オプション 取引ルール

加重平均資本コスト

加重平均資本コスト
WACCの株主資本コストを解説

加重平均資本コスト

ゴールドマン・サックスは、当社及び公開買付者の 普通株式価値の算定レンジを計算するにあたり、当社については当社の推定加重平 資本コスト まえ、 6.0%を中央値とする一定の範囲の割引率を用いて、公開買付者については公開買付者の推定加重平均資 本コストを踏まえ、5.0%を中央値とする一定の範囲の割引率を用いて、当社及び公開買付者がそれぞれ 財務予測期間において生み出す将来フリーキャッシュフローを割り引いております。

Goldman Sachs calculated an illustrative range of values of the common stock of each of OSE and the Tender Offeror, based on a discounting of future free cash flow of OSE for the projected years using a range of discount rates with a mid-point of 6.0%, reflecting an estimate of OSE’s weighted average cost of capital, and of the Tender Offeror for 加重平均資本コスト the projected years using a range of discount 加重平均資本コスト rates with a mid-point of 5.0%, reflecting an estimate of the Tender Offeror’s weighted average cost of capital.

投資銀行業務の協働・集約化 また、積極的なシステム投資の実現のため、経営・業務インフラを統合し、効率化を追 及すべく、資本コスト 後の収益指標等経営管理制度高度化のための共同研究、②信 用リスクデータベースの共有化等リスク管理の高度化のための共同研究、③システム統合 に向けた研究開発、④自己査定基準等の統一、⑤バックオフィス業務の共同化と店舗戦略 加重平均資本コスト の共同構築、等を共同していくという。

Further, in order to enhance the effectiveness of their IT investments, they announced the intention to unify their management and operational infrastructures, and cooperate in: (加重平均資本コスト 1) research to enhance management systems through the 加重平均資本コスト adoption of quantifiable profitability targets and other measures based 加重平均資本コスト on cost-of-capital considerations; (2) research to enhance risk management and the integration of their credit risk databases; (3) research and development aimed at systems integration; (4) unification of self-assessment etc. standards; (5) unification of back office operations and development of a joint 加重平均資本コスト branch network strategy.

[. ] [. ] 援し、初期設定費用にかかわらず、経済的成果を促進する最も不可欠な業績指標に焦点 を当てた指標と関連する将来の開示及び内部管理の費用削減により、株価変動、負債コ スト及資本コスト 潜在的に企業活動を取り巻く不確実性が減ることを示している。

7-4 Over time evidence suggests that 加重平均資本コスト despite the initial setting up costs, the potential for decreasing the cost for disclosure and internal management 加重平均資本コスト related to indicators by focusing on the most 加重平均資本コスト 加重平均資本コスト critical performance indicators that drive economic performance, while helping companies better to communicate their intentions and strategy by encouraging focused disclosure

[. ] surrounding company activities potentially reducing stock price volatility, debt and equity costs

[. ] 加重平均資本コスト plants may have a higher capital cost 加重平均資本コスト than subcritical plants for the same capacity, but lower operating costs.

The fair value used to measure the impairment of the asset group was based 加重平均資本コスト on discounted cash flows using

(c) DCF法:473,314 円~624,999 円 DCF法とは、対象者の事業計画における収益や投資計画、経営指標の推移を含む対象者の直近 までの業績の動向、対象者へのマネジメント・インタビュー及びデュー・ディリジェンスの結果、 その他一般に公開された情報等の諸要素を前提として、対象者が将来において創出すると見込まれ るスタンド・アローンのフリー・キャッシュ・フローを 資本コスト 加重平均資本コスト 一定の割引率で現在価値 に割り引いて対象者の企業価値や株式価値を評価する手法であり、これにより対象者の普通株式1 株当たりの価値の範囲を、473,314 円~624,999 円と算定しております。

The DCF analysis is a method of analyzing the enterprise value and equity value of the Target Company by discounting the free cash flows which the Target Company is expected to generate in the future on a stand-alone basis, to the present 加重平均資本コスト value using a certain discount rate (e.g., 加重平均資本コスト cost of capital applicable to the Target Company, etc.), 加重平均資本コスト based on the projected earnings and the investment plans as set forth in its business plans, the Target Company’s latest business performance, including trends in major business indices, interviews with the management of the Target Company, results of due diligence investigations, and other publicly disclosed information, as well as various other factors; based on this method, the range of per share values of the Target Company’s common share was calculated to be 473,314 yen – 624,999 yen.

DCF 法とは、対象者の事業計画における収益や投資計画等を前提として、対象者が将 来において創出するフリー・キャッシュフローを、対象者 加重平均資本コスト 資本コスト 一定の割引率 で現在価値に割り引くことで、対象者の事業価値及び株式価値を算定する手法であり、 これにより対象者普通株式の1株当たりの価値は、234 円~272 円と算定されました。

The 加重平均資本コスト 加重平均資本コスト DCF method is a method to calculate the value of the Target Company’s business and share value by estimating and discounting future free cash flows that the Target Company will produce by a certain discount rate to give their present values assuming the Target Company’s revenue and business/investment plans, etc., and considering future capital costs estimated using the discount rate.

加重平均資本コスト

M&A基礎講座⑩ 価値算定のポイントを知る(2/2)

類似会社はどのように選定するのか?

類似会社をスクリーニングする際のポイントとしては、 網羅的に幅広く抽出した後、絞り込んでいくことです。 対象会社と同じ事業構成、事業エリア、 また、 同程度の規模、財務構成の企業は見つからないことがほとんどです。また、恣意性を排除しなるべく客観的な評価を実施するためには、選定において企業の抜けもれをなくす必要があります。初期段階ではある程度幅広く抽出することが重要です。

そのために、まずは評価対象会社の詳細を把握する必要があります。 具体的には、非上場企業の場合には、会社パンフレットや企業web等でその対象会社の所属業界、事業概要、 ビジネスモデル、製品、 売上セグメント (それぞれの割合)等を把握し、決算資料や試算表で直近の財務数値を確認します。また、上場企業の場合、有価証券報告書や決算発表資料等により財務数値や会社状況等を把握します。

対象会社の詳細をある程度把握したうえで、 選定 (スクリーニング) を開始します。スクリーニングを実施する際には、 各種のデータベースを使用し、対象会社と同じ業種分類に帰属する上場企業を選定します。 まったく同じ業種分類に帰属する上場企業がない場合や、絞り込んだ結果として2~3 社等少数となった場合は、対象会社のビジネスモデル等を勘案し、業種分類を広げて再選定を行います。 上記のスクリーニングで抽出した類似会社から、さらに対象会社との事業内容(製品、サービス等を含みます) 、企業規模、 商流 (バリューチェーン上の位置づけ)を比較し、絞り込みをかけていきます。類似会社のセグメント情報等を確認し、対象会社と類似の事業を主力事業としているかどうか等が判断の軸となります。その他の考慮要素として、類似会社の財務数値および株価が安定しているかどうかを考慮する必要があります。たとえば、類似会社が直近の事業年度に損失を計上しており、その影響を受けて業績予想が低く見積もられている場合等は、類似会社から外すことも検討する必要があります。また、直近株価が乱高下している場合にも、 長期安定的な株価が形成されているとは言いがたいため、 加重平均資本コスト 類似の選定にあたっては除外を検討する必要があります。一方、取引がほとんどなく、株価が一定期間安定している会社も市場で株価が適正に評価されていない可能性があり、その場合、除外を検討する必要があります。

割引率はどのように算定するのか?

DCF法ではWACCを割引率として用いることが一般的です。 WACCと は、株主および債権者が要求する利回り(資本コスト)を、株主資本比率と 負債比率で加重平均したものです。WACCの算定式は以下のとおりです (Equity)は株主資本や株式時価総額、D (Debt) は有利子負債の総額を用いることが一般的です。

ただし、評価対象会社が長期的に有利子負債を必要としないと見込まれる 場合、あるいは評価対象会社の類似会社の負債比率の平均値(中央値)が0 に近い場合には、Dを0と置き、割引率を株主資本コストとする場合もあります。

WACC=株主資本コスト×-E÷(D+E)+負債コスト × ( 1 - 実効税率) × D÷(D+E)

1.株主資本コストの算定

株主資本コストは株主が企業に要求する利回りのことです。 実務上は、 CAPM (Capital Asset Pricing 加重平均資本コスト Model) 理論に基づき算定します。 CAPMは以下の式のとおりです。

株主資本コスト=無リスク利子率 + ベータ × 市場リスクプレミアム

市場リスクプレミアムとは マーケットポートフォリオ (加重平均資本コスト TOPIX等) の期待利回りから無リスク利子率を減じて算出します。 言い換えれば、投資家が株式というリスク商品に投資する見返りに、追加で要求する利回りであると解釈できます。 実務上は、市場リスクプレミアムを 5~6% に設定しています。当然、市場環境の変化に伴い、市場リスクプレミアムは定期的に見直します。

上場企業の株価変動率とマーケットポートフォリオの指数変動率について回帰分析を行うことで、 β (直線の「傾き」) を算定します。 なお、近年ではデータベース等を用いて簡単にβを取得することが可能です。

DCF法で株式価値を算定する際に用いる β は、評価対象会社と事業内容、 事業エリア、規模、財務構成等が類似した企業のβの平均値(中央値)を採用することが一般的です。 ただし、市場で観測される βは、 各企業の資本構成に応じたリスクを反映しているレバードβ であるため、上記リスクの影響を取り除いた アンレバード β (100% 株主資本のみで資金調達が行われたと仮定した場合のβ) に変換したうえで平均値(中央値)を算出する必要があります。その後、評価対象会社や類似会社の資本構成に基づき、上記で算出したアンレバード β の平均値(中央値)を再度レバード β に変換することで、資本構成に応じた リスクを再反映します。

2.負債コストの算定

負債コストは債権者が企業に要求する利回りのことであり、借入金の金利 や社債の利回りに相当するものです。 負債コストの算定方法としては、評価 対象会社の格付および社債スプレッドから算定する方法と過去の有利子負債 に対する支払利息および有利子負債残高から算定する方法があります。 前者の方法は、評価対象会社が格付機関 (Moody's、S&P、JCR 、R & 加重平均資本コスト I ほか) から格付を取得している場合、同格付における社債スプレッドに無リスク利子率を加算して負債コストを算定します。

後者の方法は、評価対象会社の支払利息を有利子負債残高(一般的には期中残高(期初残高と期末残高の平均値) とします)で除すことで、負債コストを算定します。この方法は、格付を取得していない企業であっても、過去の財務諸表の内容を基に簡単に算定できますが、現時点での市場環境や評価対 象会社の信用力を考慮できていない点については留意が必要です。

また、負債コストは借入金や社債に対する利息の支払いであるため、株主 資本コストと異なり税務上損金算入することができます。したがって、負債コストに実効税率を乗じた金額分だけ税金の支払いが減少します(節税効果)。 この節税効果について、WACC上は負債コストに (1-実効税率) を乗じることで考慮します。

加重平均資本コスト

資本コスト意識に乏しい経営陣が放置する割安な株価のバリュエーション

淺沼組の過去5年間のPBRの推移

(データ出所:QUICK ASTRA MANAGER、2019年5月22日現在)

また、企業価値(Enterprise Value)で見ると、2019年3月末現在の淺沼組はマイナスとなっています。企業価値がマイナスということは、現在の株価で淺沼組を買収した際の投資回収期間が必要ない(買収した時点で投資額以上の回収ができている)ことを示しています。 2019年5月22日現在の淺沼組の企業価値はプラスに転じていますが、依然として企業価値は低水準にとどまります。
投下資本を効率的に活用しなかった結果として、効率的に資産を使って稼ぐ力(ROIC)が、企業に求められるリターン(加重平均資本コスト。(以下「WACC」といいます。))を下回っているということです(※※)。
※※ROIC(投下資本利益率)が加重平均資本コストよりも低くなるほど、企業価値は投下資本よりも小さくなるという考え方を前提としています。

EV/EBITDAの同業他社比較

(出所:QUICK ASTRA MANAGER、2019年3月末現在の時価を使用)
(補足:建設業は、日経NEEDS小分類主業種が総合建設である51社の単純平均値を使用)

これらのバリュエーションが低く放置されている要因の1つは、淺沼組の資本コストに対する意識の低さであると考えられます。
上場企業の使命は、株主価値を向上させることであり、そのために資本コストよりも高い効率性を目指す必要があります。
株主として、淺沼組の経営者と対話するに際し、淺沼組が資本コストをどの程度でどのように計算しているか理解することは極めて重要なことです。
淺沼組は資本コストの計算根拠を明らかにしました。今後は淺沼組が資本コストの考え方を経営に活用していくことに期待されます。弊社は、淺沼組が政策保有株式の保有にかかる判断基準として資本コストを用い、政策保有株式の保有が正当化されないという合理的な判断をしていただくことに期待しています。

【図解】WACCとは?計算式・目安をどこよりもわかりやすく解説

93bc5aff7f79a2665d174d71318f0fe7

WACC(加重平均資本コスト)とは?定義と計算式

WACC(加重平均資本コスト)とは?定義と計算式

本ページでは企業の資金調達コストを測定する財務指標【 加重平均資本コスト 加重平均資本コスト WACC ワック 】についてわかりやすく解説します。

WACC(加重平均資本コスト)とは?意味と計算式を解説

WACC(加重平均資本コスト)とは?定義と計算式

WACC(加重平均資本コスト)とは?定義と計算式

WACC(加重平均資本コスト)
指標分類 収益性
意味企業の資金調達コスト
確保すべき収益率の最低ライン
計算式負債コストと株主資本コストの加重平均
目安6.1%
改善方法経営戦略に負債を組み込む
算出に
必要な
財務諸表
BS:有利子負債
PL:支払利息
CF:必要なし
英語名Weighted Average Cost of Capital

企業の収益性を評価する上で欠かせないWACCは 企業の資金調達コスト を測定する指標です。

その際に企業が 利害関係者 ステークホルダー から資金を調達する際にかかるコスト、逆に言えば 銀行や株主がお金を貸す代わりに貸付企業に求める見返りこそがWACC の数字です。

経営者目線で考えると もちろんWACCの数字は小さいほうが好ましい ですよね。より安い金利で多額のお金を借りられる方が資金のやりくりが楽になりますから。

WACCの計算で必要な負債コストと株主資本コストを解説

WACCの計算で必要なコスト

【WACC】負債コストとは?銀行や債権者への調達コスト

WACCの負債コストを解説

WACCの負債コストを解説

負債コスト
指標分類 収益性
意味銀行や債権者から調達する資金に対して
企業が毎年支払いを約束しているコスト(利息)
計算式負債コスト = 支払利息 ÷ 有利子負債
目安0.4%
改善方法有利子負債あたりの支払利息を少なくする
算出に
必要な
財務諸表
BS:有利子負債
PL:支払利息
CF:必要なし

負債コストとは、 借金に対する利息の割合 です。

【WACC】株主資本コストとは?

WACCの株主資本コストを解説

WACCの株主資本コストを解説

加重平均資本コスト 加重平均資本コスト
株主資本コスト
指標分類 収益性
意味株式での資金調達に必要なコストであり
株主が企業に期待している収益率。
計算式株主資本コスト = Rf + β 加重平均資本コスト × ( Er – Rf )
目安8.8%
改善方法特になし
算出に
必要な
財務諸表
BS:必要なし
PL:必要なし
CF:必要なし

株主資本コストとは、企業が株主から資金を調達する際に必要なコストです。 投資家が企業に期待する最低限の利回り と理解してもOK。

株主資本コスト
= Rf + β × ( Er – Rf )
変数 読み方 概要 なおころが採用中の値
Rf リスク
フリー
レート
リスク(ほぼ)ゼロの
金融商品から得られる
期待利回り
0.017%
(国債10年利回りの
5年加重平均)
β ベータ株式市場全体の動きと
比較した対象企業の
株価変動の大きさ
各企業のβ値 加重平均資本コスト 加重平均資本コスト
(平均値は日経225と
TOPIXの変化率の差分)
Er 期待
収益率
投資家が
株式市場全体に
期待する利回り
7.37%
(日経平均の
3年間のCAGR)

つまり株主資本コストとは Rf (国債などほぼリスクが存在しない投資商品から得られる期待利回り)や、 Er (市場全体へ投資した場合から得られる期待利回り)と比べて、 β (対象企業の株式に投資した場合の変動の大きさ) を評価しています!

加重平均資本コスト(WACC)の計算プロセス

加重平均資本コスト(WACC)の計算プロセス

マネー・マーケット 加重平均資本コスト(WACC)の計算プロセス

加重平均資本コスト(WACC)の計算プロセス

仮に税引後の資本調達コストと、調達資金の市場価値の2つが事前に分かれば、加重平均資本コスト(WACC: 加重平均資本コスト Weighted Average Cost of Capital)は、次のように計算することができる。

このとき、全ての調達資本の市場価値は、通常、会計報告で用いられる過去実績コスト(historical cost)ではなくて、現在価値(current market value)でなければならない。

  1. 個々の資本調達手段(有利子負債、優先株式、普通株式など)ごとに年あたりの税引後資本コストを計算する
  2. 個々の資本調達手段が企業全体の資本構成に対する構成比を決める
  3. 個々の資本調達手段の税引後資本コストと調達金額の掛け算の積を合計する

加重平均資本コストは年利(annual rate)として表現されるというのがお約束である。

負債の資本コスト計算(技術的な論点)

WACCを計算する場合、理論的には負債としては長期借入金のみを考慮に入れ、仕入債務、未払金/未払費用、その他の非有利子負債は含まない。ここで重要なポイントは、 季節的な 短期借入金はWACCの計算範囲からは 除外する ことだ。

WACC計算の主眼は、恒久的な資金調達のコストを計算することである。仮に、短期借入金が借り換えが継続的に行われ、あたかも極度貸付枠(revolving line of credit)のように恒久的な資金調達源となっている場合は、当然にWACC計算の対象資本構成に算入する。

\( \displaystyle \bf WACC = (2.4\% \times 60\%)+(8.4\% \times 40\%) = 1.44\% + 3.36\% = 4.8\% \)

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる