取引ルール

FXスキャルピングで勝つための全て

FXスキャルピングで勝つための全て

ロンドン市場が動き出すと欧米の投資家が参入してくるため、欧州勢による攻勢がマーケットの中心となってきます。
もちろん、この欧州時間の値動きを好む日本人トレーダーもたくさん存在します。

スキャルピングで勝つ考え方と具体的なトレード手法 まとめ

smb

スキャルピングプロップファーム


私が思うに、スキャルピングの最大のメリットはこれです。

リスクが限定されている

資金効率が良い

20万通貨 × 5pips = 1万円

スキャルピングのデメリット と対処法

ポジポジ病を発症してしまいやすい

スプレッドやスリッページなどの取引コストの影響が大きい

スタート

ハンデをなるべく小さくして、なるべく大きな利食い目標でトレードすることです。

スキャルピングをやるなら、スプレッドが1pips程度が限度だと思ってください。いくら広くても2pipsまでです。

ひとつの基準として、スプレッドなどの取引コストは、利食い目標の10分の1までと覚えておいてください。

有事の際に大損してしまう可能性がある

テロ

それは、常にロスカット注文を入れておくことです。

インターネット接続が切れてしまったら悪夢

高速のインターネット接続が必要

FXのスキャルピングで勝てるトレード手法

鍵

・その時の相場環境に合わせたトレード手法を選択するという考え方を持つこと
・相場を人としてとらえ、ほかのトレーダーやFX業者の弱みを攻めること
・スキャルピング独特の考え方として、意思決定の速さと位置的優位性を重視すること

なにをやるにも相場環境が大切 ~相場のサイクルを知れ

サイクル

ブレークアウト

トレードチャネル

幅の狭いトレードチャネル

幅の広いトレンドチャネル

そしてついに押しの値幅と上昇の値幅は拮抗するようになります。
上昇の値幅と下落の値幅が拮抗するので、上昇トレンドなのか怪しくなります。そうなると、それはレンジになったということです。
レンジには値幅の狭いレンジと値幅の広いレンジがあります。

相場サイクルによってトレード手法を使い分ける スキャルピングの場合は厳選する必要あり

  1. ブレークアウト
  2. FXスキャルピングで勝つための全て
  3. 値幅の狭いトレンドチャネル
  4. 値幅の広いトレンドチャネル
  5. 値幅の狭いレンジ
  6. 値幅の広いレンジ

スキャルピングの売買タイミングの見極め方

1分足を使ったシンプルなスキャルピング手法

  • ブレークアウトが起きている
  • 明確なトレンドチャネルが発生している

エンベロープと移動平均

青ラインがエンベロープの上ラインです。
赤ラインがエンベロープの下ラインです。
緑ラインは移動平均線です。

移動平均線は20本の設定。
エンベロープは20本、「偏差」という設定は0.05にしてあります。
この設定はざっと直近の値動きを見て調整します。
値動きの大部分がエンベロープの上下幅の中にぎりぎり納まるような設定が最適です。
いろいろと設定をいじって調整してください。

この割高、割安とは、自分の中で決めただけであり、実際にそうかはわかりません。
それ自体には何の優位性もありません。ただ自分のなかで決めただけです。
割安エリアで買えばいつも儲かるわけでは無いということをしっかりと理解してください。

想像上の通り道

チャートの右に想像上の通り道を思い描いてみます。
これは私の頭の中の図を描いたものです。
この想像上の道筋の中で、なるべく割安で買い、なるべく割高で売るようにします。

この場合だと、エンベロープと移動平均線を使って自分なりに定義した「割安エリア」で買い、「割高エリア」で売ることになります。
スキャルピングの場合、ローソク足のパターンなどややこしいことはあまり考えず、優位性があると自分が思う位置にただ指値で注文を入れていく方がうまくいきます。
割安で買うには緑ラインと赤ラインに囲まれたエリアのどこかに指値注文を入れることになります。

  • 決断力があることが正しくあることよりも重要である
  • そして、スキャルピングレベルでは優位な位置でエントリーすることが一番重要

しかしまだレジスタンスラインにタッチしていないので、もうひと上げあるだろうと考えるなら買いを狙うのはありです。
その場合は真ん中の緑ラインで最初の半分を買い、下の赤ライン付近で残りの半分を買います。 FXスキャルピングで勝つための全て
迷わず指値で買ってしまうのがコツです。

スキャルピング手法を解説 | FXで億稼ぐプロの勝ち方・利益を出すコツのまとめ

スキャルピングで 勝つ方法は?-min

スキャルピングで「スプレッド提示率」や「約定されるレート」が非常に重要で、ここが悪ければいくら提示されているスプレッド条件が良くてもそれは「絵に描いた餅」であって意味がないと言いましたが、その点で言うと、このセントラル短資FXは、きちんと約定される原則固定スプレッドの会社ということで、スキャルピングで使う上で、非常に安心して使える口座と言えて、実際に、私の知人のスキャルピングをやってる FXスキャルピングで勝つための全て 専業トレーダーでも、「信頼性」を理由にここを使っている人も複数います

さらに、ここはツールを使った不正な取引を除けば、 スキャルピングもOK ということもあり、口座凍結を恐れることなくトレードができるという点でも人気です。

このように、「スプレッドがしっかりしている」という安心感と、トップレベルの原則固定スプレッド、スキャルピングもOKということから、人気が高いのがセントラル短資FXです。ここは 1,000通貨単位取引 もできるので、少額から取引したり、細かく値を刻んでいくというようなことも可能です。

また、 当サイト限定・期間限定 で、当サイトからセントラル短資FXに口座開設を行うと、 当サイトオリジナルのFX投資戦略マニュアル+5,000円のキャッシュバック をもらえるキャンペーンも行っておりますので、口座開設は当サイトから行うのがおすすめです。

このマニュアルの内容をざっくりと言うと、このレポートは、認定テクニカルアナリストでもある管理人が、 チャート分析の手法 について徹底解説したもので、スキャルピングをやる上では必見の内容です。

FXのスキャル、デイトレ、スイング、長期、自分にあったトレードスタイルは?

スキャルピングは1回のトレードを数秒から長くても5分以内に終了するトレードスタイルです。1分足や5分足のチャートを見ながら取引をするため、トレードに集中する時間を確保できる人がスキャルピングには向いています。自分が画面を見ている間だけ取引をしているため、含み損を抱えることもなく、全てのポジションを決済するため画面を見ていない時の急な相場変動に巻き込まれることはありません。
FXは24時間稼働しているため、日中は仕事をしていても夜に数時間でもまとまった時間を確保できる会社員でも取り入れることができます。利益確定もその日のうちに完了しているため、含み損を保有することもありません。
スキャルピングを利用する際のデメリットは、他のトレードスタイルに比べてスプレッド(手数料のようなもの)の負担が多いことです。

デイトレード

1日以内にトレードを終了するスタイルをデイトレードといいます。スキャルピングよりも長い時間保有するため、朝ポジションを仕込み、夕方に利益確定をするなど日中ずっと画面に向き合っていなくてもトレードすることができます。
チャートは10分足や60分足、日足などを見ながら自分のタイミングを見極めてエントリーします。そのため自分の勝ちパターンをしっかりと理解していることが大切になります。ポジション保有中に急な相場変動があった時はそれに対応できる人が向いています。
デイトレードのデメリットとしては、マイナスであっても1日で決済をしますので、長期的にみると相場が上昇し、利益になっていたという場合もあります。

スイングトレード

スイングトレードとは、数日から数週間ポジションを保有するトレードスタイルをいいます。4時間足から日足を読み取りながら、長期的なトレンドを予測します。上昇トレンド、下降トレンドをしっかりと見極めることで、スキャルピングやデイトレードに比べて大きな利益を獲得できることにつながります。
数日から数週間ポジションを保有しますので、決まった時間にトレードできない人、時間の融通が利かない人に向いているスタイルです。子育て中の主婦やサラリーマンにも人気のトレードスタイルといわれています。
スイングトレードのデメリットとしては、短時間で起こる相場の変動に対応できず強制ロスカットになってしまう場合があることです。レバレッジを低くしたり、証拠金維持率に余裕を持たせたりすることで回避することができます。

長期トレード

ポジションを数ヶ月から数年単位で保有するスタイルを長期トレードといいます。長期トレードを取り入れる人はほとんどの場合がスワップポイントを目的としています。外貨預金代わりに利用する人が向いているスタイルです。
長期トレードのデメリットとしては、最初に保有したポジションを維持し続けるため、相場が当初の予想と反対に動いた場合含み損を抱えてしまい、スワップポイントとの差し引きでも損失を抱える場合があります。
株式投資で利益を出すのに必要な基礎知識を最短3ヶ月でマスターできる

【トレード事例①】スキャルピングで5年で1億稼いだ私のトレード手法の全て

FX基礎

スキャルピング実績

スキャルピングとは

特徴トレード回数利幅
スキャルピング1回のトレードは数秒から数十秒平均20回/日2~10pips
デイトレード1回のトレードは数分から数時間平均1~5回/日5~50pips
スイングトレード1回のトレードは数日から数ヶ月平均1~5回/月数十~数百pips

スキャルピングは最も利益が早く積み上がるトレードスタイル

私のスキャルピングのトレード事例

1月11日実績

スキャルピングをやるべき人とやるべきでない人

元手資金目標
スキャルピング少ない会社員以上に稼ぎたい。専業トレーダーになりたい。
デイトレード普通給料以外の収入源を得たい。
スイングトレード多い未来のために長期的にお金を増やしていきたい。

スキャルピングで勝つための2つの大前提

スキャルピングは何百、何千、何万回もトレードをすることで爆発的な利益を得る手法

取引回数が多いのでコストを徹底的に下げなければ勝てない

例えば、1回の勝ちで+500円、1回の負けで−500円、勝率60%のトレードルールがあるとします。この時、1回当たりのトレードの期待値は、500円 × 60% – 500円 × 40% = 100円になります。

トレード期待値①

この場合、1回の勝ちで得られる利益は +500円 – 150円 = +350円 に下がります。一方、一回の負けで出ていく損失は、-500円 – 150円 = -650円に上がります。この時、1回当たりのトレードの期待値は、350円 × 60% – 650円 × 40% = -50円になります。

トレード期待値②

この場合、1回の勝ちで得られる利益は +500円 – 30円 = +470円 です。一方、一回の負けで出ていく損失は、-500円 – 30円 = -530円です。この時、1回当たりのトレードの期待値は、470円 × 60% – 530円 × 40% = +70円になります。

数秒〜数分の「超」短期売買、スキャルピングの取引手法(通貨ペア・時間帯)を解説!

数秒〜数分の「超」短期売買 スキャルピングの取引方法を解説!

初心者向きコラム

スキャルピング向きの通貨ペアや時間帯など、具体的な手法を解説 しながら、 スキャルピングができる業者・できない業者もご紹介 します。

コツコツ利ざやを稼ぐのがスキャルピング

スキャルピングの取引回数と取引期間

スキャルピングは、FXの取引手法のなかで 一度のトレードにかかる時間が最も短く、1回の取引で狙う利益幅も比例して小さい のが特徴です。

スキャルピング向きのタイプ

  1. 保有ポジションの持ち越しリスクを避けたい人
  2. 短時間で効率的に収益を上げたい人
  3. 集中力があり、ルールを徹底して機械的にトレードできる人

保有ポジションの持ち越しリスクを避けたい人

これはデイトレードにも共通していますが、 スキャルピングのメリットは、日を跨いでポジションを保有することによる損失リスクがないこと です。

短時間で効率的に収益を上げたい人

トレード時間を確保しにくい会社員の方でも、 スキャルピングなら1日あたり1時間〜2時間のトレード時間 で取り組めます。

集中力があり、ルールを徹底して機械的にトレードできる人

そのため 短時間で集中できる人とは、相性が抜群のトレード手法 です。

スキャルピングでは利食いと損切りを機械的に行う必要があるため、 自分の売買ルールを徹底できる人 だと、なおさら向いています。

スキャルピングの取引例を動画で知ろう

スキャルピング向きの時間帯

スキャルピングは一度の利益幅が小さいので、基本的には値動きのある時間帯に取引したほうがいいです。
しかし初心者があまりにも値動きが激しいときに取引をすると、自分の思惑と反対方向に動いたときには大きな損失となってしまいます。
値動きが極めて激しいときはスプレッドも拡大しやすくなりますので、 慣れないうちは夜〜深夜のトレードであったり、雇用統計など値動きが激しい時には取引しないのも一つの手 です。

  • 東京時間8:00〜オープン時から1〜2時間程度
  • ロンドン時間17:00〜(夏は16:00〜)オープン時から1〜2時間程度
  • NY時間22:00〜(夏は21:00〜)オープン時から1〜2時間程度

東京時間のスキャルピング

東京時間は9:00〜17:00

そのため、これからスキャルピングに挑戦するなら、 東京時間オープン時の米ドル/円 から始めてステップアップしていくのがおすすめです。

ロンドン時間のスキャルピング

ロンドン時間は夏が16:00〜1:00、冬が17:00〜2:00


ロンドン市場が動き出すと欧米の投資家が参入してくるため、欧州勢による攻勢がマーケットの中心となってきます。
もちろん、この欧州時間の値動きを好む日本人トレーダーもたくさん存在します。

NY時間のスキャルピング

ニューヨーク時間は夏が21:00〜6:00、冬が22:00〜7:00

スキャルピング向きの通貨ペア

FXスキャルピングで勝つための全て

メジャー通貨とマイナー通貨
メジャー通貨米ドル、ユーロ、円、ポンド
豪ドル、NYドル、スイスフラン、カナダドル
マイナー通貨上記以外の通貨ペア

数ある通貨ペアにおいて、スキャルピングにもっとも向いているのは取引量が世界第2位の 「米ドル/円」 、取引量が世界第1位の 「ユーロ/米ドル」 の2通貨ペアです。

次いで大きな値動きに期待して取引するなら、取引量が世界第3位の 「ポンド/米ドル」 です。

2019年通貨ペア別取引量ランキング

初心者の通貨ペア選び|テクニカル分析の効きと流動性の深い関係

スキャルピングの手法例

そのかわり、政策金利発表や重要な経済指標が発表されるときは、スキャルピングとマッチする局面です。
注目されている経済指標の発表直後は変動しやすいので、スキャルピングで絶好のトレードタイミング となります。

まずは中長期の足種でトレンドを確認

基本の順張り

まず 基本となるのが、順張り(トレンドフォロー) です。
ちょっと古い動画ですが、ボリンジャーバンドを使った順張りのやり方は、JFXの小林芳彦氏がこちらで解説しています。

センターラインは移動平均線ですから、 ボリンジャーバンドと水平線の2つだけでも、移動平均線に注目しながらスキャルピング を行えます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる