初心者におすすめ

取引戦略例

取引戦略例
小売店として事業を成功させるために、戦略を考える際の一般的な流れ・ポイントについて説明します。自身で掲げた経営理念を基に、外部環境と内部環境を分析して経営戦略を考え、それに沿って具体的な運営方法を決めていきましょう。

ヘッジファンドはこれで儲ける!アービトラージ戦略の様々なアイデア=田渕直也

プロフィール:田渕直也(たぶちなおや)
一橋大学経済学部卒。日本長期信用銀行(現新生銀行)入行。デリバティブの商品開発、ディーリング業務に従事。以後、国内大手運用会社ファンドマネージャー、不動産ファンド運営会社社長、生命保険会社執行役員を経て、現在、株式会社ミリタス・フィナンシャル・コンサルティング代表取締役。『図解でわかるランダムウォーク&行動ファイナンス理論のすべて』『確率論的思考』『入門実践金融デリバティブのすべて』(いずれも日本実業出版社)『投資と金融にまつわる12の致命的な誤解について』(ダイヤモンド社)『不確実性超入門』(ディスカバー21)など著書多数。

道に落ちた一万円札拾い。裁定取引の「目のつけどころ」とは?

アービトラージとはどのようなものか

最初に取り上げるトレード戦略は、アービトラージです。

今までアービトラージを「道に落ちた一万円札拾い」に例えてきました。もうちょっとちゃんとした定義をすると、「市場でリスクを負わずに利益を得る機会」がアービトラージの定義です。日本語では裁定(機会)と言います。

端的な例は、同じ商品なのに違う価格で取引できる場合です。

米国では、同じ銘柄の株を複数の取引所で取引できます。アップル株をA取引所で109.61ドルで買い、同時にB取引所で109.62ドルで売ることができれば、リスクなしで1セントの利益が得られます。

通常、そのような価格差が生じるのは一瞬であり、しかも得られる利益はわずかです。でも、リスクのない取引なのだから、もしチャンスがあればいくらでもやればいいのです。一株1セントの利益でも、とてつもない規模でやればそれなりの利益になります。

もっとも、このような純粋なアービトラージの機会は必ずしも多くはありませんし、そうした機会をめぐる競争は非常に激しいものがあります。そこで、投資家たちは、アービトラージの概念を少しずつ緩めていくのです。いくつか例を見ていきましょう。

株価指数先物と現物株の裁定取引

これは、恐らくアービトラージ取引でもっとも有名な取引ではないでしょうか。

たとえば日経平均は、225銘柄の株価の平均から算出されています。そこで、日経平均先物の価格が現物株225銘柄の平均価格から導き出される理論価格よりも高ければ、先物を売って、現物225銘柄を買うのです(取引コストとの兼ね合いで、実際には必ずしも現物全銘柄を買うわけではありませんが)。現物株に対する先物の割高さが解消され、理論通りの価格に戻るときに利益を得られます。

国債アーブ

国債は、いろんな年限のものが取引されていますが、その利回りは年限に沿って一定の関係性を持ち、年限が近いものは利回りも近くなります。その関係を表したものがイールドカーブといわれるものです。ところが、様々な年限の国債の中には、この関係から少しだけずれたところで取引されるものがあるのです。

イールドカーブと裁定機会

理由は様々です。一般に国債市場での取引は一部の代表的銘柄に集中する傾向があり、そうした代表的銘柄(オン・ザ・ラン)は利回りが低くなる傾向があります。債券は利回りと価格が逆の関係なので、価格でいうと高くなっているわけですね。一方で、取引が集中しない銘柄(オフ・ザ・ラン)は、利回りが高く、価格は安くなっています。

また、リオープンといって、ある国債の銘柄が増発されることがあり、その場合には供給増を懸念して一時的にその銘柄が売られる(利回りが高くなる)こともあります。

でも、国債は国債です。割安になっているものを買い(図のA、B)、割高になっているもの(図のC)を売れば、いつかその格差がなくなったところで利益が上がるはずです。

こうした国債アーブも、得られる利益はほんのわずかです。でも、国債アーブのリスクは極めて小さく、また国債はかなり大きな金額でも取引できるため、取引額を大きくすることでそれなりの利益が出るのです。

こうしたアービトラージでは、リスクがゼロかとても小さく、かつ利益率も小さいので、借入などによってレバレッジをかけて、とにかく取引金額を大きくすることがポイントとなっていきます。

小売業の店舗経営|マーケティングや戦略を立てる方法などを紹介

小売店を開業・経営するために必要なこととしては、主に「店舗の立地エリアの選定」「内装整備・設備機材導入」「商品構成・仕入先の選定」「宣伝広告・プロモーション」などがあります。それぞれのポイントを順を追って紹介していきます。

内装工事・設備導入

レジ・管理システムの導入(PR)

仕入れ先の選定、商品の選定

宣伝・プロモーション

個人経営と法人経営の違い

開業する場合、個人事業主として運営するか、法人化するかを選ぶ必要があります。もし会社が赤字となり負債を負った場合、法人の場合は起業者が出資した範囲での負債となり、個人事業主の場合は全ての負債を負うことになります。

個人経営の特徴

法人経営の特徴

小売店の店舗経営のための戦略

小売店として事業を成功させるために、戦略を考える際の一般的な流れ・ポイントについて説明します。自身で掲げた経営理念を基に、外部環境と内部環境を分析して経営戦略を考え、それに沿って具体的な運営方法を決めていきましょう。

SWOT分析を実施する

強み 知り合いの農家から直接仕入れた野菜を販売できる
弱み IT化に遅れを取っており店舗の事務効率が悪い
機会 近くに新しいマンションが建設され、顧客が増加する可能性がある
脅威 取引のある卸業者が廃業する可能性がある

強みを成長機会に生かす戦略 新しいマンションへ新鮮な野菜を強調したチラシの配布をする
機会を生かすために弱みを補強する戦略 販売実績のデータが分析できる高機能なレジを導入する
強みを生かして脅威を切り抜ける戦略 新鮮な野菜の販売を強化し、卸業者の廃業に伴う売上の減少分をカバーする
弱みを踏まえて脅威の影響を抑える戦略 インターネットを活用して新たな卸売業者を開拓する

上記は一例に過ぎず、店舗ごとに存在する強みや弱み、機会と脅威の特徴に合わせて様々な戦略を考えることができます。 売上をさらに伸ばすためには、強み・機会の要素を戦略にしっかりと落とし込む必要があります。脅威や弱みの要素については、それが原因で経営が赤字にならないよう事前に対策を立てることが重要です。 SWOT分析については1度実施したら終わりということではなく、状況の変化を見逃さないよう定期的に分析を行うことが重要です。

ヘッジファンドのレラティブバリュー戦略(リラティブバリュー戦略)とは

0120-104-359

本サイトは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたのもので、金融商品の取得勧誘・販売等を目的としたものではありません。本資料作成においては万全の注意を払っておりますが、本資料に含まれる情報の正確性、更新性に関しては弊社は一切保証していません。また、当該評価は過去の一定期間の実績を分析したものであり、将来の運用成果等を保証したものではございません。銘柄の選択、投資の最終決定は、ご自身の判断でなさるようにお願い致します。「投資助言実績1032.9億円以上」について:当社の投資助言サービスにより顧客が投資決定した投資額の累計(2008年6月~2021年12末 投資決定時・円換算、長期積立投資の場合は総積立期間の投資累計額)。「投資助言会社 顧客満足度 No.1、支持率 No.1について」:調査方法:インターネット調査、調査概要:2020年5月 サイトのイメージ調査、調査提供先:日本トレンドリサーチ。「業界No.1」「第1位」について:2020年12月31日現在の金融庁公表「金融商品取引業者登録一覧」において投資助言・代理業に専業登録している業者のうち、個人向けに海外ファンド(ヘッジファンドを含むより広い対象)を助言対象とし、かつ1,000件以上の投資助言契約を有する国内所在の大手企業各社の投資助言契約額・顧客数を調査(2021年3月 TPCマーケティングリサーチ調べ)。「世界ランキング上位」について:海外の機関投資家向け調査機関(Hedge Fund Research等)が中立的に提供している賞を受賞しているファンドを指します。「世界最高水準の高利回り実績」について:当社が助言対象としている世界ランキング上位のヘッジファンド等の過去の運用実績を指します。「高利回り実績No.取引戦略例 1」について:当社が投資助言対象とするヘッジファンドと、日本国内に流通する投資信託の過去10年間の平均年リターンを比較した結果です(2016年2月末 モーニングスター公表データを拠り所として当社調査済み、SMA/DCは除く全ファンド対象)。「約2000万円から海外著名ヘッジファンドに投資」について:ヘッジファンドへの最低投資額は運用会社の状況によって予告なく変更となる場合があります。本サイトに例示のファンドが常に2000万円から投資できるということは当社は一切保証しません。なお、当社は販売会社ではないため、運用会社となんらの契約関係も無く、運用会社の判断に何らの影響を与えることはできず、最低投資金額を含む運用会社やファンドに関する最新情報・投資機会について、投資助言契約者に対して情報を提供するという立場です。投資判断はお客様自身の判断でなさるようにお願い致します。「人工知能で開発」について:人工知能は、記憶や学習といった人間の知的な活動をコンピューターに肩代わりさせることを目的とした研究や技術のことを指します。「ヘッジファンドに投資するためのトータルコストを最大で半額」について:従来は、大手証券会社や外資系プライベートバンクを通じて、間に投信会社・海外投信会社・海外証券会社を介して海外ヘッジファンドを購入することが普通でしたが、その場合、販売手数料等の中間コストが投資家様の負担になっていました。私たちはお客様がそれらの中間業者をできるだけ回避して海外の著名ヘッジファンドに直接投資できるノウハウを提供しています。その結果、私たちのお客様(日本国内在住の個人投資家)が著名なヘッジファンドに投資するためのトータルのコスト(手数料)は、同じ著名ヘッジファンドへの投資機会を提供できる大手金融機関を介する場合と比べて最大で約半額にすることに成功しています(2015年11月末時点 当社調査済み)。「証券会社や銀行等の販売業者は販売手数料稼ぎに重点を置いた短期の乗換え販売などに偏り、売り手にとって良い商品を薦める」について:金融庁の金融検査結果事例集(平成26年7月30日付け)を参照。「最大級」について:金融庁登録の全投資助言業者における、個人投資家向け海外ファンド助言契約額累計(各社HP上公表値)を元に当社調査(2015年12月3日現在)。「顧客リピート(継続)率97.0%」について:継続率とは当社の投資助言契約に基づく投資に関して2019年度に投資助言対象資産を有するお客様の人数を分母とし、当期中(2020年1月~2020年12月末まで)に売却等により投資助言対象資産残高を有しなくなったお客様を除いた人数を分子として除算した百分率です(小数点第二位を四捨五入)。「メディア掲載事例」について:掲載事例は当社グループに関するもので、メディア名は掲載当時のものです。HPのコンテンツおよび当DVDセミナーのコンテンツでご紹介している投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動や金利の変動により損失が生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任においてお取引いただきますようお願い申し上げます。ヘッジファンドについて:助言対象の著名ヘッジファンドについては、ヘッジファンド側の状況や社会情勢等により日本からの投資受け入れを中止する場合があります。一般的に、ヘッジファンドに投資するためのトータルコストには、証券会社による販売手数料、各種専門家への費用・手数料等、当該ヘッジファンドに投資する際に経由するビークル(国内投資信託)にかかる信託報酬等のコストなどが含まれており、これらは各ファンド毎によって異なります。具体的な金融商品の固有名詞につきましては規制の関係上、弊社との投資助言契約を締結された方にのみ開示しております。当社サイトおよび当社サイトで紹介する資料やセミナーDVDのコンテンツについて:作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、投資知識の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願い致します。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承ください。知的富裕層の投資戦略DVDは、「インテリッチの投資法」の情報を一部アップデート及び改定したものです。 【著作権に関するお願い】当社およびその関係会社が当社Webサイトで提供する文書・映像・音声・その他の著作物および当DVDは、著作権法、およびその他の法律により保護されています。当社の文書での許諾なく、これらの一部又は全部をそのまま又は改変して転載・転用・送信・上映等により利用することは、その目的が営利か非営利か、その手段が電子的か否か、またメディアの如何を問わず禁止します。個人、法人を問わず、当社Webサイトのコンテンツの全部または一部にかかわらず、Webサイトへのコピーや複製など、ミラーサイトまたはそれに準ずる行為ならびに、再販売、再配布、変更、出版(紙および電子的な出版を含む)などの行為を一切禁じます。インターネット上で公開する場合は、個人の運営するホームページであっても、自然に不特定多数の人が利用可能な状態となり、私的利用としての「家庭内その他これに準じる限られた範囲内での使用」を逸脱することになるため、これは無条件には認めておりません。従って、「引用」を行う場合には、必ず出典ページへのリンクを併用していただき、引用される内容につき、当社の事前の許諾を得てください。当サイトへのリンクは自由です。著作権に関する詳しい情報は、公益社団法人 著作権情報センター著作権相談室までご確認ください。 当DVDのコンテンツのすべての情報について当社の許可なくご家族以外の第三者と共有することを禁じます。

すぐわかるオムニチャネル戦略 事例やメリットなどを紹介

消費者は、うまくオムニチャネル戦略をとっているブランドに 多くのお金を使う ようになっています。それなのに、 22 %の小売業者しかオムニチャネルを最優先事項と捉えていない のはなぜでしょう? モバイル、マーケティング、商品化戦略など、どれか 1 つに特化して取り組み、単一の指標を計測するほうが楽だと考えられているのかもしれません。しかし、すべてのタッチポイントを全体的なオムニチャネルのアプローチに統合することが、個々のタッチポイントの威力を最大化する唯一の方法なのです。

  • 内部組織の欠如( 39% )
  • チャネルを横断した顧客分析の欠如( 67% )
  • サイロ化している組織( 48% )
  • データ品質の低さ( 45% )
  • ショッピングジャーニーにおいて消費者を特定できていない( 45% )

オムニチャネルショッピングができること

    取引戦略例
  • お客さまがあなたを Amazon で見つけ、あなたから購入します。
  • 彼らは Amazon 仕様の箱開け体験をするとともに、 Amazon にはない商品のプロモーションを折り込みで受け取ります。そこには割引コードや、ロイヤリティプログラムの情報、実店舗(またはポップアップショップ)の案内、あなたのサイトの特定のコレクションページの URL などが一緒に記載されています。
  • ランディングページが追跡コードを作動させます。このコードは後に、最初に購入した商品の補完商品に関するリターゲティング広告を Facebook 、 Pinterest 、 Google などでお客さまに表示させます。
  • 2 度目の購入の後、お客さまは近所の店舗やイベントに関するメールを受け取ります。
  • 次のポップアップが立ち上がる前に、ロイヤルカスタマーはプライベートコレクションのリンクや、メンバーだけの VIP ラウンジへの招待を Facebook メッセンジャー で受け取ります。

こうしたオムニチャネルにおけるカスタマージャーニーは、 1 つの販売チャネルの情報を、別のチャネルへの参加を促すために活用します。これらのアクションは強制的でも不自然でもなく、そのチャネルにおいて自然に感じられるものです。

うまくいけば、バイヤーは 1 つのチャネルから次のチャネルに連続して移行し、ブランド体験の奥のほうまで深く入り込んでいくでしょう。

オムニチャネル小売の円輪は、 Amazon から実店舗、メール、 Facebook まで、あなたがいたるところに登場することを意味します。

オムニチャネルの買い物体験を知るために、ハンドメイドブレスレットとアクセサリーの急成長メーカーである Pura Vida 取引戦略例 Bracelets を見てみましょう。この会社は DNVB ( digitally-native vertical brand )ですが、創設者の Griffin Thall と Paul Goodman はデジタル領域とフィジカル領域をつなぐためにオムニチャネルアプローチをとっています。

Pura Vida のターゲットカスタマーは Facebook ( 180 万人)と Instagram ( 180 万フォロワー)を頻繁に見にきていて、そこでハイクオリティなライフスタイル写真と商品写真を堪能しています。

取引戦略例

rectangle_large_type_2_d80925f32f33fd91de57c9e5c5bf73e9

私たちKaizen Platformは、900社以上の支援実績・ノウハウ・データをもとに顧客体験の向上を支援します。Webサイトの集客やCVR改善にお悩みの方は、Kaizen Platformまでお気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

お役立ち・サービス資料

マーケティング戦略と広告戦略

picture_pc_f9e00d71702ce93aea3ab5d55168eadc

マーケティング戦略とは
マーケティング戦略とは、誰にどのような価値を提供するのかを定め(STP)、顧客に対しどのような価値をどれくらいの対価で、どのようなチャネルで提供し、どのような関係を構築するのかの計画を立てることを指します。

STPとは
STPは、セグメンテーション・ターゲッティング・ポジショニングの略語です。

S=セグメンテーション
セグメンテーションを細分化する軸は、年齢や性別などの「デモグラフィック属性」や、趣味や思考などの「サイコグラフィック属性」、購入頻度や来訪回数などの「ビヘイビア属性」などがあります。

T=ターゲット
細分化したセグメントを決めた後は、標的とするターゲットへとフォーカスします。ターゲットの決め方は、大別すると無差別型、差別型、集中型などがあります。

picture_pc_43c2876834adf038ad082f44737fa992

P=ポジショニング
ポジショニングとは、ターゲットにおけるブランドの位置付けです。ポジショニングを確立するためには、「重要性」「独自性」「優越性」を考えておくことが重要です。

4P(マーケティング・ミックス)とは
4Pは「Product(製品)」「Price(価格)」「Promotion(プロモーション)」「Place(流通≒チャネル)」の頭文字をとったものでマーケティング・ミックスと表現することもあります。アメリカのマーケティング学者であるジェローム・マッカーシーが1960年代に提唱しました。

4Pは売り手視点のものでしたが、1990年代にアメリカの学者、ロバート・ラウターボーン
によって買い手視点の概念として4C(Customer Value(顧客価値)、Customer Cost(顧客が負担するコスト)、Communication(顧客とのコミュニケーション)、Convenience(顧客の利便性)の頭文字をとったもの)が提唱されました。

1.Product(製品)戦略
Product(製品)戦略は、「製品の特徴」「ブランドの構築・維持」「保証」「サービス/サポート」「パッケージ」の5つの要素で自社の製品がどうかを考えます。顧客視点で考える4Cで考えると、ターゲットの課題に対して価値を提供できているのかが重要です。

2.Price(価格)戦略
Price(価格)戦略は、販売価格のみでなく、商品やサービスの制作時のコストや取引条件などを含みます。

3.Promotion(プロモーション)戦略
Promotion(プロモーション)戦略は、商品やサービスを消費者へ届けるためのプロモーション活動を指します。どのようなクリエイティブで訴求するのか、どのような媒体を使用するのかを決めます。

4.Place(流通≒チャネル)戦略
Place(流通≒チャネル)戦略は、ターゲットに商品やサービスをどのような場所で提供するかを決めることを指します。オンライン上なのか、実店舗なのか、販売代理店などです。
ターゲットがより接触しやすい場所を決めます。

どのように世の中に広めるかは広告戦略が必要
広告戦略において重要なのは、どのように企業と消費者の間のコミュニケーションを確立するかです。

クリエイティブ戦略とメディア戦略

picture_pc_55b03328281e199fcf76ff6dd903ef3e

クリエイティブ戦略とは
クリエイティブ戦略とは、広告において「どのようなクリエイティブにするか」の表現に特化した戦略を練ることです。

メディア戦略とは
メディア戦略とは、ターゲットに対して効率的に広告を届けるために、出稿するメディアや露出するタイミング、露出方法などの戦略を立てることです。

・Paid Media(ペイドメディア)
・Owned Media(オウンドメディア)
・Earned Media(アーンドメディア)

Paid Media(ペイドメディア)
ペイドメディアは、その名前の通り購入の可能な媒体を指します。
直接販売や成約に結びつけるための刈り取りの役割や、サービスやブランドを未認知のユーザーに露出することで認知させ、オウンドメディアに誘導し、見込顧客の購買意欲を高める「ナーチャリング」をおこなうという役割があります。

Owned Media(オウンドメディア)
Owned Mediaは、自ら所有するメディア全般を指します。
既存顧客や見込み客のナーチャリングをおこない、サービスや商品を利用したいと思う態度変容を起こす役割を担います。また、Owned Mediaで発信した情報を外部メディアに取り上げてもらうことで、新規顧客へのアプローチを狙います。

Earned Media(アーンドメディア)
Earned Mediaは、第三者によるサービスの口コミによって作られます。
第三者からの推奨による信頼性の高い評判を構築したり、消費者手動の発信によりサービスが広まります。

広告戦略の立て方とコツ

picture_pc_395054c6c61d81720eaa320227031358

1.目的を決める
広告の戦略を決めるうえで最も重要なのは、目的を明確化することです。
目的は主に「ブランディングをする」「認知を拡大させる」「コンバージョンさせる(資料請求/問い合わせ/会員登録/購入など)」といったものが挙げられます、

2.予算を決める
目的を決めたら次に予算を決めます。
予算を決めるうえでは目標件数をもとに、コンバージョン1件あたりにかかった広告費用の指標であるCPA(Cost Per Action)が合う金額を設定してあげるとよいでしょう。

3.ターゲットを決める
ターゲットは、クリエイティブと出稿する媒体を決めるうえで非常に重要です。
訴求したい商品やサービスに対して最適なターゲットは誰なのかを考えましょう。

4.出稿媒体を決める
ターゲットを明確化したら、媒体選びをおこないます。
媒体選びでは、ターゲットが接触する可能性の高いものを選びましょう。
そのためには、ターゲットの1日の過ごし方を具体的に思い浮かべてみると考えやすくなります。ーゲットの具体的な行動パターンを洗い出すことで、どのような媒体が最適かが考えやすくなります。

5.クリエイティブを作成する
媒体によってクリエイティブの種類(画像か動画なのかなど)やサイズなどの入稿フォーマットが異なります。また、掲載場所(フィードなのかストーリーズなのかなど)や、広告の出現するタイミング(YouTubeであれば動画の前なのか間なのかなど)によっても広告に接触するユーザーの心理状態は異なります。
それらを事前に確認したうえで制作を進めるようにしましょう。

6.効果測定を行い、効果をもとに改善する
広告運用は出稿して終わりではなく、必ず改善をおこなうようにしましょう。
クリエイティブや媒体における仮説を事前に持っておかないと検証がおこなえませんので、事前に想定仮説を必ずつくっておき、それをもとに改善をするとよいでしょう。

picture_pc_526593f026613ac32f870fcaf4827d4e

しかし、いざ施策を打つとなると「自社にノウハウがない」「制作リソースがない」「すでに配信しているが成果が出ない」と悩まれる企業は少なくありません。

もしも現在動画広告の成果にお悩みを抱えていらっしゃるのであれば、Kaizen Platformの「KAIZEN AD」の活用をご検討ください。KAIZEN ADは、低コスト・短納期でクオリティーの高い動画を作り「広告の勝ちパターン」を確立できるクリエイティブサービスです。

これまで累計1,000社以上、30,000本を超える動画制作で得た知見や実績をもとに、動画広告施策の勝ちパターンや成功事例を資料にまとめました。

CVR改善やCPA改善、売上UPを実現したい方、スピーディーで質の高い動画制作を継続したい方、施策の打ち手にお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる