種類
販売所手数料 無料
取引所手数料
入金手数料 無料
出金手数料 無料

DMM Bitcoinは、ビットコインを含め15種類もの通貨が取引可能です。取引可能銘柄数でも国内事業者では4位にランクインしています。

入出金手数料や取引に必要な手数料も無料です。取引時の手数料は暗号資産取引所の中でも安いです。

DMM Bitcoinの取り扱い通貨

・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・リップル(XRP)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・ライトコイン(LTC)
・ステラルーメン(XLM)
・イーサクラシック(ETC) 取り扱い通貨が多い仮想通貨取引所
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・クアンタム(QTUM)
・オーエムジー(OMG)
・モナコイン(MONA)
・ネム(XEM)
・シンボル(XYM)

DMM Bitcoinの安全性、セキュリティ

・オフラインウォレットでの顧客資産管理
・顧客資産と会社資産の分別
・2段階認証と生体認証の導入
・不正アクセスへの監視
・マルチシグネチャ対応 取り扱い通貨が多い仮想通貨取引所
・SSL暗号化通信

3位:取引所・販売所どちらも対応「bitFlyer(ビットフライヤー)」

bitFlyer

bitFlyerの概要
取引通貨数 14種類
販売所手数料 無料
取引所手数料 0.01~0.15%
入金手数料 0円~330円
出金手数料 220円~770円

bitFlyerはビットコイン取引量が6年連続国内No.1(※)の暗号資産取引所です。ビットコインの取引量だけに絞るなら優れた取引所と言えます。

販売所方式と取引所方式のどちらでも取引できる点がbitFlyerの特徴です。また、2倍のレバレッジで取引できます。トレードスタイルに応じて使えるため、取引口座を開設しておいて損はありません。

bitFlyerの取り扱い通貨

・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・イーサリアムクラシック(ETC)
・リスク(LSK)
・リップル(XRP)
・ネム(XEM)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・モナコイン(MONA)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・ステラルーメン(XLM)
・テゾス(XTZ)
・ポルカドット(DOT)
・チェーンリンク(LINK)

bitFlyerの安全性、セキュリティ

引用元:bitFlyer

・SSL暗号化通信
・SHA-2(SHA-256)の採用
・FW(ファイア・ウォール)による社内環境の防御
・パスワードの強度チェック
・アカウントロック機能
・マルチシグネチャ
・コールドウォレット
・顧客資産との分別管理
・ウイルスチェックとハッキングテスト

取引所取引と販売所取引の違いとは?

syougaku

4位:高い安全性を誇る「GMOコイン」

GMOコイン

GMOコインの概要
取引通貨数 14種類
販売所手数料 無料
取引所手数料 Maker -0.01%
Taker 0.05%
入金手数料 無料
出金手数料 無料

GMOコインの親会社は一部上場企業でもある「GMOインターネットグループ」で、証券会社やFX取引などの事業を行っています。2倍のレバレッジがかけられる点もGMOコインの特徴です。

GMOコインの取り扱い通貨

・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・リップル(XRP)
・ネム(XEM)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・ステラルーメン(XLM)
・クアンタム(QTUM)
・エンジンコイン(ENJ)
・テゾス(XTZ)
・オーエムジー(OMG)
・ポルカドット(DOT)
・コスモス(ATOM)
・シンボル(XYM)

GMOコインの安全性、セキュリティ

・利用者から預けられた資産の分別管理
・マルチシグの対応
・システム内への不正侵入対策
・アカウントの乗っ取り対策

5位:3通貨に絞ったハイレベルな取引所「SBI VCトレード」

SBI VCトレード

SBI VCトレードの概要
取引通貨数 5種類
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 50円~250円

取引にかかる手数料は安いため、まずはビットコインへの投資を始めたい人にはおすすめです。

SBI VCトレードの取り扱い通貨

・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・リップル(XRP)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・ライトコイン(LTC)
・リンク(LINK)
・ポルカドット(DOT)

SBI VCの安全性、セキュリティ

・内部犯行対策
・サイバー攻撃対策
・ログイン時以外の二要素認証(暗号資産出庫時など)
・デバイス認証
・暗号資産に対する盗難対策
・資産分別管理

6位:圧倒的な流動性を誇るグローバル展開の取引所「Liquid 取り扱い通貨が多い仮想通貨取引所 by Quoine(リキッドバイコイン)」

Liquid by Quoine

Liquid by Quoineの概要
取引通貨数 5種類
販売所手数料
取引所手数料 BTC/JPYのみ無料
入金手数料 無料
出金手数料 日本円:700円

Liquid by Quoineはセキュリティ体制を万全にすべく、お客さまの資産をすべてコールドウォレットで管理している暗号資産取引所です。インターネットに接続されていない場所で金融資産を保管するため、ハッキングリスクがありません。

Liquid by Quoineの取り扱い通貨

Liquid by Quoineの取り扱い仮想通貨は以下の4種類です。

・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・リップル(XRP)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・キャッシュ(QASH)

利用できる種類は少ないものの、キャッシュといったLiquid by Quoine独自の通貨も取引できるので、暗号通貨上級者のかたでも満足できます。

Liquid by Quoineの安全性、セキュリティ

Liquid by Quoineのセキュリティ対策には、

・2段階認証の実施
・パスワードリセットプロセスの強化
・クーリングピリオド
・IPホワイトリストの登録
・DNSセキュリティの実装
・Hawk認証プロトコルを用いたセキュリティの強化
・24時間監視体制のLiquid取引所

顧客資産の管理を全てコールドウォレットで管理している、というのもLiquid by Quoineの特徴です。そのため、万が一不正操作が行われた場合でも、暗号資産の安全性が保たれています。

7位:日本発として人気のモナコイン(MONA)を購入できる「ビットバンク」

bitbank

ビットバンクの概要
取引通貨数 15種類
販売所手数料 無料
取引所手数料 Maker -0.02%
Taker 0.05%
入金手数料 無料
出金手数料 550円/770円

業界最狭クラスのスプレッドもbitbankの強みです。頻繁にトレードをしたい人にとって、実質的な取引手数料であるスプレッドの安さは大きな魅力と言えます。

ビットバンクの取り扱い通貨

・ビットコイン(BTC)
・リップル(XRP)
・ライトコイン(LTC)
・イーサリアム(ETH)
・モナコイン(MONA)
・ビットコインキャッシュ(BCC)
・ステラルーメン(XLM)
・クアンタム(QTUM)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・オーエムージー(OMG)
・シンボル(XYM)
・チェーンリンク(LINK)
・メイカー(MKR)
・ボバネットワーク(取り扱い通貨が多い仮想通貨取引所 BOBA)
・エンジンコイン(ENJ)

ビットバンクの安全性、セキュリティ

・分散された鍵管理でのホットウォレット採用
・完全なオフライン環境によるコールドウォレットの導入
・バグバウンティプログラムの導入

8位:情報セキュリティ格付「A(シングルエー)」取得で安心セキュリティ―「ビットポイント」

BITPOINT

ビットポイントの概要
取引通貨数 8種類
販売所手数料 無料
取引所手数料 Maker -0.02%
Taker 0.12%
入金手数料 無料
出金手数料 日本円:550円~770円
BTC:0.0006 BTC

現物投資やレバレッジのほか、積立投資やレンディングなどにも対応しているのがBITPOINTの特徴です。さまざまな投資手法を考えている人におすすめします。

ビットポイントの取り扱い通貨

・ビットコイン(BTC)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・リップル(XRP)
・イーサリアム(ETH)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・トロン(TRX)
・エイダ(ADA)
・ジャスミー(JMY)
・ポルカドット(DOT)

ビットポイントの安全性、セキュリティ

・情報セキュリティポリシーの策定
・ログイン時における二段階認証の導入
・独自のアルゴリズムに基づいたホットウォレットの管理
・24時間の監視体制
・サイバー攻撃に対する出入口対策
・定期的な外部システム監査

初めてのビットコイン 最初の取引所を選ぶならこの基準

●アプリの使いやすさはどうか?
●手数料(スプレッド含む)は安いか?
●セキュリティに問題はないか?
●フォロー体制はどうか?

【6月最新】仮想通貨おすすめ銘柄・取引所ランキング|将来性が今から期待できる銘柄の選び方

Stand with the people of Ukraine. Now accepting cryptocurrency donations. Bitcoin, Ethereum and USDT.

BTC – 357a3So9CbsNfBBgFYACGvxxS6tMaDoa1P

ETH and USDT (ERC-20) – 0x165CD37b4C644C2921454429E7F9358d18A45e14

— Ukraine / Україна (@Ukraine) February 26, 2022

DMMビットコインは、 取引が何回でも無料(取引所)なこと と、 ビットコインを『取引所』で購入ができること が魅力で初心者でも扱いやすいのが特徴です。

【DMM Bitcoinの口座開設はこちら!】

\ 最短5分でかんたん無料登録! /

ビットコインにおすすめな仮想通貨取引所

DMMBitcoin_おすすめの仮想通貨_銘柄

初心者の方は、DMMビットコインを選んでおいて損はないでしょう。

↓ DMM Bitcoinの口座開設はこちらから ↓

\ 最短5分で、2,000円分(※)もらえる! /

おすすめの仮想通貨銘柄②:イーサリアム(ETH)

イーサリアム_おすすめの仮想通貨_銘柄

【イーサリアムの基本情報】

取り扱い通貨が多い仮想通貨取引所 取り扱い通貨が多い仮想通貨取引所
仮想通貨名 イーサリアム(ETH)
時価総額 28,561,122,915,148円(*2022年6月1日現在)
発行開始日 2015年8月7日
発行上限数 特になし
現在の価格(2022年6月) 235,989.84円
日本で取り扱っている取引所 bitFlyerDMM Bitcoinなど

イーサリアム(ETH)は、ビットコインに続いて、 時価総額2位の仮想通貨 です。

これを利用することで 企業同士の契約など機密性の高い取引にも使えるようになるなど、汎用性の高さが注目されています。

イーサリアムでおすすめの仮想通貨取引所

DMMBitcoin_おすすめの仮想通貨_銘柄

↓ DMM Bitcoinの口座開設はこちらから ↓

\ 最短5分で、2,000円分(取り扱い通貨が多い仮想通貨取引所 ※)もらえる! /

おすすめの仮想通貨銘柄③:リップル(XRP)

リップル_おすすめの仮想通貨_銘柄

【リップルの基本情報】

取り扱い通貨が多い仮想通貨取引所取り扱い通貨が多い仮想通貨取引所
仮想通貨名 リップル(XRP)
時価総額 2,486,431,031,292円 (*2022年6月1日現在)
発行開始日 2013年9月
発行上限数 100,000,000,000XRP
現在の価格(2022年6月) 51.44円
日本で取り扱っている取引所 bitFlyerDMM Bitcoinなど

リップルは「Ripple Inc」という会社によって管理されている アルトコインの中でも比較的時価総額の大きめな仮想通貨の1つ です。

これまで高い手数料に加え時間もかかっていた国際送金が、なんと数秒で終わらせることができます。

リップルにおすすめな仮想通貨取引所

DMMBitcoin_おすすめの仮想通貨_銘柄

初心者の方は、DMMビットコインを選んでおいて損はないでしょう。

↓ DMM Bitcoinの口座開設はこちらから ↓

\ 最短5分で、2,000円分(※)もらえる! /

おすすめの仮想通貨銘柄④ライトコイン(LTC)

LTC_仮想通貨おすすめ

【ライトコインの基本情報】

仮想通貨名 ライトコイン(LTC)
時価総額 576,906,231,028円(*2022年6月1日現在)
発行開始日 2011年10月
発行上限数 8,400万枚
現在の価格(2022年6月) 8,192円
日本で取り扱っている取引所 bitFlyerDMM Bitcoin 取り扱い通貨が多い仮想通貨取引所 など

ライトコインはビットコインと同じようにブロックチェーンによって管理されており、 発行上限数はビットコインの4倍にあたる8,400万枚 です。

より高速に安全に決済できるようにと考えらていることから、 アメリカ大手の決済サービスペイパルなどでの利用も可能になると発表され、これからますます目が離せない仮想通貨の1つとなっています。

↓ DMM Bitcoinの口座開設はこちらから ↓

\ 最短5分で、2,000円分(※)もらえる! /

おすすめの仮想通貨銘柄⑤ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコインキャッシュ

【ビットコインキャッシュの基本情報】

仮想通貨名 ビットコインキャッシュ(BCH)
時価総額 457,893,952,975円(*2022年6月1日現在)
発行開始日 2017年
発行上限数 2,100万枚
現在の価格(2022年6月) 23,998円
日本で取り扱っている取引所 bitFlyerなど

↓ DMM Bitcoinの口座開設はこちらから ↓

\ 最短5分で、2,000円分(※)もらえる! /

おすすめの仮想通貨銘柄⑥ステラルーメン(XLM)

【ステラルーメンの基本情報】

仮想通貨名 ステラルーメン(XLM)
時価総額 451,633,180,056円(*2022年6月1日現在)
発行開始日 2014年
発行上限数 500億枚
現在の価格(2022年6月) 18.12円
日本で取り扱っている取引所 bitFlyerDMM Bitcoin など

ステラルーメン(XLM)は、リップルの開発メンバーであるジェド・マケーレブ氏らによって、 「新興国」での個人間の送金がスムーズに進むようになることを目指して生み出された仮想通貨です。

ステラルーメンにおすすめなのは、DMM Bitcoinです。
レバレッジ取引も可能となっており、利便性が高いです。

↓ DMM Bitcoinの口座開設はこちらから ↓

\ 最短5分で、2,000円分(※)もらえる! /

おすすめの仮想通貨銘柄⑦:ネム(XEM)

ネム_おすすめの仮想通貨_銘柄

【ネムの基本情報】

取り扱い通貨が多い仮想通貨取引所
仮想通貨名 ネム(XEM)
時価総額 60,179,535,824円(*2022年6月1日時点)
発行開始日 2009年1月
発行上限数 8,999,999,999NEM
現在の価格(2022年6月) 6.68円
日本で取り扱っている取引所 bitFlyerDMM Bitcoin など

ネム(XEM)は「New Economy Movement」=新しい経済活動という言葉の略称で、

より経済的に自由で平等な分散型プラットフォームの作成を目的として生まれました。

さらに、 個人でICOができたりお店の支払いで使えたりするところもあるなど、

将来性が期待できる通貨 なので、ぜひ気になる方は少額からでも購入を検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめの仮想通貨銘柄⑧アイオーエスティー(IOST)

IOST_おすすめの仮想通貨

【アイオーエスティーの基本情報】

仮想通貨名 アイオーエスティー(IOST)
時価総額 41,934,548,244円(*2022年6月1日現在)
発行開始日 2019年2月9日
発行上限数 210億IOST
現在の価格(2022年6月) 2.26円
日本で取り扱っている取引所 コインチェック など

IOSTは、 コインチェックに上場したことで最近価格が上昇してきており、注目を集めている仮想通貨の1つです。

※PoBとは、Proof of Believabilityの略

おすすめの仮想通貨銘柄⑨リスク(LSK)


【リスクの基本情報】

仮想通貨名 リスク(LSK)
時価総額 22,050,555,827円(*2022年6月1日)
発行開始日 2014年
発行上限数 設定されていない
現在の価格(2022年6月) 169円
日本で取り扱っている取引所 bitFlyerDMM Bitcoin など

おすすめの仮想通貨銘柄⑩:モナコイン(MONA)

モナコイン_おすすめの仮想通貨_銘柄

【モナコインの基本情報】

仮想通貨名 モナコイン(MONA)
時価総額 5,239,950,230円(*2022年6月1日現在)
発行開始日 2014年1月
発行上限数 100,000,000,000MONA
現在の価格(2022年6月) 79円
日本で取り扱っている取引所 bitFlyerDMM Bitcoin など

新しく仮想通貨取引所に上場するタイミングで価格上昇する傾向にあると変動タイミングが読みやすく、 今後も注目を集めている仮想通貨の1つです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる