FX入門〜初心者におすすめ

投資ブローカーとは何ですか

投資ブローカーとは何ですか
簡単なヒント: ブローカーまたは証券会社がFINRAのBrokerCheckツールを使用してルールに従っているかどうかを確認します。

金融取引入門講座 第10回 証券会社

金融取引入門講座 第10回 証券会社

1.証券会社の業務と役割

≪証券会社とは何か≫

証券会社は、 直接金融 の代表的な金融機関で、株式、公社債、投資信託などを扱う会社です。
全国には、226社の国内証券会社と40社の外国証券会社があります(2004年2月1日時点)。

◆株式市場の仲介役

◆免許制から登録制へ

証券会社を営むには、大蔵大臣から免許を受ける必要があったのですが、1998(平成10)年12月からは登録するだけで証券業を営めるようになりました。免許制から 登録制 への規制緩和です。

≪証券会社の4つの業務≫

証券会社には、(1) 委託売買業務 (ブローカー)、(2) 自己売買業務 (ディーラー)、(3) 引受業務 (アンダーライター)、(4) 募集/売り出し業務 の4つの業務があります。

(1)委託売買業務(ブローカー)

委託売買業務とは、投資家(顧客)から 委託 投資ブローカーとは何ですか を受けて、有価証券(株式や債券)の売買を行う業務のことで、ブローカー業務ともいいます。主に流通市場にかかわる業務です。

(2)自己売買業務(ディーラー)

自己売買業務とは、証券会社が、自己の資金で、 自己の利益 のために、有価証券(株式や債券)を売買する業務のことで、ディーラー業務ともいいます。主に流通市場にかかわる業務です。

(3)引受業務(アンダーライター)

引受業務とは、企業が株式や債券を発行する場合に、発行会社に代わって 有価証券を引き受ける業務 のことで、アンダーライター業務ともいいます。 主に発行市場に関わる業務です。

引受シンジケート団

(4)募集/売り出し業務

募集/売り出し業務とは、新規公開にかかわる有価証券の 募集 および 売り出しの取扱い を行う業務のことです。主に発行市場にかかわる業務です。

募集/売り出し業務では、証券会社は発行会社からの委託を受けて販売するだけです。引受業務と違って 売れ残っても引き取りを行わない ため、証券会社がリスクを負うことはありません。

募集

募集という用語は、 新しく 発行する株式や公社債を募集する時に使います。
発行会社に代わって有価証券を引き取った業者(アンダーライター業務)の下請けとなって、募集を行います。

売り出し

売り出しという用語は、大株主が すでに発行 してある証券を売却する時に使います。

投資ブローカーとは何ですか ≪証券会社のその他の業務≫

2.金融制度改革と証券会社

≪銀行業と証券業の棲み分け≫

日本の金融制度は、 銀行業と証券業を分離 する専業・分業体制を基盤として発展してきました。間接金融を担う銀行と、直接金融を担う証券という棲み分けがなされました。この専業・分業を規定したものが、証券取引法65条です。

◆銀行業界

日本の経済は、戦後、間接金融制度に支えられて発展しています。銀行を中心として産業に資金を供給する 産業育成策 は、高度経済成長に大きく貢献しました。
この金融制度を背景に、日本経済は高度成長を遂げました。この間、銀行の業績も順調に推移していました。

ところが、1970年代末頃から、経済は高度成長時代から 低成長時代 を迎えました。金融緩和や金利低下を反映して、企業の銀行離れが進行したため、銀行の業績も伸び悩みを見せはじめたのです。

しかし、証券分野のビジネスチャンスは、証券取引法65条が壁となり手が出せません。こうした事態に銀行界から不満の声が上がり、 国債の窓口販売やディーリングを銀行に認める 規制緩和がはじまりました。

◆証券業界

事態を重く見た政府は、1997(平成9)年末から 金融市場の自由化 (規制緩和)を急ピッチで推進しています。
銀行と同じように公共料金の自動振替ができる証券総合口座の解禁、株式手数料の完全自由化、有価証券取引税の撤廃、上場株式の取引所外取引の解禁(証券取引所を通さずに上場株を売買する)等の改革が進められました。

証券会社の4つの業務 投資ブローカーとは何ですか
委託売買業務…委託を受けて有価証券の売買を行う
自己売買業務…自社の資金で、自社の利益のために有価証券を売買する
引受業務…発行会社に代わって有価証券を引き取る
募集/売り出し業務…有価証券の募集および売り出しの取扱いを行う

「ブローカー」とは?不動産での意味から英語や類語まで例文付きで解説

言葉

☆「ブローカー」をざっくり言うと……

英語表記ブローカー(broker)
意味仲買人、仲介業者、証券委託売買業者
語源サクソン語 “broc” ・英語 “break”
類義語ディーラー、エージェント
不動産ブローカー人脈を活かし、知人の間で不動産契約を成立させる人

「ブローカー」の意味をスッキリ理解!

「ブローカー」の意味を詳しく

「ブローカー」とは、 不動産や証券における、仲買人や仲介業者 のことです。

「ブローカー」の使い方

「ブローカー」の語源

まず、古代英語の1つの サクソン語が元であるという説が存在します。 サクソン語には、 “broc” という「失敗」を表す単語が存在し、この単語が元になっているのではないかと考えられています。

そして、もう一つの説は 英語の “break” が元となっているという説です。 かつて株式の大口注文を扱いやすくするために小口注文に分割していたことから、「分割する」という意味を持つbreakが元となってブローカーが誕生したのではないかとされています。

「ブローカー」の類義語

  • ディーラー:取扱業者・特約店 :代理人・代理店・仲介業者

不動産ブローカー

不動産ブローカーは、自分の人脈を活かして独自に不動産売買の取引を行う人のことです。 「不動産を売りたい」と言っている知人に対し、「不動産を買いたい」と言っている人を紹介し、そこで契約がまとまった場合に紹介料を貰うのが仕事です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる