FXの自動売買とは

株式投資初心者でもわかりやすい

株式投資初心者でもわかりやすい
  • ・武者陵司「良いインフレが米国をソフトランディングに導く」 (05/23)
  • ・【植木靖男の相場展望】 ─近づく米国株底入れで次世代テーマ鮮明へ (株式投資初心者でもわかりやすい 05/28)
  • ・富田隆弥の【CHART CLUB】 「日米市場ともにリバウンド入り」 (05/28)
  • ・ バリュー株優位はいつまで? バリュエーション格差に見る「割高・成長株」の逆襲 (05/25)
  • ・ 億ヤラレ中の億り人、日本株躍進もアメ株でつまずきのワケ (05/26)
  • ・今期活躍期待の【連続最高益】銘柄リスト〔第2弾〕33社選出 <成長株特集> (05/26)
  • ・個人投資家・有限亭玉介:業績とチャートが基本!直近の注目株.. (05/28)
  • ・10万円以下で買える、大幅増益&低PBR 株式投資初心者でもわかりやすい 24社【プライム】編 <割安株特集> (05/27)
  • ・インバウンドの追い風再び、「サービスロボット関連株」本格稼働へ <株探.. (05/25)
  • ・【今週読まれた記事】復活! 国策テーマ買いの潮流 (05/28)

【特集】 井出真吾(ニッセイ基礎研)が斬る ―どうなる? 株式投資初心者でもわかりやすい 半年後の株価―

株式会社ニッセイ基礎研究所 上席研究員 チーフ株式ストラテジスト
1993年に東京工業大学卒業、日本生命保険入社。99年にニッセイ基礎研究所へ。2018年より現職。専門は株式市場・株式投資・マクロ経済。科学的かつ客観的な分析とわかりやすい解説は定評があり、新聞・テレビなどメディア露出も多数。企業・新聞社主催のセミナーのほか、学会活動にも取り組む。52歳。著書に「本音の株式投資」、「株式投資 長期上昇の波に乗れ!」、「ROEを超える企業価値創造」などがある。テレビ東京、TBSなど出演多数。

井出真吾氏の予測 4つのポイント
(1)半年後の日経平均株価は2万8000~3万1000円
(2)半年後のS&P500種平均は4100~4300ポイント
(3) 日本株では、自動車関連、特にトヨタ関連株が有望。デジタル関連も買い
(4) 米個人消費支出(PCE)デフレーターの落ち着きを契機に、日米株価は反転上昇も

井出:その通りです。現在は、株価が1株当たり純利益(EPS:Earnings Per Share)の何倍まで買われているかを示す「予想PER(株価収益率)」は12倍台にとどまっています(5月13日時点)。2021年度の予想PERは平均で14.5倍でしたから、いかに低いかがわかります。これは世界的なインフレなど複数の不透明要因が市場心理を委縮させているためです。米国では、昨年4月から消費者物価指数(CPI)が急上昇していますから、その反動で、今年の春から夏にかけて伸び率は鈍化していくと見られます。

【タイトル】


図1 日米株式市場 予想PERの推移

【タイトル】

図2 米国CPIとコアPCEデフレーターの推移

【タイトル】

1996年慶大卒、日本経済新聞社に入社。東京本社の社会部に配属される。小売店など企業ニュースの担当、ニューヨーク留学(米経済調査機関のコンファレンス・ボードの研究員)を経て東京本社の経済部に配属。財務省、経済産業省、国土交通省、農水省、日銀、メガバンクなどを長く担当する。日銀の量的緩和解除に向けた政策変更や企業のM&A関連など多くの特ダネをスクープした。第一次安倍内閣時の独ハイリゲンダムサミット、鳩山政権時の米ピッツバーグサミットなどでは日経新聞を代表して同行取材、執筆。東日本大震災の際には復興を担う国土交通省、復興庁のキャップを務めた。シンガポール駐在を経て東京本社でデスク。2018年8月に東証一部上場(現プライム市場)のB to B企業に入社し、広報部長。2019年より執行役員。2022年に広報コンサルティング会社を設立し、代表に就任。ジャーナリストとしても記事を複数連載中。5月に著書「BtoB広報 最強の攻略術」(すばる舎)を出版。

  • ・武者陵司「良いインフレが米国をソフトランディングに導く」 (05/23)
  • ・【植木靖男の相場展望】 ─近づく米国株底入れで次世代テーマ鮮明へ (05/28)
  • ・富田隆弥の【CHART CLUB】 「日米市場ともにリバウンド入り」 (05/28)
  • 株式投資初心者でもわかりやすい バリュー株優位はいつまで? バリュエーション格差に見る「割高・成長株」の逆襲 (05/25)
  • ・ 億ヤラレ中の億り人、日本株躍進もアメ株でつまずきのワケ (05/26)
  • ・今期活躍期待の【連続最高益】銘柄リスト〔第2弾〕33社選出 <成長株特集> (05/26)
  • ・個人投資家・有限亭玉介:業績とチャートが基本!直近の注目株.. (05/28)
  • ・10万円以下で買える、大幅増益&低PBR 24社【プライム】編 <割安株特集> (05/27)
  • ・インバウンドの追い風再び、「サービスロボット関連株」本格稼働へ 株式投資初心者でもわかりやすい <株探.. (05/25)
  • ・【今週読まれた記事】復活! 国策テーマ買いの潮流 (05/28)

株探からのお知らせ

  • 見逃し配信開始! 株探プレミアムセミナー
  • 東証再編に伴う株探の対応につきまして

お気に入りがいっぱいです!
もっと追加するには、有料サービス「株探プレミアム」の登録が必要です。
初めてご登録の方には「30日間の無料体験」実施中!
※無料体験終了後は、毎月の利用料金が発生します。
※過去に「30日間の無料体験」をご利用になった方には無料体験は適用されません。

このアイコン「★」は利用者の皆さまの「お気に入り銘柄」を
登録もしくは削除する機能となっております。
お気に入り銘柄を登録するには、会員登録(無料)が必要です。
無料会員およびプレミアム会員の方はログインが必要です。

  • 日経平均は596円高、後場の値幅はここまで101円程度
  • 東京為替:ドルは引き続き127円近辺で推移
  • 後場に注目すべき3つのポイント~転換点迎えたか?リターン・リバーサルで中小型グロースに期待
  • 話題株ピックアップ【昼刊】:メルカリ、ソニーG、JFE
  • ソニーグループ---急伸、事業説明会を受けて見直しの動き強まる
  • ユーグレナが反発、ネット広告のはこを株式交換により完全子会社化へ
  • 膨らむ再編思惑、「上場グループ会社解消」で浮上する銘柄群 <株探トップ特集>
  • 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─日本に幸運もたらすインバウンド、関連株の押し目を拾う!

人気ニュース【ベスト5】

  • 今朝の注目ニュース! ★セルム、フリージア、岡三などに注目!
  • 今期活躍期待の【連続最高益】銘柄リスト〔第3弾〕35社選出 <成長株特集>
  • 伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (5月30日記)
  • 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─日本に幸運もたらすインバウンド、関連株の押し目を拾う!
  • 【杉村富生の短期相場観測】 ─ナスダック市場は底入れ、反発のタイミング!

お薦めコラム・特集

  • デリバティブを奏でる男たち【28】 ブレバン・ハワード(前編)
  • 伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (5月30日記)
  • 今期活躍期待の【連続最高益】銘柄リスト〔第3弾〕35社選出 <成長株特集>
  • 10万円以下で買える、大幅増益&低PBR 25社【スタンダード】編 <割安株特集>
  • 【和島英樹のマーケット・フォーキャスト】 ─企業業績は下期から回復局面へ、買い余地は大きい

■関連サイト ※外部リンク

当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。 当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる