安定した取引システム

バイナリーはどっちがおすすめ

バイナリーはどっちがおすすめ
けれどもこの『スクリーム』シリーズはそこで止まらない。2011年の4作目 『スクリーム4: ネクスト・ジェネレーション』 では『スクリーム』(作中では「スタブ」)の影響を受けて殺人を起こそうとする若者を登場させ、そのリアルな社会の反応さえもパロディにしてみせ、徹する姿勢を貫いてきました。

バイナリーオプションは海外・国内どっちがおすすめ? | 海外FXおすすめ情報サイト- 4FREE –

バイナリーオプションは海外・国内どっちがおすすめ?のサムネ画像

海外バイナリーオプションと国内バイナリーオプションは全く違うサービスです。 同じようにバイナリーオプションのサービスを提供しているものの、バイナリーオプションの取引方法に違いがあるのです。 また、海外と国内では入出金方法にも違いがあります。 取引方法や入出金方法など、海外と国内にある違いを理解したほうがいいでしょう。 今回は海外と国内、バイナリーオプションの違いについて説明します。

この記事のポイント

ポイント1

ポイント2

ポイント3

海外と国内のバイナリーオプションにある違い

  • 取引時間の違い
  • 入出金方法の違い
  • ペイアウト率の違い

以上の3つに違いがあり、 海外と国内では同じバイナリーオプションでも全く違うサービスが展開されているのです。
なぜ上記の違いが生じているのか、ここから詳しく説明します。

取引時間の違い

海外も国内も、バイナリーオプションは月曜日から金曜日の間で取引するように定められています。
海外の場合は時差がありますので、土曜日の朝方まで取引できる場合があります。
全体としての取引時間にはそこまでの違いはないのです。

しかし1回の取引時間が明確に違います。
国内では最低2時間の取引時間を設けなければならず、頻繁に取引する方法は認められていません。
これはギャンブル要素が強くなってしまうほか、 投資による大きな損失が起こりやすいと判断されており、短時間での取引は提供できなくなりました。

海外の場合は日本の法律が適用されませんので、短期取引が可能です。
30秒程度で取引が完了する方法も多数用意されています。
短い時間で取引が終わるのは海外ならではのサービスです。

なお、 海外でも取引時間の長いバイナリーオプションが用意されています。
短時間の取引しかできないというわけではありません。

入出金方法の違い

一方で海外ではクレジットカード入金が可能ですし、オンライン決済サービスを利用して入金する方法も用意されています。
多くの入出金方法を提供しているのが海外バイナリーオプションの良さです。
その反面、手数料を取られてしまう点が問題視されています。

ペイアウト率の違い

国内ではペイアウト率を相当高められる場合もありますが、受け取れる金額は原則として1,000円に設定されています。
1回の取引で勝利した場合は、勝利したユーザーに1,バイナリーはどっちがおすすめ 000円が支払われるのです。
つまり取引で受け取れる金額は、どのような状況でも1,000円なのです。

ふくろう先生

海外と国内、どちらの方が儲かるのか

海外バイナリーオプションの方が儲かる傾向にある

  • ペイアウトの倍率が固定されている
  • 無制限にお金を投入できる
  • 短時間での取引が可能

更に短期取引により、何度も取引できるのがいいところです。
国内では2時間に1回しか取引できないものの、 海外なら2時間もあれば100回以上の取引が期待できるのです。
負け続けない限り、短期取引で稼げる可能性は高いのです。

国内バイナリーオプションが稼げない原因

ふくろう先生

海外と国内、どちらが安心して取引できるのか

バイナリーオプションは海外・国内どっちがおすすめ?のサムネ画像

安心感は国内の方が強い

安心して取引ができるのは国内のバイナリーオプションです。
国内の方がサポート体制は充実していますし、何よりもセキュリティ面の安心感があります。
国内の会社はバイナリーオプション以外にも金融商品を扱い、多くの実績を上げている会社が多いのも安心できる点です。

海外のバイナリーオプションは多少の不安がある

  • 業者の情報がわかりづらい
  • 現地の金融庁に届け出をしているかわからない
  • バイナリーオプションのように見せかけた詐欺サイトもある

ふくろう先生

海外と国内、どちらのバイナリーオプションを使うべきか

多少の不安はあるものの海外バイナリーオプションがいい

利益を出しづらい国内のバイナリーオプションでは、少額の利益を毎日積み上げるしか稼ぐ道がありません。
しかし海外バイナリーオプションを使えば、1時間程度頑張れば目標としている利益が得られる場合もあるのです。
稼ぎやすいという部分では 海外のバイナリーオプションが国内よりも圧倒的に有利です。

どうしても海外を信用できないなら国内で基礎を知る

国内の業者は、バイナリーオプションの練習として使うのがいいかもしれません。
海外のバイナリーオプションへいきなり挑戦しても失敗する可能性があります。
国内でバイナリーオプションの基礎を身に着けて、しっかりと リスクを知ってから海外に挑戦する と成功しやすいのです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる