FX デモ取引

ボリンジャーバンドについて

ボリンジャーバンドについて
ゆん

ボリンジャーバンドとは FXで使えるボリンジャーバンドの設定方法

ボリンジャーバンド

何百ものテクニカルインジケーターの中で、ダブルボリンジャーバンドは特におすすめといえます。豊富で実用的な情報を提供してくれます。通貨ペアがトレンド、レンジどちらにあるか、トレンドの方向性がどちらにあるか、そしてトレンドがいつ終了したかを教えてくれます。さらに、標準的なボリンジャーバンドの設定を行えば、トレーダーは、エントリーポイントとストップロスを置くための適切なポイントを設定することができます。

ボリンジャーバンドとは何か、ダブルボリンジャーバンドはなぜ有効なのか

ボリンジャーバンドとは

ボリンジャーバンドの設定

ボリンジャーバンドとは

ボリンジャーバンドの式

  • ミドルバンド=20日単純移動平均線(SMA)
  • バンド上限=20日SMA+(価格の20日標準偏差σの2倍)
  • バンド下限=20日SMA-(価格の20日標準偏差σの2倍)

ボリンジャーバンドの使い方

ボリンジャーバンドの修正

  • 強いトレンドに乗り続けるか、もしくは、新たなポジションを持つべきか。
  • そろそろ利益を確定するか、逆張りトレードの準備をすべきか。

ダブルボリンジャーバンドの基本

  • DBB買いゾーン:価格がこの上段ゾーン(上段の2本のライン、A1とB1の間)にある場合、上昇トレンドが強く、継続する可能性が高いことを意味します。ローソク足がこの一番上のゾーンで推移し続ける限り、ロングポジションを持つか、ショートポジションを手仕舞うか、回避する方が得策です。
  • DBB売りゾーン:価格が下段ゾーン(下段の2本のライン、A2とB2の間)にある場合、下降トレンドが強く、継続する可能性が高いことを意味します。これは、ローソク足がこのゾーンで推移する限り、ショートでエントリーするか保持し、ロングポジションを決済するか回避する方が得策です。
  • DBBニュートラルゾーン:価格が1σのバンド(B1とB2)で囲まれたエリア内にある場合、強いトレンドはありません。ボリンジャーバンドの基準となる20日単純移動平均線(C)は、このゾーンの中心にあります。通常、このゾーンで1~3本のローソク足が確定した場合は、トレンドが弱くなっているため、取引を終了するシグナルとなります。
  • 通貨ペアが買いゾーンまたは売りゾーン(上の1σの線より上または下の1σの線より下)にある場合、取引を継続に十分な強さのトレンドがあります。
  • 通貨ペアがニュートラルゾーン(1のσ線の間)内にある場合、それはレンジ内にあります。トレードするために必要な勢いがありません。上下チャネルのレンジで取引することは可能かもしれませんが、急激な値動きにより思わぬ損失を被る可能性もあるため、リスクが高いといえます。

FXでダブルボリンジャーバンドを使う際の4つのルール

  • ルール1: 価格がダブルボリンジャーバンドの範囲内かそれ以下になったらショートをする。価格がボリンジャーバンドの下2つの売りゾーン(ボリンジャーバンドの下2つの線に囲まれている) の範囲内かそれ以下にある限り、下降モメンタムが非常に強く、下降トレンドを続く可能性が高いといえます。これは、新しいショートポジションをエントリーするタイミングです。
  • ルール2: 価格がダブルボリンジャーバンドの買いゾーン(ボリンジャーバンドの上2つの線に囲まれている)の範囲内または上にある場合は、ロングをします。価格が2つのボリンジャーバンドの上段にある限り、上昇モメンタムは非常に強く、トレンドが上向きに推移する可能性が高くなります。ロングポジションを新規にエントリーするタイミングです。
    ボリンジャーバンドについて
  • ルール3:価格が買いゾーンと売りゾーンの間にあるときは、レンジトレードをします。価格が上下1σのボリンジャーバンドの中間ゾーンにある場合、トレンドは強くないため、トレンドが継続することを示唆する十分なファンダメンタルズの要素や他のテクニカル指標からのシグナルがない限り、取引はしないでください。もしくは、レンジトレードモードに思考をシフトし、チャネルラインにある場合は、エントリーとエグジットポイントとして機能するので安値と高値を探しましょう。
  • ルール4 :価格が買いまたは売りゾーンに戻るまで待つか、または部分的なポジションを取ることによってリスクを最小限に抑えることができます。このルールは、強いトレンドを追いかけているときにトップで買ってしまったり、ボトムで売ってしまったりするリスクを軽減しようとするものです。このルールを実行するのは簡単ではありません。他のテクニカルやファンダメンタルズの要因をどれだけ正確に理解して、正しいトレードをできるかどうかにかかっています。

ルール4の重要ポイント:他のテクニカルインジケーターやファンダメンタルズデータとの大きな矛盾があってはなりません。もし矛盾がある場合は、その場を離れ、状況が明らかになるまで取引をしないことが大切です。

ボリンジャーバンドとは FXで使えるボリンジャーバンドの設定方法

ボリンジャーバンド

何百ものテクニカルインジケーターの中で、ダブルボリンジャーバンドは特におすすめといえます。豊富で実用的な情報を提供してくれます。通貨ペアがトレンド、レンジどちらにあるか、トレンドの方向性がどちらにあるか、そしてトレンドがいつ終了したかを教えてくれます。さらに、標準的なボリンジャーバンドの設定を行えば、トレーダーは、エントリーポイントとストップロスを置くための適切なポイントを設定することができます。

ボリンジャーバンドとは何か、ダブルボリンジャーバンドはなぜ有効なのか

ボリンジャーバンドとは

ボリンジャーバンドの設定

ボリンジャーバンドとは

ボリンジャーバンドの式

  • ミドルバンド=20日単純移動平均線(SMA)
  • バンド上限=20日SMA+(価格の20日標準偏差σの2倍)
  • バンド下限=20日SMA-(価格の20日標準偏差σの2倍)

ボリンジャーバンドの使い方

ボリンジャーバンドの修正

  • 強いトレンドに乗り続けるか、もしくは、新たなポジションを持つべきか。
  • そろそろ利益を確定するか、逆張りトレードの準備をすべきか。

ダブルボリンジャーバンドの基本

  • DBB買いゾーン:価格がこの上段ゾーン(上段の2本のライン、A1とB1の間)にある場合、上昇トレンドが強く、継続する可能性が高いことを意味します。ローソク足がこの一番上のゾーンで推移し続ける限り、ロングポジションを持つか、ショートポジションを手仕舞うか、回避する方が得策です。
  • DBB売りゾーン:価格が下段ゾーン(下段の2本のライン、A2とB2の間)にある場合、下降トレンドが強く、継続する可能性が高いことを意味します。これは、ローソク足がこのゾーンで推移する限り、ショートでエントリーするか保持し、ロングポジションを決済するか回避する方が得策です。
  • DBBニュートラルゾーン:価格が1σのバンド(B1とB2)で囲まれたエリア内にある場合、強いトレンドはありません。ボリンジャーバンドの基準となる20日単純移動平均線(C)は、このゾーンの中心にあります。通常、このゾーンで1~3本のローソク足が確定した場合は、トレンドが弱くなっているため、取引を終了するシグナルとなります。
  • 通貨ペアが買いゾーンまたは売りゾーン(上の1σの線より上または下の1σの線より下)にある場合、取引を継続に十分な強さのトレンドがあります。
  • 通貨ペアがニュートラルゾーン(1のσ線の間)内にある場合、それはレンジ内にあります。トレードするために必要な勢いがありません。上下チャネルのレンジで取引することは可能かもしれませんが、急激な値動きにより思わぬ損失を被る可能性もあるため、リスクが高いといえます。

FXでダブルボリンジャーバンドを使う際の4つのルール

  • ルール1: 価格がダブルボリンジャーバンドの範囲内かそれ以下になったらショートをする。価格がボリンジャーバンドの下2つの売りゾーン(ボリンジャーバンドの下2つの線に囲まれている) の範囲内かそれ以下にある限り、下降モメンタムが非常に強く、下降トレンドを続く可能性が高いといえます。これは、新しいショートポジションをエントリーするタイミングです。
  • ルール2: 価格がダブルボリンジャーバンドの買いゾーン(ボリンジャーバンドの上2つの線に囲まれている)の範囲内または上にある場合は、ロングをします。価格が2つのボリンジャーバンドの上段にある限り、上昇モメンタムは非常に強く、トレンドが上向きに推移する可能性が高くなります。ロングポジションを新規にエントリーするタイミングです。
  • ルール3:価格が買いゾーンと売りゾーンの間にあるときは、レンジトレードをします。価格が上下1σのボリンジャーバンドの中間ゾーンにある場合、トレンドは強くないため、トレンドが継続することを示唆する十分なファンダメンタルズの要素や他のテクニカル指標からのシグナルがない限り、取引はしないでください。もしくは、レンジトレードモードに思考をシフトし、チャネルラインにある場合は、エントリーとエグジットポイントとして機能するので安値と高値を探しましょう。
  • ルール4 :価格が買いまたは売りゾーンに戻るまで待つか、または部分的なポジションを取ることによってリスクを最小限に抑えることができます。このルールは、強いトレンドを追いかけているときにトップで買ってしまったり、ボトムで売ってしまったりするリスクを軽減しようとするものです。このルールを実行するのは簡単ではありません。他のテクニカルやファンダメンタルズの要因をどれだけ正確に理解して、正しいトレードをできるかどうかにかかっています。

ルール4の重要ポイント:他のテクニカルインジケーターやファンダメンタルズデータとの大きな矛盾があってはなりません。もし矛盾がある場合は、その場を離れ、状況が明らかになるまで取引をしないことが大切です。

FX取引ではボリンジャーバンドと移動平均線(MA)はどっちがいいの?

ゆん

FX初心者

ゆん

FX初心者

FXトレードで使うボリンジャーバンドとは

ボラティリティというのは、価格の変動の強弱を表す言葉です。

「ポンド円はボラティリティが高い」とよく聞きますね。

ドル円 ⇒ 62.8ピプス
ポンド円 ⇒ 167.8ピプス

ボリンジャーバンドの見方

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは順張りにも逆張りにも使えるテクニカル指標(インジケーター)です。

ボリンジャーバンド:ミドルライン

ボリンジャーバンド:標準偏差とは

標準偏差のことをシグマと言って、『σ』と表します。

ボリンジャーバンドの±2σの範囲内にレートが収まる確率が95.4%で、±3σの範囲内にレートが収まる確率が100%近いので、その辺りにレートが来たら逆張りするっていうのがボリンジャーバンドの逆張り手法です。

ボリンジャーバンドの入手方法と設定

MT4に最初から入っているインジケーターなので、すぐに出せます。

ボリンジャーバンド設定

ボリンジャーバンド設定

MT4を開いたら、『挿入』⇒ 『インディケータ』⇒ 『トレンド』⇒ 『Bollinger Bands』を選びます。

ボリンジャーバンドプロパティ

ボリンジャーバンドプロパティ

ボリンジャーバンドの順張り手法

レンジ状態だった相場からトレンドが発生すると、バンドがエクスパンション(広がる)ので、トレンド方向についていきます。

ボリンジャーバンドエクスパンション

ボリンジャーバンドエクスパンション

ボリンジャーバンドの逆張り手法

ボリンジャーバンド逆張り

ボリンジャーバンド逆張り

FX取引で使うボリンジャーバンドと移動平均線(MA)はどっちがいい?

なので、トレンド系インジケーター以外のオシレーター系インジケーターを入れるか、インジケーター以外のエリオット波動やダウ理論に基づいた分析を加えるのがいいと思います。

ボリンジャーバンドと移動平均線(MA)を両方ともチャートに入れるなら、移動平均線(MA)は1本にした方がいいですね。

FX取引ではボリンジャーバンドと移動平均線(MA)はどっちがいいの?

FX取引をする時に使うボリンジャーバンドは順張りにも逆張りにも使えるテクニカル指標(インジケーター)です。

プラス3シグマ(+3σ)
プラス2シグマ(+2σ)
プラス1シグマ(+1σ)
ミドルライン
マイナス1シグマ(-1σ)
マイナス2シグマ(-2σ)
マイナス3シグマ(-3σ)

というのは、レートがレンジブレイクをした時に、「また戻るから」と安易にロスカットを置かないでトレードしていると大きなトレンドが出た時に、損失が大きくなるからです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる