外為ニュース

レバレッジ入門

レバレッジ入門
下落相場

仮想通貨(ビットコイン)のレバレッジ取引とは?特徴を解説

仮想通貨のレバレッジ取引とは、証拠金を口座に預け入れ、それを担保にすることで証拠金の何倍もの金額を取引できる仕組みのことです。
現物取引のように実際に仮想通貨を交換する取引とは異なります。
また、レバレッジ取引の場合、将来的に値下がりすることを期待し、まず仮想通貨を売却し、値下がりした時点で買い戻す取引が可能であるため、価格が下落した際にも収益を得られる可能性があります。こちらの点も現物取引とは異なります。

現物取引とレバレッジ取引の違い

g_11_02_01.png

現物取引

g_11_02_03.png

レバレッジ取引

レバレッジ取引の特徴

  1. 下落相場でも利益を狙える
    レバレッジ取引では「将来、価格が下落すると判断して価格が高いときに仮想通貨を売って、価格が下がったタイミングで買い戻す」といったことで、現物取引ではできない、下落相場でも収益を狙える取引ができます。
    ビットコインなどの仮想通貨の価格は、上昇相場の場合もあれば、下落相場の場合もあります。レバレッジ取引であれば、どちらの相場状況であっても収益を狙える取引が可能です。
    • 予想に反して相場が上昇した場合は損失を被る可能性があります。
    レバレッジ取引現物取引
    上昇相場価格が低い時に仮想通貨を買って、価格が上がったタイミングで売却することで利益を狙うことが可能。価格が低い時に仮想通貨を買って、価格が上がったタイミングで売却することで利益を狙うことが可能。
    下落相場価格が高い時に仮想通貨を売って、価格が下がったタイミングで買い戻すことで利益を狙うことが可能。

g_11_03_01.png

上昇相場

g_11_03_02.png

下落相場

注意事項
こちらのページは、情報提供のみを目的としており、仮想通貨取引等の勧誘を目的としたものではございません。
売買はご自身の判断にて行ってください。
また、お客さまがこの情報をご利用されたことによる行動の一切について責任を負うものではありません。 レバレッジ入門
当社は情報提供のためコンテンツを掲載しておりますが、この情報の正確性・完全性を保証するものではありません。

CLO投資入門―急成長する資産クラスのストラクチャーと市場メカニズム

CLO投資入門―急成長する資産クラスのストラクチャーと市場メカニズム

第1章 CLO概論
Ⅰ CLOとは何か
Ⅱ 資産クラスとしてのCLO
Ⅲ CLOの市場概要
第2章 レバレッジド・ローン市場
Ⅰ レバレッジド・ローンとは何か
Ⅱ レバレッジド・ローンの市場概要
Ⅲ レバレッジド・ローンの条件・特徴
Ⅳ スペシャル・シチュエーション
Ⅴ レバレッジド・ローン投資のリスクとリターン
第3章 CLOのストラクチャー
Ⅰ レバレッジ入門 基本ストラクチャー
Ⅱ CLOの組成プロセス
Ⅲ CLOのストラクチャーの変遷
Ⅳ 欧州CLOのストラクチャー
第4章 ミドル・マーケットCLO
Ⅰ ミドル・マーケット・ローン市場
Ⅱ ミドル・マーケットCLO
第5章 CLOマネージャー
Ⅰ CLOマネージャーの役割と組織
Ⅱ CLOマネージャーのデュー・ディリジェンス
Ⅲ 担保資産運用契約とマネージャーの交代
第6章 CLO投資のリスクとリターン
Ⅰ クレジット・ポートフォリオの損失分布
Ⅱ CLO投資におけるリスク
Ⅲ CLOのストラクチャーとパフォーマンス
Ⅳ CLOのリスク管理ツール
第7章 規制環境
Ⅰ リスク・リテンション規制
Ⅱ ボルカー・ルールとカバード・ファンド
第8章 格付手法
Ⅰ 格付概論
Ⅱ Moodyユsの格付規準
Ⅲ S&Pの格付規準
Ⅳ Fitchの格付規準

松井 剛(まつい ごう)
ナティクシス日本証券 金融商品開発部長
東京大学経済学部卒業後、メリルリンチ日本証券(現BofA証券)入社。BNPパリバ証券クレジット商品開発部長を経て現職。市場初のアジアのローンを担保としたCLOであるClearwater Capital Partners CLO(The Asset magazine 2006 Triple A Derivatives and Structured Products Awardsにおいてthe Best Cash CDOを受賞)のディール・メンバーの一員としてモデリング・ストラクチャリングを担当するなど、CLO、クレジット商品を中心に幅広いストラクチャード商品の組成、マーケティングの経験を有する

「レバレッジ」の意味を分かりやすく解説! レバレッジ取引のメリット・デメリット

(2022/5/24更新)

(2022/5/20更新)

シリーズ連載: アメリカ・ロサンゼルスで不動産投資 7年で1億円

(2022/5/27更新)

シリーズ連載: HOME'S PRESS編集部

(2022/5/17更新)

シリーズ連載: 2018/9/15+16 投資EXPO出展企業インタビュー

シリーズ連載: CPM®流「相続・不動産経営 実践術」 右手 康登のコンサル「みぎからひだりへ」

シリーズ連載: 悩める投資家への「目からウロコが落ちる」アドバイス 誌上チャレンジ面談

人気コラムキーワード

不動産投資用物件を検索する

注目のコラムランキング

  1. 不動産ブローカーとは?アメリカとの違いや実態を解説
  2. 20代の平均貯金額と中央値はいくら?|毎月手取りの10%を貯金するコツ
  3. 投資シミュレーション【一括投資 VS 積立投資】収益性が高いのはどっち?
  4. 「仲介手数料は0.5カ月分が上限」判決が与える賃貸オーナーへの影響は?
  5. 【徹底比較】不動産投資ローンに積極的な銀行・金利一覧とフルローンの現状

LIFULL HOME'S 不動産投資編集部の新着コラム

Pick UP パートナー企業

注目の不動産投資パートナー企業特集 賃貸経営の集客~出口戦略を徹底サポート!

一棟収益物件 売却査定サービス

不動産投資・収益物件を検索するなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】賃貸経営[マンション経営・アパート経営]をお考えなら、まずは掲載中の投資物件[投資用マンション・売りアパート・一棟売りマンション]を地域や価格帯、会社で検索して、価格や想定利回りで絞り込み!気になる投資物件を見つけたら物件の周辺情報を調べたり、収益シミュレーションを使って実際の運用をイメージ出来ます。不動産会社へはメールか電話でお問い合わせ・相談が可能です(無料)。不動産投資による資産運用をお考えなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる