仮想 通貨

中長期成長戦略

中長期成長戦略

中長期成長戦略

日清食品グループのCSV経営 日清食品グループのCSV経営

海外事業の成長ドライバー:Global Brandingの深化 グローバルブランドと呼べるステージに到達した「CUP NOODLES」のコアバリューとエリア別の競争優位性をさらに明確化・確立し、さらなる成長のドライブコアとします。 海外事業 利益成長水準 : 1桁台後半~2桁
高付加価値市場におけるトップカンパニーへ ブランド戦略を各市場/事業のステージに応じたオペレーション戦略へと展開し、M&Aも活用しながらさらなる高成長を目指します。

国内非即席めん事業 利益成長水準 : 1桁台後半
即席めん事業に次ぐ第2の収益の柱へ 需要・供給両面からグループシナジーを徹底追求することにより、付加価値フォーカスでの各事業の成長/収益性向上をレバレッジしていきます。

  • ** 湖池屋の連結子会社化に伴い、菓子事業としてのシナジーをより強く意識・徹底していく趣旨から、21年度通期連結業績予想分より菓子事業セグメントを独立。これに伴って飲料事業は低温事業セグメントへと編入し、低温・飲料セグメントとして今後管理/業績説明を実施

  • * 20年度以降の営業利益については、IFRS営業利益から非経常損益としての「その他収支」を控除した金額を記載

成長戦略2 EARTH FOOD CHALLENGE 2030

成長戦略2 EARTH FOOD CHALLENGE 2030

成長戦略3 新規事業の推進

新規事業を推進する背景とビジョン

新規事業を推進する背景とビジョン 新規事業を推進する背景とビジョン

完全食事業の展開に向けて

完全食事業の展開に向けて 完全食事業の展開に向けて

新規事業と既存事業のシナジーによる価値の拡大

新規事業と既存事業のシナジーによる価値の拡大 新規事業と既存事業のシナジーによる価値の拡大

戦略を支える人材/組織基盤の変革

戦略を支える人材/組織基盤の変革 戦略を支える人材/組織基盤の変革

持続的な利益成長の考え方

持続的な利益成長の考え方 持続的な利益成長の考え方

持続的な利益成長に加え、効率的な資本活用、安全性ある負債活用、そして安定的な株主還元の4つをCSV経営上の中長期的な経済価値 (財務) 目標としてコミットし、社会価値・環境価値 (非財務) 目標との同時実現を追求します。

定量目標 定量目標

Copyright ©2022 NISSIN FOODS HOLDINGS CO.,LTD. All Rights Reserved.中長期成長戦略

中長期戦略

SHIFTは、ソフトウェアの品質保証事業を中心に、多岐にわたる事業を展開し、 IT業界に関するさまざまな知見を蓄積してまいりました。たとえば、業界・業種別のソフトウェア開発に関する知見、エンジニアに関するスキルと単価情報、 開発案件に関する発注額や与信情報など。これら蓄積した情報をもとに、エンジニアと開発案件のマッチングプラットフォーム事業の構築を予定しています。なお、プラットフォーム事業を展開するにあたり、情報セキュリティ方針や個人情報の取り扱いは以下に記載しております。

事業等のリスク

(ご参照)
⑧新型コロナウイルス感染症対策の徹底
世界的に感染拡大が続いている新型コロナウイルス感染症については、従業員及びその家族、お客様、パートナー様の安全と健康確保を最優先に、柔軟かつ迅速な施策を実施する必要があると考えております。
これまでに実施してきた具体的な施策としては、手洗い・うがいの徹底、マスク着用の義務化やアルコール消毒の推進、全従業員へ毎日の検温測定と報告体制の構築による体調不良の従業員の即時把握、全社的な在宅勤務の推奨とそれに伴うウェブ会議の活用、執務室エリア内の衝立の設置、案件従事者が在宅勤務を実現できるような3段階のセキュリティ体制の構築とお客様への提案活動、また在宅勤務を行う従業員等に対する手当の支給などが含まれます。
引き続き、お客様や社員等の安全確保を最優先に、関係各所と連携し適切に対応してまいります。

⑨ アフターコロナへの対応
新型コロナウイルスを契機に、ライフスタイルや価値観、そしてIT業界に変化がもたらされることが予想されます。それらの変化に対応し、「アフターコロナ」の社会においても成長を加速させるため、当社グループはこれまでの事業ポジショニングやブランディング、従業員の働き方を見つめなおし、必要に応じて変化させていきます。
従業員の働き方としては、基本的に在宅勤務を推進する一方、コミュニケーションを目的として週一回程度の出社を奨励しています。在宅勤務を前提としたエンジニアの採用を進めつつ、従業員総会、社内広報のオンライン化などにより、柔軟な働き方の提供と帰属意識の醸成の両立を実現しています。

中期経営計画

SCSKグループ 中期経営計画(FY2020~2022) 中長期成長戦略
~ 2030年 共創ITカンパニーを目指して ~

1. 経営計画の全体像

経営計画の全体像

2. 経営理念の実践:マテリアリティ

社会課題解決を通じた持続的な事業成長

  • 豊かな未来社会の創造
  • 安心・安全な社会の提供
  • いきいきと活躍できる社会の実現

持続的な成長を支える基盤

  • 地球環境への貢献
  • 多様なプロフェッショナルの活躍
  • 健全なバリューチェーンの確立
  • 透明性の高いガバナンスの実践
  • ※ 詳細は、「SCSKグループ、経営理念の実践となる7つのマテリアリティを策定」をご参照ください。

3. グランドデザイン2030

経営理念とマテリアリティを、当社グループの存在意義としたうえで、社会と共に持続的発展を目指し、「2030年 共創ITカンパニー」を実現します。コア事業であるITサービスによる顧客企業や社会への価値提供を拡大するとともに、自らも主体的に社会への価値創出に取り組み、顧客や社会と共に成長していきます。また、2030年 売上高1兆円に挑戦します。

グランドデザイン2030

4. グループ中期経営計画(FY2020~2022)

グループ中期経営計画(FY2020~2022)

基本戦略1:事業革新 - コア事業において、業務プロセスと顧客接点の革新で競争優位を確立

自社開発のものづくり革新プラットフォーム「S-Cred 中長期成長戦略 + 」 ※1 を核に、高水準の品質・生産性・柔軟性を備える多様なITサービスを提供(ものづくり革新)

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる