FX初心者向け

FXより安全

FXより安全
まいこ

お金にまつわるお悩みなら教えて! お金の先生

よくFXは危険で株は安全みたいなのを見るんですが、どう思われますか? それなら誰もが株をやりますよね?

ベストアンサーに選ばれた回答

特典・キャンペーン中の証券会社

新規口座開設&クイズに正解で4,000円プレゼント!

トライオートETF新規口座開設キャンペーン

タイアップキャンペーンもれなく現金4000円プレゼント!

オトクなタイアップキャンペーン実施中!

新規デビュープログラム

総額1億円還元キャンペーン

運用スタートプログラム

開設後1ヶ月間取引手数料0円!

2,000円プレゼント

証券に関する悩みや疑問をキーワードから探す

その他の回答

両方危険。ただし勉強しリスクを理解していれば別

何も知らないから損失を出す。

扱っているものを良く知っていて自分のやり方を持っているから利益を得る。

実際に取引しないで書籍の印税で利益を得る評論家の意見を聞かず、
明日どうなるかわからないが、こうなったらこうしようと、色々な手段を実行出来る実践家の意見を聞き、自分も実行出来なければ利益を得られない。

大抵の人は、評論家の本を読み、取引してみたが、理論だけしか知らず、損失を生み、リタイアするか自殺する。

やってみて初めて、出来る出来ないが分別出来る。

日本の実践家の本はあまり出回らないよ。

利益を得る人が増えたら困る人も必ずいる。
そうならないようにするのも一つの手段。

情報は与える方が利益を得る

情報を与えられる方は損失を得る

自分にとって不都合な情報は出さないよ。

株と言っても現物と信用があるので
信用ならFXと変わらないと思うよ

リスクの度合いで言ってると思うよ

リスク商品としての順番で言うと
国債>社債>外国債>投信>株式現物>株式信用>FX>ビットコインで
株式信用から右は投資では無く投機の部類になって来る
株式現物は投資と投機の両方の性質を持っている

投資と投機の違いが分かればだけどね

FXは株の信用取引のさらに8倍のレバレッジがかかってるという事を忘れると危険です、それを意識していればどちらにも危険な面もあれば安全な面もあります。
株だって値動きの激しい銘柄に多くの資金を突っ込んだら危険です、そんな中で買い手がサーっと引いて売りたくても売れない瞬間は結構怖いと思いますよ、ストップ安に張り付いたままただ下がるのを見るしかないとか。
いつでも切れるFXは良いですが、FXはFXで思考回路が停止するとストップ安のような安全装置はないのでどこまでも落ちる怖さはあります。

株で儲けた資金を FXで6千万以上 溶かした人知ってます。

株と 同じようなリターンがあると夢見たんでしょうね。
FXより安全
この人も 一度だけ 3千万以上儲けました。
その時は 株トレーダーの意地と得意満面でした。

でも 次の幸運はなかった。
結局 9千万以上溶かして退場していきました。

ストレスで目が見えにくい、FXで人生狂ったと つぶやきながら・・・

その人のツイッター なくなりました

見方による。

株は取引時間が短いためリスクが高く、FXは取引時間が途切れないからリスクは低いとも言える。

FXは値動きが激しいから危険と言われるがその商品に価値があるから値動きするのであって、値動きしないということは価値が無い(適性)なわけ。これだったらリターンが無い投機はリスクになる。

稼げる人は値動きがある商品にしか手を出さない。

負ける人は何をやっても負けるんだから撤退時間を考えるとFXの方がリスクは少ないのでは?と思う。

資金管理ができてる人はFXでも株でも利益が期待できるときにしかやらないからね、

どちらも危険だし、どちらも安全。

勝ち方を知っていれば安全です。

FXがなぜ危険だと言われているかと言うと投資とギャンブルを履き違えてやっているから。そう言う履き違え人が負けて危険と言ってます。

株のほうが比較にならないほど安全です。

あなたはトイレットペーパーをうんkした後使いますよね?
通貨の価値がマルクのように1兆%も動こうが、経済がどれほど破局しようと、うんkしたらトイレットペーパーを使います。
もし使えないなら、使える生活を目指します。

だからトイレットペーパーを生み出す企業は必要です。その時代がどうなろうと、一定の価値をその企業は保ことになります。

もちろん時代と主に、モノやサービスは淘汰されますが、専業集団というリスク分散された株式は、自給自足できない人間がいる限り、常に絶対的な価値を保有します。そして専業集団は常に創造し、生産し、価値を全体としては高めます。

しかし投機は、本質的な価値が伴っていません。通貨は狸の葉っぱみたいなものです。(ひふみ投信の社長の比喩)みんなが価値があると信じなければ、価値はありません。

でも電気や、ガスや、食料や、物流システムや通信インフラは、誰かの信用を必要とせず価値を保有します。

だからその成長、世界の経済成長の恩恵を享受するように投資しているのであれば、今のところ、参加者全員が勝てています。世界の大恐慌を未だかつて株式の価値が再び超えられなかったことがないので、実際にこれが事実です。

しかし、割安性をよく精査しないで中国や日本のバブルのように、本質的な価値を無視してトレンドに飛びつき、トレンドにふりまわされて売っているような短期売買は、投機と同じように負けます。

株が安全というのはそうういことです。

FXは資産運用と呼べるのか? FX取引の魅力とは

【取引に関する注意事項】
■店頭外国為替証拠金取引「みんなのFX」「みんなのシストレ」、店頭外国為替オプション取引「みんなのオプション」及び店頭暗号資産証拠金取引「みんなのコイン」は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動等により損失が生ずる場合がございます。お取引にあたっては契約締結前交付書面及び約款を十分にご理解頂き、ご自身の責任と判断にてお願いいたします。
■みんなのFX、みんなのシストレにおける個人のお客様の証拠金必要額は、各通貨のレートを基に、お取引額の4%(レバレッジ25倍)となります。ただし、トルコリラ/円及びロシアルーブル/円においてはお取引額の10%(レバレッジ10倍)となります。法人のお客様の証拠金必要額は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額又は当該為替リスク想定比率以上で当社が別途定める為替リスク想定比率を乗じて得た額となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第 117 条第 27 項第 1 号に規定される定量的計算モデルを用い算出されるものです。
■みんなのコインにおける証拠金必要額は、各暗号資産の価格を基に、個人のお客様、法人のお客様ともにお取引額の50%(レバレッジ2倍)となります。 FXより安全
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインはレバレッジの効果により預託する証拠金の額以上の取引が可能となりますが、預託した証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのオプション、みんなのコインの取引手数料及び口座管理費は無料です。ただし、みんなのコインにおいて建玉を翌日まで持ち越した場合、別途建玉管理料が発生します。
■みんなのシストレの投資助言報酬は片道0.2Pips(税込)でありスプレッドに含まれております。
■みんなのFX、みんなのシストレにおけるスワップポイントは金利情勢等に応じて日々変化するため、受取又は支払の金額が変動したり、受け払いの方向が逆転する可能性がございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおいて当社が提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)がございます。お客様の約定結果による実質的なスプレッドは当社が広告で表示しているスプレッドと必ずしも合致しない場合もございます。お取引に際して、当社が広告で表示しているスプレッドを保証するものではありません。 FXより安全
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおけるロスカットルールは、必ずしもお客様の損失を限定するものではなく、相場変動等により、預託した証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。
■みんなのオプションは満期時刻が到来すると自動行使されるヨーロピアンタイプのバイナリーオプション取引です。オプション料を支払うことで将来の一定の権利を購入する取引であることから、その権利が消滅した場合、支払ったオプション料の全額を失うこととなります。購入価格と売却価格は変動します。1Lotあたりの最大価格は、購入の場合990円、売却の場合1,000円です。オプション購入後の注文取消は行う事ができませんが、取引可能期間であれば売却は可能です。ただし、売却価格と購入価格には価格差(スプレッド)があり、売却時に損失を被る可能性があります。相場の変動により当社が提示する購入価格よりもお客様に不利な価格で購入が成立する場合があります。また当社の負うリスクの度合いによっては注文の一部もしくは全部を受け付けられない場合がございます。
■暗号資産は本邦通貨または外国通貨ではありません。法定通貨とは異なり、特定の国等によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。

日本証券業協会

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会:日本証券業協会 一般社団法人 金融先物取引業協会 一般社団法人 第二種金融商品取引業協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会 日本投資者保護基金
FX・バイナリーオプション・システムトレードなら、「みんエフ」でお馴染みのみんなのFX!みんなのFXは、トレイダーズホールディングス株式会社(スタンダード市場上場8704)の100%子会社であるトレイダーズ証券株式会社が運営しています。

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 日本証券業協会 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(スタンダード市場上場8704)の100%子会社です。

FXより安全

「FXを少額から始めるにはどうすればいい?」

「少額でFX取引を始めたら何をすればいい?」

「少額取引のメリットデメリットは?」

少額でFXを始めるための条件

少額でFXを始めるための条件

・取引通貨単位の低いFX会社を利用する
・資金は5万円以上を用意する

取引通貨単位の低いFX会社を利用する

少額取引するなら 取引通貨単位が1,000通貨以下 のFX口座を選ぶのが良いでしょう。

そのため、取引通貨単位が少ないFX口座を選ばなければ少額での投資ができないのです。

取引通貨量 レバレッジ1倍 レバレッジ10倍 レバレッジ25倍
1通貨 110円 11円 約5円
100通貨 1万1,000円 1,100円 440円
1,000通貨 11万円 1万1,000円 4,400円
10,000通貨 110万円 11万円 4万4,000円

1,000通貨単位できれば十分少額トレードが可能ですが、 MATSUI FX や FXより安全 SBI FXトレード では1通貨単位から取引ができます。

資金は5万円以上を用意する

資金は5万円以上

少額とはいえ、資金は 5万円 以上 を用意しましょう。

なぜなら5万円あれば、レバレッジを低くしてロスカットのリスクを抑えられ、精神的にも余裕を持って取引できるからです。

ギリギリの資金で取引すると、精神的な余裕がなくなり冷静な判断ができない恐れがあります。

少額でFXを始めたら意識すべきこと

①レバレッジは10倍以下に
②取引スタイルの確認
③相場のクセや値動きの感覚
④相性の良いテクニカル指標を見つける

レバレッジは10倍以下に

レバレッジは 10倍以下 に抑えましょう。

なぜならハイレバレッジにしすぎると、値動きが大きくなった時にロスカットされてしまうからです。

レバレッジは最低でも10倍以下、 初心者なら2〜3倍程度が理想 です。

レバレッジを10倍以下で運用するには、 証拠金維持率250%を以上 保って取引しましょう。

取引スタイルの確認

スタイル別取引のイメージ

FXの取引スタイルには大きく分けて「スキャルピング」「デイトレード」「スイングトレード」「長期保有」の4種類です。

取引スタイル 取引の特徴
スキャルピング 数秒〜数分間の短い取引時間で、小さな利益を積み重ねる取引スタイル
デイトレード 数時間〜1日以内で取引を繰り返し、コツコツ利益を積み重ねる取引スタイル
スイングトレード 数日〜数週間と比較的長い取引時間で、1回の取引で大きな利益を狙う取引スタイル
長期トレード 数か月~数年単位でポジションを保有し、主に金利差益を狙う取引スタイル

取引を始める前には、デモトレードを活用して自分に合った取引スタイルを見つけましょう。

相場のクセや値動きの感覚

相場のクセ値動きの感覚を掴んでいきましょう。

通貨ペアや時間帯によって、 相場のクセや特徴があります。

仲値のクセ

また、影響力の高い経済指標の発表前後で値動きを確認すれば、危険な相場が察知できるので、少額FXでコツを掴んでおきましょう。

相性の良いテクニカル指標を見つける

複数のテクニカル指標を使ってみて、 自分が得意な分析指標 を見つけましょう。

2〜3個をしっかり理解して使えば十分です。

ぴたんこテクニカルお天気シグナル

オススメの少額取引ができるFX口座3選

100円からできるFX「松井証券」

松井証券

FXより安全 FXより安全
スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
0.FXより安全 2銭 0.5銭 1.1銭
取引単位 スワップ キャッシュバック
1通貨
マイナススワップが大きい
500,000円

1通貨(ドル円なら5円)からFXの取引が可能
・最安水準のスプレッド!デイトレに最適
・初心者向けセミナー動画が充実

最小取引単位が1万通貨が多いFX業界で、 1通貨(ドル/円なら5円) から取引が可能!

レバレッジ1倍なら100円、25倍なら5円という少額で取引ができるのが最大の特徴よ。

顧客満足度 第1位! 取引コストが安い「SBI FXトレード」

SBI FXトレード

FXより安全
スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
0.19銭 0.40銭 0.9銭
取引単位 スワップ キャッシュバック
1通貨 50,000円

1通貨(ドル円なら5円)からFXの取引が可能
・全通貨においてスプレッドが安く、取引コストが安い
・1000通貨までの取引は通常のスプレッドよりさらに安い

最小取引単位が1万通貨が多いFX業界で、1通貨(ドル/円なら5円)から取引が可能!

高機能チャートと為替情報が充実しているうえにスプレッドが安く、短期から中長期まで対応できる万能型のFX会社と言える。

オリコンランキングで「顧客満足度 第1位」になるなど、人気の高いFX会社だ。

低スプレッド・高スワップ!「外貨ex byGMO」

外貨ex byGMO

スプレッド FXより安全
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
0.2銭 0.5銭 1.0銭
取引単位 スワップ キャッシュバック
1000通貨
マイナススワップが大きい
150,000円

1000通貨(ドル円なら5千円)からFXの取引が可能
・トルコリラなどの高金利通貨のスワップが高く、スワップ狙いの取引に最適
・スマホの取引ツールが使いやすいことで有名

最小取引単位が1万通貨が多いFX業界で、1000通貨(ドル/円なら5千円)から取引が可能!

スプレッドが安く、高スワップなので短期から中長期まで対応できる万能型のFX会社よ。

FXの少額取引が向いている人

FXの少額取引が向いている人

・資金が何十万も用意できない人
・本当にFXで稼げるようになりたい人

資金が何十万も用意できない人

まずは、資金が 何十万も用意できない人 です。

FXは1,000通貨取引で始めれば、最低でも約5,000円から始められます。

本当にFXで稼げるようになりたい人

本当にFXで稼げるようになりたい人にも向いています。

少額取引はステップアップするための手段 FXより安全 です。

FXを1,000通貨以下で始めるメリット

FXを1,000通貨以下で始めるメリット

・損失が少ない
・プレッシャーが小さい
・利益が出た時の喜びがある
・分析指標や手法を試せる

損失が少ない

FXを1,000通貨以下で始めると損失が少ないといったメリットがあります。

1,000通貨の取引だと、 ドル円なら1pipsの値動きで約10円の損益 です。

【変動幅別の損益額】

FXより安全
取引通貨量 1銭(1pips) 5銭(5pips) 10銭(10pips) 50銭(50pips) 1円(100pips)
1000通貨 10円 50円 100円 500円 1000円
2000通貨 20円 100円 200円 1000円 2000円
3000通貨 30円 150円 300円 1500円 3000円
5000通貨 50円250円 500円 2500円 5000円
1万通貨 100円 500円 1000円 5000円 10000円

値動き感覚をつかめるようになるまでは、少額取引で損失を少なくしておきましょう。

プレッシャーが小さい

なぜなら、失敗しても大きな損失になりづらいからです。

利益が出た時の喜びがある

また、 小さな成功体験を積む ことで、FXに対するモチベーションも高まりますよ。

分析指標や手法を試せる

少額取引なら本番の緊張感を味わいながら、複数の分析指標や手法を試せます。

FXの少額取引3つのデメリット

FXの少額取引3つのデメリット

・利益額が小さい
・ハイレバレッジになりやすい
・相場分析がおろそかになる

利益額が小さい

1,000通貨以下で取引すると、1万通貨取引と比べて利益額が小さいです。

損失額が抑えられるメリットがある反面、利益も少ない ため、取引に勝ったとしても、なかなかお金が増えている実感が湧きにくいです。

ハイレバレッジになりやすい

なぜならレバレッジを高くすれば、少額でも大きな利益を狙えるからです。

たしかに、ハイレバレッジなら大きな利益を狙えますが、 その反面、失敗したときのリスクも大きくなります。

少額取引は、FXの取引に慣れるという目的もあるので、レバレッジは10倍以下に抑えましょう。

相場分析がおろそかになる

なぜなら、 少額なら失ってもいいと思ってしまう からです。

1度に発生する利益や損失の金額が小さいため、投資をしているという実感が薄れます。

【注意】少額だからといってハイレバレッジにしない

なぜなら レバレッジが高すぎると、証拠金の余裕がなくなり少しの為替変動でもロスカットされてしまう からです。

少額でも大きな利益を求めてハイレバレッジにするのは危険です。

FXを少額で始める方法 まとめ

・少額FXをするなら、 5万円以上 の資金を用意して 取引単位の低いFX会社 を選ぶ
・少額FXを始めたら、 10倍以下 のレバレッジで取引する
・資金が何十万も用意できない人は、FXの少額取引に向いている
・1,000通貨以下でFXを始めるメリットは損失が少なく、プレッシャーが小さい
・少額取引は利益額が小さく、相場分析がおろそかになりやすいので注意

投資上級者が資産運用にFXを取り入れている3つの理由

そもそもFXとはなにか

円安になれば利益になるし、円高になれば損がでちゃうってことね。

FXを取り入れる理由

理由その1 持っている資産の為替リスクを軽減

「株価は上がっているのに資産はマイナス」なんてことも・・・

そこで、FXを使えば「米ドルを売っておく」という取引が出来るため、もし円高になってしまった際には投資信託や株で逃してしまった為替の損失をFX側で取り戻すことが出来ます。
つまり、為替のリスクをFXで軽減することで、 「純粋な株価上昇分の利益をそのまま得る」 ことが出来るのです。

理由その2 余っている日本円を高金利通貨に換えて金利をゲット

日本は金利が低いから、ほとんどの通貨でスワップが受け取れる!

しかもスワップは毎日受け取れるため、
余っている日本円を高金利の通貨に交換して持っておくことで 金利をザクザク生むような仕組み を作ることが出来ます。
※為替によって元本も変動するので注意が必要です。

海外FXと国内FXの違いとは?結局どっちが良いの?

海外FX国内FX

DMMFX LINE FX ヒロセ通商 外貨ex マネーパートナーズ 楽天証券 SBI FXトレード FXブロードネット 外為どっとコム 松井証券 JFX株式会社 GMOクリック証券 OANDA 外貨プライム FXTF セントラル短資FX LIGHT FX インヴァスト証券 みんなのFX 外為ジャパン FXより安全 外為オンライン マネックス証券

ボーナスが期待できない

少額からFXを始めたい人や ノーリスクで始めたい方にとって海外FXのボーナスは非常に魅力的 であると言えるでしょう。

そのほとんどは、 「〇〇円分取引したら〇〇円キャッシュバック」のようなキャッシュバックボーナス です。

見ての通り、5,000円のキャッシュバックを受け取るだけでもかなりの金額を取引しなければいけません。

このように、国内FXのボーナスはほとんど期待することができないため、 少額から始めたい方やノーリスクで始めたい方には不向きである と言えます。

ゼロカットがない

海外FXのゼロカットとは」でも解説していますが、海外FXでは ゼロカットシステムによって資金が0以上になることはありません。

しかし、国内FXでは「追証」という、言わば借金を背負うリスクがあります。

そもそも最大レバレッジが25倍である国内FXで残高がマイナスになることはあまり考えにくいとは言えますが、万が一にも借金を背負ってしまう可能性があることは トレーダーにとってなかなかのリスクである と言えるでしょう。

ほとんどの業者はMT4が使えない

MT4は世界中のトレーダーが愛用し、世界中のトレーダーがMT4に表示されているチャートでトレード しています。

他のトレーダーの心理を読み解く必要があるFXにおいて 独自のプラットフォームを使うのはあまりおすすめできません。

海外FXをおすすめする人

結論、 少額から一気に稼ぎたい と考えている人です。

  • 借金は絶対にしたくない
  • でも、少額から一気に稼ぎたい
  • できればノーリスクで始めたい

レバレッジが高ければ高いほど資金は少なく済むわけですから、その 高いレバレッジと業者ごとに設定されている最小取引単位を組み合わせることで少額からでも一気に稼ぐことが可能 になります。

また、海外FXには豪華なボーナスも用意されていますから、 ボーナスを活用すればノーリスクで大きく稼ぐことも十分に可能 です。

国内FXをおすすめする人

  • すでにまとまった資金があり、レバレッジが必要ない人
  • 安全な環境でコツコツと資金を増やしたい人

国内FXは、最大レバレッジが25倍という規制があるため、 FXより安全 健全なトレードをするにはある程度まとまった資金が必要 になります。

そのため、国内FXをおすすめできる方は、 ある程度まとまったお金が用意できている方や、万が一まで考えて安全にトレードできる環境がほしいという方 と言えるでしょう。

海外FXを使う際の注意点

  • 金融ライセンスや出金拒否の有無
  • 税金は累進課税
  • レバレッジをかけすぎない

金融ライセンスや出金拒否の有無

国内FXに比べ、安全性がやや低いと言える海外FXですが、 「金融ライセンス」や「過去に出金拒否などのトラブルはあったか」などを確認 しておくことで比較的安心して利用できます。

そもそも金融ライセンスを取得していない業者は論外ですが、金融ライセンスを取得している業者であれば、ある程度信頼できる業者と言えます

まともな海外業者であれば、よほど悪質なトレードをしない限り出金を拒否されることはありませんが、 一部には詐欺のような海外業者も存在するため、しっかりと確認する ことをおすすめします。

税金は累進課税

さらに言えば、 収入によっては海外FXの方が税金が安くなる 場合もあります。

しかし、 得た利益によっては国内FXよりも税金が多くなる ことを覚えておきましょう。

国内FXであれば税金は一律で約20%ですが、海外FXは累進課税です。一定の額を超えた場合は国内の税金よりも高くなります。

初心者にとってはあまり関係のない話ですが、 FXで稼げるようになったときは海外FXの方が多く税金を取られてしまう ということは覚えておきましょう。

レバレッジをかけすぎない

最大レバレッジが25倍しかかけられない 国内FXに比べて圧倒的に資金効率を高める ことができます。

しかし、今後FXで稼いでいきたい方は無闇に最大レバレッジをかけて取引しないように注意しましょう。

資金管理を行っていないレバレッジでの取引は、たとえ運良く勝ち続けたとしても いつかは破産してしまう でしょう。

国内FXを使う際の注意点

  • レバレッジが低いから安全とは限らない
  • 追証のリスク
  • スプレッドの変動

レバレッジが低いから安全とは限らない

レバレッジが高いから危険というわけではないのと同様に、 最大レバレッジが25倍だから安全というわけではありません。

そもそも最大レバレッジが25倍ということは、高いレバレッジをかけるよりも元手となる資金が必要になってきます。

たとえ 最大レバレッジが25倍であってもロスカットで資金をすべて失う可能性は十分にある のでトレードをする際は注意しましょう。

追証のリスク

しかし、 ゼロカットシステムのない国内FXで損失を出した場合、追証によって追加の入金を迫られます。

急激な価格変動が起きた場合などで追証が発生する可能性も十分にある ので、国内FXで取引する場合は注意しましょう。

スプレッドの変動

通常の値動きや時間帯であればそこまで心配する必要はありませんが、 急激な価格変動や、取引量の少ない時間帯はスプレッドが変動する可能性があります。

そのようなトラブルを避けるためにも 要人発言に注意を向けたり、取引量の少ない時間帯はトレードを避ける などの対策を行うことが大切です。

国内FXと海外FXの税金の違い

国内FXと海外FXの税金の違い

  1. 国内は一律20%(申告分離課税)
  2. 海外は累進課税(最大50%)
  3. 国内と海外、どちらのFXの税率が高いのか?
  4. 平均年収の日本人なら、海外の方が税率が高い

国内は一律20%(申告分離課税)

国税と地方税の合計が一律20% となっています。

国税15%+地方税5%=20%

国税庁のルール

    FXより安全
  1. 所得の種類は「先物取引に係る雑所得等」
  2. 所得税は15%
  3. 地方税は5%
  4. 課税方法は「申告分離課税」

④の「申告分離」とは「他の収入や経費と合算しない」 という意味です。

合算しないから20%で固定できる」と考えると、意味がわかりやすいでしょう。

まいこ

合算すると固定できないのは「普通の税金は、税率が変動する」からです。

FXより安全 かずき

累進課税のことですが、本来税率は「固定されていないのが基本」なんですね。

その 基本から逸れるために「確定申告を分離する」 必要があるのです。

海外は累進課税(最大50%)

つまり、固定の税率がなく 「稼げば稼ぐほど増える」形です(最大50%)。

累進課税

  1. 「登録金融機関以外」だと、
  2. 「申告分離課税」ではなく、
  3. 「注1」のルールにする

まず①の「登録金融機関」ですが、 海外FXの業者はすべて「無登録」 です。

登録業者一覧

このようなPDFですが、 登録業者の「所在地」 FXより安全 も書かれています。

登録業者

当然ながら「 日本に支社や支店がなければ、日本の金融庁の登録業者にはなれない 」ためです。

しかし、この場合は 完全に日本の法律に従っているため「海外FX業者とはいえない」 のです。

  • ブランドがグローバルなだけ
  • 会社の所在地は日本
  • ルールも日本のFX

あすか

もちろん、金融庁に認められることは大きなことです。

かずき

そのため、国内FXに分類されることは、オアンダ・ジャパンにとっても良いことだといえます。

何はともあれ、このように「登録業者一覧の住所に海外がない」ことから「 海外FX業者はすべて無登録 」といえます。

「注1」のルールとは何か

もう一度振り返ると、 無登録の業者には「申告分離課税が適用されない」 ということが書かれていました。

そして「注1」の内容が適用されるということでした。

国税庁のルール

どんなルールだったかというと「 FXの所得が雑所得になる 」というものです。

雑所得は「総合課税」の対象である

  • 100万〜200万円の部分は、10%
  • 200万〜300万円の部分は、20%

そのような疑問がないよう 「各ゾーン」を「超過した分」に「累進した税率をかける」 というのが、超過累進税率の意味です。

国内と海外、どちらのFXの税率が高いのか?

そういえる理由は「 20%の税率は、年収330万円未満の人の税率 」だからです。

国税庁のルール

見てのとおり、 FXより安全 所得税の税率が10%なのは「年収329万円」まで です。

上の表は 「所得税だけ」で10% ということです。

住民税は一律10%

総務省

その他、わずかに「均等割」もかかるのですが、 収入によって変動する住民税は「一律10%」 ということです。

平均年収の日本人なら、海外の方が税率が高い

日本人の平均年収は、おおよそ「433万円」 です。

平均年収

それだけの「やや低所得な人の税率」が適用されることを考えると、 国内FXの「一律20%」の方が安い(低税率) といえます。

FXの課税ルールの補足

これは「 国内ならできる、海外ならできない 」が結論です。

国税庁の課税ルール

国税庁の課税ルール

税金の種類が所得税

国税庁の課税ルール

国税庁の課税ルール

国税庁の課税ルール

国税庁の課税ルール

【まとめ】海外FXと国内FXの違い

  • 国内FXと海外FXのどちらにするかは 求めるトレードによって決める
  • 国内FXは安全性は高いが、レバレッジは最大で25倍までしかかけられない
  • 海外FXは最大レバレッジ1,FXより安全 000倍以上でのトレードが可能だが、安全性はやや低い
  • 国内FXがおすすめな人はすでにまとまった資金がある人
  • 海外FXがおすすめな人は少額から一気に稼ぎたい人
  • 国内FX、海外FXどちらもデメリットを把握しておく

安全性に不安があるという方でも 最大手であるXM Tradingを利用すれば問題ない でしょう。

入手難易度の高い金融ライセンスを取得しており、過去の出金拒否などのトラブルはありません。 このことからも安全性・信頼性においては非常に高い海外業者といえます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる