ビットコイン攻略法

投資信託の基準価額を徹底解説

投資信託の基準価額を徹底解説
かぶおくん

投資信託初心者入門

アメリカの成長を手にするための長期投資の新ルール

知っておきたい!つみたてNISAで長期投資をする際に気を付けるべきポイントとは?【第12回】

積立ててほったらかしは厳禁

積立ててほったらかしは厳禁!経験も積み上げていきましょう!【第13回】

積立をやめるかどうか

積立対象の投資信託が下落したらどうする?積立をやめるかどうかの考え方とは【第14回】

積立投資5年後10年後

積立を続けるだけで良いの?5年・10年で点検しましょう!【第15回】

投資信託、見ておくべき情報

投資信託を保有するなら身に付けたい!見ておくべき情報と成功のポイント【第16回】

投資信託、償還期限

償還期限のある投資信託は避けるべき?延長されるファンドの見分け方とは【第17回】

為替ヘッジの必要性

投資信託に為替ヘッジって必要?不要な理由を解説!【第18回】

アクティブファンド投資

アクティブファンドに投資する時のおすすめの金額配分と銘柄の選び方【第19回】

テーマ型ファンド

テーマ型ファンドを長期投資に組み込むメリットとは?【第20回】

投資信託の売り時

投資信託の売り時とは?ファンドの途中入れ替えと資産形成のやめ時について【第21回】

ファンド名称雑学

ファンド名称雑学【番外編】

おすすめ記事

関連サイト

【ご注意】
『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、株式会社FXプライムbyGMO、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、SIX ファイナンシャルインフォメーションジャパン、Dow Jones、Hang Seng Indexes、株式会社bitFlyer 等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 投資信託の基準価額を徹底解説 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

ロボアドバイザーの運用手法を徹底解説

ロボアドバイザー わたし、タラレバ卒業します ロボアドバイザー わたし、タラレバ卒業します

「THEO+[テオプラス]新生銀行」は、「株式会社お金のデザイン」の提供する投資一任運用サービスです。当行はお客さまと「株式会社お金のデザイン」との投資一任契約締結の媒介を行います。したがってお客さまの契約の相手方は「株式会社お金のデザイン」となります。 「THEO+[テオプラス]新生銀行」は、預金ではなく、預金保険制度の対象ではありません。また、投資元本が保証されているものではありません。 詳しくはサービス概要をご確認ください。

ロボアドバイザーTHEO[テオ]の運用手法を詳しく解説します!

1.ピッタリな運用プランをご提案

その診断方法は、THEO独自の理論に基づいています。
これまでの 伝統的な資産運用 では、 リスク(価格変動によるリターンの振れ幅)と期待リターン(将来平均的にどのくらいの利益を生み出すか)からポートフォリオ(どの資産をどの割合で保有するか)を決定するのが一般的 でした。

しかしTHEOでは、 3つの機能ポートフォリオを用意 しています。
お客さまの資産運用に対する目的に沿ってこれらを組み合わせ、最適なポートフォリオを作る ことを目指しています。

THEOでは、階層分析法(AHP:Analytical Hierarchy Process)という分析手法を用いて、質問の回答から、リスク許容度、インカムを重視する度合い、インフレーションに対する感応度の3つのパラメータが決まります。

  • 3つの機能ポートフォリオのうち、1つだけ投資する場合も加えると231通りのポートフォリオがあります。

典型的な資産運用ニーズを3つに分類し、それぞれのニーズに応えるポートフォリオをつくりました。これを 機能ポートフォリオ と呼んでいます。お客さまの状況に応じて、機能ポートフォリオの組み合わせ比率を変えることで、幅広いニーズに答えることができると考えています。

3つの機能ポートフォリオ

  • 米国株、他の先進国株、新興国株
  • 先進国のETFと、新興国のETFを含む
  • 成長株と、割安株等スマートベータ
  • 先進国国債、新興国国債、社債、ハイイールド債、資産担保証券
  • 石油・ガス、工業用金属、貴金属、農業、木材など

国際分散投資

ETF(上場投資信託)とは?

ETF(上場投資信託)とは?

  • 投資家はウェブサイト等で常時ETFの構成銘柄やウエイトを把握できる
  • 証券取引所に上場され、市場が開いている時間はいつでも取引できる
    投資信託の基準価額を徹底解説
  • ETF1銘柄の投資で複数の個別銘柄への投資と同様の効果
  • 株、債券、不動産、コモディティ、テーマ型など多種多様な資産クラスへのアクセスが簡単にできる
  • 少額資金で分散投資
  • 経費率は一般の投資信託よりも比較的優位

世界のETFの残高・商品数の推移

世界のETFの残高・商品数の推移

  • 出所:BlackRockのデータを基にお金のデザインが作成

2.機関投資家も採用する最先端レベルの運用手法
~スマートベータ~

スマートベータとは、市場の動きに連動して得られるリターン(マーケットリターン連動部分のリスクプレミアム)だけではなく、サイズ(小型)やバリュー(割安)といったその他の要因がもたらすリスクプレミアムも獲得しようとする運用手法です。 スマートベータは機関投資家、いわゆるプロ向けの資産運用には多く採用されています。 たとえば、全米教職員保険年金協会・大学退職年金基金(TIAA)、カリフォルニア州教職員退職年金基金(CalSTRS)などの世界最大級の年金基金はもとより、 日本の年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)も採用しています。

ETF(上場投資信託)とは?

  1. 時価総額加重型ではないインデックス
  2. システマティックなルールで作られたもので、市場インデックスをアウトパフォームしようとするインデックス
  3. 市場ベータに加え、それ以外のリスクファクター(リスクプレミアムをもたらすファクターや持続するアノーマリー)にもエクスポージャーを持つインデックス

3.自動リバランス・自動リアロケーション

リバランスとは

リバランスの目的

ポートフォリオのリバランス

リバランスの仕組み

リバランスの仕組み

  • 出所:お金のデザイン

自動リアロケーション

リアロケーション(ETFの比率調整・入れ替え)のイメージ

  • 出所:お金のデザイン

4.自動再投資

取引によって得られた利益、配当金、追加入金など、 すべての状況をロボアドバイザーが毎日モニタリング し、ポートフォリオに次に組込むべき銘柄が買えるタイミングで自動購入します。これにより、常に複利効果での長期運用を実現します。
個人が自分で、配当金による自動再投資と同じような運用をするには、配当金を受け取る都度、買付けをしなければならず、手間もかかりますし、手数料もかかるため、この「自動再投資」は、地味なところではありますが、THEOの自動運用のメリット の一つと言えます。
追加入金または一部出金のあった場合は、 ポートフォリオが最適となるよう、買付または売却を行います。これにより、ポートフォリオを最適な状態にするという、リバランスと同様の効果を得る ことができます。

「マイニチミテルヨ」 自動再投資 イメージ

実際のお取引状況は、
ログイン後のマイページでご確認いただけます。

実際のお取引状況は、ログイン後のマイページでご確認いただけます。 イメージ

  • 外部ページに遷移します
  • 外部ページに遷移します
  • 新生銀行は、お客さまと株式会社お金のデザインとの間で締結する投資一任契約の締結の媒介を行い、資産の運用は株式会社お金のデザインが行います。また、株式会社お金のデザインの提携金融機関に、お客さまご本人名義の証券口座を開設いただく必要があり、当該提携金融機関が「THEO+[テオプラス]新生銀行」に関する資産の管理を行います。
  • 株式会社お金のデザインの提携金融機関に開設されたお客さまご本人名義の証券口座におけるお取り引きにつきましては当該提携金融機関が定める取引約款等に従うものとし、新生銀行および株式会社お金のデザインは「THEO+[テオプラス]新生銀行」以外のお取引に関しては一切関知いたしません。
  • 主に海外の上場投資信託(ETF)で資産の運用を行うため、金融商品取引市場の相場の変動、為替相場の変動等により運用資産の時価評価額は大きく変動する可能性があります。したがって、投資元本が保証されているものではなく、これを割り込むことがあります。運用による損益はすべてお客さまに帰属します。
  • 一連のサービスに対し、株式会社お金のデザインに投資一任報酬をお支払いただきます。投資一任運用報酬は運用資産の円貨換算時価残高に対して最大1.10%(税込・年率)を乗じた金額となります。また間接的にご負担いただく費用として組入ETFに係る運営管理費等がありますが、その合計額は銘柄、組入残高等によって異なりますので、事前に料率または上限額を表示することができません。
  • お客さまが株式会社お金のデザインの提携金融機関に開設した証券口座に関するお取り引きに関して、別途当該提携金融機関に対し当該提携金融機関が定める手数料・費用等が必要となる場合があります。詳細は株式会社お金のデザインの提携金融機関までお問い合わせください。
  • 「THEO+[テオプラス]新生銀行」は預金ではなく投資一任契約に基づくサービスのため、預金保険制度の対象ではありません。
  • 株式会社お金のデザインは、お客さまからお預かりしている資産を、会社固有の資産とは分別して管理する金融機関と提携しています。「THEO+[テオプラス]新生銀行」の証券口座を管理する提携金融機関は、投資者保護基金に加入しており、万が一分別管理に不備があった場合でも、日本投資者保護基金が1,000万円まで補償を行うことになっています。詳細は株式会社お金のデザインの提携金融機関までお問い合わせください。
  • 「THEO+[テオプラス]新生銀行」は投資一任契約に基づくサービスであるため、お客さま自身で個別の有価証券につき売買注文を行うことはできません。
  • お申し込みにあたっては株式会社お金のデザインがインターネットで提供する契約締結前交付書面等を必ずご確認いただき、各商品のリスクや手数料・費用等につき十分ご理解のうえ、ご自身の判断と責任でお申し込みください。
  • 法人のお客さまは、お申し込みいただけません。

株式会社お金のデザイン
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2796号
加入協会:一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人投資信託協会

NISAで投資信託を始めるには?基本からメリット・デメリットまで徹底解説します

NISAで投資信託を始めるには?基本からメリット・デメリットまで徹底解説します

ETNとは、「Exchange Traded Note」の略で、ETFと同様に価格が株価指数や商品価格等の「特定の指標」に連動する商品です。ETFとは異なり、信用力の高い金融機関が特定の指標に連動するように発行されたNote(債券)であり、金融機関は裏づけ資産を保有せず、その信用力によりNote(債券)を発行します。そのため、発行体である金融機関の倒産や財務状況の悪化等によりETNの価格が下落、または無価値となる可能性があるため、注意が必要です。

新株予約権付社債

これらの金融資産をNISA口座で投資すると、利益が非課税となる恩恵を受けられます

NISAで投資できない商品は?

では逆に、NISA口座で投資できない商品とは一体何でしょうか。以下に記載しました。

  1. 預貯金
  2. 債券
  3. 公社債投資信託
  4. MMF、MRF
  5. e-ワラント
  6. 上場株価指数先物
  7. 外国為替証拠金取引(FX)

これらの金融資産に投資したい場合は、NISA口座ではなく証券会社で対応した口座を開設する必要があります

また、上記にはないNISA口座で投資できる資産であっても、金融機関によっては取り扱いがなく、投資できないこともあります

投資したい商品がその金融機関にあるかどうか取扱商品一覧を確認してから、NISA口座を開設しましょう。

NISAで初心者向けのおすすめ投資信託とは?

ここまで読まれた方なら、「初心者だけど、NISAを始めたい」と思う人も多いのではないでしょうか。初心者にはどのような投資信託が良いのか、特徴をまとめました

  1. 信託報酬が低い銘柄
  2. 純資産総額が大きい銘柄
  3. 投資テーマが一過性でないもの
  4. リスクやリターンが大きすぎないもの

投資信託は、長期運用だからこそ最初が大事です。コントロールできる部分は自分でしっかり確認しましょう。

信託報酬が低い銘柄がおすすめ

NISAは、長期で資産形成を促進するための制度です。NISAの非課税期間は5年ですが、期間終了後、保有している金融資産を翌年の新たな非課税投資枠に移行できます。

これをロールオーバーと言います。このため、制度が終了するまで長期で運用を続けることができます

長期で運用する際は、投資信託の運用コストである「信託報酬」が無視できなくなってきます。

信託報酬が低ければ低いほど運用成績が良くなりますので、同じような投資信託なら信託報酬が安いものを選ぶようにしましょう。

純資産総額が大きい銘柄がおすすめ

投資信託を選ぶときによく耳にする純資産総額の大きさですが、これは大きい方が投資家に人気があるということです。

ただ、純資産総額が小さいと、ファンドマネージャーの思うような運用が行えず、運用成績が悪化したり、繰り上げ償還が行われて運用が終了してしまったりすることがあります。

したがって、純資産総額が大きいほど安定して運用ができると言えるでしょう。運用会社の過去の償還事例を確認してみましょう。

繰上償還(投資信託)(くりあげしょうかん(とうししんたく))
分類:投資信託
投資信託が、あらかじめ決められた償還期日よりも前に償還されること。

―引用:野村證券 証券用語解説集

投資テーマが一過性でないものを選ぶ

投資信託にはさまざまな種類があります。ここでは「テーマ型投資信託」と言われる投資信託について説明します。

野村証券によると、テーマ型ファンドとは以下のように説明されています。

テーマが一過性のものだと、流行りの割高な時期に購入してしまうことになります。そして、流行りが終わって価値の下がった時に売却すると損失が確定してしまいます。

NISAをするなら、短期的なテーマではなく長期的なテーマで投資信託を選ばないと、損失が出てしまう可能性が高くなります。

リスクやリターンが大きすぎないものを選ぶ

金融商品にはリスクとリターン(利益)があり、投資信託も例外ではありません

リスクとリターンには、リスクが大きいとリターンも大きく、リスクが小さいとリターンが小さいという関係があります。

つまり、大きなリターンを狙うとリスクも大きくなり、損失が大きくなる可能性も増えることになります。

投資信託はいろいろな金融資産に投資するので、リスク・リターンの大きさも投資信託によってさまざまです。

初心者の方は、大きな損失を受けないためにも、リスクとリターンも大きすぎない投資信託から始めるのが良いでしょう。

投資初心者がNISA運用をするのにおすすめの投資信託は?

投資初心者にも分かりやすいよう、以下の3つのタイプ別におすすめの投資信託を紹介していきます。

  1. 債券型投資信託
  2. 株式型投資信託
  3. バランス型投資信託

バランス型

債券型投資信託

「債券型投資信託」は国債や社債など債券で運用される投資信託です。債券型投資信託にはどのような特徴があるのでしょうか。

債券型投資信託の特徴

債券型投資信託で取り扱う公社債は比較的値動きが少ないため、安定した運用が可能です。リスクが小さい代わりにリターンも少ないことも覚えておきましょう。

ただ、NISAで運用するなら、税金がかかりませんので、少ないリターンを減らさずに済みます。これにより債券型投資信託は、NISA運用で活用しやすい商品と言えそうです。

初心者におすすめの商品は?

「eMAXIS Slim 国内債券インデックス」は国内債券だけで運用されており、外国債などの債券のなかではリスクが高い商品が入っていないため、安全に運用を始めたい初心者におすすめの銘柄です。

「ニッセイ外国債券インデックスファンド」は外国債券で運用されており、少しリスクをとることでリターンを増やしたい人におすすめです。

インデックスファンド

株式型投資信託

「株式型投資信託」は、株式を組み込んで運用する投資信託です。株式型投資信託には、どのような特徴があるのでしょうか。

株式型投資信託の特徴

株式型投資信託は、投資信託のなかでは比較的リスクが高い商品と言えます。当然リスクが高ければリターンも高くなり、投資信託でも大きく利益が欲しい人に向いています。

一方で、そこまでリスクを負いたくないが、リターンも求めたいという人には、この株式型投資信託と債券型投資信託を組み合わせることで、リスクを抑えてリターンもある程度見込める投資ができます

初心者におすすめの商品は?

「ひふみプラス」は、主に国内の株式で運用されております。日本の成長企業を目利きし投資を行ってくれているので、初心者でも高いリターンが期待できる銘柄になっています。

「SBI・V・S&P500インデックスファンド」は米国の株価指数であるS&P500に連動することを目指し、アップルを始めとする米国株にて運用されており、こちらも高いリターンが見込める商品です。

バランス型投資信託

「バランス型投資信託」はこれ一本で、分散投資ができることが特徴です。債券型と株式型を併せた特性も持ち、国内と海外、債券と株式と、まさに様々なバランスをとっていることで知られます。

バランス型投資信託の特徴

バランス型投資信託はミドルリスクミドルリターンと言え、ある程度リスクをとるので、リターンも少し多めで欲しいといった人向けの商品です。分散投資をしたいけど、どう組み合わせたらいいか分からないという初心者にも打ってつけです。

初心者におすすめの商品は?

「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」は、以下の8つの資産に均等に分散投資をする設計の投資信託です。

  1. 国内株式、先進国株式、新興国株式
  2. 国内債券、先進国債券、新興国債券
  3. 国内リート、先進国リート

低コストで分散投資を行いたい初心者にぴったりの商品と言えます。

ほかにも「楽天・米国レバレッジバランス・ファンド」は、バランス型でもリスクを好む人におすすめです。

NISAで投資初心者が自分にあった投資信託を探すには?

前項でおすすめの投資信託を紹介しましたが、自分で投資先を探したいという人もいるでしょう。ここでは、自分にあった投資信託を探す2つの方法を紹介します。

  1. 「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year」を参考にする
  2. 各証券会社の検索サービスを利用する

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year」を参考にする

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year」とは、ブログで投資信託についての発信をしているブロガー達が毎年本当によいと思う投資信託に投票し、ランキングを発表するイベントになります。

2007年から始まり15年近い歴史をもっており、過去には当時の金融庁長官からお祝いメッセージが届くほどの権威あるランキングです。

どこかの会社が作ったランキングではなく、日ごろから実際に投資を行っている個人投資家ブロガーが選んだ投資信託なので、初心者にも安心できるラインナップです。

2021年版はすでに投票が締め切られ、2022年1月22日に発表される予定です。投資初心者の方はぜひ参考にしてみてください。

各証券会社の検索サービスを利用する

証券会社では、投資家たちが多くの投資信託から自分にあった銘柄に出会えるように、さまざまな検索サービスを提供しています。これらのサービスを利用して、投資信託を探すのも有効な選択肢と言えるでしょう。

SBI証券では、投資信託を条件で絞り込んでくれる「パワーサーチ」というサービスを提供しています。

モーニングスター社の評価、投資地域、買付手数料、信託報酬、決算頻度/分配金額、純資産、基準価額、償還までの期間、特色など、さまざまな条件を設定でき、一気に投資信託の本数を絞ってくれます。

またマネックス証券では、ロボアドバイザーが投資信託選びの手伝いをしてくれるサービスがあり、投資初心者でも気軽に投資信託を選ぶことができるようになっています。

つみたてNISAで投資信託を運用するメリットは?

つみたてNISAで投資信託に投資することには、どんなメリットがあるのでしょうか。ここでは、以下の3つのメリットについて説明していきます。

  1. 商品が厳選されている
  2. コストが低く優良ファンドが多い
  3. つみたて制度なので手間が掛からない

商品が厳選されている

つみたてNISAは、対象となる商品が金融庁によって指定されています。

選択基準は、つみたてNISA制度の目的である「長期」「積立」「分散」投資に適していることです。

このおかげで、沢山の商品から適当な商品を選ぶという手間が省け、金融庁が厳選した商品に安心して投資できます

コストが低く優良ファンドが多い

つみたてNISAは金融庁が対象商品を厳選していますが、商品選択の観点のひとつに「手数料が低水準」というものがあります

これによりつみたてNISAの対象商品は、低コストの商品がラインナップされています。

また「頻繁に分配金が支払われない」などの基準もあり、複利効果が望める優良ファンドが多くなっています

つみたて制度なので手間が掛からない

つみたてNISAは、文字通り「つみたて」投資をすることにより、非課税となる制度です。

通常の購入と違って、商品と頻度、金額を最初に決めてしまえば、あとは自動で定期的に買い付けを行ってくれるため手間が掛かりません

仕事や育児が忙しい人でも、気軽に投資ができる点がメリットと言えるでしょう。

つみたてNISAで投資信託を運用するデメリットは?

それでは、つみたてNISAで投資信託に投資することにはどのようなデメリットがあるのでしょうか。ここでは、2つのデメリットについて説明していきます。

  1. 投資対象が限定される
  2. 投資限度額が低い

投資対象が限定される

つみたてNISAは、金融庁が一定の基準を満たす投資信託のみを対象商品としているため、絶対的な本数が少なくなっています。

したがって、自分が投資したいと考えていた投資信託が選ばれていない可能性があり、投資対象が限定されてしまうというデメリットが生じます。

投資限度額が低い

つみたてNISAは、新規投資額の上限が毎年40万円となっており、限度額が一般NISAの120万円よりかなり低く設定されています。

その分、非課税保有期間が一般NISAの最長5年に比べ、つみたてNISAは最長20年となっており、保有可能期間が長くなっています。

とはいえ「今」投資したい商品があり、相応の金額が用意できるとなると、40万円という限度額がネックになり、思うように投資できないと感じるかもしれません。

つみたてNISAの銘柄選びにおける注意点

つみたてNISAの銘柄選びはどのような点に注意すればよいのでしょうか。以下の観点から説明していきます。

  1. スイッチングできない
  2. 分散効果が狙えるか
  3. 信託報酬が安く、純資産総額が大きい

スイッチングができないので選ぶ行為自体を慎重に

つみたてNISAはスイッチングができないため、注意が必要です。

スイッチングとは、投資信託を買い換えることです。
単に現在保有している投資信託を売却して、他の投資信託を購入する際にも用いますが、通常は同一の商品で、その商品に組み込まれている金融商品を乗り換える際に用います。

―引用:SMBC日興証券 初めてでもわかりやすい用語集

つまり、つみたてNISAは現在運用中の投資信託Aのパフォーマンスに不満をもっていた場合、違う投資信託Bで運用するためには、投資信託Aを売却して新しい投資信託Bを購入する必要があるということです。

その際、投資信託Aが30万円だとすると、30万円の非課税枠は投資信託Aを売却しても復活せず、投資信託Bは残りの非課税枠10万円分しか購入できません

また、つみたてNISAは長期保有を前提にした制度ですので、頻繁に保有投資信託を変えてしまうと複利効果が得られず、パフォーマンスを発揮できません。

以上のように、つみたてNISAは基本的には買った投資信託を長く持つことがおすすめで、最初の銘柄選びの段階で長期間保有できる銘柄を選ぶことが大切になります。

分散効果が狙える商品かどうかを確認する

つみたてNISAでは、「分散」投資を推奨しているため、分散効果を狙える商品かどうかは注目ポイントになります。

分散効果とは、ひとつの国や商品に依存せず、複数の国や商品に投資することでリスクを低くし、投資のパフォーマンスを上げる方法です。

例えば、つみたてNISAの対象商品には、全世界に投資する投資信託などがあります。その投資信託に投資することで、一国の動向に左右されず世界全体の経済成長に投資できるのです。

信託報酬が安く純資産総額が大きいか確認する

つみたてNISAで扱われる「投資信託」は、保有すると信託報酬というコストが定期的にかかります。また、信託報酬は投資信託の保有量に比例します

そのため、長期で投資信託を保有すると、信託報酬が積み上がって利益を圧迫してくるため、なるべく安い信託報酬が設定されている銘柄を選ぶことが重要です。

また、購入しようとしている投資信託の純資産総額の大きさも、チェックすべき項目です。純資産総額はファンドの規模を表しており、これが小さいと最悪早期に償還されてしまうことが考えられるからです。

失敗しないつみたてNISAの投資信託の選び方

つみたてNISAで失敗しないためには、つみたてNISA制度の根幹である「長期」「積立」「分散」を頭に入れて銘柄を選ぶ必要があります

  1. 全世界に分散投資
  2. インデックスファンド

順を追って分かりやすく説明しますので、つみたてNISAで損をしたくない人は、参考にしてみてください

全世界に分散投資する銘柄を選ぶ

つみたてNISAをするうえで大切な考え方のひとつに、「分散」があります。ひとつの商品にお金を集中させてしまうと、その商品が暴落したときに取り返しのつかない損失を被ることになってしまうからです。

そのため、投資先を複数に分けて全滅を防ぐというスタンスが分散です。最大リターンは落ちますが、安全に運用するためには大切な考え方です。

つみたてNISAでの分散は、投資先を分散投資させている投資信託の銘柄を選ぶことになります。

日本やアメリカ全体に分散投資する商品もありますが、もっと広く全世界に分散投資する銘柄がつみたてNISAの対象商品にはあります

全世界に分散投資する銘柄を選べば、日本が不景気になったりアメリカの経済が混乱したりした場合でも、資産のマイナス額を抑えて安定的に運用ができます

インデックスファンドを選ぶ

投資信託にはインデックスファンドとアクティブファンドと呼ばれる2種類があります。

インデックスファンドとは、日経平均株価やTOPIX、ダウ平均株価などの指標(インデックス)に連動するように設計された投資信託です。

一方でアクティブファンドとは、プロのファンドマネージャーが日経平均株価やTOPIXなどのインデックスをベンチマークとし、それを上回る成果を目指す運用を行う投資信託のことです。

ベンチマーク

インデックスファンドがよい理由

インデックスファンドとアクティブファンドを比べると、一見アクティブファンドの方が良さそうに感じますが、インデックスファンドに勝てるアクティブファンドはなかなかないと言われています。

さらに運用手数料もインデックスファンドの方が低く、その意味でもインデックスファンドがおすすめと言えるでしょう。

NISAを使って投資信託をはじめるための5つのステップ

それでは、実際にNISAを使って投資信託を買うためには、どうすればよいでしょう。ここでは、NISAによる投資信託購入の5つのステップについて説明します。

  1. 実際にどうやってNISAで投資信託を買うか
  2. 実は5つのステップで簡単に始められる

5ステップの全体像

  1. ステップ1:投資したい投資信託を選ぶ
  2. ステップ2:証券会社を選ぶ
  3. ステップ3:証券口座を開設する(同じタイミングでNISA口座も開設)
  4. ステップ4:取引口座でNISAを選択
  5. ステップ5:銘柄を購入する

ステップ1:投資したい投資信託を選ぶ

まず、投資したい投資信託を選ぶことから始めます。上述のように投資信託は、全世界に分散投資できるインデックスファンドがよいでしょう。

そのなかでも信託報酬が安く、純資産総額が大きい銘柄を選びましょう。この観点で探せば、お目当ての投資信託がすぐ見つかるはずです。

ステップ2:証券会社を選ぶ

その際注意が必要なのは、先ほど選んだ投資信託が購入できる会社かどうか調べることです。証券会社によって扱っている投資信託商品が異なりますので、必ず確認しましょう。

ステップ3:証券口座を開設する(同じタイミングでNISA口座も開設)

証券会社が決まったら、証券口座を開設します。NISA口座だけ開設することはできないので、総合口座と一緒に開設しましょう

総合口座を開くには、ネット証券の場合はオンラインで必要書類を提出することができるので、短い時間で手続きができます。

NISA口座の開設も、SBI証券などオンライン開設に対応しているところは、ネットで完結できます。ただし、NISA口座は口座が重複していないか税務署の審査がありますので、多少時間が掛かります。

また、証券会社によっては税務署の審査を待たずに仮開設してくれるところもありますので、お急ぎの方は確認してみてください。

ステップ4:取引口座でNISAを選択

証券会社の口座開設ができたら、取引が開始できるようになります。そこで注意すべき点は、NISA口座を選択して取引を行うことです。

NISA口座の開設には総合口座の開設も必要なため、証券会社には二つの口座がある状態になっています。ここで総合口座を選んでしまうと、NISA制度の恩恵が受けられません

取引をする際には、必ずNISA口座を選択しましょう

ステップ5:銘柄を購入する

以上のようにステップ1~5までを実行すれば、NISAデビューを果たせます。難しいところはないので、ぜひ挑戦してみてください

NISAで投資信託を始めよう

この記事では「NISAで投資信託を始めてみたい」という人向けに、「NISA」と「投資信託」についての基礎的なところから、メリットやデメリット、銘柄選びまで多岐に渡ってご紹介してきました。

最後まで読んでくださった人なら、今すぐNISA口座を開設して自分がよいと思える投資信託を購入できるはずです。この記事を何度も読み返して、NISAで投資信託デビューをしてみましょう。

投資だけで生活はできる!投資初心者がFIREする方法を徹底解説!

author-avatar

鈴木 聖宣

kabuo-r.png

かぶおくん

会社の給料に頼らず生きていきたい!

投資だけで生活って、私にもできるの?

kabuyo.png

かぶよちゃん

しかし、大金を手にしただけで投資生活をしようとするのは無謀というもの。事実、 ラッキーで宝くじの1億円を当てた人がことごとく破産している という話を聞いたことはありませんか?

お金と同時に大切なのは正しい知識です!

2時間の動画で、投資のプロから「投資をする際の考え方」を学ぶことができます。 投資で成果を出すためには、実践的な投資の勉強が必要不可欠です。

1章 投資だけで生活はできるの?

皆さんの周りで、「投資だけで生活をしている 人 」は思い浮かびますか?身近にサンプルがいればより具体的に想像しやすいですよね。

この章では、 投資だけで生活をするために、まず何が必要か」 をお伝えします。

投資で生活、まず必要なのは「資産

資産とは、分かりやすくいえば 「新たな価値(資産)を生むもの」 です。

・現金
・有価証券(株や債券など)
・不動産

換金性が高い = 株や不動産などの「資産」をすぐに買える という意味です。

資産がさらなる資産を生む = 投資で生活が成り立つというのは大原則ですので、必ず抑えておきましょう。

FIREの4%ルールを知る

FIREとはアメリカ発祥のムーブメントで「Financial Independence, Retire Early」= 経済的自立と早期リタイアの略称のこと。

FIREには「4%ルール 」 というものがあり、 以下の原則により成り立ちます。

FIREの「4%ルール」
① 年間の生活費を割り出す
② 生活費の25年分を貯める
③ その資産を年4%で運用していく

生活費 240万円x25年= 6000万円(FIREに必要な資産額)

6000万円 x 年利 4% = 240万円 (生活費にする金額)

投資生活での資産運用に関しては、後述する「投資で生活 | オススメ投資3選 」 や、当サイトの 投資信託の基準価額を徹底解説 投資信託の基準価額を徹底解説 老後貯金の記事 をご参考ください。

実際に投資だけで生活している人はいるの?

実は筆者の友人A氏がそれに当たります。 A氏と は家族ぐるみの付き合いで、私が子供の頃からお世話になっていました。

A氏は先祖代々の土地にアパートを建てて人に貸してたのです。

ただそれだけではなく、月々の生活費を除き浮いたお金で「株式投資」もやっているようです。また、完全に無職ということでもなく、いわく「ボケ防止 」のために アルバイトも時々するのだそうです。

2章 投資で生活をするのに必要な金額は?

・独身か、夫婦2人暮らしか
・持ち家か、賃貸か
・都会に住むか、田舎に住むか、海外に住むか

ライフスタイル別に4つのパターンに分けたものが以下になります。

独身か、夫婦2人暮らしか

・独身世帯の一ヶ月あたりの生活費は約 16万円 /月
・2人以上世帯の一ヶ月あたりの生活費は約 29 万円 /月

独身か夫婦2人以上かで、約13万円の違いがあるということですね。

ちなみにこの報告によると、 子供1人につき 、月々の生活費が4万7千円上がる ということなので、夫婦2人だけであれば5万円引いて、24万円/月で計算しても良さそうです。

持ち家か、賃貸か

・独身世帯の住居費は20,950円 /月
・2人以上の世帯の住居費は17,374円 /月

最後に、 賃貸派の人が注意すべき ことだけお伝えしておきます。

それは3大都市圏に限っていえば、 ここ10年ほど家賃は値上がりを続けているという事実です。

首都圏に絞ると、2012年から2021年の10年間の間に家賃は31%も値上がりしました。

3大都市圏では、この傾向は今後も続くと考えられますので、将来も都会で賃貸しようと考えている方は留意しておきましょう。
出典: 東京カンテイ 分譲マンション賃料

都会か、地方か

【1世帯あたりの消費支出】(2021年)
・東京23区: 27.8万円 /月
・山梨県甲府市: 19.6万円 投資信託の基準価額を徹底解説 /月

上記のデータからは、都会と地方で約8.2万円の差が生まれています。

やはり、地方は都会よりも生活費が安いことは事実のようです。

注意すべき点としては、東京は23区内でも世帯収入の差が激しく、1位港区と最下位の足立区では4倍の差があるのです。つまり同じ「都内」と言っても、生活費には大きな差があります。

それは、 地方だと交通費が高くなりがち だということです。 車が1人1台は必須、という所が多いからです。

3章 投資で生活するのに「向く人」と「向かない人」の特徴

投資で生活するのに「向く人」は?

投資で生活するのに「向く人」
・数字やお金の勉強が苦にならない
・他人と違う行動やライフスタイルが苦にならない
・変化に柔軟に対応できる

投資信託の基準価格って何?知らないと損?!初心者へ分かりやすく説明

投資信託の基準価額は、以下の計算式で求めることができます。

「純資産総額」とは、投資信託に組み入れられている株式や債券など 「資産」の時価総額のこと です。

この純資産総額を投資信託の「総口数」で割ったものが「基準価額」です。

組入資産の評価は1日に1回、一般的には取引の終値(おわりね)で行われます。

多くの投資信託は、基準価格1万円からスタートさせますが、「1万円を切るもの=成果が出ていない投資信託」とも限りません。分配金を出していると、その分 基準価格が下がる からです。

基準価格に影響する4つの変動要因

運用による損益

最も基本的な変動要因と言えるのが、「運用損益」です。

運用している株式などの 時価評価額が上がることで、純資産総額も大きくなり、結果基準価額は上がります。

分配金の支払い

基準価額の変動に分配金の支払いが影響しているかどうか知りたい場合は、 分配金支払い日前後の基準価額を見て比較 すれば分かります。

基準価額はどこで調べればいいの?

運用会社または販売会社などのHP

1つは、目当ての信託商品の運用会社、もしくは販売会社のホームページを確認する方法です。

新聞にも掲載されている

投資信託協会のHPもチェック

基準価額はいつ更新されるの?

投資信託の基準価額は基本的に 1日に1回更新されます
日本の営業日を基準にして計算・更新されますが、国内資産か海外資産かによって、いつの情報が反映されるかは異なります。また利用する証券会社によっても違います。
GMOクリック証券の場合、基準価額が更新されるタイミングは次の通りです。

国内資産の場合 当日の国内市場の終値から算出し、更新は翌日
海外資産の場合 当日の海外市場の終値から算出し、更新は翌々日。

基準価額は、投資の変動価格や運用費用などを全て含めて計算するため、 決定するのは夕方以降 になります。

そのため、お客様は その日の基準価額を確認してから売買することはできません。

基準価額以外で投資信託を選ぶ基準とは?

純資産総額

前述したように、純資産総額とは投資信託に組み入れられている株式や債券など 「資産」の時価総額のこと です。

純資産総額が大きいほど人気のあるファンドと言えます。

  • 取り扱っている商品が似ている(または同じ)
  • 手数料に差がない

運用実績は、 遡ること3年〜5年分の実績 は確認するようにしましょう。

トータルリターンは期間が1年、3年、5年と選択できるのですが、短期間の運用実績だけで判断すると、一時的な変動要因も数字に大きく影響してしまうので、 投資信託の基準価額を徹底解説 中長期間のデータも一緒にチェックして判断 するようにしましょう。

投資信託の基準価額 基本を理解して購入や売却に役立てよう

  • 投資信託初心者におすすめ!失敗しない運用方法と選び方とは

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる