取引戦略

分析方法や分析ツールについて解説

分析方法や分析ツールについて解説
  • 三角マーク(再生数)
    リール動画が再生開始された回数
  • ハートマーク(いいね!)
  • 吹き出しマーク(コメント)
  • 紙飛行機マーク(シェア)
  • しおりマーク(保存済み)
    投稿を保存したユニークアカウント数

顧客分析の基本と手法を紹介|顧客の潜在ニーズを知る方法

顧客分析の基本と手法を紹介|顧客の潜在ニーズを知る方法

顧客分析の基本と手法を紹介|顧客の潜在ニーズを知る方法

潜在ニーズ を詳しく調査することは、 顧客分析 で確かな結果を得るために欠かせません。

顧客と対話する際の状況を記録しよう

表面上に出ているデータだけを使用すると、正確に顧客の 潜在ニーズ を分析するのは非常に難しくなります。

顧客が気づいていない 潜在ニーズ を見つけるためには、 顧客の対話や顧客との関係の中で判明する事実や、顧客との対話状況などを記録していくことが重要になります。

顧客分析を行うことで得られる効果 ①自社の現状を把握できる
②マーケティングの施策を改善できる
③業績UP、売上UPに貢献できる

効果的な顧客分析の方法 RFM分析:直近購入日、購入頻度、購入金額でグループ分けを行う
デシル分析:購入金額の高い順に10つのグループ分けを行う
CTB分析:カテゴリー、デザイン、ブランドで分類する
セグメンテーション分析:購買履歴を活用した分析を行う
行動トレンド分析:季節や流行の変化に合わせたグルーピングを行う
コホート分析:購入後の顧客の行動を含めて分析を行う
NPS:11段階で商品やサービスの推奨度を数値化する
ツールを利用した分析:ITツールやプラットフォームを利用する

おすすめ顧客分析ツール3選 Tableau:世界100万人が利用中の顧客分析ツール
FORCAS:150万社以上のデータを利用した購買予測ができる
KAIDEL:AI・機械学習によるスコアリングで正確な予測が可能に

Facebook広告の効果測定マスターガイド!分析指標やおすすめツールを詳しく解説

Facebook広告の効果測定マスターガイド!分析指標やおすすめツールを詳しく解説

WEB広告分析 / 測定 / レポート

広告レポート自動化なら「Databeat Explore」

Facebook広告における効果測定の重要性

  1. 現状を正確に把握できる
  2. 運用改善のヒントを得られる
  3. 市場を把握できる

1.現状を正確に把握できる

効果測定を行うことで、Facebook広告運用の現状を正確に把握することが可能です。

2.運用改善のヒントを得られる

効果測定は、Facebook広告運用の改善のヒントを得られる重要なポイントでもあります。

3.市場を把握できる

Facebook広告の効果測定は、自社の運用状況だけではなく、市場全体の状況を把握するのにも活用できます。

Facebook広告の効果測定3つのSTEP

STEP1:目的に応じた適切な指標を設定、モニタリングする

効果測定を行う際に重要なのが、「指標」の設定です。効果測定を行う際の指標は、広告の運用目的によって異なります。

STEP2:適切な効果測定ツールで測定する

指標を決めたら、次は効果測定です。効果測定を行う際は、適切なツールを利用しましょう。

STEP3:他の広告手法での結果と比較、分析する

Facebook広告以外の広告を利用している場合は、広告手法ごとに比較・分析を行いましょう。

「STEP1:目的に応じた適切な指標を設定、モニタリング」のポイント

  • ブランディング:インプレッション/インプレッション単価/リーチ/フリークエンシー
  • サイトへの誘導:クリック/クリック単価/クリック率
  • 販促:コンバージョン/コンバージョン率/顧客獲得単価

上記をご覧になるとわかるように、広告をどのような狙いで運用するか次第で、効果測定を行う際に着目する指標は異なるので、指標の設定は慎重に行いましょう。

Facebook広告を効果測定、分析する7つの基本指標

    分析方法や分析ツールについて解説
  1. インプレッション数
  2. インプレッション単価(CPM)
  3. クリック数
  4. クリック率
  5. クリック単価(CPC)
  6. コンバージョン数
  7. コンバージョン率

指標1.インプレッション数

Facebook広告における「インプレッション数」とは?

ブランディングを行う際、広告がどれだけの回数表示されたかはとても重要な指標となります。 Facebook広告では、広告が表示されてスクロールしたのち、再度表示した場合でも合計1回のインプレッションとしてカウントされます。

1回のインプレッションが発生したあと、一度そのページを離脱してから再度アクセスして広告が表示された場合は、2回のインプレッションがカウントされます。

指標2.分析方法や分析ツールについて解説 インプレッション単価(CPM)

Facebook広告における「インプレッション単価(CPM)」とは?

主にブランディングを目的とする広告運用において、インプレッション単価は費用対効果を判断する材料として使われます。

Facebook広告では、広告が1,000回表示されるごとに課金される仕組みです。クリック課金の広告に比べて低コストで運用できますが、クリック率が低すぎると、あまり広告効果が期待できなくなってしまいます。

指標3.クリック数

Facebook広告における「クリック数」とは?

クリック数は、Facebook広告から自社サイトへの流入数を把握するのに重要な指標です。 クリック数が少ない場合は、広告クリエイティブの改善や、ターゲティングの変更などを行い、クリック数の改善を行う必要があると判断するケースもあります。

ただし、クリック課金の広告では、コンバージョン率が低いと広告コストばかり増えてしまい、費用対効果が悪化してしまうので注意が必要です。

指標4.クリック率

Facebook広告における「クリック率」とは?

クリック率は、高くて4%程度です。もし、クリック率が異常に低いFacebook広告があった場合、広告クリエイティブまたはターゲティングに問題がある可能性が考えられますので、見直しを行う必要があります。

また、コンバージョン獲得を目的とするFacebook広告を運用している場合、クリック率が低いということは、集客ができていないと判断できます。

指標5.クリック単価(CPC)

Facebook広告における「クリック単価(CPC)」とは?

Facebook広告のクリック単価の平均は100円前後です。業種やキーワードによって金額は変動しますが、クリック単価が極端に高い場合は、費用対効果が悪化する原因となります。

広告の品質などに問題があると高騰する傾向があるため、広告の改善を行いクリック単価を抑制する必要があります。

指標6.分析方法や分析ツールについて解説 コンバージョン数

Facebook広告における「コンバージョン数」とは?

Facebook広告のコンバージョン数は、広告をクリックしてコンバージョンに到達した数をカウントします。Facebook広告を運用する上でもっとも重要な指標の一つです。

また、Facebook広告のコンバージョンには、広告をクリックしてそのままコンバージョンする「クリックスルーコンバージョン」と、広告をクリックせず、あとから別の流入経路で自社サイトへアクセスしてコンバージョンする「ビュースルーコンバージョン」があります。

Facebook広告のビュースルーコンバージョン完全ガイド!特徴や計測設定手順、効果的な分析・活用方法を解説

指標7.コンバージョン率

Facebook広告における「コンバージョン率」とは?

Facebook広告のコンバージョン率の平均は、3%程度です。コンバージョン獲得を目的とするFacebook広告運用において、コンバージョン率が低すぎると、費用対効果が悪くCPAやCPM高騰の原因にもなります。

コンバージョン率が悪い原因として考えられるのは、広告クリエイティブやターゲティング、あるいはランディングページです。これらを改善してコンバージョン率を上昇させることができれば、コストを抑えたFacebook広告運用が可能となります。

「STEP2:適切な効果測定ツールで測定」のポイント

効果測定ツールで測定を行う場合に、どのツールを使うかを決めなくてはなりません。ツールによってメリット・デメリットや使い勝手などいろいろな違いがありますので、まずはツールごとの特定について理解しましょう。

Facebook広告の代表的な効果測定ツールの比較

Facebook広告の効果測定ツールの比較まとめ

分析方法や分析ツールについて解説
効果測定ツール メリット デメリット
広告マネージャ Facebook広告の管理画面からそのまま使える ユーザーの行動を詳細に把握できない
Googleアナリティクス 無料で使える 使い方がわからない場合、サポート等を受けられない
広告効果測定ツール 効果測定に特化していて使いやすい 利用料金が必要

Facebook広告の効果測定には、上記の3つのツールが主に使われています。広告マネージャは、Facebook広告を利用していれば誰でも閲覧できるため、もっとも利用率が高いツールです。

広告マネージャ

広告マネージャの特徴

広告マネージャは、Facebook広告専用のツールなので、もっともシンプルで使いやすいツールです。広告の作成から停止、運用データの確認なども簡単に実施できます。

Googleアナリティクス

Googleアナリティクスの特徴

Googleアナリティクスは、コンバージョンやユーザーの流入経路の把握など、非常に高性能な機能を利用できる上、無料で使える点が大きなメリットです。

広告効果測定ツール

広告効果測定ツールの特徴

効果測定に特化したツールなので、広告運用や分析に詳しくない方でもわかりやすく、使いやすい点がメリットです。また、わからないことは、サービス提供元に問い合せることでサポートを受けられるメリットもあります。

広告マネージャでのFacebook広告効果測定

Facebook広告マネージャ

広告マネージャーでの効果測定3つの特徴

オーディエンスを詳細に分析可能

Facebook広告は、精度の高いターゲティングが特徴の広告です。そのため、広告マネージャでは、広告に接触したユーザーの詳細なデータを把握することが可能です。

アトリビューション分析が可能

広告マネージャでは、アトリビューション分析を活用することも可能です。 配信した広告からの直接コンバージョンだけではなく、間接的な広告の効果を理解できます。

A/Bテストが可能

広告マネージャには、A/Bテストの機能が実装されています。 運用中のFacebook広告に課題を感じている場合、A/Bテストを実施することで運用改善をスムーズに実行できるメリットがあります。

こんな人にオススメ

WEB広告はFacebook広告のみを運用しており、Googleアナリティクスなどのツールの扱いに慣れていない方は、まずは広告マネージャでFacebook広告の効果測定に慣れるのがおすすめです。

Facebook広告のコンバージョン完全ガイド!平均CVRや運用ノウハウ、測定方法まで詳しく解説

GoogleアナリティクスでFacebook広告の効果を測定する方法

こんな人にオススメ

ユーザーの行動について詳細に把握したい方や、すでにGoogleアナリティクスを利用した経験がある方におすすめです。 広告マネージャでは把握できないデータを手に入れることで、Facebook広告の効果改善に役立てることが可能です。

Facebook広告をGoogleアナリティクスで測定する3STEP

STEP1:効果測定方法を決める

パラメータ設定1

STEP2:パラメータの作成

キャンペーンビルダー

STEP3:Googleアナリティクスで分析

パラメータ設定2

「STEP3:他の広告手法での結果と比較、分析する」のポイント

別媒体と比較することで、より効果の高いマーケティング手法を見つけられるなどのメリットがあります。ただし、複数の媒体の効果測定を行うとなると、指標の統一やデータ収集にかかる工数など、リソース面での負担が増えてしまうため、効率化も考えて実施しなければなりません。

他媒体と比較し効果的にFacebook広告の効果を測定する広告効果測定ツール

こんな人にオススメ

複数のWEB広告を運用していて、データ集計や管理を効率化したい、媒体ごとの比較をスムーズに行いたいという方 に、広告効果測定ツールの利用はおすすめです。

広告効果測定ツールで実現できる3つのこと

  1. 複数の媒体を一元管理できる
  2. 他媒体の比較が簡単に実施できる
  3. レポート作成も自動化できる

1:複数の媒体を一元管理できる

しかし、 広告効果測定ツールは、複数の媒体と連携が可能なため、一カ所ですべての媒体のデータを管理できるようになります。 しかも、データ収集は自動で行えますので、現状把握にかかる時間を大幅に削減できます。

2:他媒体の比較が簡単に実施できる

広告効果測定ツールは、Facebook広告とその他の広告媒体のデータを簡単に比較できます。 広告コストやコンバージョン数はもちろんですが、媒体によって表現の異なる数値でも、同じ指標であれば整形して可視化されるため、一目で比較ができます。

3:レポート作成も自動化できる

常に最新の情報を各広告媒体から取得して、自動的にレポートが生成されるので、広告費の管理から費用対効果の分析まで、ひとつのツール上で完結できます。

Facebook広告の効果を可視化するオススメの広告効果測定ツール

Databeat Explore

Databeat Explore

Facebook広告運用における「Databeat Explore」の3つの活用ポイント

  1. 広告データの一元管理
  2. データ集計自動化による業務効率化
  3. わかりやすいレポートの自動生成

広告データの一元管理

Databeat Exploreは、Facebook広告のデータだけでなく、リスティング広告やディスプレイ広告、Twitter広告などのSNS広告、そして広告以外のマーケティングに必要なデータを全て一カ所で管理できます。

データ集計自動化による業務効率化

Databeat Exploreと広告媒体を一度連携すると、その後運用データは自動的に集計できるようになります。もちろん更新も自動で行われますので、毎日管理画面からデータをダウンロードしてくる手間も省けます。

わかりやすいレポートの自動生成

Databeat Exploreによって自動集計されたFacebook広告やその他媒体のデータは、マーケターが見たい形で、わかりやすくレポート化されます。

Facebook広告の計測結果を効果的に分析する3つのポイント

    分析方法や分析ツールについて解説
  1. 適切な指標を設定する
  2. 市場の分析も行う
  3. PDCAを回す

POINT1:適切な指標を設定する

Facebook広告の計測結果を分析する際は、適切な指標を設定して分析を行いましょう。

まずは広告の運用目的を明確にして、適切な指標を見つけるところから始めてみてください。

POINT2:市場の分析も行う

運用しているFacebook広告のパフォーマンスも重要ですが、市場の分析も忘れずに行いましょう。

特に、運用中の広告のパフォーマンスが突然悪化した場合には、競合の入札強化や需要期に突入した可能性なども考えられます。

POINT3:PDCAを回す

計測結果を分析したら、素早くPDCAを回すことに注力しましょう。

その仮説が正しいかどうかは、実際に運用して試してみることで証明されます。PDCAを素早く回すためには、データの収集や分析を優先できる環境作りも大切です。

Facebook広告の費用対効果を最大化する3つのコツ

  1. ターゲットの見直しを図る
  2. クリエイティブの改善を行う
  3. フリークエンシー設定を活用する

1.ターゲットの見直しを図る

そもそもターゲティングにズレが生じていると、費用対効果の高いFacebook広告運用は実現しません。自社の商品にマッチするユーザー層について、入念にペルソナ設定を行ってみましょう。

反対に、インプレッションやリーチに対してクリック率やコンバージョン率が低い場合は、ターゲティングの幅が広すぎる可能性があるので、精度を上げたターゲティングを実施してみると改善できる場合があります。

2.クリエイティブの改善を行う

画像や動画を利用したFacebook広告は、クリエイティブ次第で大きくその効果が変わりますので、クリエイティブの改善もしっかりと行っていきましょう。

クリエイティブの改善には、A/Bテストが活用できます。2つのパターンを平行して運用した結果を比較することで、どちらの広告の方が高いパフォーマンスを発揮できるかが明確に判断できます。

3.フリークエンシー設定を活用する

フリークエンシー設定は、Facebook広告の費用対効果を改善する効果が期待できますので、利用を検討してみてください。

過度な広告配信によるユーザーの広告疲れ、そしてそれに伴う広告費の無駄を減らすためには、フリークエンシー設定による最適な広告配信頻度を目指すのがおすすめです。

定量分析とは?分析方法やメリット・デメリットを解説

定量分析とは、数値データを元に分析する方法のことを意味します。 サイトのPV数や離脱率、企業の売上や業績など、数値で表せるデータを多面的に分析し、状況を評価するために定量分析を用います。簡単にいうと「何が起こったのか」をデータから読み解くのが定量分析です。例えば「昨年同月のPV数は5,000PVから今年は10,000PVに。1年間でPV数が2倍に伸びた」といったことを、定量分析によって把握します。

定量分析

定量分析による方法

定量分析

Googleアナリティクスのアクセス解析

分析方法や分析ツールについて解説 サイトの定量分析で代表的なのが、Googleアナリティクスを用いたアクセス解析です。 サイト全体やページごとのPV数やセッション数、ユーザー数、コンバージョン率などあらゆる状況がデータとして蓄積されるため、ページ単位や時期単位での比較検証が容易に行えます。

選択式アンケートの結果分析

選択式アンケートも定量分析の代表的な手法です。 選択式アンケートとは「この商品の満足度は1~10点のうちいくつですか?」といったように、顧客に点数をつけてもらい、そのデータを分析するためのものです。店頭に設置するアンケートシートやインターネット上で行うアンケート調査など媒体を問わず、顧客の属性や満足度、興味・関心などをデータ化することで、顧客の状況や心情を分析することができます。

ABテストのデータ分析

ランディングページやウェブ広告などでABテストを実施し、その結果を分析するのも定量分析となります。 「Aパターンのほうがコンバージョン率が20%高かったため、今後はAパターンで一本化する」「コンバージョン率の低いBパターンはCTAボタンの文言が弱かったので、改善して変化を分析する」といったように、分析結果を効果改善のための根拠として活用できます。

定量分析のメリット

数値データで客観的な判断ができる

定量分析では数値データを元に分析するため、客観的な判断を下せるのがメリットです。 例えば、サイトリニューアルを行う場合、「反応が悪くなってきた気がするからリニューアルしてみよう」ではなく、「昨年比較でコンテンツ全体のPV数が20%ダウンしているため、UI改善とSEO強化を実施して効果改善を図ろう」と考えて実施したほうが、より効果的な施策を打てるようになります。その後の効果検証によって、さらなる改善施策を検討することも可能になります。

認識のずれが生じにくい

数値データが元になることから、関係者間での認識のずれが生じにくいのも、定量分析のメリットです。 感覚だけで判断していると「ここを直したほうがいいと思う」「こちらのほうが重要じゃないか」と、それぞれの立場で意見が食い違い、何から手を付けるべきか決断できないといった事態が予測されます。一方、定量分析を軸にすれば、数値データを元にして、問題点や課題を関係者間で共有することができます。

説得力が増す

上司やクライアントに提案する場合、数値データに基づいた提案であるかそうでないかによって、 説得力が大きく異なってきます。 「現状の数値はこうである。この点を改善すれば、〇〇%の売上増大が見込める」といったロジックで提案を実現に持ち込むためにも、定量分析を的確に行うことが重要になります。

定量分析のデメリット

分析には十分な量のデータが必要

定量分析には、十分な量のデータが必要になります。 3日分のアクセスデータや10人のアンケート結果だけを根拠に分析しても、偏った評価になりかねません。

数値では表せない情報を見落とす可能性がある

定量分析はデータというゆるぎない事実が元になりますが、なぜその結果になったのか、 数値では表せないユーザーの心情を深掘りすることが必要です。 口コミやユーザー行動調査、ユーザーインタビューなどで質的データを収集し、定性分析を活用することもひとつの手です。定性分析によって、定量分析では見えてこなかった背景や心情を理解することができるようになります。 このように、定量分析と定性分析を適切に使い分け、それぞれのデメリットを補い合う形で分析を進めることが重要になります。

【2022年版】Instagramインサイトの分析・解析方法を徹底解説

Instagramインサイトを使いこなそう!分析・解析方法を徹底解説

iginsight-guide

「Instagramインサイトについてまとまった資料がほしい」「手元においていつでも確認できるようにしたい」という方は、【Instagramインサイト徹底ガイド】のeBookをぜひダウンロードください。インサイトの見方、項目が示す数値の意味、注意点など、インサイトについて詳しく解説しています。
以下のフォームを送信すると、資料がメールで届きます。
フォームが表示されない方はこちら

アカウント全般のインサイト(インサイト概要)

ig_insight1

■リーチしたアカウント数

  • リーチしたオーディエンス
    広告を含め、コンテンツを1回以上見たユニークアカウントの数が表示されます。同一アカウントが複数のコンテンツを見た場合のインプレッションとは異なります。
    ここでは、広告、上位の国、上位の都市、性別、年齢層などを確認することができます。2022年4月現在、この指標は推定値かつ開発中となっています。
  • フォロワーとフォロワー以外
    コンテンツを見た人がフォロワーかフォロワー以外かを見ることができます。
  • コンテンツのリーチ
    リール動画や投稿、ストーリーズといったコンテンツによるリーチ数の差をフォロワー/フォロワー以外で確認することができます。
  • トップ投稿・トップストーリーズ・トップリール・人気のIGTV・人気のライブ動画
    指定期間に投稿されたコンテンツのうち、パフォーマンスの高い投稿を表示することができます。
  • インプレッション
    何回コンテンツを見られたかという数。リーチはアカウント数なので、インプレッション>リーチとなるのが通常です。
  • プロフィールのアクティビティ
    ユーザーがプロフィールに対して行ったアクションの数。プロフィールへのアクセス、ウェブサイトのタップ数、ビジネス住所のタップ数、電話するボタンのタップ数、メールを送信ボタンのタップ数、テキストボタンのタップ数が表示できます。

リーチ分析でわかること・できること

  • ペルソナやターゲットとしている層と合っているか
    国や都市、年齢、性別の推定値を確認し、ターゲットとズレていないか確認することができます。
  • エンゲージメントを増やす施策
    インサイトから確認できる「フォロワーとフォロワー以外」からフォロワーの数値が実際のフォロワー数よりも圧倒的に少ない場合はフォロワーが投稿に関心を示していないため、コンテンツの改善が必要です。どういったコンテンツが反応されるか「トップ投稿」で分析しましょう。
  • フォロワーを増やす施策
    フォロワー以外へのリーチが少ない場合はフォロワー以外にコンテンツが届いておらず新規フォロワーが増えにくくなります。ハッシュタグや位置情報タグが適切に選定されているか検討してみましょう。
    関連記事:Instagramのハッシュタグ選定で必要な考え方と活用事例
    関連記事:Instagramのスポット・地図情報を設定する方法

■アクションを実行したアカウント

  • アクションを実行したオーディエンス
    コンテンツに対してアクションを実行したアカウントのオーディエンス(上位の国、都市、性別、年齢層、フォロワー/フォロワー以外)を確認することができます。データが利用できない場合は指標を表示して確認できません。
  • コンテンツでのインタラクション
    投稿でのインタラクション(いいね!、コメント数、保存数、シェア数)、ストーリーズでのインタラクション(返信、シェア数)、リール動画でのインタラクション(いいね!、コメント数、保存数、シェア数)、動画でのインタラクション(いいね!、コメント数、保存数、シェア数)、ライブ動画(コメント数、シェア数)でのインタラクションの合計数です。広告等で宣伝されたコンテンツでのインタラクションも全て含みます。

インタラクション分析でわかること・できること

インタラクション数が増えると、コンテンツの評価が高まり、 リーチが増える可能性 があります。また、コンテンツにアクションしてくれたフォロワーとのシグナルが溜まり、その後の投稿のリーチを高めてくれます。どんなコンテンツがインタラクションが高いのかを把握しておくことは、リーチの拡大やフォロワーとの関係構築に役立ちます。

■合計フォロワー

合計フォロワーのインサイト

フォロワーの合計数を表示しています。詳細ページでは、フォロワーが100人以上いる場合に、指定期間でのフォロワーの増減や、フォロワーのエリアや年齢性別、アクティブな時間や曜日が確認できます。

フォロワー分析でわかること・できること

どんな投稿や施策を打ったときにフォロワーが増加・減少したのか分析をしておくことで、 フォロワーの増加 に役立てることができます。施策ごとの分析も必要ですが、アカウントを俯瞰してみたときに何が最も貢献しているのか、定期的に分析を行いましょう。

インスタグラムインサイトを確認する際の注意点

SNS投稿管理ツール「コムニコ マーケティングスイート」

インサイト-あなたがシェアしたコンテンツ

投稿インサイト

指定期間(昨日〜過去2年)の自分の投稿が表示されます。詳細ページを開くと、投稿データの一覧が表示されます。画面上部では、投稿タイプや表示項目、期間を切り替えるフィルターの選択ができます。

■ストーリーズ

ストーリーズインサイト

フィード投稿と同じように、指定期間にストーリーズに投稿したコンテンツが表示されます。詳細ページでは、ストーリーズに投稿したデータの一覧が表示されます。画面上部では、表示項目や期間を切り替えるフィルターの選択ができます。

リールインサイト

指定期間に公開したリールが表示されます。詳細ページでは、リールに公開した動画の一覧が表示されます。画面上部では、フィードやストーリーズと同様に表示項目や期間を切り替えるフィルターの選択ができます。

■ライブ動画

ライブ動画インサイト

指定期間に配信したライブ動画が表示されます。詳細ページでは、ライブ配信中のコメント数・リーチ・ピークの同時視聴者数・ライブ配信中のインタラクションといった指標順に並べ替えることができます。

フィード投稿のインサイト

投稿のインサイト_分析

投稿からインサイトを表示するには、投稿の左下の「インサイトを見る」をタップします。

  • ハートマーク(いいね!)
  • 吹き出しマーク(コメント)
  • 紙飛行機マーク(シェア)
  • しおりマーク(保存済み):投稿を保存したユニークアカウント数
  • リーチしたアカウント数
    この投稿を最低1回見たユニークアカウントの数を表示します。
  • コンテンツでのインタラクション
  • プロフィールのアクティビティ
  • リーチしたアカウント数:投稿を閲覧したユニークアカウント数。フォロワー/フォロワー以外の割合を円グラフで確認することができます。
  • 分析方法や分析ツールについて解説
  • インプレッション数:投稿が表示された数。
    • ハッシュタグ:ハッシュタグを検索した時に表示された数
    • ホーム:ホームボタンを表示した時に表示された数
    • プロフィール:プロフィールを表示した時に表示された数
    • その他

    ■コンテンツでのインタラクション

    ■プロフィールのアクティビティ

    • プロフィールへのアクセス
    • フォロー数
    • [電話する][メールを送信]などのボタンのタップ数

    ストーリーズのインサイト

    ストーリーズのインサイト

    ストーリーズ画面の左下に既読人数が表示されます。画面を上にスワイプアップするか、既読人数をタップすると、詳細なインサイトが確認できます。

      分析方法や分析ツールについて解説
    • リーチしたアカウント数
      この投稿を最低1回見たユニークアカウントの数を表示します。
    • コンテンツでのインタラクション
    • プロフィールのアクティビティ

    • リーチしたアカウント数
    • インプレッション

    ■コンテンツでのインタラクション

    ■ナビゲーション

    • 次の写真や動画を見るためにタップされた回数
    • ストーリーズからの移動数
    • 次のストーリーズ
    • 前の写真や動画を見るためにタップされた回数

    ■プロフィールのアクティビティ

    • プロフィールへのアクセス
    • フォロー数
    • [電話する][メールを送信]などのボタンのタップ数

    過去のストーリーズインサイト

    なお、ストーリーズの公開終了から30日経つとインサイト内のストーリーズ一覧ではコンテンツが削除されますが、「アーカイブ」からストーリーズを表示して上にスワイプすると、1週間以内であればインタラクションや発見の数値を確認ができます。

    リール動画のインサイト

    リール動画のインサイト_分析

    2021年5月、リール動画のインサイトが追加されました。
    リールのインサイトは、リール動画上にある3点リーダー「…」をタップし、「インサイトを見る」をタップすると表示されます。

    • 三角マーク(再生数)
      リール動画が再生開始された回数
    • ハートマーク(いいね!)
    • 吹き出しマーク(コメント)
    • 紙飛行機マーク(シェア)
    • しおりマーク(保存済み)
      投稿を保存したユニークアカウント数

    • リーチしたアカウント数
      このリール動画を閲覧したユニークアカウント数
    • 再生数
      リール動画が再生開始された回数。1ミリ秒以上の再生が行われた場合にカウントされ、リプレイは除外されます。

    ■コンテンツでのインタラクション

    ライブ動画のインサイト

    ツールの活用で、インサイト分析を効率化しよう

    コムニコ マーケティングスイートは、SNSアカウント(Facebook、Twitter、Instagram)の投稿管理や効果測定を効率化するクラウドツールです。Instagramインサイトについては、主に以下の項目が集計できます。
    ※コムニコ マーケティングスイートでInstagram分析を使用するには、Facebookページに連携したInstagramアカウント(プロアカウント)である必要があります。

    フィード投稿やストーリーズ投稿ごとのデータ

    コンテンツ分析

    投稿ごとに、リーチやインプレッションなどのデータが確認できます。ストーリーズの一覧データは、コムニコ マーケティングスイートでは1年間保存されます。

    フォロワーデータ

    フォロワー属性

    フォロワー数の推移や増減数、フォロワーの属性などの情報を確認できます。Instagramインサイトよりも見やすくまとめられ、数値がCSVでダウンロードできます。グラフで簡単に確認ができるため、期間を指定して、グラフをダウンロードして資料作成に役立てられます。

    カスタムサマリー

    カスタムサマリー

    自社のKPIに合わせてサマリーをカスタマイズできます。表示方法も、集計値・グラフ・表などから選択可能。見るべき項目や目標値の設定で、日々の数値のチェックを簡単にし、リアルタイムで進捗を把握しながら毎日の運用に役立てましょう。

    そのほか、アクション数やリーチ数の推移なども詳細に確認できます。 分析方法や分析ツールについて解説 コムニコ マーケティングスイートの「投稿管理」機能ページや以下の記事でさらに詳しく解説 していますので、興味があればぜひご覧ください。

    仮想通貨(暗号資産)のチャート解析ツールのおすすめは?分析ツールを使用するメリットについて解説

    仮想通貨,暗号資産,チャート解析ツール,おすすめ

    ● 太陽線:相場の継続的な上昇を示しています。ローソク足は陽線で、高値が実体ではじまり下ヒゲが短いのが特徴です。
    ● 大陰線:太陽線と逆で継続的な下落が示されています。陰線のローソク足で、上ヒゲが短く実体の下側が安値で始まります。
    ● 小陽線:とても短い陽線のローソク足です。やや上昇しているものの、動きが少ないことを示しています。
    分析方法や分析ツールについて解説 小陰線:とても短い陰線のローソク足です。少ない動きで下降している状態で、停滞を意味しています。
    ● 上影陽線:上ヒゲが長い陽線です。一時的に高値を出して、期間の終盤に始値に戻るように下降している相場です。
    ● 上影陰線:上ヒゲが長い陰線です。一時的に高値を出して、期間の終盤には始値から大きく下回っている状態です。
    ● 下影陽線:下ヒゲが長い陽線です。一度下がって上昇している強気の相場です。
    ● 下影陰線:下ヒゲが長い陰線です。大きく値を下げて、少し巻き戻し始めている状態です。
    ● 十字線:実体がなく、始値と終値が同じ状態です。

    トレンドを判断するための単純移動平均線

    単純移動平均線とは、限定した期間の価格の平均を日にちごとにラインを引いたものです。単純移動平均線はさまざまな形で相場トレンドを暗示します。例えば、シンプルに右肩上がりであれば、その期間は上昇トレンドにあるということです。

    ローソク足と同様に、引いたラインの動きで相場の傾向や動く可能性に当たりをつけられます。ローソク足チャートにさまざまな単純移動平均線を当てはめると、次の動きのパターンを読んだり、停滞が続くことを予想したりできます。

    単純移動平均線の支持線

    支持線とは、ある過去につけた評価額の下値と別の下値を結んだラインのことです。このラインは相場の急落を警戒する目安として使われます。支持線分析をした結果、価格が緩やかにラインに近づいていれば、次第に上昇していく傾向が多いとされています。しかし、支持線を突き抜けて価格が下がってしまった場合、上昇せずに大きく落ち込む事例があるため警戒が必要です。

    この支持線は上記のような分析ができるため、保有資産の保持か売りかを判断するラインとして使われます。見た目にも状況が把握しやすいため、含み損を出したくない初心者の方はぜひ覚えておいてほしいラインです。

    単純移動平均線の抵抗線

    抵抗線とは、支持線の逆で過去につけた上値と上値を結んだラインのことを指します。相場がこのラインに届きそうになると、保有商品を売却する人が増える傾向にあります。過去の高い値段に近づくわけですから、確実な利益確保のために売りに出る流れです。

    その一方でこの抵抗線は、突き抜けると大きな上昇が期待できます。そのため話題の銘柄が抵抗線に近づくと、多くの投資家が相場に注目することになります。一般的に抵抗線も支持線も、つなげる点が増えるとより確実性のあるラインが引かれることになります。

    単純移動平均線のゴールデンクロス

    ゴールデンクロスとは、2つの移動平均線をチャートに照らし合わせて交差した線の形で、強気に動く根拠になります。ゴールデンクロスの形が見えることは、下がっていた価格相場が上昇トレンドに乗る可能性が期待できます。ゴールデンクロスの発生条件の1つ目は、短期移動平均線と長期移動平均線の2つどちらも上昇傾向にあることです。

    2つ目の条件は、下降していた短期移動平均線が上昇する長期移動平均線を、さらに鋭い上昇で突き抜けることです。この条件で2つの線がクロスしていたら、投資の世界では一般的に「買い」のサインが出ているということです。1つ見落としてはいけないのが、長期移動平均線が下降していたり停滞していたりせず、上昇していることです。

    単純移動平均線のデッドクロス

    デッドクロスという文字のイメージからして、ゴールデンクロスの逆を予想した人は正解です。長期移動平均線と短期移動平均線の交差がチャートに現れそうになったら警戒が必要です。デッドクロスの形が見えることは、上がっていた価格相場が下降トレンドに切り替わる前触れと考えるのがセオリーです。

    デッドクロスの発生の2つの条件は、ゴールデンクロスの真逆です。短期移動平均線と長期移動平均線の2つどちらも下降傾向にあり短期移動平均線の下がり方が鋭いと、デッドクロスの形がでる危険性があります。相場がデッドクロスを形成したときは、投資の世界では一般的に「売り」のサインが出ているということです。

    ローソク足と移動平均線を組み合わせて分析してみる

    一定の期間の四本値を示すローソク足と、同じく一定期間の価格平均を繋いだ移動平均のラインは組み合わせることで、売買の判断基準が見えてくることがあります。ローソク足と移動平均線の組み合わせは、より信頼性が増すものとされ、それぞれの動きが条件を満たすことをシグナルにして、取引に動く投資家も多く見られます。

    1 移動平均線で定番とされる相場の傾向を洗い出して、次の価格動向を推測する
    2 推測した価格の変動を、一般的なローソク足のパターンと照合する
    3 移動平均線の動きとローソクのパターンがマッチしたら売買する

    インジケーターを活用する

    暗号資産(仮想通貨)のトレードで利益を出すためには、インジケーターを活用しましょう。チャート分析ツールを利用すると、さまざまなインジケーターをチャートに反映させることができます。インジケーターをうまく使って、売買取引のタイミングの判断分析に役立てましょう。インジケーターは2つのタイプに分類できます。

    トレンド系

    トレンド系のインジケーターは、中長期といわれる比較的長い期間を対象とした相場の傾向を読むために用いられます。代表的なトレンド系インジケーターは以下の4つです。

    1. SMA(単純移動平均線):特定期間の合計金額の平均値をグラフにしたもので、長期になるほど値動きの傾向が見えやすい
    2. ポリンジャーバンド:統計学に基づいた5本のラインを引いて相場の傾向を予想するもの
    3. 一目均衡表(いちもくきんこうひょう):日本で長く使われている5本のラインとローソク足を使ったもの
    4. EMA(指数移動平均線):SMAではわかりづらかった短期間の相場傾向の参考になるもの

    オシレーター系

    オシレーター系のインジケーターは、現時点の価格分析をして短期売買取引の判断基準に用いられます。代表的なオシレーター系のインジケーターは、以下の5つです。

    1. MACD(マックディー):売買のタイミングを見極めることに重きを置いたもので、多くのトレーダーに支持されている
    2. RSI(相対力指数):表示される1本のラインで市場の売買取引割合を見られるもので、買われすぎや売られすぎを確認できる
    3. DMI(方向性指数):表示される3本のラインで現時点の相場の強さを判断できるもので、傾向の分析も可能
    4. RCI(順位相関指数):相場の大きな上下変動を分析するもので、反落や反騰を狙うのに使われることが多い
    5. ストキャスティクス:特定した期間で表示する2本のラインで、現時点の価格がどの程度の評価なのかがわかるもの

    初心者におすすめな暗号資産取引所ランキング

    それでは実際に暗号資産取引をするために、当サイトおすすめの取引所ランキングを紹介します。それぞれのメリット・デメリットをまとめましたので、暗号資産取引を始めたい人はぜひ参考にして下さい。

    第1位 DMM Bitcoin

    DMM Bitcoin

    DMM Bitcoinのメリット DMM Bitcoinのデメリット
    ・DMMグループの技術力による安心のセキュリティ体制
    ・レバレッジ取引ができる
    ・LINEを利用したサポートを利用できる
    ・取引アプリが利用しやすい
    ・現物取引可能な通貨が少ない
    ・取引所形式での売買が利用できない

    第2位 Coincheck

    Coincheck

    Coincheckのメリット Coincheckのデメリット
    ・取引可能な通貨の種類が多い
    ・マネックスグループが親会社なので安心 分析方法や分析ツールについて解説
    ・サイトが初心者にも使いやすい
    ・日本円から直接購入可能
    ・スマホアプリの操作性が良い
    ・スプレッドが広めに設定されている
    ・過去にハッキングにあっている
    ・多くのアルトコインが販売所でしか購入できない

    第3位 bitFlyer

    bitFlyer

    bitFlyerのメリット bitFlyerのデメリット
    ・ビットコイン(BTC)の取引量が国内トップクラス
    ・ビットコイン(BTC)のFX取引ができる
    ・スマホアプリが初心者にも使いやすい
    ・レバレッジ取引ができる
    ・銀行の振込手数料が高め
    ・多くのアルトコインの取扱いが販売所のみ
    ・時間帯によってはブラウザが重くなる

    暗号資産(仮想通貨)のチャート分析ツールは値動きの予測にかかせない!

    ここまで暗号資産(仮想通貨)のチャート分析ツールの情報を中心にお伝えしてきました。チャート分析ツールは、値動きの予測をするための必須アイテムと言えます。大手暗号資産(仮想通貨)取引所は、それぞれ異なるチャート分析ツールを用意しており、スマホアプリでも利用できるものもあります。

    ただし基本的なチャートの見方について知識がないと使い方が分からないことも多いため、チャートの見方について勉強し、各種分析ツールを上手く使いこなしましょう

    暗号資産(仮想通貨)のチャートについてよくあるQ&A

    テクニカル分析とはどのようなものですか?

    テクニカル分析とは、チャートや各種インジケーターを用いて今後の価格変動を分析する手法です。過去相場の値動きを元にチャート分析を行い、現時点の相場と照らし合わせることで導いた相関点を根拠に相場の未来を先読みします。

    暗号資産(仮想通貨)の値動きは、過去の値動きと似た動きをする傾向があるとされています。そのため暗号資産とテクニカル分析は相性が良いとされるのが、一般的に多い意見です。ただし、必ず過去と同じ動きをするということはなく、テクニカル分析を過信しすぎるのは危険なので注意してください。

    アプリでもチャート解析できるのはどの暗号資産(仮想通貨)取引所ですか?

    それぞれの暗号資産(仮想通貨)取引所は、スマホアプリをリリースしています。その中で描画機能やインジケーターを使えておすすめなのはDMM BitcoinとGMOコインです。スマホ1台で暗号資産(仮想通貨)の価格チェックや取引だけではなくチャート分析ができます。

    ただしスマホの画面はパソコンディスプレイに比較して小さいため、多くの情報に加えてインジケーターやラインを引くと見づらいというデメリットもあります。そのためテクニカル分析を本格的に始めたい場合は、パソコンでの分析がおすすめです。

    おすすめのチャート分析ツールはどれですか?

    おすすめのチャート分析ツールはTradingViewです。機能性や見やすさ、表示スピードも十分で、各種インジケーターを使ってのチャート分析が可能です。加えて株式やFXチャートも確認できますし、慣れてきたら自分の使いやすいようにカスタマイズできるのが魅力です。

    短期トレードで利益を出すには的確で素早い判断が必要なため、自分が使いやすいツールに仕上げることが重要です。

    一目均衡表とはどのようなものですか?

    一目均衡表とは、チャート状のローソク足と5つのラインを用いて価格の変動を見極めるために使われる分析方法です。暗号資産(仮想通貨)の取引で利益を出すためには、自分が安く購入したときよりも上昇した価格で売却しなくてはなりません。そのためには大きく価格が下がったら買い、大きく上がったら売る必要があります。

    一目均衡表では値動きの少ない相場、つまり停滞して均衡している状態から大きな値動きが期待できる状態を分析できます。基準線や転換線、2つの先行スパンと遅行スパンという5つのラインとローソク足の動きから、売買のタイミングに見当をつけられます。

    ボリンジャーバンドとはどのようなものですか?

    ポリンジャーバンドとはトレンド系インジケーターのひとつで、移動平均線を元に合計5つのラインを使って分析する方法です。移動平均線と価格の動きに統計学を組み入れた分析方法で、アメリカのジョン・ボリンジャー氏が編み出した手法です。価格の動きを標準偏差で割り出したラインが、移動平均線の上と下に2本表示されます。

    高値側のラインに価格が上がることは売りシグナル、逆に安値に動けば買いシグナルと判断できます。短期売買を行う予定の人には、ぜひ取り入れてもらいたいインジケーターです。

    チャート分析ツールを使うことでわかることは何ですか?

    チャート分析ツールを使うと分析結果を根拠として、これから先の相場を予想できます。暗号資産(仮想通貨)や株式、FXなどの値動きは、過去にたどった結果と同様の動きを見せることが多いです。その傾向を前提として、現在の相場をチャート分析ツールで確認し、過去の事例と照らし合わせることで今後どのような値動きをするかを予想します。

    しかし、必ず同じ値動きになるとは限らないため、取引は慎重に行うのがよいとされています。

    チャート分析ツールはどう使うべきですか?

    チャート分析ツールは、自分が分析したい銘柄のチャートとローソク足、インジケーター、描画機能を表示させて使います。ツールを使って行える分析方法は多種多様です。上級トレーダーはツールのさまざまな機能を駆使して、世界の金融情勢も加味しつつ分析と取引を行います。

    しかし、はじめからツールのすべての機能を使うことはできないものです。基本的なローソク足の形や移動平均線の動きを元に、少額で取引をはじめるとよいでしょう。

    チャート分析ツールはどのように選べばいいですか?

    チャート分析ツールを選ぶときは機能性と使いやすさ、見やすさの3点で自分に合うものを選ぶとよいでしょう。機能性は、画面に線を引ける描画機能やツール内のインジケーターのことで、自分の分析方法とマッチしている必要があります。

    使いやすさは、実際にツールを動かす時の操作に違和感がないか、注文がしやすいかなどです。 見やすさは、画面情報に過不足がありすぎないか、色合いが見えにくくないかなどです。

    関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる