FX口座開設

トレンド分析とは

トレンド分析とは
出典:tradingview.com

仮想通貨SANDとは?The Sandboxの特徴や今後の将来性・買い方を初心者向けに解説

仮想通貨SANDの特徴 アイキャッチ

SAND_world

出典:The Sandbox

The Sandboxは、仮想空間の「メタバース」を自由に楽しむ、オープンワールドのブロックチェーンゲームです。

  1. 謎解きや収集を楽しむ
  2. キャラクターやアイテムを作成できる
  3. 3Dゲームを自作できる

自作のNFTを販売できる

SAND_NFT

出典:The Sandboxショップ

The Sandboxでは、ゲーム内で使えるキャラクターやアイテムを作成し、NFTとして売買できます。作ったNFTは、仮想通貨SANDを使った取引が可能です。

The Sandboxには、遊んで稼げる「Play to Earn」が実装されているワン!

LANDでマネタイズできる

SAND_LAND

出典:The Sandbox

The Sandbox内の土地「LAND」を活用した、さまざまなマネタイズ方法が生まれています。

  1. LANDの売買・貸し出し
  2. 有料ゲームの提供
  3. イベントを開催して集客する

ともだち登録で記事の更新情報・限定記事・投資に関する個別質問ができます!

仮想通貨SANDの価格推移

仮想通貨SANDの価格推移

SANDの全期間チャートを確認

SAND_ALLchart

出典:tradingview.com

SANDは2020年8月にバイナンスに上場し、5か月ほど0.03~0.05ドルの価格帯で推移しました。

2021年より上昇傾向に転じ、11月は最高値となる 7.4ドル台 を記録しています。

2021年までの値動き【チャート】

SAND2021chart

出典:CoinMarketCap

メタバース・NFT市場の拡大を追い風に、SANDも急激に価格を上げています

なお、アディダスがThe Sandboxに関するTwitterを投稿した11月25日に、SANDは最高値の7.4ドル台を記録しています。

2022年の価格動向【チャート】

SAND2022chart

出典:CoinMarketCap

2022年に入り、SANDは市場全体の停滞に影響を受ける形で価格を下げました。1月下旬には一時3ドル台まで下落しています。

2月には4.7ドル台をつけたものの大きな上昇には至らず、4月30日には一時2ドルを割り込みました

\SAND取り扱い記念キャンペーン開催/

SANDを合計5万円以上購入で、抽選で10名様に10万円が当たります。
さらに今なら口座開設&入金で、全員に2,500円相当のビットコインをプレゼント!

仮想通貨SANDの今後の将来性

仮想通貨SANDの将来性

  1. メタバース市場の成長
  2. NFTゲームの拡大
  3. トレンド分析とは
  4. 有名企業のさらなる参入に期待

メタバース市場の成長

アメリカの金融大手のシティグループは、「2030年までにメタバースの経済圏は最大13兆ドルユーザー数50億人に達する可能性がある」という予測を出しました。

NFTゲームの拡大

2022年に入り、ブロックチェーンゲーム市場は急速に拡大しています。DappRadarの調査によると、2022年第1四半期は前年同期に比べ、 ユーザーの活動が2,000%増加した ことが分かりました。

NFTゲームへの投資総額は、2022年第1四半期だけで約25億ドルに到達しています。

有名企業のさらなる参入に期待

SAND_JOIN

出典:The Sandbox

  1. Adidas
  2. HSBC(イギリス大手メガバンク)
  3. スクウェア・エニックス
  4. エイベックス
  5. SHIBUYA109

国内取引所のコインチェックは、The Sandboxと共同で「Oasis TOKYO」を建設しているワン。
商店街・美術館・ライブハウスなど、さまざまなアーティストと交流できる場が生まれるワン!

今後はどこまで上がる?SANDの将来価格を予想

仮想通貨SANDの将来価格

    …2027年までに18.98ドル(約2,470円)に到達 …2027年までに20ドル(約2,600円)に到達 …2027年までに33.43ドル(約4,350円)に到達

\SAND取り扱い記念キャンペーン開催/

SANDを合計5万円以上購入で、抽選で10名様に10万円が当たります。
さらに今なら口座開設&入金で、全員に2,500円相当のビットコインをプレゼント!

仮想通貨SANDはどこで買う?【購入できる取引所】

仮想通貨SANDはどこで買える

コインチェック

手数料入金手数料:無料
出金手数料:407円
送金手数料:21.0 SAND
取引手数料:無料
取扱銘柄数 18銘柄
提供サービス 販売所・取引所・NFTマーケット・積立・貸暗号資産・ステーキング
公式サイトhttps://coincheck.com/ja/
※2022年5月中旬時点

手軽にスマホアプリの画面がシンプルで分かりやすく、 迷わず購入画面までたどり着けます

コインチェックSAND上場キャンペーン

キャンペーン詳細

  • 期間
    →2022年5月24日 取扱い開始時 〜 2022年6月7日 23:59
  • 参加条件・商品
    →キャンペーン期間中にCoincheckで「SAND」を合計5万円以上購入された方の中から、抽選で10名様に10万円をプレゼント
  • 賞品付与方法
    →キャンペーン期間終了から1ヶ月以内に取引アカウントへ付与

\SAND取り扱い記念キャンペーン開催/

SANDを合計5万円以上購入で、抽選で10名様に10万円が当たります。
さらに今なら口座開設&入金で、全員に2,500円相当のビットコインをプレゼント!

仮想通貨SANDの買い方・購入方法

仮想通貨SANDの購入方法

  1. Coincheckで無料口座開設する
  2. 開設された取引口座に日本円を入金する
  3. SANDを購入する

Coincheckで無料口座開設する

Coincheck

まずはCoincheckの公式サイトにアクセスし、無料登録をします。

  • メールアドレス・パスワードの登録
  • 二段階認証の設定
  • 基本情報の入力
  • 重要事項の確認
  • 本人確認書類と自分の顔を撮影

「スマホで本人確認」を利用すれば、 最短5分で登録作業が終わります 。本人確認書類として、免許証かマイナンバーカードが必要です。

\最短5分で完了/

開設された取引口座に日本円を入金する

Coincheck_start2

開設された取引口座に日本円を入金すれば、取引の準備完了です。

入金方法は銀行振込・コンビニ入金・クイック入金から選べます。コストを抑えたい方は、 入金手数料無料の銀行振 込を選びましょう。

SANDを購入する

SANDを購入する

  • 「販売所」をタップし、SANDを選択
  • 「購入」をタップし、購入したい金額を入力
  • 入力内容を確認して「購入」をタップ

【まとめ】仮想通貨SANDとは

仮想通貨SANDのまとめ

Coincheckは ユーザー数が非常に多い、国内大手の取引所 です。

\SAND取り扱い記念キャンペーン開催/

SANDを合計5万円以上購入で、抽選で10名様に10万円が当たります。
さらに今なら口座開設&入金で、全員に2,500円相当のビットコインをプレゼント!

注目の仮想通貨銘柄もチェック

ともだち登録で記事の更新情報・限定記事・投資に関する個別質問ができます!

IG証券 キャンペーン アイキャッチ

IG証券の最新キャンペーン情報をご紹介!オトクに投資を始めよう! New!!

ヤマイチ・ユニハイムエステート

ヤマイチ・ユニハイムエステート株式会社(2984)【IPO上場企業紹介・初値予想】 New!!

アクセスランキング

限定キャンペーン

New Posts

おすすめネット証券

投資初心者

マイメイト(アイキャッチ)

GMOコイン口コミアイキャッチ

不動産投資失敗アイキャッチ

カテゴリー

アーカイブ

いろはにロゴ

当メディアは(株)インベストメントブリッジによって運営されています。 トレンド分析とは
(株)インベストメントブリッジは中立した立場で、投資家と企業の架け橋として活動をしております。
運営会社についての詳細はこちらをご覧ください。
また、当メディアにおける記事及び情報の掲載は、投資に関連する一般的な情報提供のみを目的としたものであり、有価証券その他の金融商品の取引の勧誘を目的としたものではありません。
当メディアに掲載された記事、情報及び外部リンク先ウェブサイトに基づいて利用者が被ったいかなる損害についても、当メディア運営会社・執筆者は一切の責任を負うものではありません。
Please Follow us!

デロイト トーマツ、「Tech Trends 2022 日本版」を発行

エクスポネンシャルインテリジェンス―従来、AIは複雑・大量のデータを分析し予測する目的で利用されてきたが、未来のAIは人間の感性にまで技術進化を遂げる。AIは我々の行動履歴を学習する以上、成長の方向性とスピードも限界があるため、今後AIをエクスポネンシャルに進化させるためには、AIの役割の認識を変え、オルタナティブデータや他者のチャンピオン・モデルと掛け合わせるといったことに果敢に取り込んでいくことが重要になる。

アンビエントエクスペリエンス―デバイスやAIなどの分析技術の発達により、人の気分や趣向、意識していない健康状態までも計測してデジタルに変換、処理できるようになると、これまでスクリーン・液晶を介することを前提としていたプロセスが省略され、現実とデジタルの境界を意識しない、「アンビエントエクスペリエンス」の実現が近い将来訪れるのかもしれない。日本企業は、近視眼的な費用対効果に捕らわれず、積極的に新技術の活用にチャレンジすることで競争力に大きなアドバンテージが得られるであろう。

デロイト トーマツ グループは、日本最大規模のプロフェッショナルサービスファームとして有する圧倒的な専門性・総合力と、データアナリティクスやデジタル・テクノロジーに関する最先端の実践的知見を融合することで、経済社会や産業の将来像を指し示し、その実現に必要とされる経営変革と社会イノベーションを加速させる「経済社会の変革のカタリスト」となることを目指しています。

プロフェッショナル

山本 有志/Yushi Yamamoto

山本 有志/Yushi Yamamoto

デロイト トーマツ コンサルティング 執行役員

多様な業界に対して、IT戦略立案、IT組織改革、グローバルITガバナンス強化、IT投資コストマネジメント高度化等のTechnology Strategy & Architectureに関するコンサルティングに従事。 企業の戦略実現を左右する大規模ITプロジェクトのマネジメント経験も多く、戦略から開発・運用までITライフサイクル全般の知見を活かし、CxOに対してアドバイザリーサービスを提供。 関連サ. さらに見る

千田 章貴/Akitaka Senda

千田 章貴/Akitaka Senda

デロイト トーマツ トレンド分析とは コンサルティング 執行役員

金融機関を中心に、戦略立案~システム開発~アウトソーシングを含む広範囲の領域に対してコンサルティングサービスに従事。特に、事業戦略立案、業務改革、組織変革、IT戦略・マネジメント等のプロジェクトを多く手掛けている。 関連するサービス: ・ エンタープライズテクノロジー・パフォーマンス(ナレッジ・サービス一覧はこちら) >> オンラインフォームよりお問い合わせ. さらに見る トレンド分析とは

報道機関の方からの問い合わせ先

デロイト トーマツ グループ 広報担当 トレンド分析とは 真木
Tel: 03-6213-3210 Email: [email protected]

デロイト トーマツ グループは、日本におけるデロイト アジア パシフィック リミテッドおよびデロイトネットワークのメンバーであるデロイト トーマツ合同会社ならびにそのグループ法人(有限責任監査法人トーマツ、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社、デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社、デロイト トーマツ税理士法人、DT弁護士法人およびデロイト トーマツ コーポレート ソリューション合同会社を含む)の総称です。デロイト トーマツ グループは、日本で最大級のプロフェッショナルグループのひとつであり、各法人がそれぞれの適用法令に従い、監査・保証業務、リスクアドバイザリー、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリー、税務、法務等を提供しています。また、国内約30都市以上に1万5千名を超える専門家を擁し、多国籍企業や主要な日本企業をクライアントとしています。詳細はデロイト トーマツ グループWebサイト(www.deloitte.com/jp)をご覧ください。

Deloitte(デロイト)とは、デロイト トウシュ トーマツ リミテッド(“DTTL”)、そのグローバルネットワーク組織を構成するメンバーファームおよびそれらの関係法人(総称して“デロイトネットワーク”)のひとつまたは複数を指します。DTTL(または“Deloitte Global”)ならびに各メンバーファームおよび関係法人はそれぞれ法的に独立した別個の組織体であり、第三者に関して相互に義務を課しまたは拘束させることはありません。DTTLおよびDTTLの各メンバーファームならびに関係法人は、自らの作為および不作為についてのみ責任を負い、互いに他のファームまたは関係法人の作為および不作為について責任を負うものではありません。DTTLはクライアントへのサービス提供を行いません。詳細は www.deloitte.com/jp/about をご覧ください。

デロイト アジア パシフィック リミテッドはDTTLのメンバーファームであり、保証有限責任会社です。デロイト アジア パシフィック リミテッドのメンバーおよびそれらの関係法人は、それぞれ法的に独立した別個の組織体であり、アジア パシフィックにおける100を超える都市(オークランド、バンコク、北京、ハノイ、香港、ジャカルタ、クアラルンプール、マニラ、メルボルン、大阪、ソウル、上海、シンガポール、シドニー、台北、東京を含む)にてサービスを提供しています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる