タダで投資

為替変動の要因

為替変動の要因
全てに当てはまるわけではありませんが、カバードコール型の投資信託は、顧客に対して株式投資というイメージを抱かせつつも、実際には株式の値上がり益を放棄させ、分配金を高く見せるためにオプション取引を行っているとも捉えることができ、そのマーケティング手法には注意が必要です。 分配金が多ければ、当然基準価額の下がり幅も大きくなります。 決算書上の数値をテクニカルに増やしているだけという側面があるかもしれない点を理解して、 本当に自分の投資目的に合った商品なのか、考えることが重要です。

もっと知りたい!
外国為替

    為替変動の要因
  1. 地政学的リスク
    かつてマーケットで聞かれた「有事のドル買い」などのように、戦争や大きな国際紛争が起きると、保有する通貨を「持っていると安心な通貨」に乗り替えて(避難させて)おこうとする動きが見られます。
    最近では、「安全資産としての円」が注目されることもあります。政治的、軍事的、経済的な緊張感の高まりが、相対的に安心して保有できる通貨の保有意欲を高める現象は今も見られます。
  2. 季節的要因
    企業の決算期末の3月と9月(日本の場合)は、利益確定のために外債など海外で投資していた資金や事業会社の海外での利益を円に換えて本国に戻す、いわゆるレパトリエーションの動きが活発になることがあります。一方、決算明けの4月と10月からは、機関投資家などが新たな外債投資を行うことも多く、急速な他国通貨買い自国通貨売りが進むことがあります。
  3. 通貨当局
    中央銀行などの通貨当局は、為替相場が乱高下したときに、自国通貨の安定を図る目的で、為替市場に介入することがあります。これを、「外国為替平衡操作」、あるいは単純に「為替介入」などと呼びます。
    とくに、複数の中央銀行が同時一斉に行う、いわゆる「協調介入」はインパクトが大きく、相場を大きく動かすことがあります。そのため、市場関係者は、中央銀行の動きを常に注視し、介入の可能性を見守っています。
    日本では、「日銀が介入」というニュースを耳にすることがありますが、介入の権限は財務大臣が持っており、日銀は財務大臣の代理人として為替の売買を行います。 また、実際に売買の形で介入を行わなくても、通貨当局者が通貨政策や金融政策について発言する場合も、市場にインパクトを与え、相場の変動要因となることがあります。これを「口先介入」と言います。
  4. 市場参加者の心理
    今日では必ずしも適切な表現とは言い難い面はありますが、有名な経済学者のケインズが唱えた「美人投票論」というものがあります。
    当時の「美人投票」では優勝者に投票した審査員も賞金をもらえたので、賞金を手にしたければ、自分が一番美人だと思う人に投票するのではなく、多くの人が投票しそうな人に投票するのが一番有利でした。
    相場でいうなら、自分がいいと思った対象(ドルなど)ではなく、多くの人がいいと思いそうな対象に投資するのが有利と考えて個々人が行動する結果、そうした対象に買いが集まって値段が上がるというものです。

長期、中期、短期の様々なレートのチャートを見ながら、相場が内在的に抱える運動エネルギーの法則性を見極めながら将来の通貨動向を予測する手法です。
「このレベルを抜けると、相場の動きが一方向に加速しそうだ」というポイントを見極めつつ、売買を行います。
マーケット全体がドルの買い持ちに偏っていた場合、多くの市場参加者がストップロスを入れるのは、「ドルがそれ以下には下がりにくい」という水準(サポート・ポイント)近辺です。
仮に、そのレベルを下に抜けると、ストップロスを入れなくてはならない市場参加者が慌ててドルを売ってくるため、ドルの下げ足が余計に早まります。
逆にドルが上昇するときには、「この辺でドルの上昇が止まるのではないか」というチャート上から見たポイント(レジスタンス・ポイント)があり、逆にそのポイントを上に抜けると、ドルの上昇に拍車がかかります。市場で「輸出企業のドル売りオーダーが何百本もあるからドルの頭が重いだろう」と噂されていたにも関わらず、そのレベルをあっという間に大きく突き抜けてしまうことがあるのも、こうした要因が影響しています。

当社情報サイトに関する注意事項
当社による情報サービスは、お客さまの投資判断に当たって参考となる情報の提供を唯一の目的としており、断定的な判断の提供や特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。 当社および情報提供者は、情報の正確性、完全性、適時性等を保証するものでは一切なく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。投資の最終判断は、お客さま自身で行ってくださいますようお願いします。 当社が提供する情報の著作権は、セントラル短資FX株式会社または情報提供者に帰属します。当社の事前の承諾なく情報の全部または一部を引用、複製、転送などにより利用することを禁じます。

セントラル短資FX株式会社
〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町三丁目3番14号
URL:https://www.central-tanshifx.com

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第278号
加入協会:一般社団法人金融先物取引業協会
一般社団法人日本投資顧問業協会

為替変動の要因

株価は買い手(需要)と売り手(供給)のバランスで決まります。
このバランスの変化をもたらすものには、さまざまな要因があります。特に会社の業績・将来性と社会・経済の状況が大きく影響します。
投資家は、主にこの2つの要因を考慮して、個別企業の株式の売買について判断するといわれています。

会社の業績・将来性

社会・経済の状況

金利の水準

国内政治の動向

自然災害・天候

外国人投資家の動向

・国内株式の2大指標は「TOPIX(東証株価指数)」と「日経平均株価」です
・日本経済、日本企業全体の収益力と密接な関係があり、経済指標としての役割を持ちます
・運用評価のベンチマーク(株価指数との比較)や金融商品(投信等)としての役割もあります

代表的な株価指数(TOPIXと日経平均株価)

為替変動の要因
TOPIX 日経平均株価
対象 主にプライム市場上場銘柄 上場会社の代表銘柄
銘柄数 約2,000銘柄以上 225銘柄
タイプ 時価総額加重型 株価平均型
表示 ポイント 円.銭
基準日 1968/1/4=100.00 1949/5/16=176.21
算出元 東京証券取引所 日本経済新聞社

<参考:新市場区分変更に伴うTOPIXの見直し>
TOPIX の構成銘柄は、2022年10月末から2025年1月末(予定)にかけ、移行をしていきます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる