初心者向けFX会社も

初心者こそ使うべき損切り

初心者こそ使うべき損切り
実際の局面になると、ルール通りに損切りを実行することが非常に難しく感じると思います。 特に初心者の場合は尚更です。
しかし、冷静さを欠き、ルールを破ることは 絶対に しないでください。

利益を最大化させるデイトレードのコツ!損切りと資金管理の方法

デイトレードの損切りと資金管理の方法

アナリストが厳選する「最短即日短期急騰候補銘柄を無料で配信。最新マーケット情報から個別銘柄の分析・展望など、豊富な投資情報を"ワンパッケージ"で利用可能!!

  • デイトレードの損切りラインの目安 1.含み損の金額を損切りの基準にする
  • デイトレードの損切りラインの目安 2.値動き幅のパーセンテージを損切りの基準にする
  • デイトレードの損切りラインの目安 3.サポートライン(初心者こそ使うべき損切り 支持線)を損切りの基準にする
  • デイトレードで資金管理のルールを決める目安 1.ワントレードで発生する損失額を想定する
  • デイトレードで資金管理のルールを決める目安 2.コントロールできる許容量・資金の範囲で株を買う(ポジションサイジング)
  • デイトレードで資金管理のルールを決める目安 3.銘柄の値動きクセや値幅(ボラティリティ)の特徴を把握する

損切り(ロスカット)の設定は、デイトレードの勝敗を左右する最も重要で難しいトレードテクニック

デイトレードの実践経験がまだ無い方でも「 株で失敗しないためには損切り(ロスカット)の設定が重要 」という言葉を、一度は耳にしたことがあったりするのではないでしょうか。

一見すると簡単に実践できる資金を守るリスク回避の方法と思われがちですが、 投資歴を問わずデイトレーダーが損失を膨らませる失敗の原因となるのがこの損切り です。

損切り(ロスカット)の設定がデイトレードの勝敗を分ける理由

デイトレ初心者でも目安にできる!損切りの3つの基本的なライン

それは、 投資スタイルに合った損切ラインを設定し、株取引のルールに組み込むこと です。

1.含み損の金額」「2.値動き幅のパーセンテージ」「3.トレンドのサポートライン」の3つです。

デイトレードの損切りラインの目安
1.含み損の金額を損切りの基準にする

初めから損失額に応じた損切りのラインを決めてしまうため、複雑な基準は一切不要で心理的な負担も軽いため、 デイトレードを始めたばかりの初心者の方には設定しやすいルール と言えるでしょう。

デイトレードの損切りラインの目安
2.値動き幅のパーセンテージを損切りの基準にする

この損切りルールは、マイナス材料の発表など予想に反した動きをした際には有効ですが、 1日の取引時間で5%~10%と動く値幅の大きい銘柄には不向きなルール です。

デイトレードの損切りラインの目安
3.サポートライン(支持線)を損切りの基準にする

しかし、先にあげた2つのルールと比べて、 リスク回避に実用的で儲けのチャンスを見逃さない 事から、多くのデイトレーダーがサポートラインを損切りの基準にしています。

ファイネストアドバイザリー

前場・後場と分け毎日リアルタイムに注目銘柄を配信。投資家の資金が短期的に集中する銘柄を上手く狙いたい人は「期待度大の本命1銘柄」を無料で受け取ってみて下さい‼

デイトレードの利益を最大化させる3つの資金管理の方法と基本的な考え方

資金管理とは、「運用資金の何割を1回のトレードに割くか?」「損失の許容範囲を総資金の何割に設定するか?」といった、 株取引における金銭感覚 初心者こそ使うべき損切り のことを指します。

デイトレードで資金管理のルールを決める目安
1.ワントレードで発生する損失額を想定する

運用資金を守るためにまず始めに決めなければならないことは、 一回の取引で発生する最大の損失額をあらかじめ計算しておくこと です。

運用資金の全体から損失の許容範囲を計算する場合、一般的な目安は「 資金全体に対して5%まで 」とされています。

仮に、資金100万円からデイトレードを始めた場合、ワントレードの最大損失の想定額は「100万円 × 5% = 5万円」までとなります。この損失ラインに達した場合は、ルールに則って損切りを実行します。

重要なことは、損失の想定額がいくらに設定されているか?という事ではなく、「 取引をスタートする前から損失の許容範囲が想定できている 」ということです。

デイトレードで資金管理のルールを決める目安
2.コントロールできる許容量・資金の範囲で株を買う(ポジションサイジング)

一番大切なことは『 運用資金に見合わない量の株を買ってはいけない 』という事です。

デイトレードで資金管理のルールを決める目安
3.銘柄の値動きクセや値幅(ボラティリティ)の特徴を把握する

これまでにご紹介した「損切りライン」「損失の許容範囲」「ポジションサイジング」といった、運用資金を減らさないための管理方法を実用的なルールにするためには、『 銘柄の値動き・値幅の特徴やクセを把握しておくこと 』も重要な基準となります。

そこで有効になるのが、目をつけた銘柄の値動きや値幅の特徴を把握しておいて、 トレード戦略を予めシュミレーションしておく事 です。

デイトレードの損切りと資金管理の方法についてまとめ

株エヴァンジェリスト

デイトレに特化した投資顧問(株情報サイト)。株-1グランプリ優勝経験者で投資の女神の異名を持つ「結城はるみ(旧:向後はるみ)」をストラテジー顧問に迎え、独自のサービスで会員をサポート!!

  • デイトレに特化 した独自の情報サービスを提供!!
  • 多数の投資メディアで活躍する「 結城はるみ 」がストラテジー顧問として活躍!!
  • メンバー限定の豊富なコンテンツが 無料 で利用可能!!

株エヴァンジェリスト

朝・夕の市況レポートの配信をはじめ、銘柄診断サービス、所属アナリストが厳選する「最短即日」極短期急騰候補株の情報など、豊富な無料コンテンツが利用可能!!

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる