FX のやり方

GMOコイン

GMOコイン

暗号資産FXでは、販売所形式で8種類の暗号資産のレバレッジ取引が可能です。暗号資産FXは、指値・成行に加えて3種類(IFD、OCO、IFD-OCO)の複合注文、そして「両建て」に対応しています。これらの機能は、投資資金より多くの金額を賭ける暗号資産FXにおいて、価格変動時のリスク管理に役立ちます。

【取材】FC琉球がIEOで約10億円調達も「FCR」大幅下落、GMOコインのルール変更も影響か

サッカーJ2リーグに加盟する「FC琉球」が国内2例目となるIEO(Initial Exchange Offering)をGMOコインで実施し、総額10億円を調達したことが分かった。 なおIEOで発行した暗号資産「FCRコイン(FCR)」はGMOコインにて5月18日より取引開始するも、GMOコインによる投資家への急な販売ルールの変更などで価格が急落、IEO販売価格を大きく下回り物議を醸している。 IEOとは暗号資産交換業者(取引所)を介して行われる資金調達の方法だ。暗号資産交換業者が発行者の事業内容や調達した資金の用途などに対して審査を実施し、新規発行されたトークンの販売を行うモデルとなる。国内のIEO事例としては昨年7月にコインチェックが実施したHashpalette(ハッシュパレット)のパレットトークン:Palette Token(PLT)がある。 ●今回のIEOについて 「FC琉球」を運営する琉球フットボールクラブは、4月27日から5月18日14:59までの期間にて国内暗号資産(仮想通貨)取引所GMOコインを通じてIEOの募集を行った。 このIEOにより「FCRコイン(FCR)」の総発行量10億FCRの45%となる4.5億FCRを10億3950万円(販売手数料と消費税込み)で販売完了したとのこと。 なお「FCRコイン」の募集価格は1FCRで2.2円。募集1口あたり2,500FCR(5,500円)で、最大申込口数は9,000口=2,250万FCR(4,950万円)となっていた。 「琉球FC」は調達した資金の使途について、クラブ強化育成費や運営費、FCRコインの活用ができるプラットフォーム「FC RYUKYU SOCIO」のエコシステム構築に使用すると発表している。 ●「FCR」上場、取引制限が変更に IEOを経て「FCRコイン」は同日5月18日よりGMOコインに上場。「取引所サービス(現物取引)」にて取り扱いが開始されることがアナウンスされた。 しかし、その際のGMOコインの発表で「FCRコイン」の最大取引数量が1日あたり100万FCRとなっていることが明らかになり、投資家によってはFCR売却にあたり数日かかることが判明(Twitter上では最大当選者は約1,300万FCR保有との情報あり)。 さらにはIEO当選自体がFCRの買いとみなされたことで、100万FCR以上当選した投資家は1日の取引量を超過したことになり、上場当日に取引が出来ない状況になった。 この状況についての投資家からの声を受けてか、取引開始から約1時間半経過後に100万FCR/日の取引制限が2,000万FCR/日に変更されることが、GMOコインからアナウンスされた。 そのためFCR大量保有の売り圧力が発生し、IEO販売価格2.2円だったFCRは1円台に価格割れ。上場翌日となる記事執筆時点(5/19 12:00)でその価格は0.7円台を推移している状況だ。 今回の上場後の下落について、そもそも上場後すぐに売り抜けようとする投機的な参加者が多かったとも想定できるが、重なった要因として「事前に上場の取引制限について具体的に知らされていなかった」「GMOコインによる急な取引制限の変更が売り圧に繋がった」というような声もネットを中心に上がっている。 ●GMO広報事務局に取材 「あたらしい経済」は本件に関してGMO広報事務局を通じGMOコインに取材、回答を得た。 --「FCRコイン」の1日の取引制限100万枚の上限は事前にユーザーへ公開されていたのでしょうか? 5月18日の上場タイミングと同タイミングで公表いたしました。 --もしされていなかった場合、その理由についてお教えください。 他の新規取扱銘柄についても、上場タイミングでの取引ルール公表となっており、従来と同様の対応となりました。 --上場後1.5時間後に取引制限を2000万枚に変更することに至った経緯やその理由についてお教えください。 マーケットの状況や、お客様からの問い合わせの状況を勘案し条件変更をすべきであろうと判断したため、上限を変更することといたしました。 --取引制限変更の判断にFC琉球は関わっていたのでしょうか? 取引条件変更の判断はGMOコイン単独で行っており、FC琉球様は関与しておりません。 ------ なお記者は「上場後1.5時間後の取引条件変更によるFCRコインの価格への影響について想定はしなかったのか」という質問も投げかけたが、これについては回答が得られなかった。 琉球フットボールクラブ代表取締役会長の倉林啓士郎氏へ取材 GMOコイン 「あたらしい経済」編集部は株式会社イミオ代表取締役社長で、FC琉球の琉球フットボールクラブ代表取締役会長の倉林啓士郎氏も取材を実施した。 --「FCRコイン」大量保有の売り圧力が発生することは、想定されていましたでしょうか? 想定していませんでした。 今回のタイミングではチームやアドバイザリーの保有分はロックアップされていますので、売却できるのはIEO参加者のみでした。 3週間という比較的長めの応募期間を設けて、申込キャンセルもできる仕様でしたので、IEOへ投資判断して頂いた方が、すぐ(即日)にそれ以下の値段で売るというのは考えづらかったため、値下がりはしづらいと思っておりました。 --一部のプロジェクトチームとアドバイザー報酬についてはロックアップ期間設定しない理由を教えてもらえますでしょうか? GMOコイン割当分は取引安定(価格が急騰し過ぎた場合)を図るためにアンロックとしていました。 しかし、今回に関しては急騰はなかったので、GMOコイン社が保有する「FCRコイン」についても引き続き保有して頂いており、現時点で売却はされておりません。 --一日の取引上限設定の具体的数量は、事前に認識していましたか?また当日取引上限を変更したことの意思決定に御社は関与していましたか? 取引条件に関しては取引所であるGMOコインさんにお任せしており、意思決定にも関与していませんでした。 --「FCRコイン」の活用について、今後の具体的な方針を説明してもらえますでしょうか? 「FCRコイン」を使って、ファンサポーターと選手やクラブが繋がることができるFCR SOCIOをアップデートしていきます。 投げ銭機能や投票機能が既にあり、今後、トークンパートナー機能やグッズやNFTの購入機能などが追加されていく予定です。数年後からは沖縄の提携加盟店で地域通貨のように使えるようにすることも考えています。

【暗号資産初心者向け】GMOコインでビットコイン投資を始める方法:板取引編

GMO Coin


GMOコインは3種類の取引サービス、「販売所」、「取引所(現物取引、レバレッジ取引)」、「暗号資産FX」を提供しています。それぞれ取扱銘柄や取引方法が異なるため、事前にしっかりとおさえておきましょう。

2-1. 暗号資産を取得できる販売所

GMOCoin4


販売所では9種類の銘柄(ビットコイン、イーサリアム、XRP、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、ネム、ステラルーメン、BAT、OMG)で現物取引を利用できます。販売所というのは、投資家がGMOコインを相手に暗号資産を購入(売却)する取引方法です。販売所の注文画面は「買値」と「売値」だけがシンプルに表示された「2Wayプライス」となっているため、初心者向きの取引方法と言えます。

2-2.GMOコイン 高機能な暗号資産FX(レバレッジ取引)

GMOCoin7


暗号資産FXでは、販売所形式で8種類の暗号資産のレバレッジ取引が可能です。暗号資産FXは、指値・成行に加えて3種類(IFD、OCO、IFD-OCO)の複合注文、そして「両建て」に対応しています。これらの機能は、投資資金より多くの金額を賭ける暗号資産FXにおいて、価格変動時のリスク管理に役立ちます。

2-3. アルトコインの板取引もできる取引所

②GMOコインの取引所は成行注文と指値注文が可能

③GMOコインの取引所でビットコインを指値注文で購入しよう

3-1. 取引所を使用するメリット

GMOCoin Trading

GMOコイン
それでは、販売所よりも板取引ができる取引所を使用するメリットについてご説明します。GMOコインのサイドメニューから「取引所」→「現物取引」をクリックすると、上図の画面が表示されます。

GMOCoin otc

中央の「気配値一覧」に注目してください。これらの注文は全てGMOコインのユーザーの指値注文です。売り気配を見ると「1,151,750円に4.02 BTCの売り指値」があります。

3-2. 取引所の成行注文(購入)

3-3. 取引所の指値注文

GMOCoin Order

指値注文の出し方は、「注文レート」と「取引数量」を入力して、「買い(売り)注文」を選択するだけです。この時「注文一覧」の金額をクリックしてレートを自動的に入れることも可能です。自分が出した指値注文は画面下部の「有効注文一覧」に表示され、ここで注文のキャンセルが可能です。

指値注文の使い方

GMOCoin Limit

指値注文の利用シーンについて、簡単にお伝えしたいと思います。

執筆時点にビットコインは115万円前後で取引されていますが、上図は節目である100万円前後にビットコインが一度戻ってくると予想して、買いの指値注文をいれる場面を想定しています。この時、斜めに引いた黄色のトレンドラインを下回る場面に備えて、損切りのために90万円前後で売りの指値注文を入れることも想定できます。

すべてのニュース
ALL NEWS 2022 Apr

FC琉球(運営:琉球フットボールクラブ株式会社)では、4月27日に国内プロスポーツクラブで初めてとなるIEO(Initial Exchange Offering)をGMOコイン取引所を通じて実施し、FC Ryukyu Coin(以下、「FCRコイン」といいます)の抽選販売を4月27日(水)16時より行います。総供給量10億FCRコインの45%にあたる4.5億FCRコインをIEOプロセスの中で分配し、調達した資金は現在J2リーグで戦うチームの強化育成費やスタジアム施設関連費、FCRコインの活用ができるプラットフォーム「FC RYUKYU SOCIO」のエコシステム構築に使用されます。

FC Ryukyu Coin
本IEO(Initial Exchange Offering)について

40%:FC RYUKYU SOCIOシステム開発・運用・マーケティング費

「FC RYUKYU SOCIO」について

「FC RYUKYU SOCIO」はスポンサーを含むサポーター、選手、クラブの3者間の繋がりを再構築し、価値共有をよりなめらかにするプラットフォームです。

■IEO記念のNFT発行について

■IEO記念となるジンベーニョNFTのイメージ

・FC RYUKYU SOCIO内の限定コンテンツへアクセス

FC RYUKYU SOCIO NFT Airdrop

上記 NFT Airdrop特設ページからどなたでもNFTの抽選申し込みが可能です。5月18日のトークン割当後、特設ページで登録したウォレットアドレスへNFTがエアドロップ形式で無償配布されます。

暗号資産取引のGMOコイン:【取引所(現物取引)】オーエムジー(OMG)、テゾス(XTZ)、エンジンコイン(ENJ)、ポルカドット(DOT)、コスモス(ATOM)の取扱開始予定日に関するお知らせ

【価格・相場・チャート】
・ビットコイン(BTC) リンク GMOコイン
・イーサリアム(ETH) リンク
・ビットコインキャッシュ(BCH) GMOコイン リンク
・ライトコイン(LTC) リンク
・リップル(XRP) リンク
・ネム(XEM) リンク
・ステラルーメン(XLM) リンク
・ベーシックアテンショントークン(BAT) リンク
・オーエムジー(OMG) リンク
・テゾス(XTZ) リンク
・クアンタム(QTUM) リンク GMOコイン
・エンジンコイン(ENJ) リンク
・ポルカドット(DOT) GMOコイン リンク
・コスモス(ATOM) リンク
・シンボル(XYM) リンク
・モナコイン(MONA) リンク
・カルダノ(ADA) リンク
・メイカー(MKR) リンク
・ダイ(DAI) リンク
・チェーンリンク(LINK) リンク
・FCRコイン(FCR) リンク

【GMOコイン株式会社】(URL:リンク )
会社名 GMOコイン株式会社
所在地 東京都渋谷区道玄坂1-2-3 渋谷フクラス(SHIBUYA FUKURAS)
代表者 代表取締役社長 石村 富隆
事業内容 暗号資産の交換・取引サービス、暗号資産関連店頭デリバティブ取引サービスの提供
資本金 37.58億円(準備金含む) GMOコイン
登録番号 関東財務局長 第00006号(暗号資産交換業)、関東財務局長(金商)第3188号
加入協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会、一般社団法人 日本資金決済業協会

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

お知らせ・プレスリリース

GMOインターネットグループのGMOフィナンシャルホールディングス株式会社の連結会社で、仮想通貨交換業を営むGMOコイン株式会社(代表取締役社長:石村 富隆)は、GMOフィナンシャルホールディングスで培われた金融サービス提供のノウハウを活かし、安心して仮想通貨のお取引ができる環境を提供しています。
GMOコインは、本日8月28日より、GMOあおぞらネット銀行株式会社(代表取締役会長:金子 岳人、代表取締役社長:山根 武、以下GMOあおぞらネット銀行)と銀行API(*1)を通じて連携し、振込入金サービスの提供を開始いたします。これにより、お客さまのGMOあおぞらネット銀行の口座からGMOコインの口座へ24時間365日リアルタイムに振込み内容が反映されます。(*2)
今後もGMOコイン、GMOあおぞらネット銀行の両社は連携し、お客さまの利便性向上を目指してサービスを拡充してまいります。

(*1) APIは、アプリケーション・プログラミング・インターフェースの略で、機能やデータを他のアプリケーションから呼び出すための接続口やその仕組みを指します。GMOあおぞらネット銀行が公開するAPIは、銀行と外部の事業者との間を安全にデータ連携するための仕組みです。
(*2) GMOコイン及びGMOあおぞらネット銀行のシステムメンテナンス実施時間を除く。

■振込入金サービスのご利用方法

  1. GMOコインの会員ページへログインし、入出金の「日本円」をクリック。
  2. 「振込入金」をクリック。
  3. 「GMOあおぞらネット銀行」の口座情報を確認し、振込元の金融機関から振込を実施。


(*)開発中のイメージです。

■振込入金とは (URL:https://coin.z.com/jp/corp/guide/deposit-withdrawal/)
各種金融機関のインターネットバンキング、ATM、銀行窓口から振込をすることで、GMOコインのお客さまの口座へ入金ができるサービスです。入金額の上限がなく、どの金融機関からでも振込が可能です。

【銀行API連携について】
GMOあおぞらネット銀行は、電子決済等代行業者様向けだけではなく、一般の事業会社様にも銀行APIをご利用いただけるよう、一般事業会社様向けの接続方法をご用意しています。GMOコインのようにお客さまからの入金が多い仮想通貨交換業者様や証券会社様の場合、銀行APIを通じて連携することで、お客さま毎に振込入金口座(バーチャル口座)を発行するところから、入出金管理するところまでを自動化することが可能となります。事業会社様において、こういった手間を削減することで、サービスをご利用のお客さまへ手数料やスピードといった面で還元が可能となります。

■銀行API接続イメージ

【GMOコイン株式会社について】
GMOコイン株式会社は2016年10月に、GMOインターネット(東証一部上場)グループの仮想通貨による投資の機会を提供する部門として設立され、2017年9月には、金融庁の仮想通貨交換業に登録されました。GMOインターネットグループで培われたIT関連事業および金融事業における知見と豊富な金融実績を活かし、堅牢なセキュリティと管理体制のもと、仮想通貨の取引ができる環境をご提供しています。GMOコインは、安心No.1の仮想通貨交換業者を目指すとともに、仮想通貨交換業界の発展に貢献してまいります。

【GMOあおぞらネット銀行株式会社について】
「すべてはお客さまのために。No.1テクノロジーバンクを目指して」をコーポレートビジョンに掲げ、新しいネット銀行として2018年7月に誕生しました。お客さま目線に徹底的にこだわり、最新テクノロジーを駆使した、“気づけば誰もが使っている”、お客さまに寄り添う銀行を目指し、新たな金融·決済ソリューションをお届けしています。また、銀行APIの無償提供により、連携先企業さまを通じて、安心、便利なサービスの提供にも貢献しています。

【GMOあおぞらネット銀行のAPI公開について】
GMOあおぞらネット銀行は、より多くの企業さまの利便性向上に寄与するため、以下の4つのコンセプトを前提に銀行APIの開発、順次公開を行っています。

1)接続企業のエンジニアが開発しやすい環境整備(開発者ポータル、仕様書公開、サンドボックス、SDK(*3)提供等)
2)接続企業の決裁者が判断しやすい環境整備(接続料無料、明快な接続申請等)
3)接続企業のお客さまが安心して利用できる環境整備(接続企業事前チェック体制、セキュリティ仕様等)
4)振込入金口座(バーチャル口座)機能や総合振込明細など、接続企業がほしかった銀行機能もAPI化し公開

参考URL

  • GMOコイン https://coin.z.com/jp/
  • GMOあおぞらネット銀行 APIに関する詳細 https://gmo-aozora.com/api-cooperation/
  • API開発者ポータル https://api.gmo-aozora.com/ganb/developer/api-docs/
  • GMOコイン
  • 銀行API SDK公開サイト https://github.com/gmoaozora/

【GMOコイン株式会社】
本店:東京都渋谷区桜丘町20番1号 渋谷インフォスタワー
代表者:代表取締役社長 石村 富隆
資本金:17.GMOコイン 58億円(準備金含む)
設立年月日:2016年10月11日
登録番号 関東財務局長 第00006号(仮想通貨交換業)
URL:https://coin.z.com/jp/

報道関係者さまからのお問合せ
GMOコイン広報事務局(株式会社パレード内) 担当:藤澤、築澤
TEL:03-6416-5633 E-mail:[email protected]

【GMOあおぞらネット銀行株式会社 会社概要】
本店:東京都渋谷区桜丘町26番1号
代表者:代表取締役会長 金子 岳人、代表取締役社長 GMOコイン 山根 武
資本金:131億158万円(2019年3月現在)
設立年月日:1994年2月28日
URL:https://gmo-aozora.com/

報道関係者さまからのお問合せ
GMOあおぞらネット銀行株式会社 経営企画グループ 細田
TEL: 03-4531-2323 E-mail:[email protected]

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる