FXのやり方始め方

証券取引所とは

証券取引所とは

▲地方証券取引所における上場基準比較(形式要件の一部を抜粋)

証券取引所ってなに?

証券取引所ってなに?

当社でのお取引にあたっては、各商品毎に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。
金融商品のお取引においては、株価の変動、為替その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。
また、商品等の種類により、その損失の額が保証金等の額を上回るおそれがあります。
上記の手数料等およびリスク・ご注意事項についての詳細はこちらをよくお読みください。
お取引に際しては、契約締結前交付書面および目論見書等の内容をよくお読みください。
当社は日本国内にお住まいのお客様を対象にサービスを提供しています。

FX取引(店頭外国為替証拠金取引)は、一定の証拠金を当社に担保として差し入れ、外国通貨の売買を行う取引です。
多額の利益が得られることもある反面、多額の損失を被る危険を伴う取引です。預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として損失が生じ、その損失の額が預託した証拠金の額を上回るおそれがあります。
取引手数料は0円です。ただし、当社が提示する通貨の価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。
注文の際には、各通貨ペアとも取引金額に対して4%以上(レバレッジ25倍)の証拠金が必要になります。当社でお取引を行うに際しては、 「店頭外国為替証拠金取引の取引説明書」等をよくお読みいただき、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引ください。

CFD取引は預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、原資産である株式・ETF・ETN・株価指数・その他の指数・商品現物・商品先物、為替、各国の情勢・金融政策、経済指標等の変動により、差し入れた証拠金以上の損失が生じるおそれがあります。
取引金額に対して、商品CFDは5%以上、指数CFDは10%以上、株式CFD・バラエティCFDは20%以上の証拠金が必要となります。
取引手数料は無料です。手数料以外に金利調整額・配当調整額・価格調整額が発生する場合があります。
当社が提示する価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。相場急変時等にスプレッドが拡大し、意図した取引ができない可能性があります。
原資産が先物のCFDには取引期限があります。その他の銘柄でも取引期限を設定する場合があります。
当社の企業情報は、当社HP及び日本商品先物取引協会のHPで開示されています。

LINE証券株式会社/金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3144号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会

地方証券取引所への上場~メリット・デメリットと市場選択の基準~

地方証券取引所上場では外部要因に左右されずに自社のタイミングで上場できるというメリットがある一方で出来高が少ないとの声も・・・実績から見るとデメリットは本当か?東証市場再編後の時価総額を考慮した市場選択基準も解説。

地方証券取引所における上場基準比較(形式要件の一部を抜粋)


▲地方証券取引所における上場基準比較(形式要件の一部を抜粋)

セントレックス上場企業の本店所在地割合


▲セントレックス上場企業の本店所在地割合

3.地方証券取引所上場のデメリット:出来高が少ない

コラムを執筆するに際し、「地方証券取引所 デメリット」とネット検索したところ、「出来高が少ない」というネガティブ情報が散見されました。「少ない」とは、「(東証と比べて)少ない」という意味合いで利用されていると思います。
まず、「東証全体と比べて名証全体の出来高は少ない」というのは少々乱暴な情報だと思います。そもそも上場銘柄数自体大きく違いますし、東証内でも市場第一部の銘柄と二部やJASDAQに上場している銘柄とでは、出来高に大きな差があります。
名証市場でも古くから上場している銘柄の一部はご指摘のとおり出来高の少ない銘柄もありますが、IPOが集中するセントレックス市場は全く様相が異なります。

セントレックス市場のみに上場している全13銘柄(執筆日2021年9月3日現在)の※約定成約率をご紹介します。
※約定成約率とは・・・「営業日の内、売買が成立した日の割合(%)」とします。
2019年1月4日~執筆日までの2年9カ月で13銘柄中5銘柄の約定成約率は100%、つまり、1日も欠かさず売買が成立しています。また、他の銘柄についても2営業日、4営業日以外は売買が成立しているといった具合に続きます。ちなみに、執筆日当日においては、13銘柄すべてについて売買が成立しています。
名証の新規上場銘柄において、売買の面でご心配をおかけしないことはお分かりいただけたかと思います。

東証・名証における投資家属性、個人取引高及び比率の違い


▲東証・名証における投資家属性、個人取引高及び比率の違い

4.地方証券取引所上場のメリット:①実績に裏付けされたステップアップ市場

5.地方証券取引所上場のメリット:②“年間上場社数”証券取引所とは という外部環境に左右されない

上場実現企業数の推移


▲上場実現企業数の推移

次に、グラフ右側半分をご覧ください。 証券取引所とは
2009年の底打ち後、じわじわとIPO社数が回復したものの、2015年以降は90社付近で推移しています。
この要因は、「景況感」によるものではないと考えます。2010年の大阪証券取引所とジャスダック証券取引所の統合、さらには2013年の東京証券取引所と大阪証券取引所の統合を経て、複数の証券取引所が東証に集約されたことに起因すると考えます。

IPO準備企業における監査法人との契約件数


▲IPO準備企業における監査法人との契約件数

【表3】は準金商法監査契約件数を表にしたものです。
平たく言えば、「いつかは上場したい」と漠然と考えている企業ではなく、「監査法人と契約し、監査報酬を支払いながら、今まさに上場準備をしている企業」の数を表しています。
この表を見ると、2020年1月末現在で実に1,053社が「本気で」上場準備をしていることが分かります。1,053社すべてが直前期あるいは申請期に入っているわけではないと推測しますが、年間上場社数約90社と上場希望企業(しかも本気で上場を希望している企業)の乖離状況を踏まえると、上場は非常に狭き門になっていると考えます。実際に、「景況感」と「年間上場社数」という外部環境に左右され、上場するタイミングを逸した企業も少なくありません。

6.東証市場再編を踏まえた市場選択は“時価総額基準”で考える

▲市場別時価総額基準のイメージ


▲市場別時価総額基準のイメージ

【保存版】日本の株式市場の取引時間はいつ?取引所の種類も解説

日本の株式市場

市場再編

東京証券取引所の資料を元に作成

プライム市場は日本で最も審査基準が厳しく社会評価が高い株式市場であり、国内外を代表する大企業が集結しています。

  • ソフトバンクグループ(9984)
  • 証券取引所とは
  • 三菱商事(8058)
  • ソニーグループ(6758)
  • 松竹(9601)
  • リクルートホールディングス(6098)

②スタンダード

スタンダード市場はプライム市場と比べて取引の出来高などは小さいながらも、高い実績を誇る有名企業や中小企業が上場しています。

  • ブルボン(2208)
  • 日本KFCホールディングス(9873)
  • スターフライヤー(9206)
  • ヨネックス(7906)
  • フマキラー(4998)

プライム/スタンダード市場比較

日本取引所グループより抜粋

グロース市場は日本の株式市場の中でも、成長可能性を秘めたベンチャー企業が多く上場する市場です。

  • メルカリ(4385)
  • ウェルスナビ(7342)
  • BASE(4477)

スタンダード/グロース市場比較

日本取引所グループより抜粋

さらに事業の継続性や安定性重視の「スタンダード市場」と、成長性重視の「グロース市場」という二部構成である点も注目です。

JPX(日本取引所グループ)とは

証券取引所とは

商品先物取引 【大阪取引所・東京商品取引所】 商品先物取引とは、価格変動に対するリスクヘッジや資産運用を目的として、金やガソリン、とうもろこしなど商品取引所に上場された商品を、一定の期間内に決済または現物受渡しすることを前提として売買する取引のことです。
当社では大阪取引所・東京商品取引所で上場される様々な銘柄をお取引いただけます。

株価指数先物取引 【大阪取引所】 株価指数先物取引とは、日経平均株価(日経225)や東証株価指数(TOPIX)などの株価指数を取引対象とした先物取引のことです。証拠金取引であるため、資金効率に優れ、「買い」だけでなく「売り」から取引を始めることができるなどの特徴があります。
当社では日経平均株価を対象とした、日経225先物と日経225miniをお取引いただけます。

豊トラスティ証券で取引する特徴


専属の担当者によるきめ細やかなサービス

  • お客様一人一人に専属の担当者が付き、お取引のご相談や各種お手続きのご案内など、きめ細やかなサポートをご提供いたします。
  • 毎回同じ担当者とご相談いただけるため、お客様の口座状況や相場観を継続的に共有することができます。
  • 注目度の高い経済指標や今後の相場の材料など、時間がない方に代わって担当者が収集・提供を行います。

【POINT】日中は担当者を通じて電話一本でお取引いただける、コール取引

    証券取引所とは
  • 経験豊富なオペレーターが、ナイトセッションの間(16:00~翌6:00)、万全の体制で対応を行っております。
  • ナイトセッションでは携帯電話、PCからのご注文発注の操作方法、基本的なルールや取引画面の見方、お口座の確認などお電話を繋いだままサポートいたします。

専用のアプリケーションやアナリストのレポートなど多彩な情報ツールでお客様をバックアップ

  • 専用のアプリケーション「Yutaka Navi」一つで指数先物の値段だけでなく、為替やコモディティのお値段、チャートやニュースなどの情報を全て網羅することができます。
  • お客様限定の「Yutakaレポート」は弊社専属のアナリストが週刊にて発行。商品先物取引から各種経済動向に至るまで、詳細に分析されたものとなっており、弊社のみでお読みいただける特別なレポートとなっております。

口座開設について

ご来店予約の方法 ご来店いただく前に、お電話またはフォームよりご来店予約のご連絡をお願いしております。

口座開設の流れ 口座開設については、必要書面をご記入後、当社での審査を行った後、お取引口座を開設することができます。

支店ネットワーク 豊トラスティ証券では、全国12本支店のネットワークを活かし、地域に密着した対面営業サービスで、お客様ニーズに合った資産運用のご案内を提供しています。

お問い合わせ、相談窓口

お問い合わせ・資料請求 商品先物取引・株価指数先物取引に関するお問い合わせについては、全国の支店またはお問い合わせフォームにて承っています。

相談窓口 商品先物取引・株価指数先物取引について、お分かりにならないこと、お困りの点などがございましたら、お気軽にご相談ください。

こんなにあった!日本国内の証券取引所一覧とその歴史

こんなにあった!日本国内の証券取引所一覧とその歴史

その後、1883年(明治16年)7月には神戸株式取引所が、1886年(明治19年)には名古屋株式取引所が設立。さらに、1893年(明治26年)の「取引所法」制定以降は、国内に 各種取引所が急増 します。1897年(明治30年)には137ヵ所もの取引所がありました。しかし、現物のやり取りがない差金決済だけの投機的な取引が横行。そのため、政府は新規の取引所を認めず、投機性の高い取引所に「任意解散」を迫り、1903年(明治36年)には59ヵ所まで取引所を減らします。

日本経済は、日清戦争、日露戦争、第一次世界大戦での戦勝を受けて、19世紀末~1910年代(明治時代後半~大正時代前半)にかけて急成長。株式相場も最盛期を迎えました。しかし、1929年(昭和4年)10月24日のニューヨーク株式市場の大暴落から始まった 世界大恐慌 の波に飲み込まれ、日本経済は 長期的な不況 に陥ります。さらに、1931年(昭和6年)の 満州事変 を機に、日本の証券市場は戦時統制色が濃くなってきました。

1943年(昭和18年)6月、日本国内にあった11の株式取引所(東京・大阪・横浜・名古屋・京都・神戸・博多・広島・長崎・新潟・長岡)が、半官半民の「特殊法人日本証券取引所」に統合されます。しかし、第二次世界大戦の戦局悪化につれて、日本証券取引所も停滞。1945年(昭和20年)8月には原爆投下やソ連対日参戦などにより市場は混乱し、ついに同年8月10日、全市場の立会が停止されました。以降、 取引所市場は1949年(昭和24年)5月まで閉鎖 されます。

日本の証券取引所の歴史2 第二次世界大戦後~システム取引化

日本の証券取引所の歴史 (2) ― 第二次世界大戦後~システム取引化

戦後、GHQ(連合軍総司令部)は、当面のあいだ取引所の再開を禁止しました。しかし、証券業者が集まって 相対取引 などを行なう集団売買が自然発生的に登場し、1945年(昭和20年)末頃から活発化します。取引所制度の改革・民主化についての検討が進み、1947年(昭和22年)4月に、まず戦争中に作られた日本証券取引所は解散されました。

翌1948年(昭和23年)4月、新しい証券取引法が制定されます。翌1949年(昭和24年)4月に会員組織による証券会員制法人「東京証券取引所」「大阪証券取引所」「名古屋証券取引所」が設立。同年5月から東京・大阪・名古屋の3証券取引所で売買立会が再開されました。 3年9ヵ月ぶりの立会再開 です。

そして、1961年(昭和36年)10月、東京・大阪・名古屋の3証券取引所に 市場第二部が創設 。中小企業から成長を遂げた中堅企業向けの市場として位置付けされます。その後、1965年(昭和40年)の証券不況前後には取引が低迷してしまいました。これを受けて神戸証券取引所は、1967年(昭和42年)10月に自主解散。解散時の上場企業は大証に引き継がれていきます。

その後、大阪証券取引所では、1987年(昭和62年)に株式先物市場を開設。以降、翌1988年(昭和63年)には日経平均株価(日経225)先物市場を、翌1989年(平成元年)には日経平均株価(日経225)オプション市場を開設しました。1990年代に、日経株価指数300(日経300)先物・オプション市場、株券オプション市場を次々に開設し、 「先物・オプション市場の大証」 の地位を固めます。

さらに、1980年代~1990年代の証券取引所における大きな変化は、 売買取引のシステム化 です。1982年(昭和57年)に東京証券取引所において東証二部のうち、33銘柄について株式売買システムを導入。1985年(昭和60年)、東証では立会場銘柄を除く全銘柄の売買をシステム化。その後も対象銘柄を増やし、1999年(平成11年)4月には全取引をシステム化して、立会場を閉鎖します。

売買のシステム化により、取引担当者の手振りによる賑やかな立会場が証券取引所から姿を消し、 電光掲示板 が静かに株価を表示するようになりました。

日本の証券取引所の歴史3 新興企業向け市場の誕生

日本の証券取引所の歴史3新興企業向け市場の誕生

新興企業向け市場の始まりとJASDAQ(ジャスダック)

新興企業向け市場の歴史は古く、1963年(昭和38年)に日本証券業協会が創設した「店頭登録制度」にさかのぼります。その後、 ベンチャー企業 向けの市場として、1983年(昭和58年)には、店頭登録市場の「ジャスダック」(東証JASDAQの前身。JASDAQ: Japan Securities Dealers Association automated Quotation)へと発展。

なお、大証JASDAQ(のちの東証JASDAQ)が、「スタンダード市場」と「グロース市場」の 2部構成 になっているのは、ヘラクレス時代の形式を踏襲したためです。そして、2013年(平成25年)7月には 東証と大証の経営統合 により、大証JASDAQは東証へ引き継がれ「東証JASDAQ」が誕生します。

東証マザーズ

1999年(平成11年)、当時の大証ナスダック・ジャパン(のちの「ヘラクレス」)に対抗して、東証は新興企業向け市場「マザーズ」を開設しました。マザーズ(Mothers)の名前は、「Market Of The High-growth and EmeRging Stocks」の略です。上場を希望する企業には 「高い成長性」 を秘めたビジネスモデルや事業内容を求め、マザーズを東証二部、東証一部へのステップアップのための新興企業向け市場として位置付けています。1999年(平成11年)末には上場企業数は2社でしたが、2017年(平成29年)末には上場企業数247社と 着実に成長 を遂げました。

上場企業の多くが東京都に本社を持つ企業です。また、2003年(平成15年)9月に株価指数として 「東証マザーズ指数」 が算出。2016年(平成28年)7月には「東証マザーズ指数先物」が大阪取引所に上場されています。

名証セントレックス

名証セントレックスは、1999年(平成11年)10月に創設されました。セントレックスへの初上場は2004年(平成16年)になってから。2004年(平成16年)末には上場企業数5社、2018年(平成30年)6月時点で上場企業数12社となりました。今後の 成長が期待される企業向け に、資金調達や知名度の向上につながる場所を提供することを目的にした市場で、ゆくゆくは本則市場(市場第一部・第二部)への上場を目指す企業を支援する市場と言えます。

中部地区の企業に限定せず、業種や業態を問わず、 全国の企業を対象 にしている点が特徴。上場企業の大半が東京都の企業という構成になっています。

福証Q-Board

福証Q-Boardは、2000年(平成12年)5月創設。 九州周辺を拠点 にしている企業または九州周辺において事業実績や計画を有する企業を対象にした市場です。Q-Boardへの初上場は2003年(平成15年)。2003年(平成15年)末の上場企業数4社、2017年(平成29年)12月時点では上場企業数は14社に成長しています。うち5社は東証マザーズと重複上場。上場企業のほとんどが九州内または山口県の企業です。

札証アンビシャス

上場企業の 大半が北海道の企業 ですが、アンビシャス市場の売買高のうち95%以上を一社(RIZAPグループ株式会社。本社所在地:東京都)が占めています。

【過去の新興市場】ナスダック・ジャパン(→大証ヘラクレス→大証JASDAQ→東証JASDAQ)

日本の証券取引所の歴史4 証券取引所統合の時代

日本の証券取引所の歴史4証券取引所統合の時代

売買取引のシステム化・立会場の廃止は、東京証券取引所への取引の 一極集中化 を招くことになりました。東証と他の証券取引所に重複して上場している銘柄のほとんどの取引が、 東証中心 となったからです。そのため、2000年(平成12年)3月には、売買高が激減した広島証券取引所と新潟証券取引所が東証に吸収合併。2001年(平成13年)3月には京都証券取引所が大証に吸収合併されます。

さらに、 東証への取引の集中化 は進み、大証ですら取引が成立しないことがありました。また、経費削減や事務の効率化のために、大証への上場を廃止する企業が出てきます。そして、2013年(平成25年)1月には東証と大証の統合を目指して 「株式会社日本取引所グループ」 が発足。同年7月、大証の現物市場が東証に統合されます。翌2014年(平成26年)3月には東証のデリバティブ市場が名称変更した「大阪取引所(大取)」に統合され、「現物の東証、デリバティブの大取」体制が開始されました。

東証・大取を傘下に持ち、国内の株式売買高における圧倒的なシェアを誇る 日本取引所グループと、3証券取引所(名証、福証、札証)が併存 しているのが近年の状況です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる