ビットコインの始め方

トレンド市場とは

トレンド市場とは
ECサイト制作をお考えの担当者様へ
Shopifyなら手軽に早く商品を売り出せます。
ECサイトを制作したいけど、何から始めればいいかわからないし、どのパッケージを採用したらいいのだろう・・・と迷っていませんか?
Shopifyは、世界No.1の支持を得ているECサイト制作サービスです。
公式認定パートナーのニュートラルワークスでは、トップコンサルタントが制作・構築から集客までをトータルサポートいたします。




Shopify制作・構築
サービスを見る

【最新版】ファッション・アパレルECサイトの市場規模・トレンド・事例

【最新版】ファッション・アパレルECサイトの市場規模・トレンド・事例

Shopify制作・構築

ECサイト制作をお考えの担当者様へ
Shopifyなら手軽に早く商品を売り出せます。
ECサイトを制作したいけど、何から始めればいいかわからないし、どのパッケージを採用したらいいのだろう・・・と迷っていませんか?
Shopifyは、世界No.1の支持を得ているECサイト制作サービスです。
公式認定パートナーのニュートラルワークスでは、トップコンサルタントが制作・構築から集客までをトータルサポートいたします。




Shopify制作・構築 トレンド市場とは
サービスを見る

ファッション・アパレルECサイトの市場規模・市場動向

ファッション・アパレルECサイトの市場規模・市場動向

ファッション・アパレル全体の市場について

ファッション・アパレル全体の市場

ファッション・アパレル業界のEC市場について

業界別のEC市場規模及びEC化率

ファッション・アパレルECサイトの種類と特徴

ファッション・アパレルECサイトの種類と特徴

ECサイトと一言で伝えると、多くの方が一般消費者に向けた販売であるBtoC(Business to トレンド市場とは Consumer)を想像するかと思います。
しかしながら、実は細かく分けるとBtoCを含めて、以下の3つの形態があります。

  • BtoC(Business to Consumer)
  • BtoB(Business to Business)
  • CtoC(Consumer to トレンド市場とは Consumer)

BtoC(Business to Consumer)

BtoCとは、企業から消費者へ向けたビジネスを指します。
日本のBtoCのEC市場規模は、19兆3,609億円(前年比 7.65%増)で、EC化率は6.79%と、EC市場に合わせて過去10年間右肩上がりの成長を続けています。

  • メーカー・ブランドの直販ECサイト
  • 大手ECモール内に出店しているECサイト
  • 個人で経営しているECサイト

このパターンのECサイトの場合、既に実店舗が存在することから、実店舗とECサイトを連動させたオムニチャネル戦略や、OMO(Online Merges with Offline)戦略がポイントとなります。
特に、在庫情報や商品の取置きなど、購買の機会損失を防ぐ導線の確保が必要です。

大手ECモール内に出店しているECサイトの例としては、楽天 BASEMENT onlineや、ZOZOTOWN 夢展望が挙げれます。
大手ECモールとは、Amazonや楽天、ZOZOタウンなどを指し、店舗は各ECモールに出店料を支払うことで、モール内にECサイトを構えることができます。

BtoB(Business to Business)トレンド市場とは

BtoBとは、企業から企業へ向けたビジネスを指します。
日本のBtoBのEC市場規模は、352兆9,620億円(前年比 2.5%増)で、特に2019年では「小売」「建設・不動産業」「食品」の市場規模が前年と比べて大きく伸びました。

  • 幅広い商品ラインナップ、取扱商品数
  • 商品カテゴライズ、サジェストの最適化
  • 小ロットから大量まとめ買いまでの購入
  • 大量購入での割引
  • クレジットカードでの支払い

CtoC(トレンド市場とは Consumer to Consumer)

CtoCとは、一般消費者と一般消費者の間で行われるビジネスを指します。
日本のCtoCのEC市場規模は、1兆7,407億円(前年比 9.5%増)で、BtoCやBtoBと比べると小さいものの、伸び率は3つの取扱形態の中で最大です。

ネットオークション型
代表例には、ヤフオク!やモバオクが挙げられます。
その名の通り、商品をオークション形式で出品するため、希少価値の高い商品は価格が交渉しやすく、商品をできるだけ高額で販売したい人で、且つその商品の希少価値が高い場合におすすめです。
また、上記の傾向により、購入者側としても、希少価値の高い商品はネットオークション型のサイトで探すことが多く、幅広い目的や層に親しまれています。

フリマアプリ型
代表例には、メルカリやminnneが挙げられます。
フリマアプリは、国内で登場した時期が2012年ごろとまだ若い形態であるものの、2018年時点での市場規模は6,392億円と、約5年ほどで5,000億円以上もの市場が作られ、規模が急速に膨らんでいます。

  • 総合プラットフォーマー
  • アニメ、本、ブランド品、チケット、家電などの特定カテゴリー
  • ハンドメイドマーケット

ファッションECの売上高ランキング

ファッションECの売上高ランキング

トレンド市場とは
順位 企業名 売上高(百万円)
1位 ユニクロ 107,600
2位 ベイクルーズ 51,000
3位 アダストリア 43,600
4位 TSIホールディングス 36,337
5位 ワールド 33,713

1位 ユニクロ(ユニクロ公式オンラインストア)

1位 ユニクロ(ユニクロ公式オンラインストア)

URL:https://www.uniqlo.com/jp/ja/
ファストファッションと言えば、一番最初に名前が挙がるユニクロが、2020年度のファッションEC売上高ランキングの1位です。
2019年度のECサイトにおける売上高は1,760億円と、前年比29.3%の伸びで、2位の企業とは、約2倍もの売上高の差があるほどの圧倒的な1位となっています。

2位 ベイクルーズ(BAY CREW’S STORE)

2位 ベイクルーズ(BAY CREW’S STORE)

URL:https://baycrews.jp/
2位はベイクルーズで、2019年度のEC売上高は510億円、前年比29%の成長率です。
売上高は1位のユニクロと倍近く離れているものの、前年比の成長率はユニクロに匹敵するほど伸びています。

ベイクルーズはグループ会社で、主にファッション・アパレル業と飲食業を中心に展開している企業です。
ファッションブランドは、レディース・メンズどちらも揃えており、JORNAL STANDARDやDeuxieme Classe、Spick & Spanなど、少し単価が高めのブランドを多く取り扱っています。

ベイクルーズの特徴は、
グループ総合のECサイトであること
スタッフのスナップ写真やブログ・特集記事などECサイト上にコンテンツが盛りだくさんであること
が挙げられます。

3位 アダストリア(.st)

3位 アダストリア(.st)

アダストリアも、ベイクルーズと同様にグループ企業で、ファッション・アパレルや生活雑貨商品を取り扱っており、GLOBAL WORKやniko and…、LOWRYS FARMなど、レディース・メンズどちらも揃えたブランドが代表されます。

  • そんなコロナ禍で業績を上げたアダストリアの特徴は、以下の3つが挙げられます。
  • スタッフのスナップ写真の強化
  • InstagramでのLINE配信を通したオンライン接客

他にも、商品購入の際の重要なファクターであるレビューを集め、購入の参考にしてもらうべく、商品購入後のレビューで、アダストリア内で使える30ポイントをプレゼントするキャンペーンも活用していました。
その結果、レビューの投稿件数は前年比で150%以上に伸び、購入の後押しに繋がったようです。
アダストリアの事例は、ECサイトでありながら如何に顧客と接点を持ち、リアルな接客ができるかといった点で大変優れています。
企業の規模に関わらず行える施策ですので、ECサイトでの接客に重きを置くことを検討している場合は、ぜひ参考にしてください。

4位 TSIホールディングス(mix.Tokyo)

4位 TSIホールディングス(mix.Tokyo)

TSIホールディングスも、2位・3位と同じくグループ会社で、主にファッション・アパレル業と飲食業を中心に展開している企業です。
レディース・メンズ共に取り扱っており、代表的なブランドにはnano universeやJILLSTUART、STUSSYが挙げられ、少し単価が高めなブランドが多い傾向にあります。

  • 会員ログイン後の購入で、購入金額の3%をポイント還元
  • 購入実績に応じた会員ランクの導入で、ランクによって購入金額の最大10%のポイントバック
  • 無料ギフトラッピングサービスの開始
  • 受注会や展示会、オンライン限定のカスタムオーダーなど、ロイヤルカスタマー向けのブランド体験

5位 ワールド(ワールドオンラインストア)

5位 ワールド(ワールドオンラインストア)

ワールドは日本最大級のファッション・アパレルグループ会社で、約60ブランド、2,400店舗を展開している企業です。
レディース・メンズ共に取り扱っており、代表的なブランドにはTAKEO KIKUCHIやUNTITLE、INDIVIなどが挙げられ、幅広いテイストやターゲットを持っています。

トレンド市場とは

デート行くならどの車が良い? 6月に結婚式を行うと一生幸せな結婚生活を送れるとされている「ジューンブライド」という言葉があり、日本でも結婚式を挙げる方が多くいます。 一方で6月は梅雨の時期で雨の日が多いということもあり、「車デート」をする方も多いのでは? では……

【初めてのカラコン】61%が、カラコンしていることを「気付いてもらえた」

初めてカラコン使った時のこと、覚えていますか? 今では普通にカラーコンタクトを使用している方も、当然「初めて使った日」があります。 どのような理由でカラコンを使おうと思ったのか、初めて使用したときの気持ちや、周りの反応はどうだったのでしょうか。 今回は、韓国カ……

【バイク好き300人に聞いた】今一番気になる国産バイクシリーズランキング!

今一番気になっているバイクシリーズは? 国産バイクには、シリーズとして長年愛され続けている車種がいくつもあります。 「あのシリーズの新型が出たら買う!」という、バイクシリーズ自体のファンも少なくないのでは? ということで今回は、RIDEZ株式会社と共同で、全国……

車を所有している方の29.3%が、車にかかる費用で「自動車税・軽自動車税」が最も“精神的に負担”

車を所有している方は、車にかかる税金をどのように感じている? 5月31日は「自動車税・軽自動車税」の納付期限です。 「自動車税・軽自動車税」は、毎年4月1日時点での自動車の所有者に対してかかる税金です。 税額は自動車の用途や総排気量によって設定され、10,80……

【教員免許更新制度の廃止】「現役教員」の96.0%が「賛成」、一方で免許を「保有していない」方の57.6%は「反対」

「教員免許」の更新制度が廃止されることについて、どのように感じますか? 5月11日、参院本会議で「教員免許更新制度」の廃止を含む改正法が可決、成立しました。 現在(2022年5月時点)、教員免許には10年間の有効期限があります。 すでに教員として働いている場合……

【小学生の子供がいるパパ・ママに聞いた!】子供が喜ぶ夕食のメニューランキング!男女別で発表

小学生の子供が好きな夕食のメニューとは!? 子供が好きなメニューというと、すぐに思い浮かぶメニューがいくつかあると思います。 では実際に小学生の子供たちが好きな「夕食のメニュー」は何なのでしょうか。 また、男女での差はあるのでしょうか。 今回は青山ラジュボーク……

【5月30日はごみゼロの日】41.7%の方が、地域や職場のごみ拾いをするイベントに「参加したことがある」

5月30日は「ごみゼロの日」、「ごみ拾いイベント」に参加したことはありますか? 5月30日は「5(ゴ)、3(ミ)、0(ゼロ)」の語呂合わせで、「ごみゼロの日」です。 「ごみゼロの日」は、愛知県の「530(ごみゼロ)運動環境協議会」が制定しました。 「530(ご……

マイナポイント第1弾に「申し込みをした」方の75.2%が、第2弾も「申し込もうと思う」

「マイナポイント第2弾」に申し込もうと思いますか? 政府は、6月にまとめる「経済財政運営と改革の基本方針」に、健康保険証の原則廃止を目指すことを明記する方向で検討に入りました。 マイナンバーカードを健康保険証として利用する「マイナ保険証」が昨年の3月から始まり……

【戸籍法改正】戸籍の氏名に「読み仮名」をつけることについて、80.8%が「賛成」

戸籍の氏名に「読み仮名」をつけるための戸籍法改正について、どのように思いますか? 行政のデジタル化が「キラキラネーム」へも影響を与えそうです。 「キラキラネーム」とは、漢字の読み方が一般的・伝統的ではない、一風変わった読み方をする名前のことで、2012年には「……

【公立中学校の部活動】中学時代に部活動をしていた方の多くが、休日の指導を民間業者へ委ねることに「賛成」

中学生のときに「部活動」はしていましたか? 公立中学校の部活動に存続の危機が迫っています。 スポーツ庁は、公立中学校の運動部の活動について「少子化による廃部」や「教師の長時間勤務の一因」といった課題を示しました。 これまで通りの部活動を持続することが難しくなっ……

【体育座り】学校での「体育座り」廃止、約半数が「良いと思う」

「体育座り」が廃止に? 床にお尻をつけて両膝を立て、足を腕で抱えるようにして座る「体育座り」。 多くの方が、学校の集会や体育の授業などで何度も経験してきたのではないでしょうか。 地域によっては「体操座り」や「三角座り」と呼ぶこともあるおなじみの座り方ですが、子……

【車のニオイトラブル】車酔いしたことがある人のうち62.3%が「ニオイが原因で酔ったことがある」

車のニオイトラブル、経験ありますか? 車に乗っていると、狭い密閉された空間ということもあり、ニオイが気になる方も少なくないのでは? 特に車酔いをする方は、ニオイが原因で酔ってしまう方もいるかと思います。 ということで今回は、株式会社ハル・インダストリと共同で、……

【2022年春テレビドラマ】ドラマ化されて嬉しかった漫画ランキング!第3位は「やんごとなき一族」

この春ドラマ化されて嬉しかった漫画は!? 今回の春ドラマ(主に4月スタートのドラマ)でも、魅力的な「漫画が原作のドラマ」がたくさんあります! さまざまな話題作がある中で、この春もっとも「ドラマ化されて嬉しかった!」と思う作品はどれでしょうか? 今回は、推し漫を……

ビニール傘をなくしたり、置き忘れたりしたことがある方の6割が、その後「探さなかった」

無地・透明のビニール傘を使ったことはありますか? 梅雨入りの季節となり、傘が手放せないシーズンがやってきました。 日本洋傘振興協議会によると、日本では年間1億3,000万本以上の傘が消費され、そのうち8,000万本がビニール傘だそうです。 高級革靴メーカーのマ……

【車とSDGs】56.3%が、自動車がリサイクル出来ることを「知っている」

自動車がリサイクルできることを知っていますか? 最近は「SDGs」という言葉を目にすることも多いのではないでしょうか。 SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称で、17の大きな目標が掲げられています……

【Johnny’s Family Voiceサービス】ジャニーズファンの半数以上が「賛成」、ただし「オタクレベルで好き」という方の23.8%は「反対」

Johnny’s Family トレンド市場とは トレンド市場とは Voiceサービスについて、どのように思いますか? Johnny’s Family Voice(ジャニーズファミリーボイス)という、ジャニーズ事務所所属タレントとコミュニケーションが取れるサービスが話題に……

入れ歯を使っている方の85.6%が、入れ歯を使用していて不便だと感じたことが「ある」

災害時の身元確認や取り違え防止のため、「入れ歯」へ名前を入れる取り組みも トレンド市場とは トレンド市場とは 日本は、65歳以上の人口が全人口の21%を占める社会、いわゆる「超高齢社会」に突入しています。 「超高齢社会」で心配されていることの一つが、医療現場への負担の増加です。 大手化学メーカー……

映画館で映画を観たことがある方の36.9%が「同じ映画を映画館で2回以上観たことがある」

同じ映画を劇場で何回見たことがありますか? 3年ぶりとなる行動制限がないゴールデンウィークが終わりました。 一説によると、「ゴールデンウィーク」という言葉は、5月初旬の連休に多くの方に映画を観てもらおうと、映画会社が宣伝文句としてつくったと言われています(諸説……

【自宅のWi-Fiどう選ぶ?】重視することは「通信速度」よりも「費用」が上回る結果に!男女1671人に調査

自宅のWi-Fi、どう選んでますか? 最近では、自宅でWi-Fiを使用できる方がほとんどかと思います。 実際に今回行った事前調査でも、85.4%の方が「自宅でWi-Fiを使用できる」と回答しました。 ではそんな生活必需品になりつつある「Wi-Fi」を、どのよう……

【男女別で発表】歴代ステップワゴン人気ランキング!男女で異なる第1位は…?

好きな歴代ステップワゴンは何代目? 長年愛され続けているホンダの「ステップワゴン」シリーズ。 今年1月には、6代目となる「AIR(エアー)」「SPADA(スパーダ)」の2タイプが公開されました。 では、6代目も含めた歴代ステップワゴンの中で、もっとも人気がある……

楽天市場のビッグデータから導きだされた今夏注目の5つのファッショントレンドワードとは?

We use cookies トレンド市場とは in our website to give you the most relevant experience by remembering your preferences and repeat visits. By clicking “Accept”, you consent to the use of the cookies explicitly. Visit トレンド市場とは Cookie Settings to know more about the cookies used on our website.

If you do not wish for your personal information to be collected or トレンド市場とは sold in any way, you may opt out by checking this box and clicking Accept: Do not sell my personal information

This website uses cookies to improve your experience while you navigate through the website. Out of these cookies, the cookies that are categorized as necessary are stored on your browser as they are essential for the working of basic functionalities of the website. We also use third-party cookies that help us analyze and understand how you use this website. These cookies will be stored in your browser only with your トレンド市場とは consent. You also have the トレンド市場とは option to opt-out of these トレンド市場とは cookies. But opting out of some of these cookies may have an effect on your browsing experience.

2020年の国内アパレル総小売市場規模は前年比81.9%の7兆5,158億円

国内アパレル総小売市場規模推移

紳士服・洋品、婦人服・洋品、ベビー・子供服・洋品を合計した、2020年の国内アパレル総小売市場規模は7兆5,158億円、前年比81.9%と大幅な減少となった。
小売市場を販売チャネル別でみると、百貨店の下げ率が最も深刻であるが、量販店、専門店も苦戦を強いられており、ファッション通販サイトやECモールなどその他(通販等)だけが伸びている構図となる。
消費者の外出自粛傾向により、消費が都市部の店舗から郊外に移っており、その他を除くチャネルの苦戦は、コロナ禍による景況悪化の影響による国内市場の消費マインドの冷え込みも影響している。

2.注目トピック

販売チャネル別の2020年小売市場動向

販売チャネル別の2020年の小売市場動向は以下の通りとなる。
百貨店は、紳士服に限らず衣料品全般が厳しい状況が続いている。特に紳士服においてはオケージョン需要の減退だけでなく、ビジネス着のカジュアル化がリモートワークの増加により加速し、スーツウェアの消費が減退している。
量販店は、品揃えや低価格だけでの集客が難しい状況にあり、専門店の自社アプリ等を利用した効果的なプロモーションで、顧客が流出しているものと見られる。
専門店は、リモートワーク推進とコロナ禍以前よりあったビジネス着のカジュアル化で、主要紳士服専門店チェーンが苦戦を強いられている。ワークスーツなどを展開し客層拡大に向かっているものの競合が激しくなってきている。セレクトショップも売上高が減少傾向にあり、例えば、流行のアウトドア等を切り口としてアパレル以外の周辺アイテムを揃える動きが活発になっている。
その他(通販等)では、ファッション通販サイトやECモールなどECが成長をしている。今後、どのようにECの顧客が店舗に行く仕組みづくりを行うか、OMO(Online Merges with Offline;オンラインとオフラインの融合)の試みが始まっている。

2021年のECトレンドを勝手に予測! - 近年の市場動向との比較で見えた傾向とは? -

2021年のECトレンドを勝手に予測! - 近年の市場動向との比較で見えた傾向とは? -

2019年の国内EC市場(物販)は前年比8.トレンド市場とは 09%増の10兆515億円、EC比率は前年比0.54ポイント増の6.76%でした。商品カテゴリ別で成長率が特に高いのは「生活家電、AV機器、PC・周辺機器等」(前年比10.76%増の1兆8,239億円)と「生活雑貨、家具、インテリア」(前年比8.トレンド市場とは 36%増の1兆7,428億円)です。 なお、2019年のEC市場規模や、カテゴリ別の市場動向などは「 物販のEC市場規模は10兆円突破! EC関連調査データと2020年トレンドと予測 」で解説しています。

商品カテゴリ別 EC市場規模の年次推移

商品カテゴリ別 EC市場規模の年次推移

2020年はコロナ禍でEC市場が拡大

キーワードの検索人数「ネットショッピング」

キーワードの検索人数「ネットショッピング」

緊急事態宣言でEC消費額が拡大、世帯利用率も上昇

ネットショッピングの支出額の推移

ネットショッピングの支出額の推移(2018年~2020年)

ネットショッピング利用世帯の割合の推移

ネットショッピング利用世帯の割合の推移(2018年~2020年)

ネットショッピング利用世帯の割合の推移(世帯主の年齢階級別)

ネットショッピング利用世帯の割合の推移(世帯主の年齢階級別)

アパレルは実店舗からECにシフト

ライブコマースやチャット接客、店舗スタッフによるコーディネート投稿など、オンラインでの商品提案を強化する動きが活発化しました。株式会社ビームスや株式会社ベイクルーズなど大手アパレルメーカーがライブコマースを実施したほか、店舗スタッフがコーディネート画像をECサイトやSNSに投稿し、消費者をECサイトに誘導する取り組みも広がっています。1,200以上のブランドが利用しているコーディネート投稿システム「STAFF START」経由の流通額は、2020年は前年比2.75倍の1,104億円に拡大 [1] しています。

家電量販店やホームセンターもECが拡大

上新電機株式会社の2020年4~9月期(2021年3月期 第 2 四半期累計)のEC売上高は、前年同期比22.6%増の340億9,500万円 [3] となっています。

ホームセンター大手の株式会社ニトリの2020年3~11月期(2021年2月期 第3四半期累計)の「通販売上高」は、前年同期比59.5%増の527億円 [4] 。公式通販サイトにおうち時間特集を掲載するなど、イエナカ需要を取り込む施策が奏効したようです。

2021年のEC市場を予想!オンライン接客やギフトECに注目

トレンドに敏感なアパレル&コスメ業界でオンライン接客がさらに加速

アパレルはオンライン接客が一層活発に

2020年のアパレル業界では、オンライン接客を強化する企業が目立ちました。そのトレンドは2021年も続いています。2020年12月にファーストリテイリンググループの株式会社ユニクロと株式会社ジーユーがライブコマース「UNIQLO LIVE トレンド市場とは STATION [5] 」「GU LIVE STATION [6] 」を開始。株式会社ZOZOが運営するZOZOTOWNはチャット接客の試験運用を2021年1月に始めました。

高価格帯の化粧品がオンライン販売を本格化

株式会社ポーラは2020年6月にzoomを使ったオンラインカウンセリングを導入。 [9] 7月からは販売スタッフがWebサイトにオススメ商品を投稿し、商品画像からECサイトの商品ページへ顧客を誘導する施策 [10] も始めています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる