プロが直接査定

実践で取引しました

実践で取引しました
受付中 2022年06月01日

実践で取引しました

●個人取引に特化した事例を紹介

●適時適切なアドバイスが不可欠

●融資付随事例のノウハウを紹介

テキスト1 信託業務の基礎知識

第1章 地域金融機関による信託業務の取扱い
1 拡大する地域金融機関における信託業務の取扱い
2 信託業務と利益相反
3 フィデューシャリー・デューティと顧客との関係構築

第2章 信託業務の基礎
1 信託の概要
2 信託業務とコンプライアンス
3 信託税制の概要
4 信託銀行・信託会社が受託者となる信託
5 信託に伴う従来業務の注意点

テキスト2 個人取引拡大のための信託活用事例

第1章 相続対策のための信託活用事例
1 相続人間の紛争発生と遺言信託の問題点
2 委託者の生前の生活も守られる信託(遺言代用信託)
3 贈与税の非課税枠を利用する信託(暦年贈与信託)
4 預金凍結対策のための信託(遺言代用信託)
5 死亡保険金を定時定額払いとする信託(生命保険信託)
6 賃貸経営を引き継がせるための信託(指図型不動産管理信託)
7 分けにくい不動産のための相続対策(不動産管理信託)
8 後妻の居住を確保しつつ被相続人の家系へ不動産を戻す(後継ぎ遺贈型受益者連続信託)
9 死後に配偶者、配偶者の死後に子が居住する住宅を確保するための信託(不動産管理信託)

第2章 老後生活のための信託活用事例
1 不動産を担保とした生活資金の調達(リバースモーゲージ信託)
2 振り込め詐欺・悪質商法被害の防止への活用(金銭信託) 実践で取引しました
3 相続発生後の賃貸物件共有状態解消信託(不動産管理信託)
4 空き家の予防のための信託(不動産管理処分信託)
5 高齢者の財産管理と任意後見支援信託(金銭管理信託)

第3章 事業承継のための信託活用事例
1 オーナー社長の自社株式を後継者に譲渡(遺言代用信託)
2 オーナー会長の任意後見支援型株式(実践で取引しました 任意後見併用型事業承継信託)
3 受益者連続型自社株式信託
4 オーナー名義の事業用資産の信託(不動産管理信託)
5 非後継者の遺留分に配慮した対策(議決権指図型信託)

第4章 資産運用のための信託活用事例
1 遊休土地を有効活用①(土地信託)
2 遊休土地を有効活用②(土地信託)
3 賃貸不動産の管理運用のための信託(不動産管理処分信託)

令和2年度:【WEBセミナー】貿易実務講座(海外取引実践編)

お知らせアイコン

更新 2022年06月09日

令和4年度:新潟県大連事務所からのお知らせ

お知らせアイコン

受付中 2022年06月06日

令和4年度:海外ビジネスアドバイザーによる海外展開ハンズオン支援事業

セミナー・講座アイコン

受付中 2022年06月01日

令和4年度:長岡モノづくりアカデミー

お知らせアイコン

受付中 実践で取引しました 2022年05月31日

令和4年度:METALEX VIETNAM(メタレックスベトナム)2022 出展企業募集

セミナー・講座アイコン

受付中 2022年05月27日

令和4年度:女性活躍応援事業 女性向け起業セミナー ~起業の「き」にふれてみる!~

セミナー参加者を募集します。オンライン受講も可能!
【申込締切】2022年06月23日
【開催日】2022年06月25日

お電話によるお問い合わせ

025-246-0063 (TEL)

FAXによるお問い合わせ

025-246-0030 (FAX)

カーショップA店のロープレ風景

2016~17年は、差別化戦略の柱のひとつに短時間車検を掲げて取り組み、車検台数の倍増を実現しました。さらに業績は向上し、結果として、当社との取引量も増えました。
先方の責任者からは当社に信頼を寄せていただけるようになり、取引量を増やすように心を配ってくださるようになりました。つまり、売り込みではなく、貢献することで取引量を増やす営業戦略の展開実例となりました。
このような先行事例に学び、営業戦略が展開され始めました。特に売上の8割を占める販売店への販促策は、これまではリベートやインセンティブ旅行が中心でした。しかし最近はそれに加えて、売り方を分かりやすく整理したツールを作り、ツールを使いこなす研修を何度も実施するようになりました。

事例 2 ミドルマネージャーの価値転換「タイヤプロジェクト 新しいタイヤ販売のしくみづくり」

タイヤ点検の様子

2017年7月よりタイヤプロジェクトを始めました。メンバーはミドルマネージャー中心の3名です。まず調査から始めました。県内にある販売店店舗180店の中から、(1)販売量が多い、(2)タイヤ残溝の少ない顧客の管理をしている、(3)DM販促活動が優れている、という条件で3店舗を選びました。そして、タイヤ販売プロセスを整理しました。
その結果、タイヤ販売量の多い店舗は少ない店舗と異なるやり方をしていることがわかりました。点検対象の全車両でタイヤの交換提案からフォローまでのプロセスが徹底されていたのです。このプロセスを「新タイヤ祭り」と名づけ、タイヤ販売のしくみとして販促提案のパッケージ化を行いました。
2017年9月に県内販売店各社の営業幹部向けの施策説明会にてこのしくみを説明しました。そして10月より9店舗でトライアルを実施し、翌3月までに合計14店舗への導入が実現しました。結果は、導入全店舗で売上150%増になりました。

事例 3 フロントラインの価値転換「販売店の現場を改善することがフィールドマンの営業」

販売店 店舗での打合せ

フィールドマンは、お取引先の店舗を回って棚の4Sや引当部品管理など改善指導をします。「お役立ち」活動へ営業戦略が転換したので、フィールドマンの役割も変わりました。ある販売店B店は社内でCS評価が最下位でした。そのため、改善チームを作って店舗改革を始めようと当社に相談があり、フィールドマンが出向して支援することになりました。
フィールドマンは、1年間B店の業務に携わりながら店舗改革の改善チームのリーダーを務めました。部門横断チームを3つ作り、改善テーマをそれぞれ考え、取り組みました。その結果、B店は社内でCSナンバー1を取ることが出来ました。
このフィールドマンは、続いてB店で3か月新車販売を経験しました。当初、車を販売すればいいと考えていましたが、優秀な営業スタッフとの同席商談や、数多くのエンドユーザーと接することにより、自分の考えが間違っていたことに気づきました。

実践で取引しました

・皆さんは信用取引をされていますか?
・まずは信用取引とは何?

簡単に説明します。
・株の売買をする上で2通りの売買手法があります。
① 現物取引・・証券会社に預けた金額内での取引。仮に30万円証券会社の口座に入金すれば30万円までの株式が購入可能。売りから入る事が出来ない。

【信用取引のメリット】

【信用取引デメリット】

【信用取引の例】

令和元年12月25日(水)日刊工業新聞参照
● オリックス環境、太陽光パネル廃棄で全国業者と協力。
この記事内にエヌ・ピー・シーは廃棄パネルをガラスと樹脂に分離する装置を開発した。ガラスは素材として再利用できる。
とあった。そこでエヌ・ピー・シー株(6255)の購入を決める。【証券口座30万円と仮定】

① 440円で購入×2000株=88万円分約定 9時
② 思惑通り上昇 465円で売却×2000株=93万円 9時16分
売却代金93万−購入代金88万円=差額5万円 プラス
※金利・貸株料などの諸経費は考慮しておりません。

実践例画面

2013年の法改正以降は、信用取引は回転売買で商い可能になっている。チャンスを見計らい再度購入。
③ 485円で購入×2000株=97万円分約定 実践で取引しました 10時04分
④ 思惑通り上昇 500円で売却×2000株=100万円 10時13分
売却代金100万円−購入代金97万円=差額3万円 プラス
※金利・貸株料などの諸経費は考慮しておりません。

実践例画面

1、2度目の取引の差額で収益分の8万円は証券口座に即座に反映されており、38万の保証金の3,3倍まで売買可能に。
お昼休憩を挟み再度チャンスと捉え、購入。
⑤ 485円で購入×2000株=97万円分約定 12時45分
⑥ 伸びが悪いと感じ 475円で売却×2000株95万円 13時10分
売却代金95万円−購入代金97万円=差額2万円 マイナス
※金利・貸株料などの諸経費は考慮しておりません。

私は約30年前に証券会社に入社しました。当時はNTT上場を契機に株式ブームが起こり、
また地価高騰などを受け不動産価格も急騰しました。東京証券取引所に上場する企業の株価1000円未満が数社になった事が話題になりました。当時の売買単位は1000株のものが多く、最低購入価格は100万超でした。
また当時は委託手数料が高く、信用取引も保証金の範囲での取引が1回転だった為、融通が効きませんでした。
現在は信用取引の委託手数料がゼロとなり、信用取引の保証金の範囲内であれば今は回転売買も可能です。
ネット証券台頭により個人投資家の環境は恵まれていると思います。上手に信用取引を活用する事で資産形成をしていきましょう。

たけぞう氏

たけぞう氏 プロフィール

たけぞう
1988年、中堅証券会社に入社、4年間の“場立ち"を経て、20年間以上、証券ディーラーとして活躍。多いときには約10億円の資金運用を託され、過呼吸になるような重圧と戦いながら約50億円の収益を上げる。2000年、光通信〈9435〉の20日連続ストップ安の記録的下落を直前で回避、2018年まで約30年間勤務したのち、独立して個人投資家に。 日常の生活実感から銘柄を絞り込む「アリの視点」と、国策から未来の投資キーワードを予測する「タカの視点」の2本を柱としつつ、徹底したリスク管理による投資法で着実に利益を積み重ねる。
「誰にでも、わかりやすく」にこだわり、ラジオ、セミナーなど多くの舞台で投資手法を伝え、一人でも多くの初心者が、株で収益を上げられるように日々活動を行っている。
たけぞうのメルマガ(外部サイトへ移動します)
たけぞうの著書(外部サイトへ移動します)

Rubyで取引プログラムを自作しよう!『Rubyで実践!暗号資産取引入門 Coincheck API活用ガイド』発行技術の泉シリーズ、5月の新刊

インプレスグループで電子出版事業を手がける株式会社インプレスR&Dは、『Rubyで実践!暗号資産取引入門 Coincheck API活用ガイド』(著者:大浦 淳)を発行いたします。
最新の知見を発信する『技術の泉シリーズ』は、「技術書典」や「技術書同人誌博覧会」をはじめとした各種即売会や、勉強会・LT会などで頒布された技術同人誌を底本とした商業書籍を刊行し、技術同人誌の普及と発展に貢献することを目指します。

著者:大浦 淳
小売希望価格:電子書籍版 1,実践で取引しました 600円(税別)/印刷書籍版 2,000円(税別)
電子書籍版フォーマット:EPUB3
印刷書籍版仕様:B5/カラー/本文108ページ
ISBN:978-4-295-60083-1
発行:インプレスR&D

<<発行主旨・内容紹介>>
本書は、Bitcoinに代表される暗号資産を取引するプログラムを自作する手順を解説することを目的としています。
Bitcoinという単語はよく見たり聞いたりするけどよくわからない、なんだか難しそう、下手に手を出すと損をしそうで怖い。でもなんとなく気になる。そんな人に向けた本です。
本書では暗号資産を取引するプログラミングを、なるべくわかりやすく解説します。
本書で解説する内容を読んで、プログラムが自動で暗号資産を取引するとはどういうことか、感じてみてください。きっと新鮮な感覚がすると思います。
この本でわかるようになることは、「暗号資産を取引する初歩的なプログラムの作り方、使い方」です。
そのために必要なものは、暗号資産取引会社の口座、インターネットに接続しているコンピュータ(Mac、Linux、Windows)です。さらに、この本の内容を理解するために必要な知識は、基本的なrubyの文法、テキストエディタの操作、ターミナルでのコマンド実行です。
(本書は、次世代出版メソッド「NextPublishing」を使用し、出版されています。)

<<目次>>
第1章 暗号資産とは
第2章 暗号資産の取引について
第3章 準備をしよう
第4章 Coincheck取引所APIを動かしてみる
第5章 基本的な取引プログラムを作る
第6章 実践的なプログラムを作る
第7章 次のステップへの準備

<<著者紹介>>
大浦 淳
ITエンジニア。常にエンドユーザの視点に立って情報技術と人との関わりについて研究することをライフワークとしている。専門は情報システム開発方法論。工学博士。

<<販売ストア>>
電子書籍:
Amazon Kindleストア、楽天koboイーブックストア、Apple Books、紀伊國屋書店 Kinoppy、Google Play Store、honto電子書籍ストア、Sony Reader Store、BookLive!、BOOK☆WALKER、BOOK TECH
印刷書籍:
Amazon.co.jp、三省堂書店オンデマンド、hontoネットストア、楽天ブックス
各ストアでの販売は準備が整いしだい開始されます。
全国の一般書店からもご注文いただけます。

<<技術の泉シリーズについて>>
『技術の泉シリーズ』は、技術者の知見のアウトプットである技術同人誌を底本とした、2017年創刊の技術書シリーズです。NextPublishingによるスピーディーな編集制作とプリントオンデマンドによる1冊からの印刷製本により、技術の変化に追従しつつ返品や品切れのないサスティナブルな出版モデルを特徴としています。本シリーズを通じて、エンジニアの“知の結晶”である技術同人誌の世界に、より多くの方が触れていただくきっかけとなることを目指しています。


【インプレスR&D】 https://nextpublishing.jp/
株式会社インプレスR&D(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井芹昌信)は、デジタルファーストの次世代型電子出版プラットフォーム「NextPublishing」を運営する企業です。また自らも、NextPublishingを使った「インターネット白書」の出版などIT関連メディア事業を展開しています。
※NextPublishingは、インプレスR&Dが開発した電子出版プラットフォーム(またはメソッド)の名称です。電子書籍と印刷書籍の同時制作、プリント・オンデマンド(POD)による品切れ解消などの伝統的出版の課題を解決しています。これにより、伝統的出版では経済的に困難な多品種少部数の出版を可能にし、優秀な個人や組織が持つ多様な知の流通を目指しています。

【インプレスグループ】 https://www.impressholdings.com/
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:松本大輔、証券コード:東証スタンダード市場9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「航空・鉄道」「モバイルサービス」「学術・理工学」を主要テーマに専門性の高いメディア&サービスおよびソリューション事業を展開しています。さらに、コンテンツビジネスのプラットフォーム開発・運営も手がけています。

【お問い合わせ先】
株式会社インプレスR&D NextPublishingセンター
TEL 03-6837-4820
電子メール: [email protected]

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる