オンライン外国為替取引

日経平均株価とTOPIX

日経平均株価とTOPIX
TOPIXの算出方法は、加重平均の時価総額型です。具体的には、東証第一部の毎日の時価総額を、基準日の時価総額で割って算出します。「東証第一部の毎日の時価総額」とは全上場株をある日の終値で評価した数値の合計額です。「基準日」とは1968(昭和43)年1月4日の時価総額8兆6,020億5,695万1,154円です。基準日の時価総額は100として計算します。これらを踏まえた計算式は以下の通りです。

You must read the following information before proceeding. When you have read the information set out below, please click on the "I confirm that I have read and understand the above information" link at the bottom of the page to acknowledge that you have read the information and to continue.

This website is 日経平均株価とTOPIX directed only at residents of Japan and 日経平均株価とTOPIX the information provided is not for distribution outside Japan. Shares of the NEXT 日経平均株価とTOPIX FUNDS are not offered for sale or distribution outside of Japan.

Not all securities, products or services described in 日経平均株価とTOPIX the website are available everywhere. The information 日経平均株価とTOPIX contained in this website is for information purposes only and does not constitute a distribution, an offer to sell 日経平均株価とTOPIX or the solicitation of an offer to buy any securities or provide any services in any jurisdiction in which such distribution or offer is not authorized. Although the information provided on this site is obtained or compiled from sources that Nomura Asset Management Co., Ltd. believes to be reliable, Nomura Asset Management Co., Ltd. cannot and does not guarantee the accuracy, certainty or completeness of the information and materials contained in this website.

The information on this website 日経平均株価とTOPIX is for reference purposes only and does not constitute an offer to sell or the solicitation of an offer to buy securities by Nomura Asset Management Co., Ltd. to any person in Japan.

Furthermore, the information on this website is not made or directed to any person in the United Kingdom and under no circumstance shall the provision of 日経平均株価とTOPIX the information on this website be deemed to constitute an offer of securities 日経平均株価とTOPIX or an offer to provide any services to any person in the United Kingdom.

Furthermore, the information on this website is not made or directed to any person in the United States or to any U.S. Person. Under no circumstances shall the provision of the information on this website be deemed to constitute an offer of securities or an offer to provide any services to any person in the United States or to any U.S. Person as defined under the Securities Act 日経平均株価とTOPIX of 1933, as amended. Residents of the 日経平均株価とTOPIX United States are specifically prohibited from investing in the NEXT FUNDS and no person may offer investment in these funds to residents of the United States.

【初心者向け】TOPIXとは?算出方法や日経平均株価との違いを簡単解説

TOPIXとは_アイキャッチ

TOPIX算出方法

日本取引所グループ「TOPIX等株価指数の基礎データ」より作成

TOPIXは時価総額を基に計算するため、 時価総額の大きい銘柄の影響を強く受ける のが特徴です。

  • トヨタ自動車(7203):3.5%
  • ソニーグループ(6758):2.6%
  • ソフトバンクグループ(9984):2.4%
  • キーエンス(6861):2.0%
  • 三菱UFJ(8306):1.6%

TOPIXと日経平均株価の違い

TOPIXと日経平均株価の違い

TOPIX日経平均株価
対象銘柄東証一部の全銘柄(2,192社:2021年7月12日時点)日本経済新聞社が選んだ東証一部の225銘柄
算出方法算出日の指数用時価総額÷基準日の時価総額対象銘柄の株価平均から算出
特徴時価総額の高い銘柄の影響を受けやすい株価の高い銘柄の影響を受けやすい

まず、TOPIXと日経平均株価では 対象銘柄数が大きく違います ね。

ニュースではよく日経平均株価が報道されますが、実際は東証一部全体を対象としているTOPIXの方が適切と言えますね。

ともだち登録で記事の更新情報・限定記事・投資に関する個別質問ができます!

【必須知識】NT倍率とは

  • NT倍率が大きくなる時=輸出関連やハイテクなどの値がさ株が上昇している
    ⇒日経平均は株価の高い値がさ株の影響が強いため。
  • NT倍率が小さくなる時=国内に強い事業基盤を持つ内需関連・銀行株が上昇している
    ⇒TOPIXは(内需セクターが多い)時価総額の大きい銘柄の影響が強いため。

そのほかにも、ST倍率と呼ばれる米国株とTOPIXを比較した指標もあるんですよ。

ST倍率とは

「S&P500÷TOPIX」で算出される指数のこと。

TOPIX Core30って何?

TOPIX Core30とは

TOPIX Core30とは、TOPIX対象銘柄の中からさらに 時価総額と流動性の高い30銘柄 を対象に算出される指数です。

TOPIXニューインデックス

  • TOPIX Core30:時価総額と流動性が高い30銘柄
  • TOPIX 日経平均株価とTOPIX Large70:TOPIX Core30の次に時価総額と流動性が高い70銘柄
  • TOPIX 100:TOPIX Core30とTOPIX Large70を構成する100銘柄
  • 日経平均株価とTOPIX
  • TOPIX Mid400:TOPIX Large70の次に時価総額と流動性が高い400銘柄
  • TOPIX 500:TOPIX 100とTOPIX Mid400を構成する500銘柄
  • TOPIX Small:TOPIXの対象銘柄から、TOPIX 500を除いた銘柄
  • TOPIX 1000:時価総額と流動性の高い1000銘柄
  • TOPIX 日経平均株価とTOPIX Small500:TOPIX Smallの中で、TOPIX1000に含まれる500銘柄

\インデックスファンドに投資するなら/

東証の市場再編の影響

東証の市場再編

2022年4月4日に東証では市場区分の見直しが行われ、 東証一部が消滅、新たにプライム市場が誕生 します。

  • 2022年4月1日時点の構成銘柄を継続してTOPIXに採用。
  • 流通株式時価総額が100億円未満の銘柄(21年6月末の基準かつ翌期末)は「段階的ウエイト低減銘柄」に指定。
  • 段階的ウエイト低減銘柄は2022年10月末~2025年1月末まで、四半期ごとに構成比率を下げて除外する

【まとめ】TOPIXとは

    日経平均株価とTOPIX
  • TOPIXは東証一部の全銘柄から算出された株価指数
  • 東証一部の値動きを知りたいなら日経平均よりもTOPIXを使おう
  • 東証の市場再編でTOPIXから脱落する銘柄も

投資をするならIG証券

取扱金融商品が豊富なことや、CFD取引が充実していることから、人気を集めています。

\当サイト限定のレポート/

「いろはに投資」経由で口座開設&取引をすると、「2022年 投資戦略のいろは」を手に入れることが出来ます。
株価推移や商品価格など、2022年の投資戦略に役立てましょう!

本サイトのLINE公式アカウントでは、あなたの投資生活をサポートする役立つ情報発信を行なっています。

ともだち登録で記事の更新情報・限定記事・投資に関する個別質問ができます!

Podcast

コメントを残す コメントをキャンセル

格付けアイキャッチ画像

【基礎解説】格付けとは?格付け会社や国債の格付けを紹介!

DMM株アイキャッチ

【初心者必見】DMM株のメリット・デメリットから手数料、評判まで徹底解説!
日経平均株価とTOPIX 日経平均株価とTOPIX

アクセスランキング

限定キャンペーン

New Posts

おすすめネット証券

投資初心者

マイクロ波化学 アイキャッチ

Podcast更新情報

カテゴリー

アーカイブ

いろはにロゴ

当メディアは(株)インベストメントブリッジによって運営されています。 日経平均株価とTOPIX
(株)インベストメントブリッジは中立した立場で、投資家と企業の架け橋として活動をしております。
運営会社についての詳細はこちらをご覧ください。
また、当メディアにおける記事及び情報の掲載は、投資に関連する一般的な情報提供のみを目的としたものであり、有価証券その他の金融商品の取引の勧誘を目的としたものではありません。
当メディアに掲載された記事、情報及び外部リンク先ウェブサイトに基づいて利用者が被ったいかなる損害についても、当メディア運営会社・執筆者は一切の責任を負うものではありません。
Please Follow us!

日経平均株価とTOPIXの違いは?各指数の特徴とチャートの見方について分かりやすく解説!

日経平均株価とは、東京証券取引所第一部上場銘柄のうち主要とされる選ばれた225銘柄を対象とした株価指数です。 もともと日経平均株価は、アメリカのダウ・ジョーンズ社によって開発された指標でしたが、1985年5月に日本経済新聞社が権利を買い取り、現在は日本経済新聞社が出しています。なお、アメリカのダウ・ジョーンズ社が出していた頃は「日経ダウ」と呼ばれていました。 ニュースでもよく耳にする日経平均株価は、最も注目度の高い株価指数であり、株式先物取引や株式オプション取引でも代表的な指数として利用されています。 ここからは、日経平均株価の構成銘柄・算出方法・特徴について、さらに詳しく見ていきましょう。

日経平均の構成銘柄

日経平均株価の算出方法 日経平均株価とTOPIX
日経平均株価の算出方法

日経平均株価の算出方法

日経平均株価の特徴

・東京証券取引所第一部上場銘柄のうち225銘柄のみが対象
・株価が高い銘柄に影響を受けやすい

TOPIXとは

TOPIXとは、「Tokyo Stock Price Index」の略称で、東京証券取引所が1969年7月1日から公表している株価インデックスです。日経平均株価とともに日本を代表する株価指数です。「TOPIX」という名称で知られていますが「東証株価指数」と呼ばれることもあります。

TOPIXは、昭和43年(1968年)1月4日の時価総額を100として、毎日の時価総額を指数で表しています。 一般的には、日本経済の動向を示す指標として用いられていますが、ETFなどの金融商品のベンチマークとしても利用されています。 ここからは、そんなTOPIXの構成銘柄と算出方法、特徴を詳しく見ていきましょう。

TOPIXの構成銘柄

TOPIX算出方法

TOPIXの算出方法

TOPIXの算出方法は、加重平均の時価総額型です。具体的には、東証第一部の毎日の時価総額を、基準日の時価総額で割って算出します。「東証第一部の毎日の時価総額」とは全上場株をある日の終値で評価した数値の合計額です。「基準日」とは1968(昭和43)年1月4日の時価総額8兆6,020億5,695万1,154円です。基準日の時価総額は100として計算します。これらを踏まえた計算式は以下の通りです。

TOPIXの算出方法


TOPIX=(算出時の指数用時価総額÷基準時価総額(8兆6,020億5,695万1,154円))×100

TOPIXの特徴

・東証一部上場のほぼ全銘柄が対象
・時価総額が高い銘柄の影響を受けやすい

日経平均株価とTOPIXの違いは?

ここまで、日本の代表的な株価指数である日経平均株価とTOPIXについて、それぞれ詳しくご紹介しました。 では、日経平均株価とTOPIXにはどのような違いがあるのでしょうか。

日経平均株価とTOPIXの主な違いは、算出方法・算出先・単位・対象となる銘柄数・影響を受けやすい銘柄などです。 例えば、算出方法について、日経平均株価は「株価平均型」であるのに対し、TOPIXは「時価総額加重型」です。また、算出先について、日経平均株価は「日本経済新聞社」、TOPIXは「東京証券取引所」という違いがある他、単位については日経平均株価は「円や銭」、TOPIXは「ポイント」という違いもあります。 このように、日経平均株価とTOPIXにはさまざまな違いがあります。 ここからは、「対象となる銘柄数」と「影響を受けやすい銘柄」の違いについて詳しく見ていきましょう。

銘柄数の違い

日経平均株価とTOPIXには、対象となる銘柄数にも違いがあります。 日経平均株価の対象となる銘柄数は225銘柄ですが、TOPIXは東証一部上場のほぼ全ての銘柄が対象です。具体的には、日経平均株価は225銘柄、TOPIXは4,000銘柄以上です。 また、日経平均株価の対象となる225銘柄は、1年に1度の定期入れ替えがあり、1年ごとに変わります。一方でTOPIXは定期入れ替えはなく、上場した企業が随時追加され、上場をやめた企業は随時除外されます。 このように、対象となる銘柄数に大きな違いがあります。

TOPIXと日経225の違い-どちらに投資した方が有利なのか | ニッセイ基礎研究所

btn-mag-b.png

1TOPIX
TOPIXは、東証一部に上場する全ての国内株式を対象とした国内株式指標である。1968年1月4日の時価総額を100として、その後の時価総額が指数化されている。構成銘柄数は2,165銘柄と多い。各銘柄のウェイトは、時価総額の大きい銘柄ほどウェイトが高くなる、時価総額加重で算出される。但し、現在は単純な時価総額ではなく、実際に市場に流通している浮動株と言われる株式の時価総額が各銘柄のウェイトとして用いられている。

2日経225
日経225は日経平均株価の略称で、日本経済新聞社が発表する株価指数である。東証一部上場銘柄のうち、日本株式市場を代表する225銘柄を対象としている。1949年5月16日の単純平均株価176円21銭から算出され、対象銘柄の株価の合計を225で割った単純株価平均をベースに、株式分割等による株価変動を修正して株価の連続性を保っている(日経225=225銘柄の株価合計÷除数)。このように日経225のウェイトは、株価が高い銘柄ほどウェイトが高くなる株価平均型で算出される。

図表1 TOPIXと日経225の主な違い

3TOPIXと日経225の主な違い
最初に注目すべきTOPIXと日経225の違いは、主に銘柄数とウェイト算出方法の違いからくる、組入れ銘柄の違いである。まず、企業別にみると、日経225は固有銘柄の比率が高い。構成比率上位10銘柄の合計比率はTOPIXが17.3%、日経225が37.0%である(図表2)。中でも、ファーストリテイリングは、日経225の10.1%を占める。次に、業種別にみると、比率が最も高いのはTOPIX、日経225どちらも「電気機器」で一致しているが、比率自体を確認すると異なっている。TOPIXで日経225より比率が最も低い業種は、ファーストリテイリングが属する小売業で、その差は8.0%だ(図表3)。一方、TOPIXで日経225より比率が最も高い業種は銀行業で、その差は4.5%だ。

図表2 構成比率上位10銘柄/図表3 業種別構成比率

3――TOPIXと日経225のインデックスファンドのどちらの方が得か

1過去のインデックス指数の推移
図表4を見て分かるように、TOPIXと日経225の指数の推移はほぼ同じで、収益率(配当込み)の相関係数は0.97と非常に高かった。2002年1月末対比の指数の推移(図表4)をみると、日経225の方が上昇率は若干高く、2020年5月末時点では70.1ptの差があった。また、変動の幅は日経225の方が若干大きく、月次収益率(配当込み)の標準偏差はTOPIXが5.0%、日経225が5.4%だった(2002年1月から2020年5月まで)。

図表4 TOPIX(配当込み)と日経225(配当込み)の推移

2一括投資した場合のパフォーマンス
過去に一括投資をしていた場合、実際のパフォーマンスはどちらがよかったのか見てみよう。240万円を投資し10年後、360万円を投資し15年後の最終時価残高でTOPIXと日経225を比較する。

図表5 一括投資した場合のパフォーマンス評価

3ドルコスト平均法で投資した場合のパフォーマンス
次に、ドルコスト平均法で過去に投資をしていた場合、実際のパフォーマンスはどちらがよかったのか。ドルコスト平均法は、定期的に「一定額」の投資を継続する手法である。図表6では、毎月2万円を10年間(積立金額総額240万円)投資した場合の最終時価残高、毎月2万円を15年間(積立金額総額360万円)投資した場合の最終時価残高について、図表5同様に示す。

図表6 ドル平均法で投資した場合のパフォーマンス評価

4――実際にインデックスファンドに投資する場合の留意点

1投資信託とETFの違い
実際に投資をする際の投資信託とETFの最大の違いは、購入価格の変動タイミングだ。投資信託は基本的に1日1回算出される基準価額で購入する。ETFは、価格がリアルタイムで変動し、指値注文や成行注文等を選んで購入することができる。

2販売・解約時の手数料と信託報酬
インデックスファンドはリターンの源泉にファンドごとの差はないため、手数料が最終的なリターンを決める重要なファクターとなる。まず、購入時、解約時に発生する手数料があり、ファンドごとに異なる。さらに、保有期間中に信託財産から毎日差し引かれる費用として「信託報酬」「監査報酬」「売買委託手数料」など(以下、信託報酬等)がある。リターンに大差がないのであれば、各種手数料は低い方が良い。

図表7 信託報酬等(税込)の比較(つみたてNISA対象有無、設定年別)/図表8 年率6%で100万円を運用した場合の信託報酬等の違いによるパフォーマンスの差

3信頼できる金融機関の選択
勤務先が提供する確定拠出年金やiDeCoやNISAでのインデックスファンド投資であれば、特に問題はないと思うが、最低でも金融庁監督下にある金融機関の中から選択することが大切である。その中でも信頼性が高く、倒産等の心配のない先を選ぶことが大切である。

【市況】 TOPIX先物:31日寄り付き=5.5ポイント安、1918ポイント

TOPIX <日足> 「株探」多機能チャートより

  • ・株価指数先物【寄り前コメント】 反動安想定も、米国では買い継続との見方が高.. (05/31)日経平均株価とTOPIX
  • ・伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (5月31日記)
  • ・想定内の一服、市場の関心は祝日明け後の米国市場の動向に/オープニングコメント (05/31)
  • ・笹木和弘氏【米国株が戻り局面に、6月の日経平均は上か下か】(日経平均株価とTOPIX 1) <相場観特集> (05/30)
  • ・<必見> 寄り付き直前チェック・リスト! (日経平均株価とTOPIX 05/31)
  • ・今朝の注目ニュース! ★IGポート、サンワカンパ、ピアズなどに注目! (05/31)
  • ・本日注目すべき【好決算】銘柄 穴吹興産 (28日大引け後 発表分)
  • ・割安さは正義! 見直し機運に乗る「好実態&低PER株」セレクション 日経平均株価とTOPIX <株探.. (05/30)
  • ・NY株式:メモリアルデー(戦没将兵追悼記念日)のため休場 (05/31)
  • ・本日の決算発表予定 日経平均株価とTOPIX … トリケミカル、菱洋エレク、フジミインコなど 5社 (5月31日)

株探からのお知らせ

  • 見逃し配信開始! 株探プレミアムセミナー

お気に入りがいっぱいです!
もっと追加するには、有料サービス「株探プレミアム」の登録が必要です。
初めてご登録の方には「30日間の無料体験」実施中!
※無料体験終了後は、毎月の利用料金が発生します。
※過去に「30日間の無料体験」をご利用になった方には無料体験は適用されません。

このアイコン「★」は利用者の皆さまの「お気に入り銘柄」を
登録もしくは削除する機能となっております。
お気に入り銘柄を登録するには、会員登録(無料)が必要です。
無料会員およびプレミアム会員の方はログインが必要です。

  • 東京為替:ドル・円は下げ渋り、円売りが下支え
  • 明日の株式相場に向けて=再びの「200日移動平均線物語」
  • 「商社」が9位にランク、高配当利回りやインフレ耐性の強さで注目<注目テーマ>
  • ★本日の【サプライズ決算】速報 (06月06日)
  • 話題株ピックアップ【夕刊】(1):アインHD、出光興産、HIS
  • 本日の【ストップ高/ストップ安】 引け S高= 8 銘柄 S安= 2 銘柄 (6月6日)
  • 日本買い復活の6月相場、業績変貌の中小型株「最強6銘柄」を追え <株探トップ特集>
  • レーティング日報【最上位を継続+目標株価を増額】 (6月6日)

人気ニュース【ベスト5】

  • 利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第1弾 33社選出 <成長株特集>
  • 日経平均株価とTOPIX
  • 日本買い復活の6月相場、業績変貌の中小型株「最強6銘柄」を追え <株探トップ特集>
  • 話題株ピックアップ【昼刊】:旅行関連、三菱重、INPEX
  • 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─東京市場に育つ大きな3つの柱!
  • 後場に注目すべき3つのポイント~想定以上に底堅い日本株を素直に受け止めてよいか

お薦めコラム・特集

  • 明日の株式相場に向けて=再びの「200日移動平均線物語」
  • デリバティブを奏でる男たち【28】 ブレバン・ハワード(後編)
  • 本日の「伊藤智洋が読む『日経平均株価・短期シナリオ』」は休載します
  • 利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第1弾 日経平均株価とTOPIX 33社選出 <成長株特集>
  • 10万円以下で買える、増収増益&低PER 22社【スタンダード】編 <割安株特集>

■関連サイト ※外部リンク

当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。 当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる