入門講座

前回安値のブレイク

前回安値のブレイク

トレンドラインを一時的にブレイクするようなことがあったとしても、ダブルボトムとなって再度反発すればポジションは無駄に損切りされることありません。一時的に含み損を抱えますが、最終的には想定方向に進み成功となります。 前回安値のブレイク トレンドは崩れてない、だから損切りをする必要がないし損切りはされなかった という例です。

(テクニカルを極める)チャートの見方をマスターする!サポートラインとレジスタンスラインを引いてみる編


①の地点は直近の最安値である付近に引ける サポートライン です。
ここが壁となって、チャートは2回底値を試したあとに反発していきました。
一度跳ね返したという実績があるので、2度目は世界中の人々も注目します。
結果的に底が割れなかったため、サポートラインとして機能することになりました。
今後仮にまたこの最安値付近まで落ちてきても、
このサポートラインによって支えられることになります。
②の地点は3つのロウソクの接点から成り立っています。
①の底から上がってくるときは、レジスタンスラインとして機能していましたが、
次の2回目の接点で支持されたときにはサポートラインとして
意識されるようになりました。
後述しますが、このように水平線はレジスタンスとサポートの効果が
逆転する性質を兼ね備えているのです。
③の地点は、同様に直近高値の3つのロウソクの接点になる位置に引きました。
これがレジスタンスラインになります。
水平に引けるラインは往々にして、キリのいい値段付近に集まります。
例えばドル円が100 円近辺などでは高確率でレジスタンスやサポートラインが発生します。
これを ラウンドナンバー とも呼びますが、
③のラインも同様にラウンドナンバー付近で、
長い間レジスタンスラインとして機能しています。
このように、直近のチャートを使って、支持の強い水平線を3本引くことができました。
引くときは2本以上のロウソクの接点となっているところを選びます。
なるべくヒゲから引きますが、場所によってはロウソクの胴体が接点となっているところもあります。
ロウソク足の胴体を使ってラインを引くか、
ヒゲを使って専門書や人によって諸説色々ありますが、バランスの良いところを目分量で引くようにすればOKです。
なぜならば、水平線というものは、人の心理的な働きによって作られるラインなので
「どのあたりに大勢が利益確定をしたり、損切をしたりするラインがありそうか?」
というのを見つけることさえできれば、それで十分なのです。
あまり神経質にならずに引いてみてください。

水平線はチャートが通過すると効力が逆転する

また、水平線には重要な特徴があります。
水平線はチャートが通過すると効力が逆転するのです。
抵抗線(レジスタンスライン)をチャートが上に抜けたあと、
その抵抗線 前回安値のブレイク に支えられて上がっていった場合は、
その線はすでに支持線(サポー トライン)に変化しています。
また、支持線を下に抜けたあと、その支持線(サポートライン)に頭を抑えられて
下がっていった場合は、その線はすでに抵抗線(レジスタンス ライン)に
変化しているということです。
上のチャートで見ると②の地点がまさにそうです。
②の地点は①の底から上がってくるときは、
レジスタンスライン として機能していましたが、
次の2回目の接点で支持されたときには、
サポートライン として意識されるようになりました。
このように水平線はチャートが反対側に抜けると、
性質が逆転することを覚えておいてください。
ただし、抵抗線と支持線いずれも、ガラスのように割れたらおしまいというものではなく、
ゴムのように弾力があるものです。 例えばドル円の100円に抵抗線があり、
そこを少し飛び出してまだ抵抗線として機能している場合がほとんどです。
ゴムのように弾力性があって、多少押し込まれても受け止めて弾き返すことができる。
そんなイメージです。
このように支持線や抵抗線をやや押し込んで進むケースを オーバーシュート といいます。
オーバーシュートは急に相場が上がり下がりしたので、
駆け込み乗車のように急いで売り買いしようとした人が殺到するために起こる現象です。
オーバーシュートはカウンタートレードの餌食になるので、
急激な上昇や下落のときには安易に乗らないようにしてください。
オーバーシュート部分は、ロウソクで見ると後々ヒゲになっ ていることがほとんどです。
上のチャートで見ると③のラインの右側の山がオーバーシュートに該当します。
一時的にレジスタンスを突破し、急騰しましたが、これはオーバー シュートとなって、
すぐにチャートはまたレジスタンス付近に下がっていきました。

ブレイクを見逃さず、利益を得る

ただし、水平線を確実に破っていったときは、 ブレイク といいます。
先ほどの例では、レジスタンスを抜けて例えば、50銭くらい突き抜けたあと、
またレジスタンスラインが支持線となりチャートがどんどん上に進んでいった場合は、
オーバーシュートではなく、ブレイクとなります。
上のチャートで見ると②のラインを最初に下抜いたときと、
次に上抜いたときがブレイクに当たります。
ブレイクをすると短時間に相場はつき抜けた方向に急進することになるので、
これを狙っている投資家がたくさんいます。
チャートがブレイクしたら逆方向にトレードをしていたら
すぐに損切をしないとどんどん損が膨らみます。
反対にブレイク方向にトレードをしていたのであれば、
長い間ポジションを所持することができるので、
じっくりと利益を伸ばしていけるチャンスです。
このように、チャートに水平の線を引くだけで、
トレーダーの心理状況や、利益確定・ 損切のポイントなどが割り出せます。
日頃から水平線を引いてみて、実際にそこに来たときに相場がどのように動くか
という観察を積み重ねていってください。
【前回の記事はこちら】
(テクニカルを極める)チャートの見方をマスターする!
デイトレードをしなくても、FXで月5万円の利益を生む方法を知りたい人はこちら

■超直感!MT4プログラミング講座 第37回 ブレイクアウトシステムのEA作成(2)

MT4(MQL4)プログラミング講座

おはようございます。キリンです。
日本、負けてしまいましたね。
でも、すごい感動しました。
すごい夢をもらいました。
優勝っていう言葉も、ちょっと期待させてもらいました。
できないじゃない。やるかやらないかだ。
日本の選手たちは、しっかりとやった。
それが一番大事なんだと思います。
結束力の素晴らしい今年のチームはまさに「最高」でした!
胸張って帰ってきてくださいね!!

■ブレイクアウトシステムの条件
1.長期間の高値(安値)ブレイクでエントリー
2.短期間の高値(安値)で決済
というのが今回の作成するシステムの主要ロジックです。
損切りは逆指値で行うことにします。
まず、期間の指定を外部パラメータで指定します。 前回安値のブレイク

こんな感じですね。
では、これを使って主要ロジック部を組み立ててみます。

こんな感じですね。
安値、高値とClose[0]とを比較してエントリーをさせています。
コメント部分は、発注やポジションの確認などのスプリクトを導入する箇所です。
分かりやすいようにコメントにしてみました。
主要ロジック部はこのようにたった数行で現せてしまうんですね。
意外にすごく簡単なんです。
ちょっと気をつけていたきたいのが、iLowest関数の最後の引数が 前回安値のブレイク 1 になっていることです。
一本前までの高値、安値を引っ張り出してるんですね。
直近を考えてしまうと、直近の部分の安値を算出してしまう場合があり、
正しく動作しません。
分かりやすいようにClose[0]を使った比較の方法を書きましたが、
実は、iLowestの特性を使えばサポレジブレイクの判断方法には、他にもやり方があるんです。
それについては次回お話します。
ヒントとしては、iLowestは一定期間の安値の場所が変えるのだから・・・ということです。
みなさんでも考えていただければと^^
次回までの宿題です♪ 前回安値のブレイク
この時点で分からないことがあったら、後々かなりつまづきますので
早めに質問していただければと思います。
今日もお読みいただきまして、ありがとうございます!

前回安値のブレイク

私の6年のノウハウを詰め込んだFXトレード講座を開講中!
<メルマガ読者さん限定プレゼント>
☆「トレードにおける勝ちやすい場面 」
~安定して勝ち続けるには、〇〇と〇〇をすればいい!~

FX メルマガブログ

応援クリックお願いします!

あやの欲しい物リスト

あやのプロフィール

このままではダメだと一念発起し、花屋のアルバイトをやめ、リアルトレードを封印&FX検証生活だけの日々を送る。
相場の本質と資金管理を独自に研究し、晴れて勝ち組トレーダへ。スキャルピングを得意とする。
初心者でも相場感を養うことができる「環境認識」を確立し、広める。

FXセミナーを多数開催。
「あや読者さんから、一人でも多くの、ハッピー勝ち組を生み出す」というミッションは、自分が苦労した勝てない時代があったからこそ、伝えられる【私にしかできないこと】。
「勝つための秘訣やノウハウ」などを体験をもとに伝えたいという心の底からの願い。

Twitter フォローしてね♡

人気記事ベスト10

  • Forex Testerのプランはどれを選べば良い?
  • 【限定割引・特典付】ForexTester5をプロトレーダーが絶賛!勝ち組が必ず使っている理由とは?
  • ポンド円 環境認識&トレード戦略 2022/05/24
  • トレードの優位性の一つ 【前日の高値安値】
  • 【保存版】FX検証ソフトを5つ徹底比較&オススメ検証ソフト3選
  • 移動平均線 (MA)を使ったトレードや環境認識を最高に楽にするインジケータ MTFMA
  • ポンド円 環境認識 2022/05/20
  • FXの利益を出金するタイミング
  • ポンド円 環境認識&トレード戦略 2022/05/27
  • ポンド円 環境認識 2022/05/18

FXセミナー

最近の投稿

  • ポンド円 環境認識 2022/06/02
  • ポンド円 環境認識 2022/06/01
  • ポンド円 環境認識 2022/05/31
  • ドル円&ポンド円 環境認識 2022/05/30
  • ポンド円 環境認識&トレード戦略 2022/05/27

最近のコメント

    に あや より に ジョン より に あや より に ひろき より に あや より

カテゴリー

FXブログ 女性トレーダーあや 「初心者も自由LIFEをつかむ方法」

【免責事項】 当ブログは情報提供を唯一の目的としたものであり、収益の保証、或いは直接的に投資助言業務、投資勧誘を行うものではありません。 本情報は記事作成日時点で、信頼できると思われるデータや情報に基づいて作成しておりますが、その正確性について保証するものではありません。 前回安値のブレイク 本情報の取り扱いについては、利用者の責任において行って頂きますようお願いいたします。 当ブログを参考にして行われたトレードや、メルマガなどから発信される内容およびコンテンツによって いかなる損害が生じましても一切の責任を負いませんので予めご了承ください。 【著作権】 当ブログ「初心者も自由LIFEをつかむ方法」に掲載されている文章・画像・構成など、全てのコンテンツの著作権は当ブログの製作者であるAYAに帰属します。 これらの著作権は、各国の著作権法・各種条約・その他の法律で保護されています。 全てのコンテンツについて、転載・転用・改変等、許可なく利用することを固く禁止します。 著作権侵害については担当弁護士より関係機関に通報いたします。 【あやからの一言】 当ブログは、 2014年3月 より始めさせていただいております。 挫折せずにここまで続けられてきたのも、 ひとえに皆様からのご支持あってのことです。 これからも、アウトプットを兼ねながら、皆様に優良な情報をシェアできるように頑張って更新します。どうぞよろしくお願いします。 あや

ブログコンテンツ

ソーシャルメディア

© Copyright 2022 FXブログ 女性トレーダーあや 「初心者も自由LIFEをつかむ方法」. All rights reserved./プライバシーポリシー

逆指値注文勉強会(基本編)|ストップの考え方を変えるだけで勝率もPFも大幅に変わる

トレード手法

本記事では、トレードを仕掛けると同時に設定する「 逆指値(ストップ)注文 」の基本的な考え方について、一般に語られるプライスアクションパターンを例に紹介します。

逆指値注文(損切り位置の確定)はトレードを行うかどうかを決める重要な要素のひとつです。逆指値の考え方ひとつ変わるだけで、 トレードの考え方だけでなく結果(残高)が驚くぐらい変わる ということを実感していただけたらと思い、記事にしました。

多くの書籍や動画・WEBサイトでは「どのようなパターン(条件)でトレードを仕掛けるか」について多くの手法が紹介されていますが、 「損切り」や「逆指値」についてはあまり書かれていない と思います。その様は「その手法は必ず成功するから逆指値など不要だ」と言わんばかりです。

しかし、トレード「手法」において一丁目一番地といえるのは、いつ仕掛けるかよりも その仕掛けの損切りはどこでするのかについて学ぶこと だと私は思います。そもそもストップが決まらないことにはトレードを執行するかどうかの判断もできませんし、ロットサイズも決められないからです。

トレードというと仕掛けるタイミングに注目がいきがちですが、仕掛けた後に 前回安値のブレイク いつ利食うか(ポジションを決済するか) いつストップを動かすか(建値、直近高値・安値へのトレール的移動) という2点についても前々から考えて.

そこで本記事では、トレードを仕掛けると同時に設定する 「逆指値注文」の基本的な考え方 前回安値のブレイク について、一般に語られるプライスアクションを例に紹介します。

逆指値注文の基本的な考え方(上昇チャネル時のロング)

上図のような上昇トレンド(上昇チャネル)において、 トレンドラインで反発したところで買い、直近高値到達で利確するトレード を例に、適切な逆指値注文位置について考えたいと思います。

理屈(ダウ理論)からして「適切でない」逆指値位置

この逆指値の場所は一見合理的に見えるかもしれません。しかし……理論的、具体的には ダウ理論的に適切でない といえます。


例えば再度安値Aを試すような展開が生じ、安値Aを切り下げない安値B’を記録してから上昇するような展開が生じた場合(わりとよくある)、 トレンドが崩れていないにも関わらずポジションだけはきっちり狩られてしまいます (上図)。

予想通りの展開が生じたのに なぜかポジションはないどころか残高が減っています 。これはたまったものではありません。

トレンドに対して適切ではあるが理屈としては「適切でない」逆指値位置


トレンドラインを一時的にブレイクするようなことがあったとしても、ダブルボトムとなって再度反発すればポジションは無駄に損切りされることありません。一時的に含み損を抱えますが、最終的には想定方向に進み成功となります。 トレンドは崩れてない、だから損切りをする必要がないし損切りはされなかった という例です。


明確にトレンドラインをブレイクして安値を更新した場合(上図)は、ポジションは損切りになります。トレンドラインをブレイクした後はそのまま下げ続けることもありますし(急落パターン)、プルバックしてトレンドラインまで到達したあと反転することも考えられます(パターンブレイクプルバック)。

ということで安値Aの少し下に置くのがこのトレードにおける「適切な逆指値位置」となります…… でしょうか? 下図のようなパターンを考えてみたいと思います。

トレンド(チャネル)はブレイクされましたが、 高値切り上げ・安値切り上げの構図が継続 しており、いわゆる 「ダウ理論」的な解釈ではアップトレンドが継続している ことになります。 しかしポジションは損切りされ、損失だけが残る形となっています 。

  1. ダウ理論的にトレンド(アップトレンド)が継続しており、
  2. そのトレンドが継続することに賭け、
  3. 予想通りに進んだ

はずなのに トレードは失敗に終わってしまう可能性がある わけです。

理屈として「適切な」逆指値位置

上記の一連の失敗パターンを単に「運が悪かった」「ツイてなかった」と片付けるのもいいですし、検証において利益を最大化できると判断した上で行っているのであれば否定する気はありませんが(決して「絶対ダメな損切り位置」というわけではない)、ダウ理論的解釈で「 適切な位置 」にストップを置きたいと考えるのであれば、 「既に安値として確定している前回安値(直近安値)より下」に逆指値を設定するのが適切 ということになります(下図)。

トレンドラインをブレイクし安値Aを下回ったが直近安値を下回らなかった場合において、損切りにかかることはありません(下図)。

ポジションが損切りされる時は、前回安値を下回る(=ダウ理論的にアップトレンドからトレンドレスに切り替わる)ときです。いわゆる 前回安値のブレイク 「ダウが崩れた」と呼ばれる状態になったときに初めて損切りがなされる ことになります。

それでも逆指値を安値Bや安値Aの下に置くのが「合理的」と考えてしまう理由

それでもわりと多くのトレーダーが、上記の条件において、「 合理的な損切り位置は安値B(安値A)の下 」と考えてしまいます (※「多くのトレーダー」というのはあくまで筆者の推測。もし大半のトレーダーが安値Bの下でなく安値Aの下に置くと考えられるのであれば、トレーダーで利益を上げている人の割合が5%だとかそんな割合ではないはず……) 。

このような判断をしてしまう理由として 大きく2つの候補 が考えられます。

理由1:必要経費を払いたくない

1つ目は、ストップをより近くに置くことで、 損切りに至った場合の被害を最小限に抑えられると錯覚しているから です。ロットサイズをほぼ固定で仕掛けているタイプのトレーダーにありがちなパターンです。

たしかに、逆指値の位置が建値に近ければ近いほど損失(1回あたりの損切り額)を抑えることはできるかもしれませんが、上記で示したように 成功していたはずのトレードが失敗に終わる確率が上がります 。勝率が下がって利益(PF)も低下するので、精神的にトレードをすることが辛くなっていくと思います(本来うまくいってたはずだからなおさら)。

一番危険なのは、このような失敗を重ねることでついに ストップを置かなくなり、トレンドラインをブレイクしたあともロスカットされるまで塩漬けにするパターン です。ストップを置かなかったことで着実に含み損を増やし、建値に戻ってくるまでお祈りしているトレーダー (厳密には「トレーダー」と呼称すべきでないのかもしれない) 前回安値のブレイク をSNSや動画サイト等で一度は見たことがあるのではないかと思いますが、本記事を読んだ方にはそうなって欲しくないと切に願います。

理由2:一気に儲けたい

2つ目は、ストップをより近くに置くことでロットサイズをより大きくし、 一回のトレードでの利益を大きくしたいと考えるから 前回安値のブレイク です。ロットサイズを損切り幅に応じて調整する(1回の損切りを資産の数パーセントとする)タイプのトレーダーにありがちなパターンです。

ストップが遠くなると資金管理ルール上ロットサイズが小さくなって、うまくいっても利益が小さくなると思うかもしれません。が、 合理性を欠いてまでストップを近づけるてロットサイズを大きくすることは、かえって利益が減ってしまいかねない ということは、上記の例からもお察しいただけるかと思います。

(もしある程度の勝率がすでにあって、)1回あたりのトレードの利益を増やしたいのであれば、損切りを近づけてロットを増やすのではなく、 運用資金を積み増す ことで単位パーセントあたりの額を上げ、ロットサイズを増やすことが最も合理的です。そうすれば結果的に勝率も利益も大幅に増え、1年ほど経過したときには望外の収益が得られていると思います。

BITPoint Weekly Market View(Jun. 25 . 2021)

20210625-01

今年に入ってしばらく止まっていた買いが再び再開される兆候かもしれませんので、チェックが必要でしょう。
さらに、アーク・インベストメントも6月22日の安値をつけた日に、コインベースやグレースケールのBTCETF買い増しをしたことで話題にもなっております。
少し前にマイクロストラテジー社もBTC向けの社債を発行し、数百億円を投じております。
結果、BTCは安値圏で踏ん張りをみせ、一般個人投資家の売りを断続的に吸収しているようです。

中国ではマイニング工場を全般に禁止し、そして一部のBTCは売りに出たのでしょう。 その売りを米国企業がほとんど吸収してしまっているよう考えます。
今週は日足でもBTCの底が入った形状をはじめておりますので、上昇の兆しが見えてきました。
本日も日足から分析していきましょう。

MACDがダイバージェンス!

20210625-btc01

現在価格は390万円弱ですが、一時320万円と前回安値を割り込みヒヤリとした局面がありました。
しかしながら、下ヒゲで反発、サポートラインは騙しとなっている格好です。MACDはしっかりとダイバージェンスを発生させてくれましたので、このシグナルは絶好の合図となるかもしれません。
ポイントとしては、先週買った投資家も、高値ブレイク後、安値をブレイクし、資金繰りの苦しかった投資家は大半が投げ売りを強制されている可能性があります。 上昇トレンドなのか、下降トレンドなのかも判断がつきにくいので、とりあえず、売ってしまう投資家が多いフェーズとなります。(=相場が底)

今回の安値ブレイクから反転値動きはかなりポジティブに捉えても良いでしょう。
ターゲットは直近高値である450万円ですが、ひとまず週末は400万円を目指す展開ではないでしょうか。
1時間足で詳細をみていきましょう。

20210625-btc02

1時間足ですと、トレンドラインに沿った形で上昇していることがわかります。
相場は一定のリズムを刻みやすいので、仮に週末、このまま上昇相場を演じるなら、このトレンドラインからの押し目買いが有効になるかもしれません。
しっかりとした押し目を待ちたいならば、直近のサポートラインが引ける360万円付近からの買いをおすすめします。

20210625-btc03

アルトコイン→Bitcoinへ。
この流れはしばらく止まらないと予想し、基本的にはアルトコイン投資は休憩、Bitcoin中心のポートフォリオで考えております。
もうここ1ヶ月以上、申し上げ続けておりますが、この相場観に変更はありません。
50%を目指し、レジスタンスである52%付近を目先目指す展開だと予想します。
そしてこのBTC中心の投資戦略は7月中旬までを予定しております。

Ethereum2.0デポジットコントラクトは10万ETH超え

20210625-eth01

今夏のEthereumアップデート期待も止むことはなさそうです。
ここ最近の急落は、投資家にとって手痛い出来事だったと思いますが、最終的にEthereumも強気に変わっていくと予想します。
相場はサイクルがあり、BTC上昇フェーズ→Ethereum上昇フェーズ→比較的時価総額の高いアルトコイン上昇フェーズ→なんでも上がるフェーズ(笑)このサイクルは長年経っても、同じです。

そしてETHですが、安値をわずかに先日下回りましたが、サポートラインで止められた誤差と言って問題はないでしょう。
ただし、Bitcoin日足チャートと見比べてみればおわかりになる通り、やはり明らかに下落角度が直近は厳しいものとなりました。
ですので、あまり無理したくないのが本音です。
ポートフォリオの比率がかなり小さくしていたのはこれが理由で、前々から申し上げていました通り、BTC中心の戦略は正解だったと自負をしております。
口座残高は減りしているものの、かなりうまく立ち回れたと考えます。
引き続きこのようなアルトコイン全般が軟調になるかもしれませんが、Bitcoinは比較的底堅く、踏ん張ってくれる相場をイメージしております。

ひろぴー

FX&Cryptoトレーダー、業界ニックネームは「ひろぴー」。
ラジオ日経パーソナリティ、FX会社や暗号資産取引所コラムニスト。
CXRエンジニアリング株式会社では、店頭FX取引業者や暗号資産取引所向けのシステム受託開発の請け負っている。
2019年7月より TradingView Japan の Marketing Director も兼務。
Twitterのフォロワーは2万5000人程 @hiropi_fx(2020年10月現在)

免責事項・注意事項
本相場展望は執筆者の個人的見解であり、株式会社ビットポイントジャパンの公式見解を示すものではありません。また、情報提供を目的としたものであり、ビットコインをはじめとするいかなる商品についても売買の勧誘・推奨を目的としたものではありません。
本相場展望は信頼できると思われる各種データをもとに作成されていますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる