オプション取引の基本

株のスイングトレードのやり方は

株のスイングトレードのやり方は
デイトレードと比較すると、トレードの期間を長くし、時間の密度を薄めることで、マーケットを見ている時間が少なくても、トレードを行うことができるのが特徴です。そのため、専業のトレーダーだけでなく、サラリーマンや自営業の方など、多くの兼業トレーダーがスイングトレードを行っています。兼業トレーダーの場合には、日足のチャートを使って、寄付や大引けで、成行注文や指値注文、逆指値注文で売買するスタイルが向いています。ファンダメンタル分析に時間をさけない場合は、テクニカル分析に利確と損切りのルールを組み合わせたスタイルで参加するのが向いているでしょう。

“逆張り”は基本的な株式投資とは真逆の手法

逆張りとは、トレンドの動きに沿ってポジションを取る基本的な取引方法である“順張り”とは違い、“トレンドの動きに逆らってポジションを取る”という手法のことを言います。
例えば順張りの場合、トレンドが上昇傾向にあれば買いポジションを取り、下降傾向にあれば売りポジションを取ります。
ただ逆張りでは、トレンドが上昇傾向にあるときに空売りを行い、下降傾向にあるときに買いポジションを取ります。
つまり順張りが“このまま上がるだろう”、“このまま下がるだろう”という予測のもと行われるものであるのに対し、逆張りは“今後上昇トレンドに転換するだろう”、“今後下降トレンドに転換するだろう”という予測のもと、行われるものであるということです。

逆張りを成功させるための方法とは

デイトレードで行う逆張りを成功させるための方法

デイトレードで逆張りを行う場合、“きりが良い価格での反発を狙う”という方法がおすすめです。
株価には、1,000円や1,100円など、きりが良い数字で1度下げ止まりやすいという特徴があり、その後反発するケースもよく見られるためです。
またその他には、“直近の安値、前日の終値付近での反発を狙う”という方法もあります。
直近の安値、前日の終値は、翌日に株価を下支えする“支持線”の役割を果たすことがあるためです。
つまり直近の安値、前日の終値から株価が下がらなくなることが多いため、その付近でのエントリーを繰り返せば、デイトレードで細かい利益を獲得できるということです。

スイングトレードで行う逆張りを成功させるための方法

スイングトレードで逆張りを行う場合、まず“移動平均線からの開きが大きくなったとき”を狙いましょう。
これは逆張りの中でも、もっともポピュラーで、多くの投資家に実践されている方法です。
すべての銘柄に該当するわけではありませんが、移動平均線から20%以上離れている場合、多くの銘柄はいったん動きを緩め、その後反発する傾向にあります。
またスイングトレードで逆張りを行うのであれば、“きりの良い価格で株価が下がらないとき”株のスイングトレードのやり方は を狙うことで、成功する可能性は上がります。
これは、デイトレードにおける“きりが良い価格での反発を狙う”という方法と、ほとんど同じ考え方です。
きりの良い数字から下抜けることはなかなかないため、何度もその価格から下げない場合は、反発を狙ってみるべきでしょう。

逆張りが持つ利点について

大きな利益を獲得しやすい

先ほど解説したように、逆張りはトレンドの転換点付近からポジションを取るという手法です。
株価というのは、トレンドが転換してから一気に上昇したり、下降したりしていくもののため、うまくエントリーできれば、大きな利益を獲得しやすくなります。
これはデイトレードとスイングトレード、どちらの逆張りにも言えることです。

順張りと組み合わせることでチャンスロスが減らせる

逆張りが持つ欠点は?

逆張りには、順張りにはない欠点もあります。
ただ欠点も併せて把握しておくことで、逆張りにおける大きなミスは防げるでしょう。
具体的な欠点は以下の通りです。

売買の瞬間は損失が出やすい

塩漬け株ができやすい

精神的にエントリーしにくい

逆張りに失敗する投資家の特徴とは

逆張りに失敗する投資家の多くは、“損切りができない”という特徴を持っています。
逆張りでは、下降トレンドの最中に買いポジションを取ることも多く、早めに損切りをしないと、下降トレンドの波に一気に飲まれてしまいます。
また逆張りで買いポジションを取った後、株価が下がってしまった場合に、買い増し(ナンピン買い)をよく行う投資家も、逆張りには失敗しやすいと言えます。
これらの特徴に共通して言えることは、“1度チャンスを逃したにも関わらず、追いかけようとする投資家”は、逆張りに失敗する可能性が高いということです。

株式投資における逆張りについてさまざまな観点から解説しましたが、いかがでしたか?
逆張りを成功させることができれば、大きな利益を獲得しやすくなりますし、順張りと組み合わせることで、利益を獲得できるチャンスも増加します。
ただ逆張りは、お世辞にも初心者向けの手法とは言えません。
まずは順張りで、トレンドに沿ったエントリーというものの基礎を身に付けなければ、トレンドに逆らうことは難しいでしょう。

株式スイングトレード手法公開!【投資とトレードの違いも解説】

出典:マネックス証券:はじめてのテクニカル分析

・相場のトレンドは常に「上昇トレンド」「レンジ相場」「下降トレンド」のどれか!

ちなみに上の図のように中期線(20日線)を短期線(5日線)が下から上へ抜けていく事を ゴールデンクロス といい、上昇トレンドへの転換ポイントになりやすいです!

ちなみに上の図のように中期線(20日線)を短期線(5日線)が上から下へ抜けていく事を デッドクロス といい、下降トレンドへの転換ポイントになりやすい!

中期線長期線は株価が上へ行くのを阻む 上値抵抗線 (レジスタンスライン) になったり、

逆に株価が下降するの阻む 下値支持線 (サポートライン)になったりする!

下の図で説明すると①が下値支持線になっていて②が上値抵抗線ですね!

①では価格が落ちていきますが中期線がサポートラインになって上に押し返していますね!

②では長期線の上へ抜けようと何度も頑張りますが、レジスタンスラインになって下に押し返しています!

中期線と長期線は上値抵抗線下値支持線のどちらにもなるので慎重に判断しましょう!

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる