海外FXガイド

裁量トレードとシステムトレードと自動売買の違い

裁量トレードとシステムトレードと自動売買の違い
2017年1月1日~2021年4月30日の期間に設定されたすべてのiサイクル2取引における調査結果

【8社比較】FX自動売買とは?おすすめのツール比較ランキング!

FXおすすめ自動売買ツールランキング

2017年1月1日~2021年4月30日の期間に設定されたすべてのiサイクル2取引における調査結果

1万円コースでは89.63%の利益、miniコースでは88.41%という結果から どのコースでも安心して利益を狙えることがわかります。

相場の動きを自動追従してくれるiサイクル2取引なら、想定変動幅がトレンドの影響で外れても自動で想定変動幅をずらすので継続的に自動売買ができます。

元手100,000円から始めて、1ヶ月で106,500円まで増やすことができました。

1ヶ月で6500円の利益なので、月利で表すと6.裁量トレードとシステムトレードと自動売買の違い 5%にもなります。

FX自動売買ランキング

他にも外為オンラインの公式Youtubeチャンネルでも実績について詳しく解説されています。

現在では新規口座開設をすると90日間取引手数料が無料になるのでさらに利益を狙いやすくなっています。

この機会に是非公式サイトにアクセスをしてFX自動売買を始めてみましょう。

iサイクル2取引(注文)は儲かる?評判・口コミを徹底解説 FX自動売買には様々な種類のツールがあるので、自動売買に挑戦したいと思ったときにはどれを使ったら良いのかで迷ってしまうでしょう。 この記事ではよく注目されていて…

おすすめ③みんなのシストレ

みんなのシストレ トップページ
実績(収益率)収益率611.10% ※
スマホ対応
手数料片道0円
少額取引4,000円〜
通貨ペア29種類
スプレッド0.2銭 米ドル/円
詳細みんなのシストレ公式ページ
ZAR/JPY みんなのリピート注文_買 1lotあたり収益率(1年間)

みんなのFXのみんなのシストレがランキング3位です。

みんなのFXで実際にFXトレードをしている方のデータを元に24時間自動売買を行うサービスになります。

合計損益や取引回数に応じてランキング形式でストラテジーが発表されており、そのランキングの中からトレーダーを選ぶだけでシステムトレードを開始することができます。

  • トレーダーが作成したストラテジーを現状の実績から選べる。
  • リピート型も選択型もあって通貨ペアの候補も多いので本格的に取引をしたい人におすすめ。

\ 約5分で申し込み完了! /

【AI搭載?】みんなのシストレの評判・口コミは?メリット4つとデメリット2つ 「みんなのシストレ」は、トレイダース証券が提供するFX自動売買サービスです。 最小1,000通貨から取引ができ、取引ツールも使いやすいのでFX初心者を中心に人気を集め…

おすすめ④トラッキングトレード

トラッキングトレード
実績(収益率)収益率85.2% ※
スマホ対応
手数料片道20円
少額取引4,000円〜
通貨ペア24種類
スプレッド0.2銭 米ドル/円
詳細FXブロードネット公式ページ
※本番口座において2014年10月15日から2021年10月31日までに設定されたトラッキングトレードの設定毎の利益実績(利益になった設定数を利益になった設定数と損失になった設定数の合計で除した割合)

FXブロードネットのトラッキングトレードが自動売買ランキング4位としておすすめです。

リピート型で実績が高いのが優れているポイントです。

\ 最大2万円キャッシュバック /

【実績公開】トラッキングトレードの評判・口コミを徹底解説! FX自動売買ツールを比較しているとトラッキングトレードに興味を持つ方も多いでしょう。 トラッキングトレードは為替相場の細かな値動きに着目するリピート型の注文方法…

おすすめ⑤ループイフダン

ループイフダン 公式
実績(収益率)収益率平均73.98% ※
スマホ対応
手数料片道0円
少額取引4,000円〜
通貨ペア20種類
スプレッド2.0銭 米ドル/円
詳細アイネット証券公式サイト
※(2021年9月末実績)ルーブイフタン口座で運用中の利用者を対象にした平均値

アイネット証券のループイフダンは自動売買ランキングの第5位です。

リピート型で安定した利益を出せる仕組みが整っているため、初心者からの人気が高いのが特徴です。

タイアップキャンペーン

また現在は、新規口座開設+10Lot以上の取引でAmazonギフト券3,000円分が貰えるお得なタイアップキャンペーンも開催しております。

  • 収益率が高めなのに手数料無料でスプレッドも狭いから稼ぎやすい。
  • 初心者率66%でも実績があって安心感があるのが魅力。

\当サイト限定キャンペーン開催中 /

【儲かる?】ループイフダンの評判・口コミを徹底調査!始め方や設定の注意点も FXを始めたいけど、「知識がなくて不安」「お仕事が忙しくてなかなかトレード出来ない」といった方は多い傾向にあります。 そんな方には、アイネット証券の提供するルー…

おすすめ⑥ちょいトレFX

FXプライム ちょいトレFX 公式画像
実績(収益率)
スマホ対応
手数料片道0円
少額取引4,000円〜
通貨ペア14種類
スプレッド0.3銭(午前8時から翌日午前4時まで)6銭(午前4時から午前8時まで) 米ドル/円
詳細FXプライムbyGMO公式ページ

FXプライムbyGMOのちょいトレFXがおすすめランキングの6位です。

ストラテジーの作成や修正をしやすいツールに仕上がっている点で定評があります。

\ 当サイト限定プログラム開催中/

ちょいトレFXの評判・口コミを紹介!デメリットも徹底解説 FXに興味はあるけれど、なんだか難しそうだと思っている人もいるでしょう。 やってみたいけれどいきなりまとまった額を入金するのは不安もありますよね。 ちょいトレFX…

おすすめ⑦トラリピ

トラリピ
実績(収益率)収益率152% ※
スマホ対応
手数料片道0円
少額取引4,裁量トレードとシステムトレードと自動売買の違い 000円〜
通貨ペア16種類
スプレッド3.4銭 米ドル/円
詳細マネースクエア公式ページ
※ユーロ/英ポンドで資金200万円での利益率、本取引ではなくバックテストの結果

マネースクエアのトラリピが自動売買ランキング7位です。

両建てに相当するハーフ&ハーフも選べるのでリスクを下げやすいでしょう。

  • ハーフ&ハーフによるリスクの低い自動売買が取り入れられている。
  • 高い収益率が示されているのは長期間のバックテストだけ。

今話題のトラリピの評判・口コミとは?|儲かる仕組みやデメリットも徹底解説 「トラリピ」は、マネースクエアが提供するFX自動売買ツールです。 レートが上下しそうな範囲を予想するだけで自動的に売買を繰り返してくれるので、時間や手間をかけず…

おすすめ⑧QUOREA

実績(収益率)収益率平均39.26% ※
スマホ対応
手数料片道20円
少額取引4,000円〜
通貨ペア11種類
スプレッド
詳細QUOREA公式ページ
※2020年12月の1ヶ月間における全体の自動売買ユーザーの実損益から算出

QUOREAがランキングの8位です。

AIを取り入れて自動売買をするシステムを作り上げているのが特色です。

  • AIを活用したロボットによる運用で短期間でも利益を上げやすい。
  • 通貨ペアの種類が少ないので相場の状況によっては稼ぎにくい。

QUOREA(クオレア)裁量トレードとシステムトレードと自動売買の違い FXの評判・口コミを徹底調査!AIを使った自動売買? QUOREA(クオレア)裁量トレードとシステムトレードと自動売買の違い は、AIを活用した自動売買が特徴の投資プラットフォームです。 初めてFXや仮想通貨取引を行う方にも使いやすいと人気を集めています。 しかし「本当に…

FX自動売買ツールの比較ポイント

FX自動売買ツールを使ってトレードをしていきたいなら 比較して魅力的なツールを選び出すのが大切です。

実績の比較は、これからFX自動売買ツールを利用するに当たって非常に重要なポイントです。

どのような実績があり、その理由を知ることで自分に合った自動売買ツールを探すことができます。

例えば、外為オンラインの「iサイクル2」の公式ページを見ると以下のような実績が分かります。

ここで注意しないといけないのは公式HPの実績は一番都合の良い数字を出している可能性が高いということです。

実績を出している自動売買ツールはTwitterやブログなどで収益結果を報告している方がいるので、他の方の実績を確認しておくことをおすすめします。

Twitter

実際に、当サイト編集部でも外為オンラインのiサイクル2取引を、元手10万円で運用してみました。

元手100,000円から始めて、1ヶ月で106,500円まで増やすことができました。

1ヶ月で6500円の利益なので、パーセンテージで表すと6.5%/月にもなります。

インデックス投資の月利が0.8%/月くらいなので、非常に高い数値で推移している状況です。

売買の設定をしたら基本的に放置で運用できますので、とても簡単に始めることができました。

特に、これからFXを始めていきたいと考えている人には、ぜひおすすめしたいサービスです!

【9社比較】FX自動売買とは?おすすめツールを厳選ランキング!

比較②手数料

自動売買ツールの利用には手数料がかかる場合があるので比較しておくのが大切です。

FXの実質的な手数料として知られているのはスプレッドです。

マイメイト 片道20円
iサイクル2取引片道20円(90日間無料)
ループイフダン片道0円
トラッキングトレード片道20円
ちょいトレFX片道1円
トラリピ片道0円
QUOREA月間総取引高の
0.05%

手数料がかかってもそれ以上の収益率になれば稼げるので総合的に考えるのが肝心です。

比較③使いやすさ

ツールは使いやすいことが肝心なので、インターフェースや操作性を比較検討しましょう。

パソコンで自動売買ツールを使うなら、インストール不要でブラウザで動作すると快適です。

また、 スマホに対応しているといつでもどこでもツールを使えるので便利です。

比較④少額取引

FX自動売買ツールを選ぶときには少額取引が可能であるかを比較するのもポイントです。

少額取引でないと資金的な要求が大きくなりがちなので、少額取引可能なツールは魅力的です。

マイメイト 4,000円〜
iサイクル2取引4,000円〜
みんなのシストレ5,000円〜
ループイフダン4,000円〜
トラッキングトレード4,000円〜
ちょいトレFX4,000円〜
トラリピ4,裁量トレードとシステムトレードと自動売買の違い 000円〜
QUOREA10万円程度を推奨

比較⑤通貨ペア

ツールが対応している通貨ペアについても見ておいた方が良いでしょう。 裁量トレードとシステムトレードと自動売買の違い

単純に考えれば多い方が選択肢が豊富なので、稼ぎやすいシステムを構築してトレードできると言えます。

ただ、数が多すぎても選択肢が多すぎて条件を考えるのが難しくなりがちです。

主要通貨ペアを中心として最低限の通貨ペアに対応していることを重視して選ぶのが適切です。

マイメイト 17種類
iサイクル2取引26種類
みんなのシストレ29種類
ループイフダン20種類
トラッキングトレード24種類
ちょいトレFX14種類
トラリピ1種類
QUOREA11種類

比較⑥自動売買ツールの種類

自動売買ツールには種類がある点にも注意して選ぶのが肝心です。

選択型の実績が優れているツールならすぐに始められるのが魅力的です。

iサイクル2取引リピート型
選択型
設定型
マイメイトリピート型
選択型
設定型
みんなのシストレ選択型
リピート型
ループイフダンリピート型
トラッキングトレードリピート型
ちょいトレFX選択型
設定型
トラリピリピート型
QUOREA選択型

FX自動売買のメリット

なぜ魅力として着目されているのかを確認しておきましょう。

24時間自動取引が可能

FXでは平日は為替市場が24時間動いているので取引できます。

自分から注文を出そうとすると、起きている時間かつ仕事などをしていない時にしか取引できません。

寝ている時間や仕事・家事をしている時間にも為替レートは刻々と変化していきますが、そうした変化に逐一対応するにはチャートに張り付いている必要があります。

FXの自動売買ツールを使用することで、24時間自動で取引を実行してくれるため、放置しておくことも可能です。

チャンスを逃すことがないため、自動売買をすれば大きな利益につなげられると期待できます。

FX初心者でも使いやすい

自動売買ツールは、 FX初心者でも使いやすくて稼げる可能性を秘めているのがメリットです。

さらに今現在では、 InvestNaviから新規口座開設していただいた方限定で53,000円キャッシュバックキャンペーン実施中 です。

\当サイト限定キャンペーン実施中/

専門的な知識がなくてもできる

しかし、高度な専門知識がなくても、選択型の自動売買ツールなら戦略の概要を理解して選ぶだけで取引が可能です。

マイメイトでは、 以下のように自動売買プログラムの組み合わせを収益率のランキングから選択するだけです。

トライオートFX 自動売買選択

設定型の場合にも使いやすいインターフェースが整っているので、条件を決めるための最低限の知識があれば自動売買をおこなえます。

感情に左右されない

自動売買によるシステムトレードは、プログラムに任せて自動的にトレードをします。

そのため、 感情に左右されないのがメリットです。

感情の浮き沈みが激しい人にとっては大損のリスクを減らすのに有効な取引方法でしょう。

話題のAIトレード!

FX自動売買のデメリット

自動売買をするデメリットも理解しておきましょう。

急激な変化に対応しにくい

相場が急激に変化したときには対応するのが難しいので注意しましょう。

経済指標の発表や要人発言、金融政策などによって急変が起きたときには想定外の売買結果になるリスクがあります。

トレードスキルが身につきにくい

特に選択型のトレードでは戦略の内容を自分で考えているわけではないため、相場を分析するスキルはあまり身につきません。

リピート型や設定型でも相場の状況を見ながら臨機応変に対応して売買をするわけではないのでトレードスキルは身につきにくいのがデメリットです。

シストレのストラテジーとは?6つの選び方の観点と5つの注意点

採用する予定のストラテジーが売買シグナルを発した時に、最大どれだけのポジションを保有するかを設定します。資金的な余裕と相談して決めることになりますが、 まだそのストラテジーによる自動売買を経験していない段階では少なめにしておくのが無難です 。 売買シグナルは相場によっては、短期間に複数発生する場合があります。最大ポジション数を多めに設定しておくと、ほぼ同じタイミングで複数のポジションを持つことになり、それらが損切りされてしまった時に、大きな損失に繋がってしまう可能性があります。

シストレのストラテジーは自分で作成することもできる

ストラテジーを選択する前に確認しておきたい7つのこと

必要な初期投資資金

最初に、シストレを始めるために必要な投資用資金を確認しておきましょう。各通貨ペア共通で必要になる資金は、 「必要証拠金額×最大ポジション数+直近半年程度の最大ドローダウン」 の計算式で求めることがほどんどです。

短期トレード?長期トレード?

短期で損益を繰り返しているストラテジー 短期で損益を繰り返しているストラテジー

トレードの傾向による選択

ここで注目したいのは、 ストラテジーの開発時に与えられた運用方針ではなく、あくまでもトレードの結果によって評価、分類されている ことです。トレードの結果によってはストラテジー開発当初の思惑とは異なる分類になることがあるかもしれませんが、利用者はトレード結果という客観的な情報でストラテジーを検索することができます。

最大ドローダウンの更新有無

損益グラフが緩やかな右肩上がりであるかどうか

損小利大が実践されているか

自動売買に関係する各種データ

ストラテジーの選び方で意識しておく5つのこと

ストラテジー選びはポートフォリオを意識する

自動売買とはいえ完全放置はリスクが高く危険である

シストレは自動売買だからといって、完全放置はリスクが高いという認識を持ちましょう。先ほどポートフォリオについて触れましたが、 ポートフォリオについても一度構築したらそのまま放置ではなく、定期的なメンテナンスが必要 です。

ストラテジーランキングは万能ではない

勝率だけで判断しない

勝ちは含み益がある状態で決済(利確)に成功したことで、負けは損切りです。つまり 勝率が高いということは損切りの回数が少ない ということです。損切りはリスク管理上とても重要なものだけに、損切りをせずドローダウンが大きくなってしまい、それがロスカットにつながってしまったら本末転倒です。 あまりに勝率が高いストラテジーはそれが本当に「利確している確率」なのかどうかを注視してください 。

ストラテジーの運用期間とトレード回数は十分か

記事のまとめ

  • ストラテジーとはシストレのプラットフォーム上で動作する自動売買プログラムのこと
  • ストラテジーは主に取引通貨ペア、投資数量、売買ロジック、リスク許容額、最大ポジション数で構成されていて、これらを設定して運用する
  • ストラテジーは自分で作成することもできる
  • ストラテジーは 長期間の運用を繰り返しながらコツコツ資産を積み上げられているものを選ぼう
  • ストラテジーの 勝率にはカラクリがあるので勝率だけでは判断しない

ARTICLE LIST 実践編の記事一覧

SELECT 無料診断

INFO お知らせ

お知らせ

SERIES 連載

RECOMMEND おすすめ記事

【取引リスクおよび免責事項について】 FX(外国為替証拠金取引)は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利差により損失が生ずる場合があります。 さらに、取引金額がその取引について預託すべき証拠金の額に比して大きいため、その損失の額が証拠金の額を上回ることがあります。 FXの仕組みやリスクを充分に理解した上で、ご自身の判断と責任で口座開設・取引を行って下さい。 本サイトに掲載されている情報は、情報を提供することを目的としたものであり、投資の勧誘を行うものではありません。 このページ上に掲載されている各種情報については、慎重に作成、管理しておりますが、当社は、これらの情報の最新性、有用性、完全性等を保証するものではありません。当社は、お客さまがこれらの情報をご利用になったこと、またはご利用になれなかったことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。お客さまは、上記注意事項のほか、「エフプロ」利用規約をご一読くださいますようお願いいたします。

FXのシストレがおすすめな理由|裁量トレードとの違い・選び方のコツをプロが解説

トライオートfx


出典:https://www.invast.jp/triauto/

コアレンジャー(スイスフラン円)の期間収益率は141.81%をマーク(2018年1月〜2020年3月31日のシミュレーション結果)

ストラテジーを選んで資金数量を設定すれば、後は稼働するだけ。

トライオートfx_ストラテジー


出典:https://www.invast.jp/triauto/

このように簡単に設定できるため、トライオートFXの口座開設者の60%以上がFX未経験者とのこと。シストレに慣れてきたら、自分だけの設定が使えるビルダー機能もおすすめ。

チャートを見ながらサクッとシストレを作成し、設定のシミュレーションも可能。レベルに応じて使えるトライオートFXで、効率良く稼いでいきましょう!

FX ランキング_インヴァスト証券トライオートのイメージ画像

トラッキングトレード(FXブロードネット)

FXブロードネット


出典:https://www.fxbroadnet.com/automatic_trade/

FXシステムトレードと裁量トレードを比較!おすすめはどっち?

FXシステムトレード vs 裁量トレード!おすすめはどっち?

これからFX取引をするならシステムトレードと裁量トレードどちらがおすすめか?両者のメリット、デメリットを元に比較してみました。

一方、システムトレードでは、裁量を排除し、
あらかじめ決められた売買ルールに基づき、
機械的に取引を行っていく手法です。

どちらをオススメするかといえば、
ブログのテーマに扱っているくらいなので、
当然ながらシステムトレードをオススメします(^^

1.FX初心者向きで、誰が取引しても再現性が高い。

裁量トレードは、ある程度の専門的な知識と経験が必要で、
スキル次第では安定して勝つことが出来ますが、
誰でも簡単に真似できるものではありません。

2.一時的な感情に左右されず、取引ルールを守りやすい。

どんなに優れたトレード手法を知っていたとしても、 裁量トレードとシステムトレードと自動売買の違い
感情に左右されて、取引ルールを破ってしまっては、
損小利大となり、長い目で見ると負ける確率が高いです。

裁量トレードは、自らの相場観に従って取引していくため、
勝っている時は良いですが、負けていると不安になり、
段々とトレードに感情が入りやすくなります。

その点、システムトレードなら、
機械的にトレードが実行されていくため、
取引ルールを守りやすい傾向にあります。

3.機械的にトレードできるため、時間効率が良い。

裁量トレードは、
世界経済ニュースをチェックしたり、チャートを分析したりと、
ある程度、パソコンに向き合う時間が必要です。

専業トレーダーや、それに近い環境の人なら、
裁量トレードという選択肢もありですが、
サラリーマンや主婦の方は、現実的には無理でしょう(;^_^A

一方、システムトレードは、基本的には一度設定すれば、
あらかじめ決められた売買ルールに基づき自動売買してくれるため、
パソコンに向き合う時間はほぼ必要ありません。

取引時間が限られる裁量トレードに対し、
寝ている間も、旅行中も、仕事中も
24時間取引チャンスがあるのがシステムトレードです(^^

FXシステムトレードと裁量トレード比較まとめ

一方、システムトレードの方が上手く行っている割合が多いようで、
最近になって、システムトレードを扱うFX会社が増えたのも、
そういった理由があるのかもしれません(^^

もちろん、システムトレードにもデメリットはあって、
リーマンショックやアベノミクスのような過去に例のない大相場に遭遇すると、
大きな負けを被ってしまうこともあります。

裁量トレードでは、トレーダーのスキルや精神力、体力に依存するため、
簡単に真似することは出来ませんが、
システムトレードは再現性が高いため、簡単に真似することが出来ます。

もちろん、今後も絶対に勝つという保証はどこにも無いんですが、
少なくとも裁量トレードで勘に頼ってトレードするよりは、
遥かに勝てる確率がアップすることは間違いないです。

スキマ時間だからこそ裁量トレードがいい!?僕が自動売買システムを使わない理由


まず初めに”自動売買とは何なのか?”ということについて。

自動売買とは読んで字のごとく自動で取引してくれるシステムのことを言います。

システムが自動で取引してくれるのでトレード時の余計な感情が入らず取引してくれるのも大きなメリット。

裁量トレードとは?


裁量トレードとは”自分で売買判断をするやり方”

エントリーのタイミング、決済、損切りのタイミングもすべて自分で判断していきます。

「なんだ、自動売買の方がいいじゃねーか!」

自動売買のデメリット

完全放置というわけにはいかない


自動でトレードしてくれるというのが自動売買の大きなメリットではありますが、 完全放置というわけにはいきません。

リスクがあるような状況でトレードはしたくないですよね?

でも僕は「だったら裁量と変わらないじゃないか」と思ったんです。

自動売買のシステムを理解しなければいけない

裁量トレードとシステムトレードと自動売買の違い
自動売買は難しい知識は必要ないと思われがちです。

・・・誰でも利益が上げられる?

自分で苦労して開発したトレード手法であれば、どういった状況でトレードすべきなのか、どういった時にはトレードしないべきなのかは完全に理解できています。

毎日相場を見ることで自分にしか分からないパターンが分かる


自動売買だと、ほとんどほったらかしでエントリーから決済まではシステムに任せることになります。

果たしてこれは本当にデメリットなんでしょうか?

もちろん100%確実なパターンなんてありませんが、
「こうなったらこう動く傾向がある」っていうのが段々と分かってくるようになります。

つまり “自分だけにしか分からないパターン” なんです。

誰も気付いていないパターンが分かったらそれだけで有利になると思いませんか?

自分だけのパターンが見つかれば、あとはそのパターンの時だけトレードすればいいだけなのでスキマ時間で十分です。

手数料が割高


自動売買は基本的に裁量トレードよりも手数料が割高です。

そして自動売買システムのほとんどは長期的なトレードではなく、短期的な売買を繰り返すものが多いです。

相場状況によっては大きなドローダウンを被る


自動売買はシステムが決められたアルゴリズムにしたがって機械的に売買を繰り返します。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる