バイナリーオプション

国内と海外バイナリーオプション業者の違いを比較

国内と海外バイナリーオプション業者の違いを比較

国内バイナリーオプションの取引方法は次のようになっています。

バイナリーオプション取引の違法性

(1)担保文言

日本国内の投資者が当該サービスの対象とされていない旨の文言が明記されていること。
上記措置が十分に講じられているかを判断する際には、以下に掲げる事項に留意する必要がある。
①当該担保文言を判読するためには、広告等を閲覧する以外の特段の追加的操作を要しないこと。 国内と海外バイナリーオプション業者の違いを比較
②担保文言が、当該サイトを利用する日本国内の投資者が合理的に判読できる言語により表示されていること。

(2)取引防止措置等

日本国内にある投資者との間の有価証券関連業に係る行為を防止するための措置が講じられていること。
上記措置が十分に講じられているかを判断する際には、以下に掲げる事項に留意する必要がある。
①取引に際して、投資者より、住所、郵送先住所、メールアドレス、支払い方法その他の情報を提示させることにより、その居所を確認できる手続を経ていること。
②明らかに日本国内の投資者による有価証券関連業に係る行為であると信ずるに足る合理的な事由がある場合には、当該投資者から注文に応ずることのないよう配意していること。
③日本国内に顧客向けのコールセンターを設置する、或いは国内投資者を対象とするホームページ等にリンクを設定する等を始めとして、日本国内にある投資者に対し有価証券関連業に係る行為を誘引することのないよう配意していること。

また、以上に掲げる措置はあくまで例示であり、これらと同等若しくはそれ以上の措置が講じられている場合には、当該広告等の提供は、国内投資者向けの「勧誘」行為に該当しないものとする。

(3)なお、以上に掲げるような合理的な措置が講じられていない場合には、当該広告等の提供が国内投資者向けの「勧誘」行為に該当する蓋然性が極めて高いことから、当該外国証券業者は、日本国内の投資者との間で勧誘を伴う実際の有価証券関連業に係る行為が行われていない旨を証明すべきである。

X-1-2 外国証券業者によるインターネット等を利用したクロスボーダー取引

機関投資家向け業務の登録免除

IBの適法性

アフィリエイトの適法性

取引被害の法的保護

海外無登録業者に対して日本の金融当局が規制監督をすることは不可能です。そのため、無登録業者に対しても、警告を発するに留まっています。また、金融商品取引法違反であっても現実的に被疑者を逮捕、起訴することは不可能に近いです。

国内と海外バイナリーオプション業者の違いを比較

国内バイナリーオプション業者が扱っている対象通貨がドル(USD)やユーロ(EUR)などのマイナー通貨に対して、 海外バイナリーオプション業者ではノルウェー・クローネ(NOK)新トルコリラ(TRY)などマイナー通貨以外にも多くの通貨での取引が可能 です。
他にも国内バイナリーオプション業者では取引対象にない「個別株式銘柄」、「株価指数」も取引ができるので海外業者の方がメリットは大きい。
取引対象の選択肢が多い事で「自分に合った&国の経済・景気の動きに合わせた」取引がやり易くバイナリーオプションにおいて勝てるパターンを掴みやすい です。

国内と海外(国外)業者の取引方法(判定ルール)の違い

国内業者の取引方法は 「ハイアンドロー(High&and Low)」という取引終了時間に基準レートより「上がる」が「下がる」かの判定ルールが支流となります。
それに対して海外業者のほとんどは 「ハイアンドロー(High&and Low)」 以外にも 「ワンタッチ」という取引時間内で条件レートに対して一度でも「到達した」か「到達しなかった」かの判定ルール と 「レンジ(境界)」というレート上下しようが取引終了時間に基準内(レンジ)に収まっていればOKの判定ルール の 3つがあります。

為替状況によって 海外業者は様々な取引方法(判定ルール)を選定でき、勝率に与えるメリットは大きいですね。
だたしデメリットとして国内業者より取引画面が少し見にくいです。

  • 判定ルール別の取引方法(判定ルール)使い分けについて
  • 国内と海外のペイアウト率の違いについて

国内と海外(国外)業者の口座開設の違い

大きな違いとしては口座開設する際に国内バイナリーオプション業者の場合、 「知識確認テスト(簡単なテスト)」を受けなければなりません。
テストは主にオプション取引に関する知識や利用者が為替など必要な知識を持っているかの確認テストです。
テストが合格してからの口座開設となるので、海外業者よりは口座開設に若干日数が多くかかります。
※ 下記画像が主な大手国内業者の口座開設への流れになると思います。

それに対して 海外業者は名前やメールアドレスなどの必要事項を入力後にすぐに口座開設可能 です。
確認テストはないため 最短で1分ぐらいで開設 ができます。
※ 下記画像が人気海外業者の口座開設への流れになると思います。

利益に対する税金も国内と海外業者では違う!?

国内バイナリーオプション業者で得た利益は「申告分離課税」となります。
申告分離課税の税率が一律20.315%(内訳→所得税15%、住民税5%、復興特別税0.315%)。
申告分離課税なので過去3年間分の損益を差し引く事ができますので負けていても確定申告は忘れずに。
※法人口座なら9年可能。

次に 海外バイナリーオプション業者で得た利益の場合は国内のものとは異なり「総合課税」で雑所得扱いとなります。
1年間(1月1日~12月末日)の雑所得が20万円を超えなかった場合はとくに何もする必要はありません。
もし雑所得が20万円を超えると支払い義務が発生します。なお、国内と異なり過去分から損益を差し引く事はできません。
総合課税の税率は利益額により5%から45%の7段階に区分されています。

  • 詳しい税率の計算方法・確定申告の書き方

大きな金額の取引、利益を求めていない方は海外バイナリーオプションの方が支払う税金は少なくなるので初心者にはオススメ です。
逆に慣れた方や大きな金額の取引だけを行いたい方は損益を加味して国内のバイナリーオプションの方が税金は少なくなるでしょう。
なお、国内バイナリーオプションの損益と海外バイナリーオプションの損益は別々で考えないといけないので注意してください。
詳しくは税理士又は税務署にお問い合わせ下さい。

国内業者への規制

規制内容の中で1番大きかったのが、以前は国内業者にもあった短期取引の禁止 です。ですので国内の業者では短期の取引はできません。
国内のバイナリーオプションは 取引開始から判定時間までの時間を2時間以上となっています。 国内と海外バイナリーオプション業者の違いを比較
早くて簡単で気軽な取引がバイナリーオプションの売りであったのですが国内業者では使えなくなってしまいました。
国内のバイナリーオプションのハイローの時間が妙に長く感じるのはこれが起因です。

海外バイナリーオプションは安全?

国内でバイナリーオプションが規制されると海外業者が非常に多くなりました。
海外で金融業者として登録している業者は、日本の規制に従う理由が見つからない ので、海外の業者が一斉に参入してきたというのもあるのですが、理由としてはそれだけではないでしょう。増えすぎてしまったことで色々な海外バイナリーオプション業者が出来てしまい、事実ではない内容も知恵袋や2CHでも書き込みがあります。
特に「入出金ができない!」という書き込みが多く、これに関しては 海外送金なので時間ロスは発生することを理解しておくべきです。
時間ロスを知らずに知恵袋や2CHなどに書き込んでいる方も少なくありません。もちろん実際に出金が出来ない業者があったりと悪徳な業者もあるので海外の業者を使うのならしっかりとした業者選びが重要です。

当サイトでは出入金確認済み、口座開設確認済みの安全な業者のみを掲載 しております。
「バイナリーオプション初心者の方」から「国内業者で頑張ってみたが規制後、勝率が落ちた方」や「超短期決済を行いたい方」に当サイトで自分に合った海外バイナリーオプション業者選びに役立ててください。

バイナリーオプションは国内と海外で違う?見るべき4つのポイント

バイナリーオプションの国内と海外の違い

国内で取引する場合


国内バイナリーオプションの取引方法は次のようになっています。

  • 判定時刻後のレートが購入価格より高くなっているか低くなっているかを予測する。
  • 予測が的中すればペイアウト率(変動)に沿った払い戻し。
  • 予測が外れれば投資額全額没収。

判定時刻の選択はできません。基本的に開始時刻から2時間後が判定時刻となります。
ただし、判定時刻の2分前まで購入することができます。
更にペイアウト率は価格に応じて変動します。
具体的には、購入価格からの値幅が大きければ高く、小さければ低くなる設定担っています。

海外バイナリーオプションの取引方法

海外で取引する場合

  • 指定した取引時間後(30秒後、1分後など)のレートが購入価格より高くなっているか低くなっているかを予測する。
  • 予測が的中すればペイアウト率(固定)に沿った払い戻し。
  • 予測が外れれば投資額全額没収。

国内よりも海外業者の方が危険なのか?

ですが、最近では海外でも安全性を重視してしっかり営業をしている業者もあるので、一概に危険とは言えません。
また、詐欺に関しても第三者が悪用していることが多いです。
しかし、危険を回避するには何かしらの対策が必要です。

国内と海外のバイナリーオプション業者の安全性を判断する基準は3つ

  • すぐに出金対応をしてくれるのか
  • 資産管理はどのように行われているのか
  • 国の許可(ライセンス)を得て営業している

真面目に営業している業者であれば、即日出金、資産管理の方法など、細かく安全性に関して記載されていますので、利用する前に一度概要を確認しておくのがおすすめです。
特に、ライセンス番号が正しいのか、資産は分割しているのか、もし倒産した場合帰ってくる金額はどのくらいなのか、という点に気を付けてチェックしておくと良いです。
もし、概要でこの項目がなくても、カスタマーサービスや質問できる欄があるので、気になる方は利用したい業者に相談してみて下さい。

海外VS国内の税金を徹底比較!バイナリーオプションはどっちが有利?

バイナリーオプションの税金対策

悩む女性

同じバイナリーオプションでも国内と海外、税金面だけで言えばその差は大きいのです。
しかしながら、安直に海外業者が良い・国内業者が良いと断言することも難しく、一番しっくり来る言葉で言えば 『それぞれ特徴や良し悪しがある』 と言ったところ。

  • 国内と海外は税制面で違いがあるらしいけど、どう違うのかな?
  • 税制面でお得なのは結局国内と海外どっち?

そもそも国内業者と海外業者の明確な違いって?

ブローカー名金融ライセンス
GMOクリック証券-外為オプション金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第77号 商品先物取引業者 銀行代理業者 関東財務局長(銀代)第330号 所属銀行:GMOあおぞらネット銀行株式会社
TCG holdings Ltd.-Theoptionエストニア国「Majandustegevuse Register(MTR)」ライセンス:FFA000313

バイナリーオプション、国内業者と海外業者で税金面に大きな違いがある

海外業者国内業者
税金区分所得税所得税
所得分類雑所得雑所得
税制度 総合課税 所得は全部一括り 申告分離課税 投資利益は個別で扱う
税率 累進課税 稼ぐほど大きい 一律20.315% 変わらず一定(住民税など含む)
損益通算○ (総合課税の雑所得同士 ※1 )○ (申告分離課税の雑所得同士 ※2 )
繰越控除できない
(申請後3年間有効 ※3 )
節税
(必要経費)

(繰越控除、必要経費)
脱税できる?ダメ、ゼッタイダメ、ゼッタイ
どちらの税金がお得? 利益所得が 441万円以下 なら国内BOより安い 利益所得が 国内と海外バイナリーオプション業者の違いを比較 約441万円以上 なら海外BOより安い
総括 少額〜中額利益獲得時に恩恵を受けやすい 損失時または高額利益獲得時に恩恵を受けやすい

※1 具体的には、別の海外BOブローカー・海外FX・広告収入・アフィリエイトなどを指します。
※2 別の国内BOブローカー・国内FX・先物取引・株取引などを指します。
※3 繰越控除の残分は3年以内であれば繰越することが出来ます。その際は毎年確定申告の際に同時申請が必要です。

国内と海外にかかわらず、得た利益や収益にかかる税金のことを 【所得税】 といいます。
税金区分だけでいえば、会社務めやアルバイトやパートでもらうお給料にかかる税金も同じ所得税です。

  • 利益が出た分 に対して発生する税金について
  • 損失が出た分 によって税金が安くなっておトクになる控除について

利益が出たら?国内業者と海外業者との税制面での違いについて

国内業者の利益所得は申告分離で20.315%の税率!

国内業者で得た利益は、申告分離課税として扱われ給与所得とは個別に税金を計算します。
バイナリーオプションでどんなに稼いでも利益所得に対して20.315%の税率 をかけ合わせた結果が負担する税金額となります。

海外業者の利益所得は総合課税で累進課税方式の税率!

一方海外業者で得た利益は総合課税として扱われ、給与所得と合算して税金を計算します。
給与所得と同じ累進課税方式で税金額を算出するため、 バイナリーオプションで稼げば稼ぐほど掛け算する税率が大きくなり、それに応じて税金額も高くなります。

海外業者は得た利益に応じた累進課税率で税額が決まる

同じ額を稼いでも国内業者と海外業者では最終的な税金額にこれだけの差が出る

  • 海外業者 ・・・利益所得500,000円✕累進課税率15%=税金額75,000円
  • 国内業者 ・・・利益所得500,000円✕一律税率20.315%=税金額115,750円
  • 合計差額 ・・・ 40,750円

更に海外バイナリーオプションでは、195万円以上の利益に対しては所得控除される分もあるので国内に比べて税金はかなり安くなります。

利益所得額441万円がボーダーライン!国内と海外の税金推移表!

海外バイナリーオプションでは利益所得が330万円くらいまでは国内よりも税負担が小さくなります。
しかし忘れてはいけないのは、 稼げば稼ぐだけ税率や税負担が大きくなる のが海外バイナリーオプションです。

算出したところ、 利益額4,414,042円のところ で国内と海外の税金額がピッタリと同じ額になっていました。
海外バイナリーオプションではこの金額を境目に、これ以上稼げば稼ぐほど国内バイナリーオプションと比較して税金額が大きくなっていきます。

実際は税制面であまり不利に感じない海外バイナリーオプション業者

しかし常識的な数字感覚で話すなら4000万円の利益を出すのはかなり大変なことですし、利益額が195万円以下であれば税率は国内よりも低くなるため得られるメリットも十分あると言えます。
実際に 海外バイナリーオプションをしていて税制面で劣位を感じることはあんまりないかな、と言うのが筆者の感想 です。

私

損失が出たら?国内業者と海外業者との税制面での違いについて

苦笑いする男性

税務署

笑顔の男性

税務署

海外バイナリーオプションでは繰越控除(=損失を翌年に跨いで残すこと)はできない

残念ながら海外業者では繰越控除は出来ません。
先程も解説したとおり、国内業者で得た利益所得は分離課税として給与所得とは区別されて扱われるため、損失に関する情報記録も残す事ができます。
しかし海外業者の利益所得は総合課税として様々な所得とひとまとめにされ損失額などの記録を残すことが出来ないため、繰越控除は適応できないというわけです。

海外バイナリーオプションはFXやアフィリエイトなどと損益通算することができる

例えば、海外バイナリーオプションで 50万円利益 が出ていて、 海外FXで30万円の損失 + アフィリエイトで20万円の経費 がかかっていた場合は相殺して 税金を0円 にすることが出来ます。

バイナリーオプションの口座開設を業者ごとに徹底解説!

基礎知識

  • バイナリーオプションのおすすめ口座がわかる
  • 各バイナリーオプション業者の特徴がわかる
  • 国内と海外バイナリーオプション業者の違いを比較
  • 口座選びの注意点がわかる

この記事では、バイナリーオプション専業トレーダーの目線から「 どのバイナリーオプションの業者で口座開設をすれば良いのか? 」について徹底的に解説していきます。

また、 バイナリーオプションの口座に関するよくある悩みごと も併せて解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

  • 1 バイナリーオプションとは結局どのような投資なのか?
    • 1.1 バイナリーオプションの口座には国内業者と海外業者がある
    • 2.1 【まとめ】海外バイナリー オプション口座比較表
    • 2.2 【注意】安全性の高い海外業者を選ばないと「引き出しができない」などのトラブルも!
    • 3.1 バイナリーオプションの世界のボーナスやキャッシュバック
    • 3.2 バイナリーオプション業者の口座凍結
    • 3.3 【参考】MT4の口座はどの業者が良いのか?
    • 3.4 バイナリーオプションの口座に関するよくある質問

    バイナリーオプションとは結局どのような投資なのか?

    ある通貨の価格が、現在より高く(High)なるか?低く(low)なるか?

    バイナリーオプションの口座には国内業者と海外業者がある

    バイナリーオプション業者で口座開設をしようと思うと、まずは大きく分けて「 国内業者 」と「 海外業者 」のどちらか二者択一で口座開設するかを決めなければいけません。

    • 国内業者:日本国内の証券会社が運営するバイナリーオプションサービス
    • 海外業者:外国の証券会社が運営するバイナリーオプションサービス

    もしかすると皆さんの中には、「どちらも同じじゃないの?」と思った方がいるかもしれませんが、実は、国内業者と海外業者では、多少バイナリーオプションの仕組みが違っているため、「 国内業者 」と「 海外業者 」のどちらで口座開設をするかというのが非常に重要なんです。

    バイナリーオプションをやるならおすすめは海外業者

    結論から言うと、 バイナリーオプションをやるうえでは「海外業者」を利用するのがおすすめ です。

    なぜなら、国内バイナリーオプション業者には金融庁による規制がかけられており、バイナリーオプションの「 短期間で大きく稼ぎやすい 」というメリットが失われてしまっているからです。

    • 取引時間は最短で2時間
    • 購入価格は変動性(判定レートとの価格差によって決定)
    • このレート内なら没収という価格帯の設定を禁止
    • 「売り」と「買い」の価格を両方提示

    バイナリーオプションを始めるのであれば、まず 海外バイナリーオプション業者を利用することをおすすめ します。

    【海外業者】バイナリーオプションでおすすめの口座ランキング

    • 1位 ハイローオーストラリア
    • 2位 ザオプション(theoption)
    • 国内と海外バイナリーオプション業者の違いを比較
    • 3位 ザ・バイナリー(THEバイナリー)
    • 4位 ファイブスターズマーケッツ
    • 5位 トレード200
    • 6位 ゼントレーダー
    • 7位 fxbinary
    1位 ハイローオーストラリア

    初回入金額5,000円
    取引金額1,000円
    信託保全/分別管理顧客資金の分別管理
    ペイアウト率1.85倍〜2.30倍
    ボーナス/キャッシュバック口座開設5,000円キャッシュバック
    HighLowポイント
    独自ツールトレーダーズチョイス(トレンド確認ツール)

    数あるバイナリーオプション業者の中でも、 もっとも高いペイアウト率を提供 しているのはもちろん、海外業者を利用する際に心配されがちな「 入出金のスムーズさ 」「 サポートや顧客情報の信頼性 」も断トツで優れています。少額で取引もでき、通貨ペアも主要なところを中心に16種類の通貨ペアを選ぶ事ができます。

    関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる